前髪を増やすおすすめの方法は?注意点もご紹介します!

前髪の量が少ないせいで、前髪が上手く決まらないと悩んでいる方は少なくありません。

前髪の量を増やすためには、前髪をセルフカットして前髪の量を増やしたり、セットの仕方を工夫して、前髪の量が増えているように見せると良いでしょう。

前髪の量を増やすための方法や、セルフカットのコツ、注意点をご説明します。

切らずに前髪を増やすアレンジ方法

画像提供元:Latte

前髪を切らずに、増えたように見せたいのであれば、前髪アレンジを工夫することがおすすめです。自分で簡単に出来る前髪アレンジ方法をご紹介します。

ヘアアイロンで前髪を厚く見せる

まずはヘアアイロンを使って前髪をふんわりとさせるアレンジ方法です。

ヘアアイロンで前髪を挟んだら、じっくりと熱を加えながら、前髪をセッティングしていきます。くるんと巻くようにして前髪をセットする事で、自然とボリュームアップし、可愛らしいヘアセットが出来るでしょう。

作り方を詳しくご説明します。

前髪を左側によせて、ドライヤーをあてる

前髪をふんわりさせるために、ドライヤーをあてるプロセスは重要です。まずは左側によせて、しっかりドライヤーをあててください。

前髪を右側によせて、ドライヤーをあてる

今度は、前髪を右側によせてドライヤーをあてていきます。左側と右側交互にドライヤーをあてていくプロセスは、2、3セットほど繰り返してください。数回繰り返すことで、ふんわりとした前髪になりますよ

髪の毛をとかす


前髪を交互によせてドライヤーをあて終わったら、くしでしっかり前髪をとかしましょう。

前髪の分け目をつくる

くしで前髪をとかしたら、自分のお気に入りの位置で前髪を分けていきます

流したい方向にヘアアイロンを使って流す

前髪の分け目が決まったら、アイロンを使って流していきます。前髪は繊細なので、温度もあまり高く設定しないでおきましょう。また、前髪をいためないように、やさしく前髪をはさんで、流していくようにアイロンを使ってしてくださいね。

完成!

アイロンを使った、ふんわりボリュームアップの前髪の完成です!
ボリュームたっぷりだけど、ふんわりした可愛さがたまりません。ぜひお試しくださいね。

カーラーでふんわり感アップ

カーラーを前髪に巻いてクルンとさせるだけで、ふんわり感がアップし、自然と前髪の量が増えたように見えるでしょう。

カーラーを使ったふんわり前髪の作り方を詳しくご説明します。

前髪をまとめる

カーラーで巻きやすいように、前髪をひとまとめにしておきます。あまり量が多すぎると、重苦しくなるので、適度な量に調整しましょう。

カーラーを巻きつけて放置

ひとまとめにした前髪を、カーラーに巻きつけて、少し時間を置きます。カーラーのサイズはお好みでOKですが、少し大きめのサイズだと、よりボリューム感が出るのでおすすめです。

ドライヤーで温める

カーラーで巻きつけて少し時間を置いたら、ドライヤーを使って前髪を温めていきます。ドライヤーで温めることによって、カーラーの丸みがつくようになり、丸みを帯びたふんわりとした印象をつくることができます

毛先をくしで整える

ドライヤーで前髪を温め終わったら、ゆっくりとカーラーを外し、くしで毛先を整えていきます。カーラーを外すときは、丸みのあるふんわりした前髪を崩さないよう、ゆっくり外すことを心掛けましょう

完成!

カーラーを使った、ボリューム感のあるふんわり前髪の完成です!お好みの方向に前髪を少し流してみてください。ゆるふわ感がアップしますよ。

前髪が少なくても魅力的に見えるアレンジ

画像提供元:Latte

前髪の量が少ないなと感じていても、ちょっとしたアレンジを加えることによって、女性らしく魅力的な印象に変えることができます。忙しい朝でも簡単にアレンジできる方法をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

前髪に動きをつける

前髪が少なくてお悩みの方は、アイロンで前髪に動きをつける方法がおすすめです。前髪に動きがあると、明るくて可愛い印象を与えるだけでなく、小顔効果も期待できます。朝の忙しい時間でもぱぱっと出来るのも嬉しいところ。

外ハネになるように巻く

片方の前髪を、アイロンで外ハネになるよう巻いていきます。この際、前髪は少量ずつとっていくこと外ハネになるよう巻いていくことがポイントです。

反対の前髪も外ハネになるように巻く

反対側の前髪も同じように巻いていきます。前髪を少量ずつとって、外ハネになるよう巻いていきましょう。

完成!

動きのある、外ハネ前髪の完成です!アイロンがあれば、簡単に前髪に動きをつけることができますね。

流行のウェッティー前髪

最近、ウェットヘアが流行っているのをご存じですか?少し濡れた感じが色っぽくて素敵だと人気です。デートはもちろんのこと、友人と出かけるとき、お仕事のとき、どんなときでも活用できる前髪アレンジのひとつです。

少し気合をいれたい、ちょっと色っぽくしてみたい、そんなときは、ぜひ試してみてくださいね。

ヘアワックスを温めながら毛先につける

ワックスを使ってウェッティー前髪をつくっていきます。片方の手先にワックスをつけ、指で温めながら、前髪につけていきましょう

少量の前髪をとってねじりながらつける

前髪は少しずつとっていき、毛先をねじりながらワックスをつけていきますワックスをつけすぎると、毛先がベタベタになったり、束になって固まってしまうので注意しましょう。

完成!

ワックスを使った、ウェッティー前髪の完成です!

