大豆

大豆の健康効果!効率的な摂取方法とは?

昔からいろいろな商品に利用されてきた大豆は、私たちに日本人にとって欠かすことのできない食材です。世界的に長寿国と呼ばれている日本で、大豆はしょうゆ、納豆、みそ、様々なものに利用されています。大豆は栄養価が高く畑のお肉などとも呼ばれている食材です。世界も注目する大豆の効果とはどのようなことがあるのか、これは知っておくべきことになります。

大豆の効果

大豆というと最近は女性ホルモン様作用があるということで、イソフラボンなどが有名ですが、大豆の効果は女性ホルモン様作用だけにとどまらないのです。ダイエット効果や便秘解消の効果、また今社会的にも大きな問題となっている生活習慣病予防の効果も期待できるスーパーフードといわれています。

ダイエット効果

大豆にはサポニンという物質が含まれていることがわかっているのです。このサポニンという物質は小腸の中で働き、体脂肪を減少させるという効果を持っています。大豆を食べてよくかみしめていると、苦みを感じることがあります。これがサポニンです。苦味があるサポニンが省庁内に入り、体脂肪をやっつけてくれる、そのため納豆、豆腐などはカロリーも低くダイエット食品になるといわれています。

女性ホルモンの補給

大豆には女性ホルモン様作用があるといわれていますが、これは女性ホルモンのエストロゲンと同じような構造を持っている成分が含まれているからです。その成分こそ、近頃注目されているポリフェノールという成分になります。大豆に含まれているポリフェノールを摂取する事で女性ホルモンとエストロゲン受容体という部分に結合するのです。

エストロゲンと似たような作用を持っているこの成分が含まれていることで、大豆は、月経前症候群や、更年期障害にも効果を発揮してくれるといわれています。いらいら、のぼせ、それに頭痛など、人によってこれらの症状には違いがありますが、時に入院が必要になるくらいひどい症状となることもあるのです。大豆を摂取する事でこうした症状が少しでも軽減するとなれば、やはり大豆のチカラというのはものすごいと感じられます。

便秘解消効果


大豆にはたくさんの食物繊維が含まれているので、便秘解消効果も期待できるのです。女性は特に便秘に悩む人が多いといわれていますが、男性も最近は便秘気味という人が多くなっているといわれています。納豆や豆腐などは気軽に摂取できる食品で、スーパーにもコンビニにも置いてありますので積極的に摂取する事で、便秘を大豆で解消できるかもしれないのです。

生活習慣病の予防

体内に悪玉コレステロールが多くなると血液がドロドロした状態になり健康にとって良くないという事は皆さんご承知だと思いますが、大豆のたんぱく質には、このコレステロールを正常にしてくれるという働きがあるのです。

コレステロールが血液内に溜まっていくと血栓を作ることがあり、これが心臓に移動すると心筋梗塞の要因となりますし、脳に飛べば脳梗塞などの要因となります。生活習慣病はその先、合併症が怖いといわれていますので、そうなる前に大豆などを積極的に摂取し、健康な食生活にすべきです。

女性が大豆接種するメリットと効果

大豆はもちろん男性が摂取しても生活習慣病予防などの効果を発揮しますが、特に女性には強い健康効果を発揮してくれるといわれています。その効果の多くが、女性ホルモンに関する効果です。

女性ホルモンのエストロゲンに似ている


大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモン様作用と持っている貴重な食品といわれています。女性ホルモンが不足したり、バランスが崩れると、女性の体は不安定になり、イライラしたり、食事をとりにくくなったり、のぼせ、冷や汗などいろいろな症状が出てくるのです。

こうした症状を改善してくれる効果が期待されるのが大豆イソフラボンが持っている女性ホルモン様作用ということになります。更年期障害にも効果が期待できますし、月経前症候群の辛い症状にも効果が期待できるとして注目されているのです。

女性らしい丸みのあるボディラインができる

バストアップ

女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果が期待できる大豆、つまり、女性らしい身体づくりに関しても効果が期待できるということになります。女性ホルモンが分泌されにくくなる更年期年代も、大豆を摂取する事で女性らしいボディを維持したり、年齢を重ねたことで起こる中年太りなどを予防する効果があるのです。

