長い前髪は流し方で決まる。おしゃれなアレンジのやり方

せっかく伸ばした長い前髪、上手にアレンジをしたいという方も少なくありません。長い前髪を上手にアレンジする方法は色々とありますので、是非とも理想の髪型を作って見ると良いでしょう。長い前髪は、巻いたり流したり、アレンジが自由自在です。おすすめの長い前髪アレンジや、簡単前髪アレンジをいくつかご紹介します。

長い前髪は流し方・おしゃれなアレンジ

長い前髪は上手に流すだけでも、ヘアスタイルがばっちり決まります。キュートにもクールも思いのままですので、雰囲気も理想通りに出来るように、やり方を勉強して見ると良いでしょう。長い前髪のおすすめ流し方や、簡単な流し方をご紹介します。

ピンを使ったアレンジ、長い前髪の流し方

ピンを使って留めるだけの簡単アレンジです。長い前髪を好きな方に流したら、ヘアピンで留めるだけで終わりになります。ヘアピンで留めるときには、可愛いヘアピンを使うと見栄えも良くなり素敵です。あえてピンを隠して留めても大人っぽく仕上がりますので、上手に活用すると良いでしょう。

伸ばしかけ長い前髪の流し方、簡単なピン使い

伸ばしかけで中途半端な長さの前髪に悩んだら、ヘアピンを使って簡単に留める方法がおすすめです。アレンジ次第で簡単に留められるので、伸ばし掛けの前髪もスッキリ留められます。伸ばしかけ前髪が邪魔、上手く流して分けることも出来ないと言う時に、おすすめのアレンジ方法です。

前髪をサイドにピン留めした時の流し方

前髪をサイドにピン止めすると、清楚系な雰囲気が完成します。オフィスシーンや学校などでも使えるアレンジなのに簡単に出来ますので、忙しい朝にもピッタリといえるでしょう。前髪をサイドに流したら、ピンでサッと留めるだけ。ピンの種類を変えても、ピンの止め方を変えても、雰囲気を簡単に変えられますので、手軽にイメチェンしたいときにもおすすめのアレンジになります。

長い前髪もふんわり!コテでカールする流し方

長い前髪は思いきって、コテでカールをしてまとめるのもおすすめです。コテを使ってふんわりとカールさせれば、女性らしいガーリーな雰囲気に仕上がります。意外と難しいのかと思いきや、コツさえ掴めば誰でも簡単に出来るアレンジですので、一工夫加えた前髪アレンジをしたい方は試して見ると良いでしょう。

長い前髪の流し方の基本は、コテで毛先をしっかりと巻く

長い前髪を流すときには、しっかりとコテで毛先を巻くことが基本です。毛先をくるりとカールさせれば、それだけでも女性らしく、可愛らしい雰囲気に仕上がります。毛先をしっかりと巻くことで、ガーリーな雰囲気になると共に、アレンジもしやすくなりますので、基本はしっかりとコテで毛先を巻くことから始めましょう。

毛先をしっかりと巻いたら、ワックスなどのスタイリング材を使ってキープすることも大切です。キープしないとアレンジがすぐに崩れてしまいますので、忘れずにキープしましょう。

コテ巻きスタイル、長めの前髪は、少し重めの流し方に

長めの前髪は少し重めの流し方をすることがポイントです。コテ巻きスタイルを上手に活用することで、重めスタイルもキレイめに仕上がります。重めの流し方であればすぐに崩れる事も無く、基本キープ力も強めですので、髪型が崩れやすいような日にも最適です。モードファッションなどにも、あわせやすい髪型になります。

ストレートアイロンで巻く長い前髪の流し方

ストレートアイロンで長め前髪を巻くことで、長い前髪も自由自在にアレンジ可能です。ストレートアイロンであれば、火傷をしにくく簡単に使えるので、初心者にもおすすめのアイテムといえるでしょう。

ストレートアイロンを使う際には、少し強めに、癖を付けるように流すことが大切です。真っ直ぐしすぎるとガーリーさがなくなってしまいますので、適度なバランスになるように調整しましょう。

ストレートアイロンを使った、ショートヘアの長い前髪の毛先の流し方


ストレートアイロンで、ショートヘアの長い前髪を流す際には、髪全体を巻き込んでアイロンをかけることがポイントです。スタイリング剤を使ったら、髪の毛にしっかりと熱を加えて、前髪を好きな方に流していきましょう。

前髪を流すときには、毛だけではなく、つむじから、根本の部分から流していくことが大切です。上手く言う事を聞かない場合は、一度髪の毛を濡らしてブローをしてから、改めてストレートアイロンを使うと良いでしょう。髪の毛をブローするときには、しっかりと乾かすとともに、セットする際にふんわりと仕上がるようにブローしていくことがポイントです。

ボブヘアの気になる長い前髪流しのやり方は、ストレートアイロンが便利

ボブヘアの場合も、ストレートアイロンで前髪を流すのが便利です。ボブヘアは特に髪の毛の長さが短いので、コテよりも、ストレートアイロンを使った方が、綺麗に、火傷の心配なども無くセット出来るでしょう。セットをした後はしっかりとスタイリング剤を活用して、ヘアスタイルをキープすることが重要です。

ボブヘアの場合は、髪全体のバランスも大切。前髪がどんなに完璧でも、他の部分で跳ねてしまっては、その部分の印象が強くなってしまう髪型ですので、ヘアセットに注意が必要です。重めボブ、軽めボブ共に、しっかりと全体のスタイルを整えておきましょう。

ポニーテールで、前髪が長い時の流し方


ポニーテールも前髪の流し方が重要なヘアアレンジです。前髪の流し方次第で、雰囲気を全く変える事が出来ますので、理想のスタイルを作る為にも、ポニーテールと合わせて前髪を流すコツやポイントを抑えて置くと良いでしょう。

ポニーテールや三つ編みに合う、長い前髪のかわいい流し方

ポニーテールや三つ編みなどのおまとめ髪に良く似合う、可愛らしい前髪スタイルです。ふんわりと女性らしく可愛らしいスタイルで、こうしたおまとめスタイルの、鉄板なガーリー前髪になります。ストレートアイロンで簡単にセットが出来る前髪の流し方ですので、覚えておく何かと便利でしょう。

ポニーテールや三つ編みの場合は特に、このくらいシースルー感がある前髪の流し方にした方が、バランス良く決まります。重めは重めでクールですが、特にそこまでモダンな雰囲気を作りたくない、普通の前髪でいたいということであれば、このくらいの前髪の流し方がおすすめです。

まとめ

前髪はヘアスタイルだけではなく、顔の印象まで決める重要なパーツです。流し前髪の方法にもいろいろとあり、流し方が少し違うだけで、全く違った雰囲気に変わりますので、好きな雰囲気になれるように、色々と調整して見ると良いでしょう。

前髪を流す際には、ストレートアイロンやコテを使う方法は勿論、ヘアピンなどで留めてしまう方法も便利です。ヘアピンで留める方法は簡単に出来るのも魅力ですので、出来るだけ時短で可愛く前髪アレンジをしたいということであれば、ヘアピンを上手に活用しておくと良いでしょう。前髪アレンジによっては、ヘアピンを隠した方が良い場合もありますので、上手くバランスを見ることが大切です。

前髪アレンジは、自分に合ったちょうど良いバランスがありますので、色々と試してみて、自分のヘアスタイル、雰囲気に合っている前髪を作るように心がけましょう。前髪アレンジが初めての方は、スタイリング剤を使う事も忘れないように気を付けて下さい。