デリケートゾーンの洗い方を覚えよう!間違った洗い方はトラブルの元?

デリケートゾーンが何だか臭う、デリケートゾーンが汚い。そんなデリケートゾーンに悩みを抱えている女性は少なくありません。男性の性器と違って、どうしても女性は性器が内側に入ってしまっているため、汚れをため込みやすく、臭いや汚れが溜りやすくなるのです。

ですが、男性にはそんなこと関係ありませんので、いつでも女性らしく、綺麗なデリケートゾーンで居たい物。デリケートゾーンを綺麗にするためには、専用の石鹸を使って、正しい洗い方でケアをすることが大切です。デリケートゾーンのお悩みを解消するためには、このような方法でケアを行なっていくと良いでしょう。おすすめのデリケートゾーン向け石鹸も合わせてご紹介します。

かゆみやニオイの原因!デリケートゾーンの間違った洗い方

デリケートゾーンを綺麗にするための洗い方は色々な知識が広まっていますが、間違った洗い方や知識が原因で、かゆみや臭いの原因を引き起こす原因になっているかもしれません。よかれと思ってやっていることが、かゆみや臭いの原因にならないようにするためにも、間違った洗い方をしないように、ケア方法を見直してみましょう。

かゆみや臭いを引き起こすデリケートゾーンの洗い方

まず、ゴシゴシと力強く洗うという事です。かゆみや臭いが気になれば気になるほど、綺麗にしようとしてついつい力強く洗ってしまう方も多いですが、それは大きな間違い。ゴシゴシと洗えば洗うほど、肌が傷つき、肌表面にダメージが蓄積して、かゆみを引き起こす原因に繋がると共に、傷口から菌が繁殖して、臭いの原因となる場合もありますので、注意が必要です。

また、洗浄効果の強い石鹸などで洗うことも、かゆみや臭いを引き起こす原因に繋がります。デリケートゾーンはその名の通り、非常にデリケートな部分ですので、刺激に敏感です。洗浄効果が強すぎる、刺激が強すぎる洗剤を使って洗ってしまうと、必要な菌まで死んでしまい、pHバランスが崩れてしまいます。デリケートゾーンのpHバランスが崩れると、キツい臭い、肌のかゆみを引き起こす原因に繋がりますので、綺麗にしようと思っても、洗浄効果が高すぎる石鹸を使わないように心がけましょう。

デリケートゾーンを洗う頻度が多い

1日一回、お風呂でデリケートゾーンを洗うという方が多いかと思いますが、お風呂以外でも、トイレの後に洗うなど、とにかく衛生的にしたい為、常にデリケートゾーンを洗って居るような方も居ます。

確かに衛生的な環境を整えるに超した事はありませんが、あまり必要以上に洗いすぎてしまうと、デリケートゾーンがどんどん敏感になってしまい、かゆみを引き起こす原因に繋がると共に、pHバランスが崩れて臭いがキツくなる原因となるでしょう。洗えば洗うほど良いということでもありませんので、出来ればお風呂で一回洗う程度に留めておくことが大切です。

デリケートゾーンをあえて洗わないのは間違い?

デリケートゾーンの洗いすぎは、かゆみや臭いを引き起こす原因に繋がる為、デリケートゾーンをあえて全く洗わないという選択肢を取る方もいますが、それは大間違いです。デリケートゾーンは毎日汚れが付着し、放置すればするほど、どんどん雑菌が繁殖、その結果、当然臭いやかゆみを引き起こします。

デリケートゾーンをあえて洗わないと言う選択肢はあまりにも極端ですので、洗う頻度を抑える、程度に留めておきましょう。特に女性の場合、毎日しっかりと汚れを取らないと、内側にある性器ですので、どんどん雑菌が繁殖します。臭いのきつさ、かゆみかぶれの原因となりますので、十分注意が必要です。

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンは正しい洗い方で洗えば、何も怖いことはありません。臭いやかゆみを無くすためにも、デリケートゾーンの正しい洗い方を事前にマスターしておきましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸で洗う

デリケートゾーンを洗う際には、刺激が強くない石鹸で洗うことが一番ですが、より確実なのは、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うということです。石鹸にも色々な種類がありますが、デリケートゾーン専用のタイプは非常に肌に優しく、デリケートゾーンを綺麗に清潔に保つことができます。

デリケートゾーンのニオイ対策ならコレ!feely編集部イチオシの「ibizaソープ&デオドラント」

デリケートゾーンのニオイ対策なら、ソープとデオドラントミストのWケアでニオイを防止できる「ibizaソープ&デオドラント」がおすすめです!人気脱毛サロンが開発した製品で、美容専門誌や新聞などでも多数取り上げられています。

 

「ibizaソープ&デオドラント」の特徴としては

  • ニオイの原因を殺菌抗菌する効果を持つ成分と肌の炎症を抑える成分を配合!
  • 6種の天然成分を配合、潤いと透明感のある肌へ導きます。
  • 5種のビタミンでくすみの原因でもあるメラニンにもアプローチ
  • 鉱物油やアルコールなどの刺激のある添加物は一切不使用
  • 徹底した品質管理のもと生産。もちろん安心安全の日本製!

