ポニーテールの結び方の基本と大人可愛いクロスアレンジの結び方

ポニーテールの結び方の基本と大人可愛いクロスアレンジの結び方

かわいくポニーテールをつくりたいとおもっていても、うまく作れない人も多いです。ポニーテールは作る位置によってイメージが全く違います。ポニーテールをきれいに作るためにはどんなことに注意しておけばいいのか、理解しておくとうまく作ることができるようになるはずです。

ポニーテールをうまく結ぶ3つのポイント

ポニーテールをうまく結ぶためにはいくつかのポイントがあります。そのポイントをおさえておくとかわいいポニーテールをさっとつくることができるようになるのです。コツは準備をしっかりしておくこと、髪の毛を乾かしておくこと、仕上げをしっかり行うこと、この三つとなります。

ポイントその1.使うアイテムは手元に準備しておく

ブラシ、クシ、ゴムなどのポニーテールをつくるときに必要なアイテムを手元に準備しておくのです。利用するものを近くに用意しておくこと、そして鏡をできれば2枚準備し、バックを合わせ鏡でみる事ができるようにしておきます。

ポイントその2.髪をしっかり梳かしておく

髪の毛が濡れた状態で作ってもうまくいきませんし、髪の毛が傷んでしまうのです。髪の毛をしっかり乾かしてから作るとうまく形をつけることができます。また濡れたままで結ぶとニオイも出てくるので乾かしておくことは必須です。

ポイントその3.スプレーで仕上げも丁寧にする

髪の毛がかなり長い人は、どの位置で作ってもきれいに仕上げることができると思いますが、ミディアムくらいの長さの方がポニーテールにするときには、スプレーなどで仕上げをしないとちょっとだらしない感じになります。そうならないようにスプレーなども利用して、丁寧に仕上げることがコツです。

崩れにくいポニーテールをうまく結ぶコツ

ポニーテールがすぐに崩れたり、位置が下にずれてしまうという人は、作り方のコツを理解されていないのだと思います。崩れにくいポニーテールをつくるためには、長さによってもやり方のコツが違いますが、ポイントを理解しておけばきれいに作ることができるはずです。

一度に結ばないのがうまく結ぶコツ

ポニーテールが崩れやすいという人の作り方を見ていると、一度にギュッと結んでしまっている姿を見ます。特に長さがロングではないという場合、一度にきれいなポニーテールをつくるのは無理です。まずトップ部分の髪の毛をまとめたい位置で結んでおき、下部分の髪の毛を1本にまとめて上に向けてきれいに梳かします。トップのまとめている位置まできれいに持ってきて結んでいる状態と髪の毛を合わせるようにして、結んだゴムを取り、下の髪の毛と一緒に結びなおすのです。

上の部分を結んでハーフアップに

まず、トップ部分を結び、実際にポニーテールをつくりたい場所にハーフアップするようにまとめておきます。これによって位置をしっかり決めることができ、きれいにポニーテールをつくることができるのです。

ハーフアップに残りの髪を持ち上げるように一束に

ハーフアップしていない残りの垂らしている髪の毛をぐっと上に引き上げるようにして手櫛で一束にもっていきます。手櫛である程度まとめたらブラシでざっと髪の毛をとかし、最後に櫛で丁寧に髪の毛を上に向けて梳かし上げておくのです。

後頭部のたるみをしっかり確認

襟足から上の方、後頭部には丸いたるみが少しあるほうが見た目にも可愛いので、たるみのバランスを見ながらハーフアップした髪の毛と下の髪の毛を合わせて再度櫛を入れます。馴染ませ、最初にハーフアップしたゴムを取って、下の髪の毛と一緒に結び完成です。

こうして作ると位置が落ちる事も少なくなりますし、何よりポニーテールの形が美しく仕上がります。慣れてくると一気に結ぶこともできるようになりますが、きれいにポニーテールをつくりたいときや、きれいなお団子を作りたいという時には、2回に分けて作るようにするとうまくいくのです。

ピンやスプレーでがっちりガード

後れ毛が出ていてもかわいいのですが、しっかり作りたいとき、またスポーツやイベントなどでかっちり崩れないようにしたい場合、ピン、スプレーなどを利用してしっかり仕上げを行います。ミディアムくらいの長さの場合、ポニーテールをたかめのいちでつくると後れ毛がかなり出てしまうのです。

かなりだらしないイメージになりますし、スポーツの途中で崩れてくる要因ともなるので、ピンできちっと固定します。ピンが見えてもいいように、バッテンでわざと見えるように使ってもいいと思います。バックの丸みをつけるときに櫛で上方向に梳かしつつ、スプレーを当ててもいいですし、クシにあらかじめハードワックスやスプレーを少量馴染ませておき、それで梳いてもいいです。

