前髪を増やすおすすめの方法は?注意点もご紹介します!

前髪の量が薄くて貧相、前髪が何だかふんわりとしない、というように、前髪の量が少ないせいで、前髪が上手く決まらないと悩んでいる方は少なくありません。前髪の量を増やすためには、前髪をセルフカットして前髪の量を増やしたり、セットの仕方を工夫して、前髪の量が増えているように見せると良いでしょう。前髪の量を増やすための方法や、セルフカットのコツ、注意点をご説明します。

切らずに前髪を増やすアレンジ方法


前髪の量はそのままに、前髪を切らずに、前髪の量が増えたように見せたいのであれば、前髪アレンジを工夫することがおすすめです。自分で簡単に出来る前髪アレンジ方法をご紹介します。

ヘアアイロンで前髪を厚く見せる

ヘアアイロンを使って前髪をふんわりとさせるアレンジ方法です。ヘアアイロンで前髪を挟んだら、じっくりと熱を加えながら、前髪をセッティングしていきます。くるんと巻くようにして前髪をセットする事で、自然とボリュームアップし、可愛らしいヘアセットが出来るでしょう。

ホットカーラーでふんわり感アップ

熱を加える方法でこちらもおすすめなのが、前髪にホットカーラーを使う方法です。ホットカーラーを前髪に巻いてクルンとさせるだけで、ふんわり感がアップし、自然と前髪の量が増えたように見えるでしょう。ホットカーラーを使う前と後ではその差は一目瞭然。まるで別人のようにふんわりと前髪をボリュームアップさせられる、魔法のような方法として知られています。

セルフカットで前髪を増やす方法

あまりにも前髪の量が少ないのであれば、セルフカットで前髪の量そのものを増やす方法もおすすめです。ただし、セルフカットはやり方を間違えてしまうと、前神の量が無駄に重い、前髪の長さがちぐはぐな状態になってしまいますので、注意が必要です。セルフカットのやり方や、ポイントをご説明します。

濡れた髪は乾かしておく

髪を濡らしたままセルフカットをするのは絶対にNGです。セルフカットをする際には必ず髪を乾かした状態で、正しい髪の長さが判断できる状態で、カットを行ないましょう。髪の量を調整する際には特に、髪が濡れたままの状態でカットすると、どうしても量が把握しきれない為、きちんと乾かしてから行ないましょう。

前髪を取る位置に注意!目尻よりも外側の毛はなるべくとらない

前髪を取る位置を、おでこ全域にしてしまう方もいますが、それは大きな間違いです。前髪の範囲は基本的に、目尻よりも外側の毛は取らず、目尻より内側の毛だけをカットしていきます。あまり外側の毛を取ってしまうと、サイドの毛が無くなると共に、前髪の量が無駄に増えてしまいますので、注意が必要です。

前髪は頭頂部から取るのが基本

前髪は頭頂部の髪の毛から取ってくるのが基本になります。頭頂部からブラシを通して顔面に垂らし、セルフカットしていく位置を決めましょう。前髪の量が少ない場合は特に、出来るだけ頭頂部近辺から髪の毛を持ってきた上で、量を調整しつつカットする事が大切です。

両耳をつないだ平行線で前髪の幅取りもOK

前髪の幅の目安は、両方の耳を繋いだ平行線上が理想になります。あまり幅が狭すぎても、何だかちぐはぐな印象になってしまいますので、髪全体とナチュラルに溶け込めるようなバランスで、前髪の幅を取ることが大切です。

前髪をそれほど重くしたくないのであれば両耳の平行線で前髪の幅を取る

前髪をそれほど重くしたくないと言う場合は、両耳の平行線で前髪の幅を取ると、ちょうど良く決まります。重すぎず軽すぎない、理想のバランスで仕上がりますので、特にこだわりが無ければ、このラインで前髪の幅を決めていくと良いでしょう。

