パーマとカラーは同じ日にすることができる?順番は?

美容室に行くとお金がかかるので、どうせならパーマもカラーも一緒に行いたい、という人が多いです。お金もかかりますし、時間もかかるので2回も同じ時期に美容室に行くのは面倒という事もあります。もしパーマとカラーが同日にできるなら、一緒にやるに越したことはない・・と思う人の方が多いはず、でもこれはできる事なのか、調べてみました。

パーマとカラーは同じ日にできる?

パーマとカラーを同じ日にするのは、通常断られることが多いです。なぜ、パーマとカラーを同じ日にできないのでしょうか。

薬事法で禁止されている

まずは髪の毛にダメージをあたえてしまうことです。これは、薬事法によっても薬液の同時使用が禁止されていて、髪の毛の健康を害してしまうのを守っているのです。

髪に負担がかかるので好ましくない

もちろん、ヘアカラーもパーマも薬剤を利用するので、頭皮、髪の毛、毛根にも悪影響があります。強い成分、化学物質が利用されているので、どうしても髪の毛に負担がかかります。化学物質を利用して髪の毛に化学班縫雄を起こさせることで色を変えたり、カールを付けるなどをするのですから、その負担は大きなものです。

その化学変化をパーマ、カラーで1日に2回も続けて負担をかけると、髪の毛が受けるダメージは相当なものとなります。薬剤については昔よりはずっと傷みにくくなっていますが、化学反応を起こさせるという事に変わりないのです。

どちらかに「化粧品」タイプを使っていれば同日OK

ただカラーを行う薬剤、パーマを行う薬剤のいずれかが、化粧品タイプと呼ばれるものの場合、同日にかける事も可能になります。ただ、美容室がどういう薬剤を利用してるのか、それは美容室に聞いてみないとわからないことなので、できるかどうかも含めて、美容室に確認してみるほうがいいのです。

パーマとカラーの間隔・順番

パーマとカラーを同じ日にかけることができるという場合もありますが、美容室の多くが化粧品タイプを利用していても、間隔を置くほうがいいといいます。それは、髪の毛へのダメージがかなり強いからです。では、同じ日に行わないとしても、カラー、パーマを両方行いたい場合、どのくらいの期間を空けて行う必要があり、また、どっちを先に行えばいいのでしょうか。

1週間以上空ける

通常、パーマからカラーを行う期間としては、1週間くらいは空けてほしいといわれるようです。パーマをかけてそれほど期間が経過していないと、カラーを入れるとき、カラー剤が入ることでパーマが取れてしまうことも少なくないといいます。どうしても期間を短くしたいという場合には、美容師さんの判断でパーマをきつめにかけておき、その後、カラーを入れるようにすることもあるようです。

パーマが先、カラーが後

カラーの薬剤はパーマの薬剤によって落ちてしまうので、基本的にパーマが先、カラーが後という順番になります。ただ1週間ほど期間を置くにしても、髪の毛にダメージがあることは間違いないので、スタイリングするときに必ずスタイリング剤で保護することや、トリートメントの回数を増やすなどの配慮が必要です。

パーマ・カラーの施術後のヘアケア方法

パーマを行ってから期間を空けずにカラーを入れるという方法を行う時には、2回、髪の毛に化学反応を無理やり起こさせるのですから、しっかりケアしないと、髪の毛の弱い人はボロボロになることもあります。そのため、パーマだけ、カラーだけという事ではなく、パーマ、そして期間を置いてカラーを行う時、ヘアケアをしっかり行う必要があるのです。

施術した日はシャンプーしない

パーマ、カラーが落ちやすくなるため、当日はシャンプーをしないことが基本となります。パーマもカラーも施術当日、またうまく定着していないこともあるのです。そのため、シャンプーを行い効果が薄れてしまうこともあります。特に洗浄効果が強いシャンプーの場合、パーマやカラーに効果をどんどん除去してしまうことになるので、アミノ酸系のシャンプーなどを利用することがおすすめです。

直後はブラッシングではなく手ぐしにする

カラーを入れてからブラッシングしたとき、何となく薄くブラシに色がついている?と感じる事があります。やはり施術直後は定着力が少なく、色落ちするという事もあります。またパーマもしっかり定着していない状態でブラシを入れてしまうことで、カール、ウェーブが間延びしてしまうこともあるのです。

昔はかなり強めにかけたものですが、今は薬剤も非常にいいものが多く、ニュアンスをうまく出す緩やかなウェーブが作れるようになっています。非常に繊細な状態と判断し、当日は手櫛で髪の毛をとかす程度にしておくほうがいいのです。

パーマ・カラーの髪におすすめのトリートメント

パーマをかけた後、またカラーを行った後に、ダメージを受けてる髪の毛を補修してくれる効果の高いトリートメントもあります。最近の商品はプロ仕様ともいえるくらいにいい商品が多くなっていますので、自宅でもしっかりヘアケアのためにトリートメントを施していくと維持しやすくなります。

フィヨーレ Fプロテクト シャンプー ベーシック 1000ml マスク ベーシック 1000g セット

フィヨーレ Fプロテクト シャンプー ベーシック 1000ml マスク ベーシック 1000g セット
フィヨーレ Fプロテクト シャンプー ベーシックはパーマやカラーでダメージを受けた髪の毛を補修しながら、美しいフォルムをキープしてくれるという優れた効果を持っている商品です。ハリもこしもしっかり感じる髪の毛にしてくれます。毛先がすっとまとまるイメージが強く、このトリートメントはほかの商品と違うという事を、使ったその日から感じられるといわれています。

アリミノ ピース バウンシーカールホイップ

アリミノ ピース バウンシーカールホイップ
アリミノ ピース バウンシーカールホイップは美しいウェーブスタイルをキープしてくれる効果の高いまとまりをあたえてくれる商品となっています。パーマをかけている人にとって、この商品は髪の毛を美しく、またずっときれいなウェーブが出るようにハリをあたえてくれます。

髪の毛を保護する成分もタップリ入っているので、パーマやカラーでダメージを受けている髪の毛にも浸透し、美しい髪の毛にしてくれます。ダメージがひどいと感じるときにも、美しい髪の毛をキープしたいときにも利用したい商品です。パーマとカラーを近い期間でかけた人はきれいに見えても内部が傷んでいることが多いといわれています。

ムコタ アイレ09 ベールフォーウェーブ 100ml

ムコタ アイレ09 ベールフォーウェーブ 100ml
ムコタ アイレ09 ベールフォーウェーブは、スタイリングができるトリートメントとしてロングセラーとなっている商品の姉妹品で、こちらも高い人気を誇っています。植物由来の美髪成分は、髪の毛を熱から守ってくれるのです。アイロンを利用する人にとっても、この商品は熱から髪の毛を保護してくれる最高の商品となります。髪の毛が傷むとキューティクルがはがれたような状態となりますが、そのキューティクルを補修してくれる効果もあるのです。

シクロオペンタシロキサン、アルカン、ジメチコン、アルガニアスピノサ核油、スクワラン、アボカド油などが配合され、質の高いトリートメントとして大人気となっています。雨の日にもスタイルをキープする力を持っているので、雨の日になるとまとまりにくいという人にもおすすめです。また髪の毛にハリやこしがない方にも、ハリのある美しい髪に導いてくれる商品となっています。

まとめ

パーマとカラーを同じ日にやったら傷むという事がわかっていても、まとめてやってしまえたら楽ですよね。しかし、髪の毛に事を考えたら、やはり期日をずらした方が良いです。パーマとカラーを同日行えない理由をよく理解し、自分の髪の毛をいたわる気持ちをもつことが大事ですよ。