つらいデリケートゾーンのかぶれ!原因と対策を知って改善しよう

つらいデリケートゾーンのかぶれ!原因と対策を知って改善しよう

デリケートゾーンのかぶれはかゆみを引き起こし、とても不快なものです。だからといって人には相談できず、一人で悩んでいる女性も少なくないのです。

ここでは、

  • デリケートゾーンのかぶれの原因
  • デリケートゾーンがかぶれやすい時期
  • デリケートゾーンのかぶれ対策

についてまとめてみました。

デリケートゾーンのかぶれの原因


デリケートゾーンのかゆみと一口に言ってもさまざまな原因があります。デリケートゾーンのかぶれはなぜ起こるのか、原因を知って一つ一つ対処することで、デリケートゾーンのかぶれが軽減されることもあります。

下着の締め付け

デリケートゾーンのかぶれの原因の一つは、下着の締め付けです。デリケートゾーンは肌の中でセンシティブなところであり、傷つきやすいです。しかも、デリケートゾーンは24時間下着をピッタリつけているのでムレやすいです。

加えて日本人の多くは実際よりもサイズの小さい下着を着る傾向にあるので、余計に締め付けてかぶれを発生させやすいのです。下着のサイズや素材を見直すのもよいでしょう。

下着やナプキンなどのムレ


デリケートゾーンは下着やナプキンなどが原因でムレたり、かぶれたりすることがあります。特に化学繊維の下着を身につけていると、アレルギー反応が出てかぶれやかゆみが起こることがあります。

また、生理中にかぶれを感じる人はナプキンが原因の場合もあります。ナプキンのこすれ、刺激が原因でデリケートゾーンの肌が敏感になっているからです。ナプキンの種類を変えたり、布ナプキンにすることで落ち着く場合もあります。

乾燥

デリケートゾーンの乾燥も、かぶれやかゆみの原因になります。デリケートゾーンの保湿が十分でなく乾燥していると、デリケートゾーンの皮膚に潤いがなく弱くなります。その弱ったところは雑菌が繁殖しやすく、それうえにかぶれの原因になるからです。デリケートゾーンに対しても、顔やボディと同じように保湿ケアをすることでトラブルが軽減することも大いにあります。

デリケートゾーンがかぶれやすい時期


なかには、いつもデリケートゾーンがかぶれるわけではない人もいます。デリケートゾーンのかぶれが起こりやすい時期は当然あります。また、女性は生理があるので毎月のなかでもホルモンバランスが崩れてデリケートゾーンがかぶれやすいこともあります。デリケートゾーンがかぶれやすい時期について知っておき、対策をするとよいでしょう。

疲れている時

きちんと睡眠が取れない時や疲れているときはデリケートゾーンにかぶれが起こりやすくなります。睡眠不足や疲れを感じていると体の免疫力が落ちてきます。体の免疫力が落ちてくると通常であれば反応しないようなアレルギー反応が起こったり、通常であれば撃退できる菌が撃退できず、悪い菌が繁殖しやすくなりかぶれを引き起こすことがあります。

体調が悪い時

体調が悪い時は、ホルモンバランスが崩れてかぶれが起きやすいです。膣内とその付近にはたくさんの細菌がありそれで身体を保っていますが、風邪や体調不良の時に処方される抗生物質が体内の良い細菌まで減らしてしまうことがあります。

体調が悪い時は免疫力が落ちていて、かつその時に飲んだ抗生物質が原因でデリケートゾーンのかぶれにつながります。体調が悪い時にはさまざまな体の不調が起こりますが、デリケートゾーンのかぶれもその一種なので、無理をせず疲れを感じたらこまめに休憩するようにします。

ストレスが溜まっている時


ストレスが溜まっているときも、デリケートゾーンのかぶれが起こりやすいです。ストレスは疲労と同じように体の免疫力を落としてしまいます。ストレス状態になるとやはり普段は反応しないような雑菌に反応してしまい、菌が繁殖してかぶれを引き起こすことがあります。

