ビタミンB12 の効果についてー不足すると大変な事に!

ビタミンB12は、不足すると悪性の貧血を引き起こすことのある、身体にとっては重要な栄養素となります。また神経や細胞を正常な状態に保つためにも必要とされますので、不足しないように摂取しなければいけません。ただ、このビタミンB12は動物性の食物に含まれますので、肉類が食べられない人はサプリや海苔などで補給しましょう。

ビタミンB12とは

神経や細胞の働きを正常化する

ビタミンB12は神経や細胞の働きを正常にする働きを持っている重要な栄養素なのです。具体的には、脳から身体中へと指令の伝達が出ていきますが、このとき神経や細胞が正常でなければ、伝達は正常に行われません。そして正常に働くためには、葉酸の働きが重要となり、ビタミンB12はこの葉酸の働きに欠かせないものなのです。つまりビタミンB12は葉酸とともに、神経や細胞の正常化に働きかけるということになります。

欠乏すると深刻な状況になる

ビタミンB12が欠乏すると、身体にとって深刻な状況になる恐れがあります。初期症状としては息切れやめまいといったものがあり、食欲も減退し、徐々に体重が減ってきます。これが進行していくと、赤血球の異常が起こり、平衡感覚の障害やうつ病といった症状が表れてきます。ビタミンB12の欠乏で起こる症状は、神経系に関係してくるものもありますので、欠乏しないよう、意識的に摂取するようにしましょう。

DNAの生成に不可欠

ビタミンB12は、葉酸とともにDNAの生成には欠かせない物質で、これらが不足すると当然、DNAの生成が不可能となってきます。つまり、ビタミンB12が不足すると細胞分裂ができなくなってくるのです。その結果、最も症状があらわれやすいのが、骨髄で、ここに異常があると赤血球が作られなくなってしまいます。そして、その分裂できない赤血球は分裂前の大きな状態である赤芽球となり、骨髄に留まったまま、血液中には赤血球が送られない状態となり、深刻な貧血状態となるのです。

食品タンパク質からつくられる

ビタミンB12は食品中のタンパク質と結合した状態で存在します。そして胃の中で、胃酸により分離され十二指腸へと送られます。そこで、内因子と結合し腸へ移動後、そこで吸収されるのです。つまり、ビタミンB12は食品タンパク質からつくられるということになりますので、植物性の食品には含まれず、動物性の食品に多く含まれています。ただ疾患などにより、内因子が作られない人は、食品タンパク質からの吸収ができないことがあります。

ビタミンB12の効果

貧血を予防

血液は、酸素を身体中に送る働きを持っています。そしてこの働きは血液中のヘモグロビンによって行われるもので、ヘモグロビンが少なければ、酸素を送ることができず、貧血ということになってしまうのです。身体の各器官は酸素を必要としていますので、貧血状態であれば、それらの器官の働きも鈍ってしまいます。この貧血を予防するには、とにかくヘモグロビンを増やさなければいけません。それに役立つのがこのビタミンB12なのです。ビタミンB12は葉酸とともに赤血球を作るために重要な栄養素なのです。

心臓病を予防する

心臓病を引き起こす危険因子の一つとして、ホモシステインというアミノ酸があり、これは血液中に存在しています。このホモシステインが血液中に増加してしまうことで、活性酸素が発生し、血管を傷めてしまうのです。そして血管が傷つき、もろく弱い状態になっていると、心臓病の原因となってしまいます。ビタミンB12が不足すると、このホモシステインが増えてきますので、それを防ぐために積極的にビタミンB12を摂取しなければいけないのです。

神経の病気に効果的

身体には隅々にまで神経が張り巡らされていています。脳や脊髄の中枢神経が、運動神経、感覚神経、自律神経に分かれ、各機能に命令や刺激などを伝え、機能の調整を行っています。この神経に異常が出てくると、しびれやめまい、痛みや不眠など多くの症状が発生してくるのです。ビタミンB12の働きとして、こういった神経の病気に効果的に作用することが知られています。ビタミンB12は末梢神経を構成している核酸やリン脂質を増やす作用があり、それにより神経の異常を修復するのです。

