職場での振る舞いがポイント!《尊敬される先輩の特徴》5つ

尊敬される先輩は、職場でどのように振る舞っているのか

職場での勤続年数が長くなるほどに、後輩も増えていきますよね。後輩にとってあなたは先輩で、全てにおいてお手本にすべき対象のはずです。

では、後輩から尊敬されるのはどんな先輩なのでしょうか。

指導がわかりやすい、叱咤激励してくれる、いつもサポートしてくれる…。そんな面倒見の良い先輩も確かに素敵なのですが、今回は「職場での振る舞い」に焦点を当ててみました。

①仕事に情熱を持って取り組んでいる

何かに一生懸命になっている女性は、とても輝いて見えます。それは仕事に関しても一緒で、あなたが目標を持って頑張っている姿は、必ず周りが見てくれていることでしょう。

「仕事なんて早く辞めたい」「こんな仕事つまらない」なんてネガティブなことしか言わない先輩よりも、「仕事が楽しい!」「もっと頑張って昇進したい!」と生き生きと仕事をしている先輩にこそ、後輩もついていきたいと感じるはずです。

②社内で人の悪口を言わない

噂好きな女性社員が集まることで、社内の悪口大会になりがちなランチタイム。

「○○課の○○さんって絶対彼氏できないよね!」「○○さんは男性社員にばっかり話しかけてて嫌な感じ!」なんて先輩に言われたら、同意せざるを得ないのが後輩のつらいところです。

群れて噂話で盛り上がる、なんてみっともない所を後輩に見せる先輩よりも、愚痴や悪口を一切言わず毅然とした態度でいる先輩の方が、ずっとかっこいいですよね。

③自分に厳しく常に努力をしている

後輩には厳しいのに、自分は仕事もせずのんびりネットサーフィン…。なんて先輩、あなたが新人の時にいませんでしたか?

「あんな先輩には絶対なりたくない!」と思っていたのに、年数を経て仕事での気の抜き方を覚えると、ついさぼってしまうこともありますよね。口ばかり達者で行動の伴わない人は、後輩にとって尊敬できる先輩ではありません。

自分にも厳しく、努力している先輩の言うことだからこそ、後輩の心にもしっかりと響くというもの。実績を伴った上で後輩に指導できるよう、常に前進することを忘れずに仕事に取り組みたいですね。

④感情的にならず、周りに気を遣わせない

プライベートで嫌なことがあっても、それを職場には持ち込まないのが社会人というものです。

私情で感情的になり仕事をおろそかにする女性は、もれなく周りから敬遠されます。「こんなに機嫌が悪いんだから気を使って!」「今私に話しかけないで!」なんてオーラを出されても、「いいから仕事してよ…。」とあきれてしまいますよね。

一方、感情をうまくコントロールし、いつもテンションが安定している女性は、後輩からするととても良い先輩です。後輩に、「今話しかけたらまずいかな…。」なんて遠慮させるような先輩にはならないよう、気をつけましょう。

⑤誰に対しても態度が平等で、相談しやすい

後輩にとっての相談相手というのは非常に重要で、ただ仲が良いだけの先輩は相談相手には選ばれません。

誰にでも平等、口が堅い、良いアドバイスをくれそう、しっかり考えてくれそう…等々、信頼に値する先輩が相談相手として選ばれるのです。

仲良しこよしの関係ではなく、仕事とプライベートをきっちりわけつつも、後輩が困ったときには相談に乗ってあげられるような先輩が理想ですね。

職場での振る舞いに注意!先輩の背中を見て後輩は育つ

後輩の育成は、先輩が取り組むべき業務のひとつです。なんてだらしない後輩なんだろう!と感じることがあるとしたら、それは先輩の誰かを悪いお手本として見習ってしまっている可能性もあります。

尊敬される先輩になるために重要なのは、厳しく指導することではなく、友達のように仲良くなることでもなく、「職場での自身の振る舞いに気をつけること」です。

驕らず、丁寧に仕事をこなし、周囲への気遣いを忘れずに過ごすことで、あなたのことを慕う後輩が自然と増えていくことでしょう♩