喧嘩する夢ってどうなの?意味することを徹底解説

自分が誰かと喧嘩をしてしまう夢を見たことがある人がいるかもしれません。そのような夢を見ると不思議な気持ちになってしまうでしょう。夢というのは意味があるとされています。それでは喧嘩をする夢にはどのような意味があるのでしょうか。こちらでは夢の意味について徹底的に解説しましょう。

喧嘩する夢を見る意味は?

夢の中で誰かと喧嘩をすることがあります。そのときの状況はさまざまでしょうが、そのような夢を見る意味とは一体何なのでしょうか。喧嘩をする夢の意味について教えましょう。

誰と喧嘩をしたかで意味は異なる

喧嘩をする夢というのは、その相手が誰なのかによって意味合いが異なってきます。夢の中で一体誰と喧嘩をしていたのかしっかりと思い出しましょう。喧嘩をする相手にもさまざまなパターンがあります。家族や友人の場合もあれば嫌っている人や名前も知らない相手と喧嘩をしている場合もあるでしょう。あるいは芸能人と喧嘩をするというケースもあるのです。それぞれに意味があるのです。

どんな喧嘩だったのかにも意味がある

単に喧嘩といってもさまざまな種類が存在しています。どのような種類の喧嘩だったのかによっても、その意味するところは異なってくるでしょう。言い合いをしたり、殴り合いをしたり、あるいは誰かが喧嘩をしている様子を単に見ているだけというケースもあります。自分が喧嘩に勝つ場合もあれば、負ける場合もあるでしょう。細かな状況についてもきちんと把握しておきましょう。

誰と喧嘩をしていたか?

喧嘩の意味合いはその相手が誰かによって大きく変わってきます。喧嘩をする夢を見たときには相手に注目してみましょう。相手がどのような人であればどんな意味があるのかを詳しく解説しましょう。

彼氏・彼女

もし彼氏や彼女と喧嘩をする夢を見てしまったならば、それは逆夢である可能性があります。したがって、喧嘩をしていて夢の中では険悪だったとしても、それは良いことが訪れる前兆である可能性が高いでしょう。このような夢を見るとショックになってしまうでしょうが、それほど心配する必要はありません。これから関係性が好転していったり、発展していく兆しとなるでしょう。

単なる知人

もし喧嘩の相手が単なる知人の場合には、このケースでも喧嘩をした夢はこれから状況が好転するという可能性を暗示しているかもしれません。これからその人と仲良くなっていく可能性があるでしょう。喧嘩をする夢はこの場合においても、逆夢であるといえるのです。もっと親密な関係が築ける可能性があるため、その知人のことを意識すると良いでしょう。

好きでも何でもない異性

特に好きでもなく嫌いでもないという異性と喧嘩をする夢を見た場合も、その相手と仲良くなる可能性を示していると考えられます。ひょっとしたら、これからその異性と仲良くなるチャンスがあるかもしれません。自分では知らないうちのその異性に興味を持っており、その異性と仲良くなりたい、付き合いたいと考えている可能性もあります。その異性のことがもっと気になるようになるでしょう。

片思い中の相手

現在片思いをしている異性と喧嘩をしてしまう夢を見ることがあります。基本的に喧嘩をする夢というのは逆夢であるため、この場合もその片思いの相手と親密になれるかもしれないことを暗示しているのです。現実の世界で相手と上手くいかないことによるストレスが、夢の中で片思いの相手と喧嘩をすることにあらわれてしまうのです。それぐらい自分の気持ちが高まっている証拠のため、勢いで告白をしてしまう可能性もあります。このような意味で片思いの相手と仲良くなれるかもしれないのです。

嫌い・苦手と思っている相手

もし嫌いな人や苦手な人と喧嘩をする夢を見ている場合、それはあなたの心の中で葛藤が起きている証拠となります。喧嘩をするということは、相手ともっと仲良くなりたい、相手のことを理解したいという気持ちが生じている可能性があるのです。そのため、嫌いだと思っていた相手と仲良くなれるかもしれません。

同性の友達

もし同性の友達と喧嘩をする夢を見たならば、このケースは逆夢ではなくて、相手に対して不満をいだいている証拠となります。普段から相手に対して不満を抱えており、そのストレスを夢の中で発散させようとしているのです。ただし、喧嘩が夢の中で完結して仲直りしているならば友情が深まる可能性があるでしょう。

異性の友達

喧嘩

夢の中に出てくる異性の友達というのは、異性の象徴のような存在となります。その人は、たとえばあなたの好きな人を象徴しているかもしれません。そんな人と喧嘩をするということは、これは逆夢であり、好きな人との関係が発展する可能性を示しているのです。つまり、自分にとっては良い夢であると考えて良いでしょう。

友達の彼氏・彼女

友達の彼氏や彼女との喧嘩の夢は、自分が現在の彼氏や彼女、あるいは異性に対して不満を抱いている証拠といえるでしょう。友達の彼氏や彼女というのは異性の象徴となっているのです。そのため、友達の彼氏や彼女に対して直接何かを感じているというわけではありません。