前髪を取る量を調整してから切る

前髪をカットしながら、前髪を取る量を調節する方もいますが、それだと切りすぎたと気がついた時には後の祭りです。まずは前髪を取る量を調整してから、ある程度の目星がついたところで、カットをしていきましょう。

前髪を取る量を決めるときには、前髪予定の場所をしっかりとブラッシングして、綺麗に整えてから決める事が大切です。整えてから決めるようにしないと、セットをしたときにばらついたり、ちぐはぐになる可能性があるので注意しましょう。

カットで前髪を増やす際の注意点

カットで前髪を増やす時には、正しいやり方で行なうだけでは無く、いくつか注意をしないといけないことがあります。カットで前髪を増やす際には、例えばこのような事に注意をしていきましょう。

可愛らしい雰囲気にしたい場合は前髪の横幅を増やす

可愛らしい雰囲気になりたい場合は、前髪の横幅を通常より少し増やすことで、小顔効果、童顔効果を出すことが出来るでしょう。前髪の幅の違いだけでも、顔の印象は大きく変わりますので、キュート系を狙いたい方は、少し幅を広めに取ることがおすすめです。

前髪がペタっと見える・分かれてしまう場合は前髪の奥行きを増やす

前髪がぺたっとして見えてしまう、分けたくないのに勝手に分かれてしまうという場合は、前髪の奥行きを増やすようにしましょう。前髪の奥行きを増やすだけで、自然とボリュームが増えたように見えると共に、勝手に分け目がつく状況を防ぎます。前髪のボリュームが足りないと悩んでいる場合は、おすすめのポイントです。

前髪の量が少ないわけでは無いのにぺたっとしてしまう場合は、前髪の奥行きを増やす他にも、セットの仕方も重要です。ホットカーラーなどでふんわりさせるなど、髪の毛にボリュームを出すケアをすると、自然な仕上りになるでしょう。

前髪を増やすだけでなくサイドなど全体のバランスを確認

前髪の量を増やす際には、前髪だけでは無く、サイドなども増やしていかないと、前髪だけやたらと主張が激しくなります。前髪だけ浮いて見ることが無いように、バランスを調整しながら、ふんわりナチュラルな前髪を作ると良いでしょう。

とはいえ、サイドの量を増やしすぎてももっさりとしてしまいますので、そこはこまめにバランスを確認しながらカットする事が大切です。どの程度までは量を増やして平気なのか、髪の長さとのバランスを見ながら、調節していくようにしましょう。

前髪を増やすのは頭頂部まで!

前髪を増やす際には、ついつい全体の量を増やしてしまう方もいますが、前髪を増やすのはあくまで、頭頂部までに留めておくことが大切です。前髪全体の量を増やしてしまうと、量が増えたことで重くなりすぎてしまいますので、十分気を付けましょう。

また、頭頂部から増やす時にも、頭頂部の量を増やしすぎない事が大切です。狙ってやるのであれば良いですが、そうでは無い場合、前髪だけやたらとボリュームのある、マッシュルームのような不思議なヘアスタイルになる可能性が高いでしょう。

まとめ

前髪の量は多すぎても少なすぎても、仕上りに大きな差が出ます。自分の理想の前髪を作る為にはどうすれば良いのか、セルフカットをする際には、バランスをチェックしながら判断する事が大切です。

前髪の量を増やすにはカットをするだけでは無く、ヘアセットの仕方を見直す事も1つのポイントになります。前髪の量に少しでもボリュームを出したいなら、ホットカーラーやヘアアイロンなど、熱を加えてセットをするアイテムがおすすめです。くるりとセットしたり、ふんわりとセットさせることで、髪の量は変わらないのに、ボリュームのあるスタイルをゲットできるでしょう。

前髪は人の印象を左右する重要なポイント。セルフカットやアレンジをする際には、全体のバランスを見て、なりたい前髪を作っていけるように、一工夫を加える事が大切です。セルフカットの際には特に、注意点をしっかりと理解して、丁寧にカットしていきましょう。