ストレスによって起こるデリケートゾーンのかぶれに対策するには、ストレス源をなくしたり、運動などを取り入れ心身共に健康な生活をしましょう。栄養バランスのとれた食事としっかりとした休養、息抜きなどの趣味でストレスに強い体を作りましょう。

生理中

生理中は、ホルモンバランスが崩れやすく肌のバリア機能が弱ってしまうので、刺激から炎症が起こりやすいです。しかも、生理中のナプキンやタンポンの紐に接触することが刺激になってかぶれを起こすこともあります。生理中は経血によるムレもあるので、普段はかぶれない人でも生理中はデリケートゾーンのかぶれ、かゆみを感じる人がいます。

デリケートゾーンのかぶれ対策


デリケートゾーンのかぶれには、しっかりと対策をすることが必要です。ただ、自己流でデリケートゾーンのかぶれに対策をしているとかえって逆効果なこともあります。正しい対策を知り、普段から実践することでデリケートゾーンのかぶれの予防にもつながるでしょう。

強く洗いすぎない

デリケートゾーンは、24時間下着をつけたり、陰毛があるのでムレやすく、ゆえにかぶれも起こりやすいです。そのため、デリケートゾーンは清潔に保つ必要があります。だからといってデリケートゾーンを強くゴシゴシ洗うと、それだけで肌が弱くなり外的な刺激を受けやすくなります。

また、強い石鹸で洗うのも膣内の細菌バランスを崩すのでおすすめできません。デリケートゾーンに刺激のない優しい石鹸を使い、泡をつけるように優しく洗いましょう。刺激にならないようにぬるま湯ですすぐとよいでしょう。ビデなどで膣内を洗いすぎると、最近バランスを崩すことになるのでビデを使用するときは洗いすぎに注意します。

放置せずに清潔に保つ


デリケートゾーンのかぶれを放置しておくと、かえって悪化します。確かに膣には自浄作用があり、膣内に雑菌が繁殖するのを防いでくれます。しかし、放置していると感染が起こりやすくなるので、まずはデリケートゾーンを清潔に保つようにします。

下着はこまめに変えたり、お風呂に入った時はデリケートゾーン専用のボディソープや石鹸で優しく洗うとよいでしょう。顔やボディのように毎日の保湿ケアをするのも良いかもしれません。特に汗をかいた時は、デリケートゾーンもムレてトラブルになりやすいです。汗をかいて着替えるときは、下着まで一緒に着替えるようにします。

古い下着はNG!清潔なものを使用しよう

下着は1年に一度、少なくとも数年に一度は変えたほうがよいです。何年も同じ下着をしようしていると、こすれやすくなったり肌への刺激になるからです。特に、デリケートゾーンのかぶれに悩まされている人は、化学繊維の下着ではなく綿100%など肌に優しいものを使用するとよいです。

生理中はこまめにナプキンを交換する

生理中はナプキンをこまめにかえてより清潔に保つ必要があります。加えて、オーガニックコットンの布ナプキンにすると、肌に優しいのでかぶれが低減することがあります。

特に生理中は経血などでムレやすく、またホルモンバランスの変化からデリケートゾーンのかぶれがおこりやすい時期でもあります。タンポンの紐でかぶれる人もいるので、注意します。ホルモンバランスの変化に着目すると、更年期にも同じようにホルモンバランスが崩れてデリケートゾーンがかぶれやすくなります。

まとめ

デリケートゾーンは皮膚がうすいのでかぶれやすいところです。ですが、デリケートゾーンのかぶれを人には言えず悩んでいる人も少なくありません。デリケートゾーンのかぶれは、下着を変えたりデリケートゾーン専門のボディソープや石鹸でやさしく洗うことで軽減することができるでしょう。

一方でかゆみがおさまらなかったり、おりものなどかゆみ以外の変化が起こるのは、もしかしたら病気が隠れているかもしれません。自己判断でセルフケアに頼らず、迷ったときは病院を受診するようにしましょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。