市販で購入できるパーマ液のランキング&おすすめのコスメ系パーマ液

忙しくて美容室に行く時間がない、予約してもキャンセルばかりで美容室に申し訳ない等、時間がなくてなかなか美容室に行けないという人はセルフパーマという手段もあります。カットは難しくて格好悪くなる可能性もあるので自分で行うのは勇気が必要ですが、パーマなら少々失敗しても目立つことは少ないと考えられます。自宅でセルフパーマする場合のパーマ液を選ぶポイント、おすすめを紹介していきます。

パーマ液を選ぶ時のポイント

市販されているパーマ液を利用するとき、商品が多すぎてどれにすればいいのかわからないという人もいます。どのようなパーマにしたいのかそれによっても選ぶ商品に違いが出てくるのです。パーマ液も薬事法にかかるもの、またコスメ系のものなど、種類があります。商品によってダメージの度合いも違うので、選ぶという事は重要です。ストレートにしたいのか、また大きなウェーブを作りたいのか、自分がどうしたいのかを考えて市販されているパーマ液を選択します。

医薬部外品タイプ

パーマ液には種類があり、医薬部外品とコスメ系があり、それぞれに特徴があるのです。通常パーマ液というのは、医薬部外品でコールドパーマにしても、加温式のパーマにしても同じく医薬部外品となります。縮毛矯正に利用されるパーマ液もカラーについても医薬部外品となっているので、通常、同日にカラーとパーマなど行うことはできないのです。

コスメ系タイプ

医薬部外品とは違い、コスメ系タイプのパーマ液の場合、医薬部外品のパーマ、カラーなどと組み合わせ利用することができます。コスメ系、化粧品系と呼ばれているこれらのパーマ液は、薬事法で取り扱われているものとは全く別物となるので、商品を購入するときに、この違いを理解して購入することが必要なのです。

パーマ液のデメリット

薬剤を利用して行うパーマは、簡単に言うと化学反応を利用して髪の毛にウェーブを付けたり癖を取って真っすぐにするなどを行うものとなります。そのため、やはり最も気になるデメリットはダメージです。そのほかにも、デメリットがいくつかあるので紹介します。今は色々な種類のパーマがありますが、いずれのパーマもダメージを受けることに間違いないのです。

頭皮にダメージがかかってしまう

市販しているものを利用する場合、コールドパーマになると思いますが、やはり薬剤によるダメージを受けることは間違いない事になります。縮毛矯正と比較すれば、もちろんダメージは少ないのですが、薬剤を浸透させてウェーブを作ったり、ストレートにするのですから、当然、髪の毛に負担がかかるのです。またスタイリングするとき、スタイリング剤を利用することが必要ですし、セルフパーマの場合、プロが行うよりも強くかかることもありますし、逆にかかりが弱いこともあります。

毛髪が傷むのは仕方がないとしても、セルフパーマの場合は、頭皮に影響を受けてしまうことが多いという事もデメリットです。通常プロが行う場合には、頭皮に薬剤が浸透しないように櫛など利用して慎重に行います。でも素人が行う時には、慎重に行っても薬液が頭皮に浸透してしまうこともあるのです。このとき、頭皮、毛根に悪影響を及ぼすこともあります。

もともと肌が弱い人はその影響を強く受けてしまうこともあるので、パッチテストは重要です。薬剤を実際に髪の毛へ塗布する前に、必ず腕でパッチテストを行い、赤くなる、かゆくなるという事があれば、使用を中止すべきです。炎症がひどくなることもあります。

パーマをかけた後のほうが手入れに時間がかかる

何もしていない状態、つまりパーマもカラーもかけていないという時には、それほど気にしてトリートメントなどを行う必要はないのです。でも、パーマ、カラーなど行った場合、やはりトリートメントなどのまめなケアが必要となります。髪の毛に薬剤を塗布していることになり、それが浸透してウェーブなどを作ることができるのです。

何もしていない髪の毛と比較すれば、負担がかかっていることは当たり前で、トリートメントもスタイリングの時、ケア成分が入っているスタイリング剤なども必要となります。通常よりも手間がかかるという事もパーマのデメリットなのです。

