縮 毛 矯正 デジタル パーマ

縮毛矯正とデジタルパーマは同時にできる?おすすめのヘアスタイル

髪の毛に負担がかかるとわかっていても、時間がないし仕事もあるし、縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけられないかなと思うこともあります。でも、縮毛矯正もデジタルパーマも髪の毛に負担がかかるのに両方同時にできるのか?と心配もあるのではないでしょうか。そこで、縮毛矯正とデジタルパーマを両方かけることが可能かどうか確認していきましょう。

縮毛矯正とデジタルパーマは同時にできる?

縮毛矯正は薬剤とアイロンの熱を利用して髪の毛をまっすぐにするもので、デジタルパーマは緩いラインのウェーブを作る方法です。この両方を同時に行うことができれば、忙しくて何度も美容室に行く暇がないという人も安心できます。

ゆるめのデジタルパーマをかけるのは可能

基本的には縮毛矯正をおこなってからデジタルパーマをかけることは可能といわれているようです。ただ、デジタルパーマもウェーブを強くかけるのではなく、ゆるくかける事ならできるという美容師さんが多く、できれば一緒にやらないほうがいいという意見ももちろんあります。

髪に多大なダメージを与える

薬剤をつけてからアイロンによって薬剤を定着させ、ストレートにぐっと伸ばしていく縮毛矯正は、美容室のメニューの中でも髪の毛に負担をかけるメニューです。そのうえ、今度は緩くてもパーマをかけることになるので、また薬剤を利用することになります。やはり髪の毛にダメージが大きいことは当然で、だからこそ、美容師さんの中には、一緒に行わないほうがいいと意見される人がいるようです。

サロン・髪の状態によっては断られることもある

髪の毛の状態を見て、傷みがある、また負担をかけるメニューを行うにはリスクが高いと感じるとき、美容師さんによっては一緒にできないと断れられることもあります。美容師さんとしては、お客様の髪の毛が常に美しい状態でいることを求めるからでしょう。

お客様第一という事であっても、髪の毛がかなり傷んでしまうことになれば、のちに自分が希望するスタイルができなくなる可能性もあります。その後・・・という事を考えて、美容師さんとしても、リスクが少ない方法を選択してほしいと考えるのです。

縮毛矯正とデジタルパーマをかけたときのケア方法

髪の毛に負担がかかる縮毛矯正とデジタルパーマを同時に行う場合、通常のパーマ等よりもずっと大きな負担が髪の毛にかかります。ヘアサロンによってはトリートメントを一緒に行うことができるメニューを選択する事もあり、その場合、傷みも少なく済むようです。ただご自身でトリートメントなどをこまめに行うことも重要なことになります。

しっかりと濡れた髪を乾かす

仕事が忙しく疲れていると、お風呂に入ってから髪の毛を乾かさず、そのまま寝てしまう人もいるようです。でもこれは、髪の毛に大きな負担をかけることになります。髪の毛は乾いている状態でも、ロングなどの場合、寝ている間にこすれて摩擦によってダメージを受けるのです。髪の毛が濡れいてる状態はさらに摩擦を生みます。

きれいに乾かしてドライヤーの熱が取れてから布団に入る、という事が望ましいといわれているので、髪の毛が濡れたままで寝るという事は通常の状態でも避けるべきです。特に、縮毛矯正とデジタルパーマを一緒にかけたという人は、通常よりもずっと傷みがひどい状態だと把握して、髪の毛により負担をかけないようなケアが大切なことにかくなります。

洗い流さないトリートメントでしっかりケアをする

最近は髪の毛のケア商品も美容師さんが利用するようなプロ仕様のものを購入できることもあり、毎日きれいな髪の毛を保つために、プロ仕様のトリートメントで時間をかけてケアしていると偉人も多くなっているようです。プロ仕様じゃなくても、同じような成分が配合されている質の高いトリートメントなども多くなっているので、こうした商品を活用してほしいと思います。

シャンプーの後、丁寧にトリートメントを行い、ドライヤーを当てる前に、洗い流さないトリートメントで保護するという人も多いようです。縮毛矯正も、デジタルパーマも毛髪、また頭皮に負担をかけることが多いので、しっかりとケアを行うことを考えていけば、傷みをできる限り少なくすることもできます。

シャンプーを見直す

今利用しているシャンプーが、洗浄能力の強いシャンプーという場合には、別の優しいシャンプーに変えるべきです。特に洗浄力の強いタイプ、クレンジング作用のあるシャンプーの場合、縮毛矯正やデジタルパーマのいい状態を維持することが難しくなることもあります。せっかく思った通りのスタイルになったのに、シャンプーでその維持が短くなるのでは意味がありません。

弱酸性、もしくはアミノ酸系のシャンプーを利用して優しく、なるべく摩擦を起こさないように洗います。シャンプーを十分泡立ててから髪の毛に塗布し、頭皮を中心に丁寧に洗い、髪の毛の先にはシャンプーの泡を揺らすように洗うくらいで十分です。丁寧に洗ったらぬるま湯でシャンプー液が全部落ちるまで洗い流します。その後、トリートメントを行い髪の毛に栄養をたっぷり与えて完了です。

縮毛矯正+パーマのおすすめしたいヘアスタイル

縮毛矯正とパーマを一緒に行うことができるなら、どのようなスタイルンしてみたいか、縮毛矯正とパーマを組合わせている素敵なヘアスタイルを紹介します。癖毛に悩んでいた人とは思えないような素敵なスタイルばかりです。

ナチュラルなボブ

癖毛という人が憧れるのはやはりストレート。ストレートのつやつやロングがいいという人もいますが、縮毛矯正によって癖がなくなり、パーマを施すことで好きなウェーブをかけることができるなら、ナチュラルなボブにしてみるのも魅力的です。ただ真っすぐというのでは味気ないのですが、ボブの丸みのあるスタイルをパーマによって作り出すことができれば、キュートなナチュラルボブができます。後頭部にほんのり丸みがあり、まっすぐなカットと丸みが絶妙なのです。キュートなスタイルがしたい方にお勧めできるスタイルとなっています。

ボブ+毛先カール

縮毛矯正を丁寧に行うことでまっすぐラインが美しいストレートのボブになります。ただ縮毛矯正を行っただけでは、丸みを出せないので、毛先にパーマを当ててそれによって縮毛矯正で作ることのできないかわいい丸いラインを作ったスタイルです。

縮毛矯正をかけると独特のまっすぐさになってしまい、通常のカットで出てくる丸みなどを演出しにくいといわれています。でもパーマを利用してバックに丸みを持たせることで、癖毛の方には難しい、ショートボブの丸いスタイルを作っているのです。髪の毛のツヤもきれいに出て、美しいボブになっています。

ボブ+ワンカール

縮毛矯正を行ってニュアンスウェーブを出したという時には、ホットパーマを利用して緩やかなラインを作ることができます。縮毛矯正にホットパーマを組合わせたことで、キュートで自然なウェーブが魅力的なスタイルとなっています。ホットパーマの技術を取り入れることで、自然で柔らかいイメージのボブが完成です。オフィスにもまたデートにも似合いそうな、女性らしいスタイルが作れています。

まとめ

髪に癖がある方は縮毛矯正によってさらさらストレートヘアを手に入れられます。いろいろなヘアアレンジを楽しめるようになってくると次はパーマかな?と考える方もいるでしょう。縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることは、あまり多くの美容院ではおすすめしていないようです。可能であれば時間を置くなど、髪にダメージの少ない方法を検討するようにしましょう。