日本全国のべ1万人以上に施術をして培ってきた、お店のノウハウが詰まった1本。今までに15万本以上も売り上げているほどの人気があるのも納得ですね。

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは毎月ソープとデオドラント各1本が届く「集中ケアコース」!通常は2本合わせて11,600円ですが、なんと今ですと40%OFFの6,970円でお試しいただけます!

また「毎月1本集中美白コース」をクレジットカードで支払うと44%OFFの6,470円で購入できるので、購入にはクレジットカードの利用がオススメ。また、全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から46%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaソープ&デオトラントでニオイ対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしましょう!

デリケートゾーンの黒ずみは黒ずみ専用の石鹸を使う

デリケートゾーンの黒ずみが気になる場合は、黒ずみ専用の石鹸を使うと効果的です。通常の洗浄石鹸だけでは、しつこい黒ずみまで落とすことは出来ませんので、ある程度洗浄力があり、美白効果が期待できる専用の黒ずみ石鹸を使った方が、より効率良く綺麗に洗えます。

デリケートゾーンにおすすめ!専用の石鹸

デリケートゾーンに利用する石鹸はきちんと選ばないと、肌の黒ずみや、かゆみかぶれ、臭いの原因へと繋がります。デリケートゾーンにはどんな石鹸を使えば良いのか、おすすめの専用の石鹸をご紹介します。

東京ラブソープ HPナチュラルソープ


数種類の天然ハーブエキスで優しくデリケートゾーンを洗える、専用の市販ソープです。保湿成分が含まれている為、洗浄後の乾燥を防ぎ、デリケートゾーンを優しくケア出来るでしょう。

透明レスタミン石鹸


コーワの殺菌消毒洗浄剤として人気の、レスタミン石鹸です。体全体に使える殺菌消毒石鹸ですが、お肌には優しく使えますので、デリケートゾーンにも最適。体臭や汗の臭いなどを防ぐと共に、ニキビなどの肌荒れもケアをしていきます。

ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ


見た目が可愛らしいデリケートゾーン専用石鹸です。デリケートゾーンの臭いやかゆみを無くし、使い続ける度、ストレスフリーなデリケートゾーンをゲットできるとして知られています。

デリケートゾーンを洗ったあとのケア方法

デリケートゾーンを洗った後は、洗った後のケアを行なうことが大切です。例えば、このようなケアを行なうと良いでしょう。

洗ったあとは保湿クリームでかゆみと臭い対策

洗った後は水分が蒸発して乾燥しやすくなりますので、保湿クリームを使って、デリケートゾーンをケアしていきましょう。保湿クリームで保湿をすることで、かゆみを防止すると共に、臭い対策をする事も出来ます。

ニベアはデリケートゾーンにも使える?

ニベアは肌に優しい保湿クリームとして知られており、デリケートゾーンに使っても問題無いとされています。しっかりと保湿をすると共に、お肌に優しく密着してくれますので、お肌を下着ダメージなどからもガードする効果が期待できるでしょう。

デリケートゾーンにおすすめの保湿クリーム

アンティーム ホワイトクリーム


パッケージがキュートなホワイトクリーム。イランイランやメリッサなどの自然派由来の成分をたっぷりと配合した、オリジナルブレンドとして人気です。

ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンク


ドクターシーラボの薬用ボディクリームです。無香料、無合成着色料、アルコールフリーパラベンフリーと、肌への刺激を最低限に抑えた優しい仕上りのボディクリームですので、デリケートゾーンのケアにもピッタリのアイテムになります。

MAPUTI(マプティ) OFWC オーガニックフレグランスホワイトクリーム


オーガニック成分を主体として作られた、お肌に優しい安全なボディクリームです。体全体はもちろんのこと、デリケートゾーン、バスト回りなどのケアアイテムとしても使える、優しいケアクリームとして愛されています。

まとめ

デリケートゾーンは洗い方を間違えると、臭いやかゆみの悪化に繋がります。専用の石鹸で優しく洗うと共に、洗った後には適切な保湿ケアを行なって、デリケートゾーンを優しく保護しましょう。