足首が太い原因は解消できる!原因とその解消法

足首が太いとどうしても足が美しく見えません。そのため足首が太いことをコンプレックスと感じている人も多いです。生まれつきのものであり一生足首の太さを変えられないと思っている人もいますが実はそのようなことはありません。努力をすれば太さを変えることもできます。

足首が太いと…

足首が太いよりも細い方が良いと思っている人は多いです。やはり細い方が女性らしいですし太っているよりも痩せている方がいいというイメージが強くあります。具体的に足首が太いとどういったでメリとがあるのでしょう。

スタイルが悪く見える

足首太いと足のバランスが悪くなりスタイルが悪く見えてしまいます。足首が細いとそこでメリハリができてスタイルが良く見えるのです。そのため足首が太くふくらはぎ部分との差ができないとメリハリができないためにスタイルが悪く見えてしまいます。

太って見える

単純に足首が細い人に比べて太いと太って見えてしまうものです。細い部分というイメージがありますから、そこが太いとなると太っている錯覚をしてしまいます。実際には痩せているにもかかわらず足首が太いという人もいて、足首の太さが体重や見た目の太さに関係しているとはいいがたいです。しかし、太っている人の方が足首が太い傾向があるために先入観で太っていると思われてしまうのです。

幼児体型に見える

ボディラインのメリハリがあるのは大人の体型の特徴といえます。若いうちや子供のうちはメリハリがなく全体的に太いです。特に赤ちゃんのうちは足首がなくムチムチとしています。足首が太いとそういった赤ちゃんの足をイメージさせてしまうのです。それもあり一層と幼児体型に見えてしまいます。

足が短く見える

足首が締まっているところから足が伸びていくと錯視によって足が長く見えるものです。しかし、足首が太くまっすぐ足が伸びていると錯視が起きないために足が短く見えてしまいます。実際には足が長いけれども足首が太いという人もいるので足首の太さと足の長さは反比例するものではないです。

生まれつきだけではない!足首が太い原因

足首が太いのは生まれつき、体質といったことが原因だと考えてあきらめている人も多いです。しかし実際にはそのようなことはなく、日頃の生活に足首が太くなってしまう原因があることもありえるのです。

冷え性

冷え性の人は血流が悪くなってしまうために体内に老廃物をため込んでしまいます。そうすると起こるのがむくみです。一日中歩きっぱなしの足は朝は余裕のあったパンツがパンパンになるくらいむくむこともあります。それくらいむくむと足首も部分もむくんでパンパンになってしまうものです。

そして冷え性の人はそのようなむくみの状態が慢性的になってしまいます。慢性的にむくんでいたものがいつの間にか脂肪として足についてしまい足が太くなってしまうのです。

足が疲れている


足が疲れているとむくみの原因となります。そのため立ち仕事をしている人や日常的に歩く量が多く足が疲れている人はむくみやすいですし、足首も太くなりやすいです。むくみやすい人はマッサージをしたりストレッチをしたりしてむくみを早いうちに改称しておくと足首の太さが太くならず維持できます。

あまり歩いていない

余りあるかない人は筋力がなくなってしまうため足に脂肪がついてしまいますしたるんできてしまいます。運動不足は血行不良の原因にもなるものです。そのため日常的に運動をしてないとどうしても筋力不足か足首が太くなってしまうのです。

むくみ

私たちの体は毎日体内の老廃物でむくみが生じます。老廃物を体にため込んでいない人でもむくみは出てきます。むくみをそのままにしておくとその場所にある老廃物がセルライトとなって足首に付着をしてしまうことも多いです。そうすると簡単には太くなっている部分を解消できず対策が必要です。

足首が太いのを解決する方法

足首が太いのは解消することができます。毎日の生活のなかで取り入れることのできるものばかりです。運動が苦手な人でも取り組める内容もありますからぜひ取り入れて毎日対処をして足首を細くしましょう。

リンパマッサージ


むくんでしまったことによって足首が太くなっている場合には足首周辺のリンパマッサージをすると足首の周辺の老廃物が流れて足首を細くすることができます。しかし、むくみを放置していると脂肪となって足首周りについてしまいますし老廃物でセルライトとなってしまうこともあります。そこで運動をした日、疲れている日は足首をしっかりとマッサージすることで足首が細くなりますし、老廃物が溜まってさらに太くなることを予防できるのです。

湯船に浸かる

血行が悪くなるとむくみやすいです。特に足は常に心臓よりも下にあるために毛細血管の血流が滞りやすく老廃物が溜まりやすくなっています。そのためほかの場所以上に老廃物が溜まりやすいです。また、足先が冷えやすくもあります。

そこで、湯船に浸かって体を温めるだけでも毛細血管が温まり血行が良くなるため老廃物も流れやすいです。足先が冷えるという人は湯船に浸かるだけでも足先があったまりじんわりと血行が良くなっていることを実感できます。若い人は生足で過ごしたりハイヒールを履いたりと日常的に足先が冷えたり足先の血流が悪くなったりしやすいことをしています。そこにさらにお風呂はシャワーだけですましてしまうと血行不良に追い打ちをかけてしまいますから、湯船に浸かるようにしましょう。さらに湯船の中で足先のマッサージをすると効果的です。

運動をする


足首が細くなるためには足首の筋肉を発達させることも有効な方法としてあります。筋肉がつけば脂肪がなくなりますから足首の太さも軽減できるのです。運動をすると普段の生活では使っていない足首の筋肉も使うので発達して筋肉がつきます。

ただ、中には運動が苦手、外が苦手、運動を一緒にしてくれる人がいない、といったことから運動をできない、したくないと思っている人もいます。運動と聞くと敷居が高いですがそこまで難しいことをする必要はありません。かかとの上げ下げをして歩くことでも十分効果的です。本格的な運動ではなくウォーキングでも足首の筋肉は鍛えられます。

正しい姿勢で歩く

足首が太くなっている人の中には姿勢が悪い人も多いです。姿勢が悪いとお腹がポッコリとしてきたり足首が太くなってきたりします。そして初めのうちは老廃物が溜まってむくんでいるだけだったものがだんだんと脂肪やセルライトとなって太ってしまうので早いうちに姿勢は正しくするようにしましょう。

姿勢を正しくしようとすると分かるのですが、姿勢を正しくするためには筋肉が必要です。正しい姿勢をキープするための筋力が不足していることも足首が太い原因となります。そこで姿勢を正しくしようと心掛けるようにするだけでも足首に筋肉をつけられ細くすることが可能です。ふとした時に姿勢が正しいか確認し、正しくない場合には正しい姿勢に戻す、ということを日常的に繰り返していると自然と正しい姿勢がキープできるようになります。

まとめ


足首が太いことは生まれつきや遺伝からくるものであり変えることができないと思っている人も多いです。しかし、実際にはそのようなことはなく、努力次第で足首を細くすることはできます。足首が細いと女性らしい魅力が出ますし足も細く見えますし、足首が細い方が見た目のバランスも良いです。運動をしたりマッサージをしたりして毎日継続していくと足首が細くなっていくことを実感することができると思います。