ムダ毛が薄くなる

男性ホルモンの女性ホルモンも、男性女性両方が持っています。男性ホルモンが女性体内で多くなるとむだ毛が多くなるという事があります。思春期世代は男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが大きく崩れるので、一時的に体毛が濃くなるという時があるようです。体毛が濃くなっていると思う時、大豆を接虚的に摂取すれば、薄くなる効果が期待できます。

生理痛や更年期障害の緩和


女性ホルモンのバランスが大きく崩れるのは、妊娠中、そして更年期、さらに月経の前、後にも崩れるのです。この時に起こる症状として、生理痛や頭痛、また更年期の時には、ふらつき、のぼせなどの症状が起こります。この症状を緩和してくれる効果を持っているのが大豆です。

女性ホルモンは更年期世代になると少なくなり、閉経によって一気に下がります。この体の内側の変化に耐えられず、様々な症状が起こります。大豆を継続的に摂取する事で、こうした効果を緩和できるのなら、今から少しずつでも日々、摂取しておきたいものです。

大豆食品の効果的な食べ方

大豆食品が健康に関して大きな意味を持っているということは理解できたので、大豆食品をどう活かしていけばいいか、効果的な食べ方を理解していきます。それほど難しい事ではなく、誰にでもできることなので、気軽に実践すべきです。

二回以上に分けて食べる

一気にたくさんの量を食べてもカロリーの摂取が多くなるだけですし、食物繊維も大量にとりすぎるとかえって便秘の元になります。大豆の効果をしっかり継続的に出すためには、2回以上に分けて食べることがおススメです。2回以上に分けて食べることで、大豆の効果を1日を通じて体内に活かすことができます。

いろいろな種類の大豆食品を食べる

大豆もいろいろな食品があるので、納豆だけ、豆腐だけということではなく、色々なものをまんべんなくいただくようにすると効果的といわれているのです。朝は納豆、夜には冷奴、お味噌汁などにも含まれていますし、大豆の煮物などもあります。朝、昼、晩と食べるのが難しくても、朝食、夕食に摂るようにするだけでも、効果が期待できるのです。

豆の状態のものを摂取するようにする

しょうゆやみそなどにも大豆は含まれていますが、大豆の形のものを頂くことが健康効果を大きくするために必要といわれています。それは、目で見て食べることで、体が大豆を摂取したということに納得できるからです。納豆や煮豆など、大豆の形となっているモノを摂取する事で、脳が大豆を今食べた、これから効果があるぞ、と認識します。

豆腐なども大豆食品だと認識して食べればいいのですが、目で見て形を理解していただくというのはとても重要なことなのです。勿論嫌いな人は、お味噌、醤油などで摂取する、豆腐で摂取するという事でもいいとされています。

サプリメントで不足分を補う

納豆などの大豆製品がどうしても好きじゃないという人は結構いるのです。特に納豆は、昔関西で食べつけていない人が多く、昔の関西地方の人は納豆が嫌い、腐っているなんて言う人がいたくらいといわれています。でも現代は、納豆の健康効果、大豆の健康効果が世界的にも有名になり、海外の方も納豆を好んでいただく人がいるくらいにメジャーなものとなっているのです。

でも臭いやねばつきなどが無理・・・という人は、大豆の栄養素をぎゅっと濃縮したサプリメントなどもあるので、サプリ等で摂取するといいと思います。サプリメントも女性にいい成分を凝縮しているものも、男性にいいといわれる成分と共に配合されているものなどがあるので、自分に合ったものを利用すべきです。

まとめ

古くから身近な食べ物として存在していた大豆は、栄養価が高く、非常に優れた食品という事が、今またわかってきています。毎日摂取するのは、忙しい現代人の中には無理という人もいますが、大豆は栄養があるという事を認識していることで、積極的に摂取しようという気持になるはずです。生活習慣病予防にもなりますので、大豆食品に注目して食生活を贈ってみるのもいいことだと思います。