売れ筋ランキング上位のパーマ液

たくさんのパーマ液やカラー剤などが販売されていますが、その中でも人気がある商品もあります。市販されている商品も、昔のものと比較するとかなり使い勝手がよく、負担の少ないものとなっているのです。売れ筋を紹介しますので、自分がどのようにしたいのかを考えて利用します。

資生堂プロフェッショナル 縮毛矯正剤 クリスタラジングストレート α H ハードタイプ

資生堂プロフェッショナル 縮毛矯正剤 クリスタラジングストレート α H ハードタイプはプロ専用商品で高いストレート効果が期待できるとして人気商品となっているのです。効果のほどを見てみると、利用された方の多くが、長く維持できたと喜ばれています。プロ専用の商品なのでもちろん使用説明をよく読み利用すること、またお肌が弱い人も、初めて利用する人も、必ずパッチテストを行ってから利用するようにすべきです。

プロカリテ 縮毛矯正セット ショート

プロカリテ 縮毛矯正セット ショート
プロカリテ 縮毛矯正セット ショートはプロカリテ処方で癖毛のゆがみを取ってくれるという縮毛矯正剤です。縮毛矯正といっても、美容室で行うような縮毛矯正にはならないと思いますが、ストレートにするという事を考えるとかなり強力なタイプといえます。ワンランク上のまっすぐなストレートヘアにできるので、パーマ液の中でも非常に人気が高い商品です。

コスメ系パーマ液の人気アイテム

こちらはコスメ系、化粧品系のパーマ液となりますが、いずれも人気の高い商品となっています。コスメ系という事でパッケージがかわいいものも多く、またダメージレベルが記載されているなど、髪の毛の美容について考えられていることも特徴です。

アリミノ コスメカール H

アリミノ コスメカール H (パーマ 1剤 400ml)【業務用】
アリミノ コスメカール Hは立体的なカールをつけることができるコスメ系パーマ液として人気があります。このシリーズにはダメージレベル1から5の商品があり、そのレベルを見て購入できるので、ダメージを気にされている方にとって安心の商品です。立体的なはっきりしたカールをつけることができるタイプとなっています。ダメージが強くなればその分カールを強く出せると考える事もできるのです。どのくらいのカールがつくか少しでも理解できるところもうれしい部分となります。

デミ ウェーボ フィージェ ストレート パーマ液 CAT90 CREAM

デミ ウェーボ フィージェ ストレート パーマ液 CAT90 CREAM (パーマ 1剤 400ml)【業務用】
デミ ウェーボ フィージェ ストレート パーマ液 CAT90 CREAMもコスメ系パーマ液の中で人気がある商品で、細い毛にも柔らかい毛にも対応してくれるという優れものです。ふんわりしたストレートにしてくれるので、ニュアンスカールを付けたいという人にもおすすめできます。利用された多くの方が使いやすいと意見を述べているのも、安心の点です。

メロスコスメティックス PmM カール6[システアミン]1剤2剤セット/各400mlト

メロスコスメティックス PmM カール6[システアミン]1剤2剤セット/各400ml
パーマ、カラーを繰り返していると、どんなに強いヘアでもダメージを受けることになります。でもヘアスタイルはしっかりと自分らしくおしゃれにしていたい時は、ダメージを極力抑えつつ利用できるパーマ液がメロスコスメティックス PmM カール6[システアミン]1剤2剤セットです。ハイダメージ毛に利用できるもので、こちらもコスメ系のパーマ液となっています。ダメージが強い時には、パーマを行ってから必ずトリートメントをしっかり行うようにすべきです。

まとめ

今のパーマ液は、市販されているものでも以前よりずっといい質のものとなっているので、利用した後もあまりダメージを受けていないなと感じる事が多いともいえます。でも、薬剤を利用しているのですから、ダメージがないという事はなく、わからないだけで実際にはダメージを受けているのです。パーマ液も市販われているものを利用するとき、塗布の時間、利用方法などを必ず読むようにして、髪の毛に負担が少ないように利用すれば、ダメージを最小限にすることができますよ。