精神の病気に効果的

数多いビタミンの中で、ビタミンB群は身体にとって非常に重要な役割をする物質です。特にビタミンB12は、動物性の食物のみに含まれているものということで、例えば菜食主義者や、肉類が苦手な人は不足気味になってしまいます。ビタミンB12が不足すると、様々な悪影響が出てきますが、特に精神が不安定になりうつ病などを発症しやすくなるとされます。人間としてしっかりと気持ちを保つためにも、精神の病気に効果的なビタミンB12は特に重要なビタミンと言えるでしょう。

ビタミンB12の一日の摂取量

ビタミンには水に溶けやすい水溶性のものがあり、ビタミンB12はこの性質を持っています。ビタミンB12はアミノ酸や核酸などの代謝に関わる重要な栄養素で、これが不足すると貧血や神経系の障害を引き起こすことがあるのです。したがって、このビタミンB12は身体の中で不足しないよう、日々、充分な量を摂取する必要があります。その摂取量ですが、成人の男女で一日当たり2.3~2.5μgということで、mgにすると0.0023mgとなります。普通の食事であれば充分に確保できる量ですが、偏食気味の人は気を付けましょう。

ビタミンB12を効果的に摂取するには

動物性食物から摂取

ビタミンB12は葉酸とともに、赤血球中のヘモグロビンの生成に関係する重要な栄養素です。そしてこのビタミンB12は主に、動物性食物に含まれています。一方で植物性植物には、このビタミンB12は含まれていませんので、肉類や魚介類を食べなければ、体内へ取り込むことができないのです。そのため、動物性食物をあまり食べない人や菜食主義者の人は、ビタミンB12が不足する恐れがありますので、日頃から意識して摂取するよう心がけましょう。

サプリメントから摂取

ビタミンB12は、血液や神経系に働きかける重要なビタミンです。これが不足すると、貧血を起こしたり、手足のしびれなどの症状が出てくるため、日頃から積極的に摂り入れる必要があります。ただ、このビタミンB12は動物性の食物にしか含まれないため、肉類などをあまり食べない人や、ダイエットで植物性のものばかり食べている人は不足している傾向にあります。そういった人は、サプリメントから摂取することで、貧血などの症状を防ぐことができるのです。

発酵食品から摂取

ビタミンB12は動物性の食物に含まれているわけですが、では菜食主義者や医者から肉を控えるように言われている人たちはどのようにこのビタミンB12を摂取すればいいのでしょう。実は、発酵食品の中にビタミンB12が含まれているものがあるのです。発酵食品はその発酵の過程でビタミンB12が発生するとい言われていて、最も身近な食品で言いますと、味噌です。また納豆やたくあんなどにもビタミンB12が含まれていて、肉類を食べない人はこういった摂取方法もあるのです。

野菜からも摂取

ビタミンB12は、基本的には野菜に含まれてはいません。肉や魚介類などから摂取するしかないのです。こうした場合、いわゆる菜食主義者と呼ばれる人や、肉類や魚介類が苦手な人などは、どこからこのビタミンB12を摂取すればいいのでしょう。動物性でない食品で、ビタミンB12を含んでいるものとしては、まずは海苔があります。また、納豆やたくあんにも含まれています。そして最近では、ビタミンB12を含んだ野菜の開発も進んでいて、近い将来、スーパーなどでそういった野菜が並ぶこともあるでしょう。

まとめ

動物性の食物に含まれているビタミンB12ですが、発酵食品である納豆などにも含まれていますし、ビタミンB12を含んだ野菜の開発もされているようです。通常の食生活であれば、特に不足することはありませんが、不足することで様々な病気の原因ともなります。特に、脳や神経、心臓などへの影響が大きい栄養素ですので、特に注意して摂取したいものです。手足のしびれや目まい、貧血といった症状があれば、ビタミンB12が不足している初期症状の可能性があります。