体調を崩す前にセルフケア!自分でできる女性におすすめのツボ

自分の体の声に気づけていますか?

体調を崩す前に、何となくその変化に気づく人も多いのではないでしょうか?

もしかしたら忙しすぎて、自分の体の声に気づかない人もいるでしょう。

体調を崩してしまった時に、健康の有難さに気づくものです。

頑張っている自分の体へのケアは、重要でありながらも後回しにしがち。

今回は体調を崩す前に、自分でケアが可能なツボを紹介します。

女性へ向けた内容をセレクトしています。

 

ツボを押すときのポイント

ツボを押すときのポイントは、ツボを押しすぎないことです。

押しすぎてしまうと、筋膜や筋繊維に傷がつくことで痛みがでることがあります。

気持ちいいと感じる強さで、物足りないくらいでやめておくのがいいでしょう。

またリラックスしている状態が望ましいので、深呼吸などをして体の力を抜いておこなってみて下さい。

ツボを押すときに爪などがあたり、肌が傷つかないように気をつけましょう。

 

生理痛でつらい時にオススメのツボ

便秘 マッサージ

女性特有の生理痛に悩まされる人もおおいはず。

ゆっくり休みたいけれど、そうもいかない場面が多いものです。

生理通を和らげてくれるツボは、特にお腹の部分に集中しています。

 

気海(きかい)おへそから指2つ分下の位置

便秘・下痢などのお腹の調子を整える。

生理痛の他に生理の不順の改善にも期待。

 

関元(かんげん)おへそから指4つ下の位置

腰の痛みや、体の冷えの改善に期待。

 

中極(ちゅうきょく)関元にあたる部分の1つ下の位置

 

帰来(きらい)中極にあたる部分の左右に3つ

 

ヒールなどで疲れた足にオススメのツボ

女性はヒールなどを履くことが多く、時には足が疲れてしまうことも。

足の疲れ改善に期待が持てる、ツボを紹介します。

足に関わることなので、足にツボが集中しています。

 

足三里(あしさんり)

万能のツボと言われている足三里。

下半身の疲れなどにもいいと言われています。

足の膝の外側の部分に、膝のお皿のような部分の下のくぼみがあります。

そこの下から指4つ分下に、足三里と呼ばれるツボがあります。

押すと痛みを感じることが多いので、ツボに入ったらわかると思います。

 

湧泉(ゆうせん)

足の裏にあるツボの一種です。

足をぎゅっとしたときに、足の裏の上の部分にくぼみができます。

くぼみができる場所が、湧泉のツボです。

 

現代人に多い目の疲れにオススメのツボ

現代人は目の疲れが溜まりやすい環境と言えます。

デスクワークの合間やスキマ時間にもできるツボを紹介。

 

風地(ふうち)

首の後ろの部分にあるツボになります。

後ろ髪の生え際部分に、親指を当てるように添えて下さい。

頭をゆっくりと上げると、親指がしっくりとハマる場所があります。

その場所が風地と呼ばれるツボの部分です。

 

太陽点(たいようてん)

目の疲れの他にも、偏頭痛などの痛み改善に期待のツボです。

左右の目尻に中指を添えて下さい。

ゆっくりと外側にずらしていくと、くぼみの部分に指が入ります。

その場所が太陽点と呼ばれるツボです。

 

ストレスを感じた時に試したい!おすすめのツボ

爪

ストレスを感じる場面にあった時や1日の終わりにおすすめのツボです。

おまじない代わりに試してみて下さい。

 

合谷(ごうこく)

手の部分に位置するツボです。

ストレスや風邪の引きはじめなどにもおすすめです。

親指と人差し指の間が交わる位置から、すこし人差し指側に位置します。

 

神門(しんもん)

手首の部分に位置するツボです。

小指側の手首のしわ部分に親指を当てて下さい。

少しくぼんでいる部分が、神門と呼ばれるツボにあたります。

 

気が向いた時に押すだけでいいツボ

今回は女性におすすめのツボを複数紹介しました。

もちろん女性以外も活用できるツボなので、身近な人にも教えてあげるのも◎

気が向いたときに、ちょっとしたスキマ時間に気軽にできるツボ。

そのワンプッシュが体に変化をもたらしてくれるかもしれません。