縮毛矯正をするとハゲる噂は本当なの!?ヘアケアのポイント

縮毛矯正は癖がある髪の毛の人にとって、髪の毛をストレートにできる方法としてすでに定着しています。しかしこの縮毛矯正をおこなうことで、ハゲてしまう?などといわれていることも事実です。本当に縮毛矯正をおこなうことでハゲてしまうのか?これから縮毛矯正をする人にとって非常に気になることだと思います。

縮毛矯正をするとハゲてしまうのは本当?

縮毛矯正は薬剤とアイロンを利用して強い癖毛をまっすぐに伸ばすという方法です。癖がある髪の毛の方にとって、希望するスタイルにするとき、縮毛矯正がどうしても必要になります。でも禿げるかも?なんて聞くとしないほうがいいのか?これは迷うところです。

毛根へ直接薬剤をかけないので、ハゲる可能性は低い

頭皮の状態が悪かったり、髪の毛が本当に傷み切っているという場合は別として、縮毛矯正をおこなった人がはげるという可能性は低いと考えられます。というのも、縮毛矯正をおこなうとき、薬剤を直接頭皮にかけることはありませんし、アイロンも髪の毛にあてるもので、頭皮に直接影響を及ぼすことは考えられないからです。

薬液にかぶれて抜け毛が起こることがある

頭皮に直接薬剤を浸透させることがなくても、薬剤に弱い人、もともと肌が弱い人の場合、薬剤にかぶれることによって抜け毛などが起こる可能性については否定できないといわれています。しかし、パッチテストなどを必ず行いますし、美容師さんはこうした薬剤にかぶれたことがないか?確認を行うので通常、こうしたトラブルは起こらないと考える事もできるのです。

縮毛矯正を繰り返すことで頭皮に負担がかかる

常に癖毛をまっすぐにしていたいという人は、縮毛矯正をくり返し行うことも少なくないので、それによって頭皮に負担がかかることがあります。頭皮に薬剤が直接かかることはなくても、アイロンで引き延ばす作業を行うのです。この時、頭皮に全く負担がないか?というと、やはり負担はあり、何度も繰り返し行っていることで頭皮に影響があるといえるのです。

薬液の影響で切れ毛が起こることがある

縮毛矯正の薬剤はストレートパーマのパーマ液とは全く違うもので、ストレートパーマ液よりも強いものが利用されています。そのため、薬剤を長くつけるなど使用方法を守らない場合や、髪の毛自体がかなりダメージを受けていて、弱い状態になっているとき、薬剤の影響を強く受けて切れ毛となることもあるようです。

頭皮・毛根へのダメージを防ぐケアとは

縮毛矯正は頭皮、毛根へのダメージが全くないという事はなく、特に繰り返し縮毛矯正をおこなっているという人の頭皮は何もしていない人と比較してやはりダメージを受けています。そのため、毛髪が映えてくる大切な毛根や頭皮を保護する必要があるのです。

美容師さんに髪の状態を相談をしながら縮毛矯正する

ヘアサロンによっては縮毛矯正をおこなう前にカウンセリングを行い、今の髪の毛の状態を確認したり、パーマをかけた回数、縮毛矯正を行った回数などを確認するところも多くなっています。こうしたカウンセリングなどがなくても、担当する美容師さんに髪の毛の状態などを説明しておくことも重要です。

髪の毛の健康状態を美容師さんに説明することで、縮毛矯正をうけても問題がないか、トラブルにならないかなどを考えてもらうこともできます。ブラッシングしても引っかかることが多い、つやが以前よりも少なくなっているなど、ダメージを予測できることがいくつかあるのです。その普段の状態を美容師さんに説明することで適切な縮毛矯正をかんがえてくれるとおもいます。

トリートメントをする

縮毛矯正を行ってから2日くらいはシャンプーをしないほうが縮毛矯正のもちがよくなるといわれていますが、その後、シャンプーを行ってからトリートメントなど、髪の毛に栄養をしっかり補給できるケアを行うことで髪の毛、頭皮、毛根の状態をよくしていくこともできます。トリートメントなどもダメージケア用を利用する、また美容師さんにお勧めのトリートメントを確認しそれを利用するようにすると、ダメージを少なくすることもできるのです。

トリートメントをするおすすめの頻度は?自宅と美容院との違いは?

