【必見】デリケートゾーンのお手入れ方法!

デリケートゾーンの手入れに関して、適当に済ませてしまっている方も多いのではないでしょうか。実際に手入れはしっかり行わないと、黒ずんだり赤くなったりすることも。そのまま色素が沈着してしまうこともあるので注意が必要です。ここでは、デリケートゾーンの手入れについて解説しますので、参考にしてみてください。

洗い方

デリケートゾーン向けの石鹸を使用

デリケートゾーン向けの石鹸が近年は販売されていて、市販されているものでも十分に効果を発揮してくれます。デリケートゾーンは他の部位よりも刺激に弱いので、そこは気を付けておくことが必要となるでしょう。扱いに関しては、とても丁寧にしてあげないと行けません。

手入れする場合は、まずはデリケートゾーン用の石鹸を使用するようにしてください。洗う場合、普通の石鹸を使ってしまっている方は、炎症やかぶれの原因になることもあるので注意しましょう。

ニオイ対策にぴったり!ソープ&ミストのWケアでニオイが気にならない生活を!「ibizaソープ&デオドラント」

下着や生理用品など、いろんなものに包まれるデリケートゾーンはムレやすく、雑菌とニオイの温床になりがちです。石鹸で洗うことで清潔に保つことが必要ですが、とても敏感でその他の部位よりも荒れやすい部分だからこそ、きちんとした専用の石鹸を使って丁寧に洗いたいですよね。そんな時にはfeely編集部イチオシの「ibizaソープ&デオドラント」をオススメします!石鹸×ミストのWケアでニオイをしっかり防止。彼氏と会う前やアクティビティを楽しむ前の「ニオイがしてしまったらどうしよう…」なんて悩みを解決してくれることでしょう!

 

「ibizaソープ&デオドラント」の特徴としては

  • ニオイの原因を殺菌抗菌する効果を持つ成分と肌の炎症を抑える成分を配合!
  • 6種の天然成分を配合、潤いと透明感のある肌へ導きます。
  • 5種のビタミンでくすみの原因でもあるメラニンにもアプローチ
  • 鉱物油やアルコールなどの刺激のある添加物は一切不使用

日本全国のべ1万人以上に施術をして培ってきた、お店のノウハウが詰まった1本。今までに15万本以上も売り上げているほどの人気があるのも納得ですね。

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは毎月ソープとデオドラント各1本が届く「集中ケアコース」!通常は2本合わせて11,600円ですが、なんと今ですと40%OFFの6,970円でお試しいただけます!

また「毎月1本集中美白コース」をクレジットカードで支払うと44%OFFの6,470円で購入できるので、購入にはクレジットカードの利用がオススメ。また、全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から46%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaソープ&デオトラントでニオイ対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしましょう!

ゴシゴシ洗いすぎない

ゴシゴシ洗い過ぎてしまうと、デリケートゾーンは炎症やかぶれを引き起こしやすくなります。また、摩擦や圧迫、衝撃などを与えることによって、メラニンが発生してしまうこともあります。メラニンが分泌されると黒ずみなどの原因になるので注意が必要です。ゴシゴシ洗うことには、それらのリスクがあるのです。

まずは丁寧にタオルで洗うのが良いですが、刺激に弱いという方は手で直接洗うというのでも十分です。手で石鹸を使い、そのままデリケートゾーンを洗ってあげてください。そうすることで、刺激は最小限に抑えられます。

爪で傷つけないよう洗う

爪でデリケートゾーンを傷付けてしまうという方もいます。デリケートゾーンの場合は、ちょっとした傷などが炎症やかぶれの原因になるので、十分気を付けましょう。特に女性の場合はネイルをやっている方も多いため、長い爪で傷付けてしまうこともあります。そうすると、やはり綺麗にするどころか傷を作ってしまうので気を付けておきたいです。

特に汚れが溜まりやすい部分を把握しておく

デリケートゾーンの場合は、特に汚れが溜まりやすい部分も多いです。皮膚と皮膚の隙間など、汚れが溜まりやすい場所を把握しておくことが重要となるでしょう。汗や皮脂、その他に分泌されるものなどが多く溜まりやすいのは、デリケートゾーンの中でも皮膚と皮膚の間だと言えます。まずはそこを把握して対処するようにしてください。

保湿:保湿クリームを使用

デリケートゾーンの手入れをする時には、保湿クリームをしっかり使うようにしてください。保湿をすることはとても重要で、実際に皮膚の水分量が多ければ多いほど、炎症やかぶれ対策になります。また、保湿をしておけば肌の弾力が生まれ、摩擦などにも強くなります。そういう意味でも保湿はしっかりおこなっておきたいです。

ちなみに保湿クリームにも色々な種類があり、市販されているものだけでも相当な数があります。そこはしっかり理解して選んでいくことが必要となるでしょう。

アンダーヘアのお手入れ

蒸しタオルで毛を柔らかくしたほうがお手入れしやすい

アンダーヘアに関しては、蒸しタオルで毛を柔らかくてから、手入れしていくのが普通です。実際にデリケートゾーンなので、毛が硬いまま処理すると皮膚がダメージを受けることもあります。無理矢理剃ったり抜いたりすると、よりデリケートゾーンが刺激を受けてしまいます。それは避けていくことが必要です。

