縮 毛 矯正 アイロン

横流し前髪の作り方・アイテム別にやり方をご紹介

前髪が微妙な長さになってしまったけれど、切らずに伸ばしたい。でも邪魔で邪魔でどうしようも無くて、やっぱり切ってしまいたい、というように、中途半端な長さの前髪に悩まされている方も少なくありません。

前髪が中途半端に伸びてきてしまったときにおすすめしたいのが、横流し前髪のアレンジです。横流し前髪は手軽に出来る前髪アレンジ方法ですので、いくつか方法を覚えておくと、便利に活用出来るでしょう。おすすめの横流し前髪のやり方や、上手に流すコツをご紹介します。

横流し前髪のやり方

横流し前髪を作る時には、いろいろなアイテムを使ってキープ力をアップさせる事がポイントです。綺麗な横流し前髪を長時間キープするためにも、これから紹介するアイテムを使って横流し前髪を作りましょう。

ピンを使った横流し前髪の作り方

アメピンなど、ピンを使って横流し前髪を作るやり方は、一番簡単です。ブラシなどで前髪を理想の方向に流したら、サイドをピンで留めるだけ。ピンの種類を可愛いピンにしても、素敵なヘアアレンジになるでしょう。ピンを使った横流し前髪は初心者にもおすすめで、簡単に出来るヘアアレンジです。

前髪をピンでカールする横流しにする方法

ふんわりと可愛らしい横流し前髪を作りたいなら、カールする横流し前髪がおすすめです。コテやカーラーなどで前髪をくるりと巻きながら横に流して固定し、最後にヘアピンでキープしたら完成。こちらも手軽に出来る横流し前髪ですが、一工夫加える事で、全く違った印象を作れる前髪の作り方です。

ピンでカールをするやり方は、熱を通さなくとも簡単に作れるのがポイント。朝の時短テクニックとしても活用できるやり方ですので、忙しい朝に横流し前髪をカールにしたい時には、こちらの方法も試して見ると良いでしょう。

ふんわりした横流し前髪を作る、ドライヤーでブローするやり方

女性らしいふんわりとした横流し前髪は、大人可愛いヘアアレンジをしたい方にピッタリのスタイルです。ですが、自分でやろうとすると、なかなか綺麗にふんわり出来ないと、悩んでいる方も多いのでは無いでしょうか。ふんわりした横流し前髪を作る為には、ドライヤーでブローするやり方をおすすめします。

ドライヤーのコツは、前髪を引っ張っり気味に横流し

まずはドライヤーで、ふんわりとボリュームのある前髪を作っていきましょう。前髪の内側から温風を当てつつ、手ぐしやブラシを使ってふんわりとボリュームを付けていくことがポイントです。

ボリュームを適度に付けた後は、前髪を少し引っ張りながら、横流し前髪をつけていきましょう。ボリュームを出す段階で一緒に横流しに出来れば良いですが、同時進行でやると失敗する恐れもありますので、別行程として分けてしまうのもおすすめです。前髪を流したい方向に少し引っ張り気味にして温風を当てて、前髪を固定したら完成になります。

ブローをした後は、ワックスなどのスタイルキープ材を利用する事もおすすめです。風が強い日などは特に、ブローだけでは簡単に前髪が崩れてしまいますので、スタイリング剤と上手に合わせて活用しましょう。

コテを使って、キープする横流し前髪の作り方

横流し前髪は、コテを使う事で、綺麗にキープすることも可能です。コテを使って熱を通すことで、寝癖も簡単に直せますので、くせ毛で悩んでいる方などはこちらの方法を試してみると良いでしょう。

前髪を横流しにするコテの巻き方

細めのコテをしっかりと温めた後、前髪をコテで挟んだら、前髪をおでこ側、内側に巻いていきます。巻く際には火傷をしないように十分注意して、ある程度熱が通ったら、コテを外していきましょう。コテを外す際に、力強く引っ張ってしまうと、ストレートの状態になってしまいますので、そっと外すことがポイントです。

コテで巻く際に、少し横目に巻くことで、簡単に横流し前髪を作れますが、普段コテを使い慣れていないと変な形がついてしまいますので、難しい場合は、内側にくるりと巻いてから、熱が残っている内に横に流すようにしましょう。熱が冷えていくタイミングで髪型は固定されますので、まだ髪の毛が温かいうちであれば、多少は調整が可能です。固定が出来たら、スタイリング剤などを使ってしっかりキープしていきます。

パッツン前髪の流し方をコテでふんわりさせるのやり方

ぱっつん前髪を横流しにする際にはまず、前髪の分け目を決める事が大切です。どの髪の毛をどちら側に分けるのかを、クシを使ってしっかりと分けてから、それぞれの前髪を別々にコテで挟んで、横に流していきましょう。余程短い前髪でなければ、綺麗に分けられます。どうしても前髪が分かれない場合は、一度水で髪を濡らして、ブローをしてからコテを使うと、綺麗に分けやすくなるでしょう。

ふんわりとさせるためには、一度前髪を内側に巻くことが大切です。横に流す前にコテを使って前髪を内側に巻き、ふんわりとボリュームをつけていきましょう。髪の毛が温かいうちにそのまま横に流せば、綺麗に前髪を流しやすくなります。

アイロンで仕上げる流し前髪のやり方

アイロンを使うのも、横流し前髪を作るには最適です。コテを使うよりも簡単に横流し前髪を作れますので、初心者はこちらの方法を試してみると良いでしょう。アイロンで仕上げる横流し前髪の方法をご説明します。

前髪を横流しにするアイロンのやり方

アイロンにしっかりと熱を通したら、前髪をアイロンで挟み、横流しをしてキープしていきます。横に流す際に、スッとすぐに通すのではなく、ある程度時間をかけながら、5秒程度は最低でもアイロンを通すようにしていきましょう。

綺麗に横流しが出来たら、ワックスなどのスタイリング剤を使って固定していきます。髪が温かい内は無闇に触らずに、冷めるのを待って下さい。冷める前にいじってしまうと、せっかくの前髪がぐしゃぐしゃになってしまう恐れがあります。

ゆるふわの前髪の横流しもアイロンで仕上げる

ふんわり可愛いゆるふわ横流し前髪も、アイロンを使って仕上げられます。アイロンを使う際に、コテを使うように、前髪にボリュームを付けるようにして巻きながら、横流し前髪を作っていきましょう。ゆるふわ前髪のポイントは、ふんわり感です。ボリュームでふんわり感を作ったら、そのまま横に流していくことで、絶妙なふんわり横流し前髪を作れます。

まとめ

横流し前髪を作る方法にはいろいろとありますが、いずれも正しいやり方で行なえば、綺麗に理想の横流し前髪を作れます。横流し前髪にも、オフィス向けのぴしっとしたタイプと、ふんわり可愛いガーリーなタイプがありますので、作りたい雰囲気に合わせて、前髪を作っていきましょう。