前髪にウェット感がプラスされたことで、色っぽい女性の印象へ。ぜひお試しください、

ピンで留めるだけ!三つ編み前髪

前髪がなかなか決まらない!という時は、三つ編み前髪もおすすめ。ヘアゴムなどは必要なく、三つ編みを作ってピンで留めるだけの簡単なアレンジです。

前髪を三つ編みにするとワンポイントにもなり、可愛く女性らしい印象を与えることも出来ますよ。

頭のてっぺんをギザギザにわける

頭のトップにギザギザの分け目をいれていきます。ちょっとしたアクセントになりますよ

前髪を三つにわける

少量の前髪をつかみ、3つに分けていきます。均等になるように分けていきましょう。

分けた前髪を三つ編みにしていく

3つに分けた前髪を、三つ編みにしていきます。3つ編みが緩くなりすぎると崩れやすくなるので、ある程度しっかりと編み込んでください

頭の後ろ部分にピンで留める

三つ編みにした前髪は後ろの方に持っていき、ピンで留めます。髪が落ちてくるのが気になるようであれば、複数のピンを使いましょう。

片方のサイドの三つ編みができたら、もう片方のサイドも同様に三つ編みを作り、後ろの方でピンで留めます。

完成!

両方のサイドの三つ編みをセット出来たら完成です!

立体感をもたせるために、三つ編みをほんの少し崩してみてください。丸みのある三つ編みが可愛くておすすめです。

セルフカットで前髪を増やす方法

あまりにも前髪の量が少ないのであれば、セルフカットで前髪の量そのものを増やす方法もおすすめです。ただし、セルフカットはやり方を間違えてしまうと、前髪の量が無駄に重い、前髪の長さがちぐはぐな状態になってしまうので、注意が必要です。

セルフカットのやり方や、ポイントをご説明します。

濡れた髪は乾かしておく

髪を濡らしたままセルフカットをするのは絶対にNGです。セルフカットをする際には必ず髪を乾かし、正しい髪の長さが判断できる状態で、カットを行なってください。

髪が濡れたままの状態では量が把握しきれないため、きちんと乾かしてから行いましょう

前髪を取る位置に注意!目尻よりも外側の毛はなるべくとらない

前髪を取る位置を、おでこ全域にしてしまう方もいますが、それは大きな間違いです。前髪の範囲は基本的に、目尻よりも外側の毛は取らず、目尻より内側の毛だけをカットしていきましょう。

あまり外側の毛を取ってしまうと、サイドの毛が無くなるとともに、前髪の量が無駄に増えてしまうので、注意が必要です。

前髪は頭頂部から取るのが基本

画像提供元:Latte

前髪は、頭頂部の髪の毛から取ってくるのが基本。頭頂部からブラシを通して顔面に垂らし、カットする位置を決めましょう。

前髪をそれほど重くしたくないのであれば両耳の平行線で前髪の幅を取る

前髪をそれほど重くしたくないという場合は、両耳の平行線で前髪の幅を取ると、ちょうど良く決まります。重すぎず軽すぎない、理想のバランスで仕上がるので、特にこだわりが無ければ、このラインで前髪の幅を決めていくと良いでしょう。

あまり幅が狭すぎても、何だかちぐはぐな印象になってしまうので、髪全体とナチュラルに溶け込めるようなバランスで、前髪の幅を取ることが大切です。

前髪を取る量を調整してから切る

前髪をカットしながら前髪を取る量を調節する方もいますが、それだと切りすぎたと気がついた時には時すでに遅し。まずは前髪を取る量を調整してから、ある程度の目星がついたところで、カットをしていきましょう

前髪の取る量を決めるときには、前髪予定の場所をしっかりとブラッシングして、綺麗に整えてから決める事が大切です。整えてから決めるようにしないと、セットをしたときにばらついたり、ちぐはぐになる可能性があるので注意しましょうね。

可愛らしい雰囲気にしたい場合は前髪の横幅を増やす


画像提供元:Latte

可愛らしい雰囲気になりたい場合は、前髪の横幅を通常より少し増やすことで、小顔効果、童顔効果を出せるでしょう。前髪の幅の違いだけでも、顔の印象は大きく変わるので、キュート系を狙いたい方は、少し幅を広めに取ることがおすすめです。

前髪がペタっと見える・分かれてしまう場合は前髪の奥行きを増やす

前髪がぺたっとして見えてしまう、分けたくないのに勝手に分かれてしまうという場合は、前髪の奥行きを増やすようにしましょう。前髪の奥行きを増やすだけで、自然とボリュームが増えたように見えると共に、勝手に分け目がつくのを防ぎます。

前髪の量が少ないわけではないのにぺたっとしてしまう場合は、セットの仕方も重要です。ホットカーラーなどでふんわりさせるなどすると、自然な仕上がりになるでしょう

前髪を増やすだけでなくサイドなど全体のバランスを確認

前髪の量を増やす際には、前髪だけではなくサイドなども増やしていかないと、前髪だけやたらと主張が激しくなります。前髪だけ浮いて見ることが無いように、バランスを調整しながら、ふんわりナチュラルな前髪を作ると良いでしょう。

まとめ

前髪の量を増やすにはカットをするだけでは無く、ヘアセットの仕方を見直す事も1つのポイント。前髪の量に少しでもボリュームを出したいなら、ホットカーラーやヘアアイロンなど、熱を加えてセットをするアイテムがおすすめです。くるりとセットしたり、ふんわりとセットさせることで、髪の量は変わらないのに、ボリュームのあるスタイルをゲットできるでしょう。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。