実際に蒸しタオルで毛を温めて蒸らしておくと、毛自体が柔らかくなるのはもちろん肌も柔らかくなります。後はその状態で剃ったり抜いたりしていくことが重要となるでしょう。心配な方は専門のサロンやエステで相談して、処理してもらうという方法もあります。

はさみ(長い部分)とシェーバー(細かい部分)でお手入れ

アンダーヘアの長い部分に関しては、ハサミで処理することをおすすめします。長いまま剃ったり抜いたりするとダメージは大きいです。まずは長い部分をカットしておいて、それから細かい部分を処理していくことが必要となるでしょう。もちろん、作りたい形がある時にも、この方法がおすすめです。

どうしても毛が長いと形を作るのも難しいですし、何よりなかなかうまく手入れできません。そのため、長さが均等になるようにカットしてから手入れしてください。なお、すべて剃りたいという場合や抜きたいという場合は、セルフケアをするのではなくエステやサロンに相談してください。その他、クリニックなども有効活用しておきたいです。

保湿クリームを塗る

アンダーヘアを処理した後は皮膚も刺激に弱くなっているので、保湿クリームでアフターケアをするようにしましょう。そうすることで、皮膚を守っていくことができます。皮膚は水分量がとても重要で、それが少なくなってくると乾燥肌や敏感肌になります。それが炎症やかぶれになると、黒ずみなどの原因になるのです。それを避けるための保湿クリームだと思っておくと良いでしょう。

アンダーヘア別のお手入れ方法

Vライン

アンダーヘア別の手入れ方法として、まず知っておきたいのがVラインです。これは文字通りV字型に形を作ることで、基本的な手入れの方法はハサミとシェーバーで対応できます。作りたいV字型をイメージして、他の毛を処理していくようにしてください。そうすることによって、より自分の理想的な形に仕上げていくことができます。

ただ、Vラインの場合は左右対称としたいという方が多いため、そこは微調整しながら手入れしていくことが重要となるでしょう。自分でやっていると鏡などを使って手入れすることが多いですが、その場合も慎重にやっていくことが必要となります。不安な方はエステやサロンで相談して、最初のベースを作ってもらうというのも良いかもしれません。ベースとなる形があれば、後はそれに合わせて処理を続けるだけなので比較的楽です。

Iライン

外国の方がよくやっているのが、アンダーヘアの中でもIラインですね。アンダーヘア別の手入れとして考えるには、とても楽な形だと言えるでしょう。Iラインは作りやすいですし、処理もしやすいのが特徴となっています。デリケートゾーンに合わせてI字型になるように形を作り、見た目にもシンプルで良い状態を作っていくことができるでしょう。

デリケートゾーンから一直線になるように作っていくことが必要となるので、ベースを作るのはちょっと難しいこともあります。そのため、脱毛などに強いサロンやエステに相談してベースを作ってもらうのも良いです。これも他のV字型などと同様ですが、先に形を作ってもらえば、その後の処理は簡単となります。

Oライン

デリケートゾーンのケアをする中で、見た目にもこだわりたいという方はOラインにしてみるのも良いかもしれません。実際にアンダーヘアの中でもOラインにしている方は多いです。O字型と呼べるもので、丸い形が特徴的となっています。そういう意味では、とても魅力が大きいと言えるでしょう。

これは綺麗な丸い形にするのも良いですし、楕円形にするのも良いです。形を整えてハート形にしたりする人もいます。色々な形への派生ができると思えば、汎用性は高いと言えるのではないでしょうか。まずはデリケートゾーンの処理の方法をしっかり理解し、好きな形にできるようにしてみてください。そうすることで、よりアンダーヘアの手入れも楽しみながらおこなうことができるようになります。

アンダーヘアの自己処理に不安を感じたら脱毛サロンにお任せするのもあり

上で紹介した部位別の処理方法。ですがVIOラインは自己処理がなかなか難しく、注意して行わないと黒ずみや痛み、出血、剃り残しなどのトラブルに繋がってしまいます。

脱毛サロンKIREIMOでは難しいVIOラインを含んだ全身30箇所の脱毛を受けることができます。通常のサロンですと全身脱毛で20万以上することもありますが、KIREIMOなら月々9,950円今なら初月無料で通える嬉しいキャンペーンをやっています!

詳しい記事はこちら!→https://feely.jp/4520187/

特にVIOラインには力を入れているので、なかなか難しいデリケートゾーンのお手入れもバッチリです!

まとめ

デリケートゾーンに関しては、手入れをおこなっていくことが重要です。洗うところから保湿からアンダーヘアの処理まで、すべて自分でやっていくと良いでしょう。もちろん、専門のエステやサロンもあるので、そちらも活用してみると良いかもしれません。綺麗なデリケートゾーンに仕上げていくことで自分の生活も楽しめるようになるので、ぜひ色々と工夫してみてください。