大人可愛いクロスさせたポニーテールアレンジ

大人可愛く作ることができるクロスのポニーテールアレンジ、これを覚えておくとかわいいポニーテールをらくらくつくることができます。アレンジスティックを利用して作るクロスポニーはとても簡単、誰でもできますが、コツを理解しておくよりきれいに仕上がるのです。

結び方1.スティックを使ってまとめていく

まずは耳のラインと並行くらいでハーフアップを作りゴムでとめておきます。そこにアレンジスティックをハーフアップしたゴムの左側、横3㎝、上3㎝程度のところに差し入れておくのです。

結び方2.それぞれ髪束をねじりながら反対側にクロス

残っているハーフアップしていない髪の毛の半分に分けて、その右側の髪の毛を左にさしているステックの輪にくぐらせスティックをした方向に引き抜きます。ます。つまり、半分に分けた下の髪の毛をクロスさせて逆方向にもっていくという事です。

結び方3.仕上げにまとめた髪を引き出して抜け感を

今度は右にステックをさし、残りの左の髪の毛を右のスティックの輪に入れてスティックを下に引き抜き、ゆるみが出ないように毛先をまとめて盛ったまま、一つ結びに結びます。クロスさせた部分から結んだゴムの部分をおさえつつ、髪の毛を少しずつ引き出し、束感が出るようにトップも少しずつ引き出しておくのです。

全体的にゆるっとしたこなれ感ができたら、ゴムを隠すバレッタなどとめて完成します。スティックがあるととても簡単に複雑に見えるアレンジができるので、1本持っていると非常に便利です。

ポニーテールの仕上がりに差をつけるおすすめ小物3選

ポニーテールはアレンジすることによって結婚式の二次会やパーティーなどにも利用できる非常に便利なアレンジになります。ちょっと仕上がりに気を使うだけでも、クールにもキュートにもなるのです。年齢を問わず楽しめるヘアスタイルとなりますので、その仕上げについておしゃれ度をアップする方法を理解しておきます。

好きな数だけ使って上品に仕上げるパールの髪飾り

AVIL 髪飾り 花 ヘアピン 5本セット 子供 発表会 アクセサリー フラワーティアラ
美しいパールを利用した飾りヘアピンのセット商品です。普段使いには1つ、ちょっと利用してパーティーなどの際には、まとめて利用したり、散らして利用するなどアレンジはいくつもあります。ワンピース、ドレスなどと相性がよく、また和装にも利用できるので持っていると便利です。

髪を挟んで留めるだけボナバンチュール

ボナバンチュール(Bonaventure) 煌く ラメ リボン バナナクリップ レディース ヘアアクセサリー ヘアクリップ バンスクリップ 人気 ブランド 髪留め (ブラック系)
ボナバンチュールは、クリップ上になっているヘアクリップで利用されている方も生尾と思います。これを利用するとこなれたゆるみのあるポニーテールを簡単に作ることが可能です。不器用さんも一つ持っていると重宝するので購入しておくといいと思います。

朝時間がない時でも、髪の毛をさっとまとめることができ、OLさんにも好評です。おしゃれなママたちもシンプルなタイプのボナパンチュールを日々、活用されています。デザインによってフォーマルなシーンでも利用できるので、いくつか種類を集めておくと便利です。

クリップに見えない可愛いリボンのボナバンチュール

ボナバンチュール(Bonaventure) グログラン ふんわり リボン バナナクリップ レディース ヘアアクセサリー ヘアクリップ 人気 ブランド 髪留め ブラック
これ、クリップなのですが、パット見るとクリップではなくリボンを結んでいるように見える優れものとして今人気を集めています。つけるだけで上品なリボンを付けているように見えるので、手間もなくお嬢様スタイルができるのです。

急に彼とデートとなったときでも、このリボンのボナパンチュールを持っていればおしゃれにかわいくなりますし、ママたちも参観日などに活用できます。カラーも色々でリボンのほかにもスワロフスキーを利用したものなど種類も豊富なので、シーンに合わせて違う種類を持っていると非常に使い勝手よく利用できるのです。

まとめ

ポニーテールは女の子をぐっとキュートに見せたり、大人っぽく色っぽく見せる素敵なヘアスタイルといわれています。男性の中にもポニーテールが好きという人が多く、人気の高いアレンジです。そのポニーテールをもっとかわいく個性的に見せるため、いくつかのアレジを覚えておくべきです。魅力をぐっと引き出すことになるポニーテールは、女子が知っておくべき秘密兵器的アレンジになります。