負担にならない間隔で縮毛矯正する

人によっては少し癖が出てきたところで縮毛矯正をしてほしいとヘアサロンに行く方がいます。美容師さんによっては頭皮の状態、また髪の毛の健康を考えてもう少し感覚を置いた方がいいとアドバイスしてくれることもあるようです。負担にならないように、ある程度の間隔を置いて縮毛矯正をおこなうということも頭皮、毛根などにダメージを少なくする要因となります。

髪の毛をきちんと乾かす

髪の毛が濡れたままで寝てしまう方も少なくないようです。しかし髪の毛が濡れたままで寝てしまうと、頭皮が臭くなることもありますし、髪の毛同士がこすれて摩擦され、傷みやすくなります。縮毛矯正を行ったことで髪の毛はダメージを受けている状態です。こうした状態で髪の毛が濡れたまま寝てしまえば、通常よりも大きなダメージを受けることになります。髪の毛をしっかり乾燥させてから眠るようにします。

ダメージヘアにおすすめのドライヤー

ドライヤーはただ髪の毛を乾燥させるものと考えるのではなく、より負担が少ない状態で髪の毛を乾かすことができるものと考えるべきです。特に縮毛矯正をおこなってからは、頭皮、毛根もダメージを受けていますので、頭皮、毛根、毛髪にやさしい工夫があるドライヤーを選択する必要もあります。

JINRI マイナスイオンヘアドライヤー

JINRI マイナスイオンヘアドライヤー 紫 1200W JINRI104DION
風温を3段階調節できるドライヤー「JINRI マイナスイオンヘアドライヤー」が人気です。自分の好みによって熱を調節できるので、縮毛矯正をうけてからすぐ、という方は低い温度、もしくは冷風を当てて縮毛矯正をながもちさせることも考えるほうがいいと思います。

このドライヤーは軽いので長時間利用しても負担が少なく、使い心地がいいと評判です。消費電力は最高で1200W、ダメージを軽減し髪の毛を一気に乾かしてくれる優れものといわれています。デイヒューザー、コンセントレーターなどが付属しているので、使い方も工夫できるドライヤーです。

VAV 遠赤外線&マイナスイオンドライヤVAV 遠赤外線&マイナスイオンドライヤー 風温&風量6セット 1200W  (ホワイト)ー 風温&風量6セット

VAV 遠赤外線&マイナスイオンドライヤー 風温&風量6セットは、風量を2段階調節でき、また熱量も3段階の調節ができます。冷風ボタンがあるので縮毛矯正をおこなったかたにもぴったりです。マイナスイオンが発生し髪の毛にうるおいを与えてくれること、また遠赤外線効果があり、髪の毛を短時間で乾かせるという特徴ももっています。

フィルターが二重になっているので、毛髪の引き込みやほこりの侵入をしっかり予防し、清潔に利用できるという事も安心度の高い商品です。DCモニターが採用されており、強い風量にしても騒音が少なく、低騒音設計となっていることも魅力の一つとなっています。シンプルでスタイリッシュなドライヤーとして女性からの人気の高い商品です。

テスコム ヘアドライヤー ione マイナスイオン

テスコム ヘアドライヤー ione マイナスイオン シルキーゴールド TID134-N
テスコム ヘアドライヤー ione マイナスイオンは、大風速とダブルマイナスイオンを利用してうるおいながら髪の毛を乾かすことができる優れたドライヤーといわれています。両サイドから空気を取り込む設計の大風速ファンが一気に風を噴出し、髪の毛をスピーディに乾燥させてくれるのです。外気を取り込みつつ髪の毛を乾かす設計となっており、温風温度が高くなりすぎる事、また乾燥しすぎる事もなくしてくれます。

両手を利用できるスタイルとなっているので、簡単に髪の毛を乾燥でき、スタイリングなどにも便利です。スタンド型は今流行していますが、その中でも人気がある商品です。ねじれにくいゴムコードが利用されていることも人気の要因となっています。

まとめ

縮毛矯正については多くの方がはげるのでは?と心配しているという事も聞きますが、実際に禿げたという人は少ないようです。ただ、パーマとは違い縮毛矯正の場合、頭皮、毛根、毛髪にダメージが通常よりも大きいという事は事実になります。そのため、ケアをしっかり行うこと、縮毛矯正をおこなうときに美容師さんにしっかり髪の毛の状態を説明するなど、ポイントをしっかり押さえておくことも必要です。