美容体重の求め方と美容体重になることのメリット

私たちがダイエットをする際には「どのくらい痩せれば健康的か?」また「健康や体調に問題のない体脂肪率であるか?」を理解しておく必要があります。ただ痩せればいいと思っている人もいますが、やはり体重も自分の体型に合った数値というものがあります。程よく細く見た目に美しいのが美容体重です。

BMIにおける美容体重と他の数値との違い

BMIの数値の中には美容体重というものがあり、それ以外にもいくつかの数値があり、それぞれの数値によって体重も違ってきますし見た目も変わってきます。ダイエットをする際にはどのくらいの体系になりたいかということで目指すBMI数値は違ってきます。

美しく健康的な体重

BMI数値の標準体重というのは標準的な提携を示しており健康的に見える体重です。標準とされている数値の中でも特に健康的で美しいといわれているのが美容体重です。標準体重の幅広いためにその中でも美容体重という数値が作られています。

(体重(kg))÷(身長(m)×身長(m))の結果が20になる体重

BMIを求めるためには身長体重が必要です。身長と体重がわかったら(体重(kg))÷(身長(m)×身長(m))という公式に当てはめて出てきた数値がBMIとなります。この数値の結果が20になると美容体重の値であり健康的な体重であるのです。

・身長が158センチメートル
・体重が51キログラム
の場合BMIが20.429であるため身長が158センチメートルの人の美容体重は51キログラム

公式に当てはめてBMIを算出するだけでなく自分の身長だと美容体重は何キログラムかを算出することも可能です。その際、自分で計算をしなくても最近ではインターネットサイトやアプリを使って算出することもできます。

標準体重だと少しぽっちゃりに見える?

BMIの数値の標準数値というのは長い時間標準体重として使われてきた数字です。近年ではわか人たちの体型が細めになっており痩せている人が増えていますそのため、人によっては標準体重だけどぽっちゃりして見えてしまうこともあります

シンデレラ体重だと痩せて見えすぎる

BMにはいろいろな体重を表現する言葉があります。その中でもシンデレラ体重というのはBMIが15の人のことを指します。これはとても小さい数字でありここまで痩せてしまうと健康を害する危険もあるほどやせています。

美容体重を目指すメリット

美容体重を目指そうとするのにはいろいろと良いところがあります。どういったところがメリットのあるところでしょうか。

程よい肉感ある体になれる

せっかく痩せるなら少しでも美しく痩せたいものです。あまりにもほっそりとしてしまうと見た目にも痩せすぎてしまって魅力的ではありません。そこで美容体重は程よく肉がありながらも痩せて見える理想の体型といえます。あまりにも痩せていると貧相に見えます太りすぎていないちょうどよい体型といえるのです。

痩せてても健康を害さない体重


ダイエットをする際、どのくらいの脂肪があれば健康でいられるかということは難しいです。やはりダイエットをする際には見た目にも美しくなおかつ体重も程よく落としておくことが必要になります。そこで体重を落とすにあたって健康を害さない程度の脂肪量、体重を知ることはダイエットの参考になりますし自分自身の参考にもなるものです。どのくらい痩せたらいいかの一つの指標として美容体重を目指すと程よく脂肪がありながらも痩せて見えます。

スタイルよくいろいろな洋服を着こなせる

ダイエットをしたいと思うようになるきっかけの一つとして思い通りに洋服を着こなしたいと思うことがあります。太っていると着たいと思った洋服を着ることができなかったり着てもイメージと違うものになったりすることが多いです。そういったことを避けるためには少しでも痩せて洋服が合わせやすい体型になっておく必要があります。スタイル良く洋服を着こなすためには体重を減らしてほっそりしておくことが必要であり標準よりも少し細い美容体重を目指すておくとちょうど良いことが多いです。

女性らしいボディラインを維持できる

女性は男性と比べるとボディラインがはっきりと出てきます。バストが大きくてウエストがきゅっと引き締まっていること、足首が細いことなど全体的に細い場所があります。ダイエットをする際にはただ体重を減らすのではなくこういったボディラインを作ることも必要です。ダイエットをする際に女性らしいボディラインを作るために痩せることが必要で体重を減らす人も多くおり、そのために美容体重を目指すことも多いです。

美容体重よりも痩せると起こること

体重を落とそうと思った際、中には美容体重よりもやせてかなり細身になりたいと考える人がいます。しかし、実際にはそういったかなり細い状態になると健康的に痩せることが難しいこともあり危険です。ダイエットをする際には健康的に痩せるためにも美容体重を上限としてそれ以上痩せようとすることは避けましょう。

極端に痩せると体調を崩す

ダイエットを始めると体重が減ることが楽しいと感じてしまいもっと痩せようという気持ちが出てくることも多いです。しかし、あまりにも痩せてしまうと体調を崩す危険もあります。特に短期間でどんどんと体重を減らしていくと体調を崩しやすくなってきます。体重を落とす際には無理のないペースで落とすことが大切です。短期間でどんどんと体重を落としている人の中には無理に食事を我慢したりバランスの偏った食事をしていることもありダイエットが進んでも体調を崩す危険がある人も多くいます。

精神的にバランスが崩れる


ダイエットをし始めて楽しみながら体重を落とすことができているといいのですが、人によってはだんだんと「痩せなければならない」という気持ちが強くなってきてストレスフルになることがあります。痩せなけばならないという強迫観念に迫られてしまうと食事をすることが怖くなってしまったり体重が増えてしまうとすぐに痩せなければならないと無理なダイエットを始めてしまうことも少なくありません。そのような状態になってしまうと精神衛生上も良くなく人によっては入院治療をすることもあります。

拒食症や過食症を起こす

あまりにも必死に痩せようとしてしまうと食事がのどを通らなくなったり精神的に不安定になったりすることもあります。そういった状態が深刻化してしまったっ際には拒食症や摂食障害を起こすこともあり、特に若い女性は危険です。痩せなければならないという気持ちが強くなりすぎるとうまく精神的なバランスが取れなくなってくることがあります。

見た目にバランスの悪い体になる

痩せようということを考えすぎるとただ体重を落とそうということにばかり目が行くことがあります。しかし、実際には体重を落とそうとするだけでなく体型として美しい体型を作ることができているかどうかも考えることが必要です。ダイエットをする際には見た目にも健康的であり標準的な体重を目指すことがとても大切です。必要以上に痩せてしまうと魅力的には見えなくなってしまいます。

まとめ


ダイエットをする際、見た目にも痩せていて健康的な体重にすることが理想です。人によっては第十をどのくらい落とせばよいかわからなくなってしまうこともあります。そういった時には標準体重の中でも美容体重といわれる数値を目指すようにすると健康的でありなおかつ少し細めの見た目を作ることができます。ただ、数字だけにとらわれるとバランスの悪い体型になってしまうこともあるので、見た目にも気を付けながらダイエットをすることが大切です。