会ったこともない知らない相手

これまで会ったこともないような相手が夢に出てきて喧嘩をするという珍しい夢を見る方がいるかもしれません。これが同性ならば自分自身の嫌な部分を否定したいという暗示となります。つまり、自分の分身が出てくるのです。もし知らない人が異性ならば、恋愛について自分の嫌な部分を示しています。いずれにしても、知らない相手の夢というのは、自分自身のことを示しているのです。

家族

もし家族と喧嘩をした夢を見たならば、その相手があなたにもっと構って欲しいと考えています。愛情を欲しているのです。また、実際に喧嘩をしている相手であれば、その相手と仲直りができる可能性があります。

会社の上司や同僚

仕事ができない人の特徴!困った部下を持ったときの4つの対処法

上司や同僚の場合は、実際に相手に対して許せない気持ちを抱いている可能性があります。もう我慢の限界に達しているようなときに、夢の中で実際に上司や同僚と喧嘩をしてしまうのです。堪忍袋の緒が切れかかっている状態となっています。このような夢を見てしまったならば、自分の感情をきちんとコントロールしておきましょう。

芸能人

男女で近いと感じる距離は異なる

もし芸能人と喧嘩をする夢を見たならば、これからあなたは現実の世界で周囲から尊敬されたり、信頼される可能性があります。芸能人であっても喧嘩をするぐらいの気持ちや覚悟があるという現れであり、それは現実の世界でもそのような勇気のある行動を取れるということを暗示しているのです。

どんな喧嘩だったのか?

夢で喧嘩をした場合、それがどのような種類の喧嘩だったのかも重要です。喧嘩の状況についてよく思い出してみましょう。それぞれの状況について、意味合いが異なってくるのです。その意味について解説します。

喧嘩に勝つ

もし夢の中で喧嘩に勝ったならば、これは現在現実に抱えている問題や悩みなどから解放されたり、その兆しがあることを示しています。現実で問題が起きているからこそ、夢の中でも喧嘩という問題が起きてしまうのです。その問題に夢の中で打ち勝ったということは、現実でもそのような状況が訪れることを暗示しているのです。

喧嘩に負ける

夢の中で残念ながら喧嘩に負けてしまったならば、これは現実にもそのようなマイナスなことが起きてしまう可能性を暗示しています。ネガティブ思考になっていて、自分に自信を持てないことを示しているのです。このような夢を見てしまった方は、できるだけポジティブに生きるようにしましょう。

言い合い

喧嘩の中で誰かと言い合いをする夢を見た場合、これにはさまざまな考え方があります。相手と口論しあっているならば、お互いが本音で話し合うことができることを示しています。ただし、単に罵倒しあっているような夢の場合は、あなたに大きなストレスが溜まっている可能性があるため注意しましょう。

殴り合い

殴り合っている夢を見ている場合は、そうすることであなたがうっぷんを晴らそうとしていることが分かります。ストレスが溜まっており、それを夢の中で発散しようとしているのです。そのため、このような夢を見たならば、自分のことをもっと見つめ直すべきでしょう。

殴られる

相手から一方的に殴られるという夢を見る場合は、その相手があなたに何かを伝えようとしていることを示しています。その人物と仲良くなれる可能性があるでしょう。片思いの相手から殴られたならば、その相手と仲良くなれるチャンスがあると考えることができるのです。

殴る

相手を殴るというのは、その相手との関係性が悪化している可能性があります。不満を持っていたり、上手くコミュニケーションを取れないために、夢の中でも感情的になっているのです。ただし、相手に能動的になりたいという気持ちがあらわれて殴ってしまうこともあるため、たとえば殴る相手が好きな人の場合はもっと仲良くなれるチャンスがあります。

一方的に責められている状況

夢の中で相手から一方的に責められてしまいこちらが何もできないような状況というのは、自分のことを相手に理解して欲しいという気持ちのあらわれとなっています。相手が好きな人の場合は良いことです。相手が嫌いな人の場合は、あなたが人間的に成長している証拠となります。

誰かの喧嘩を見ている

夢で見る喧嘩は自分が当事者であるとは限りません。誰かが喧嘩をしているのを傍観している状況もあるでしょう。この場合は、あなたが本来やるべきことから背を向けているという状況を示しています。そのため、あなたがもっと責任を果たすべきだと夢が教えてくれるのです。自分に与えられた役目をしっかりと果たすようにしましょう。

誰かの喧嘩を仲裁している

夢で他人の喧嘩を仲裁しているというのは、あなたが評価されており対人関係も向上していることを暗示しています。あなたに対して支援者が出てくる可能性もあるでしょう。もしあなたが困った状況に陥ったとしても、きっとあなたを助けてくれる人が出てくるでしょう。そのような状況が訪れることを夢が暗示しているのです。

まとめ

夢占いに興味を持っている方はたくさんいるでしょう。喧嘩をする夢というのはよく見るものです。上気で紹介してきた解説を参考にすることによって、自分が喧嘩をする夢を見たときに、その意味することをしっかりと理解することができるでしょう。夢からの暗示は無視するのではなくて、それが貴重な啓示であると考えると良いでしょう。

関連記事

いじめられる
夢占いでいじめられるのはなぜ?人間関係の変化を示すメッセージ

戦う
【夢占い】戦う夢が意味するものとは?現実にも敵がいることの表れ?