気になる前髪のくせ毛!その原因と対策方法を紹介

前髪がうねってしょうが無い、変な方向に跳ねてしまって言う事を聞かない。そんな前髪のくせ毛に悩まされている方は少なくありません。他の髪の毛の部分は跳ねていないのに、前髪だけやたらと言う事を聞いてくれないという場合、寝癖などでは無く、根本的な原因があるかもしれません。

前髪のくせ毛があまりにも酷い原因とは?前髪のくせ毛の悩み別対処方法や、改善方法をご紹介します。

前髪のくせ毛はひどい!その原因とは


前髪のくせ毛があまりにも酷い場合、ただの寝癖では無く、根本的な原因があるかもしれません。前髪のくせ毛は何故起きるのは、酷い前髪のくせ毛の、根本原因をご説明します。

直毛の場合は丸い「毛球」が変形している

髪の毛は元々、毛球と呼ばれる、毛穴の奥にある部分から作られていますが、この毛球の形が変形してしまうことで、前髪のくせ毛が発生してしまうのです。言う事を聞く前髪の場合は、きちんと毛球が丸く綺麗な形をしていますが、うねりが酷い毛球の場合は特に、毛球の形そのものが変形してしまい、それに合わせて髪の毛も変な形に変形をしてしまう傾向にあるでしょう。

毛球の形が変わってしまう理由はいろいろとありますが、元々生まれつき、この毛球の形が変形している方もいます。また、シリコンが大量に含まれているシャンプーなどで毛球にダメージが蓄積している場合なども、毛球の形が変形しやすくなるでしょう。

頭皮の汚れによって毛穴がつまっている

頭皮がきちんと洗えておらず、汚れが詰まった結果、毛穴が詰まってしまい、うねりをもたらす原因になることもあるでしょう。頭皮の汚れによって毛穴が詰まっている場合は、頭皮を綺麗に、毛穴つまりを無くして上げると、自然とうねりにくい前髪をゲットできます。

食生活や普段の生活が乱れている

食生活の乱れを始め、睡眠不足、運動不足など、基本的な普段の生活が乱れていると、前髪も乱れる傾向にあります。その理由は、髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、毛球の形が変形しやすくなることや、皮脂の分泌量が異常になり、毛穴詰まりを引き起こす事などが挙げられるでしょう。

日頃の生活習慣の乱れを直すことも、前髪の乱れを直すためには大切です。特に、食生活は規則正しく、栄養バランスの整ったご飯を食べるようにすると良いでしょう。

ストレスなどでホルモンバランスが乱れている

ストレスの蓄積などによって、ホルモンバランスが乱れた結果、髪の毛が言うことを聞かなくなることも少なくありません。髪の毛は元々女性ホルモンで作られていますが、ホルモンバランスが乱れると、抜け毛や薄毛、毛球の変形などの原因に繋がることもあるようです。

前髪のくせ毛を改善する方法

前髪のくせ毛を改善するためには、日頃の生活の見直しを始め、ケア方法を覚えることが大切です。くせ毛の根本原因を解消する方法や、簡単にくせ毛を治す方法をご紹介します。

規則正しい生活習慣で心身健やかに

まずは規則正しい生活習慣を身につけて、毛球の変形を防ぐと共に、髪の毛に栄養が行き渡るように、自律神経を整えていきましょう。心身健やかに過ごす為にも、ストレスのある環境を避け、健康的な生活を心がける事が大切です。

乾かすのはまず前髪から!

髪を洗った後は、まず始めに前髪から乾かして、うねりを防いでいきましょう。他の髪の部分と違って髪の量が少ない分、どうしても乾くのが早く、しっかりと乾かす前に、うねった状態で乾いてしまう可能性があるためです。髪を交わすときには、根本からしっかりと乾かして、ブローをしながら乾かすと良いでしょう。

髪の毛を温風で乾かした後は、必ず冷風を当てて、頭皮や髪の毛全体を冷やすことが大切です。温めて開いた頭皮を引き締めると共に、キューティクルを引き締め、ツヤツヤサラサラの髪の毛をゲットできるでしょう。冷風は温風よりも長めに当てる気持ちでいると、サラサラ髪になります。

ヘアアイロンを使う

前髪のうねりを速効直せるアイテムとして上げられるのが、ヘアアイロンです。ストレートヘアアイロンをしっかり温めて、うねりが気になる所に熱を通していきましょう。髪へのダメージを考えて、何度も通すのではなく、高温を一度通すことがおすすめです。

ヘアアイロンを使う前に、スプレータイプのスタイリング剤をかける場合は、必ず髪を乾かしてからヘアアイロンを使いましょう。髪が乾いてない状態でヘアアイロンを使うと、熱で髪の毛の水分が蒸発し、大きなダメージを受けます。

前髪にパーマをかける

うねる映えが身を直すのでは無く、思いきって、より一層くせ毛を付けてしまう、パーマスタイルにしてしまうのもおすすめです。パーマを前髪にかけると、ナチュラルスタイルを求める人にも向いているヘアスタイルになりますので、外国人風スタイルをゲットしたい方にも、おすすめと言えるでしょう。

前髪のくせ毛悩み別・対処方法

前髪のくせ毛にもいくつか種類がありますので、くせ毛の状態によって、どの様な対処をしていくか決める事が大切です。くせ毛の悩み別対象法と、おすすめ対策方法をご紹介します。

なぜかぱっくりと前髪が分かれてしまう場合

分け目じゃ無い所で前髪が分かれてしまい、頑張ってクシやアイロンでケアしても全然言う事を聞いてくれないという場合。一度前髪を根本からびしゃびしゃに濡らしたら、ドライヤーの温風を髪の毛の根元に当てて、ぱっくりと割れてしまっている部分を、わしゃわしゃと揉み、他の部分と馴染ませるようにしてみると良いでしょう。

前髪が浮きやすい

前髪がぽこっと浮いてしまう場合、ストレートアイロンなどを使って強めに癖を付ける方法が、てっとり早いでしょう。また、前髪の量を増やして見たり、前髪をキャップなどで押さえつけてしまうのも1つの方法です。前髪が軽い、前髪が立っている方は、前髪が浮きやすいですので、このように物理的に押さえつけてしまう方法も視野に入れましょう。

思ったように前髪がきれいに流れない

前髪が綺麗に流れない、何だかイメージが違うという時には、一度流したい方向とは逆の方向に髪を流して、ドライヤーでブローしていくと良いでしょう。一度逆側に流してから、流したい方向に改めてセットする事で、適度にボリュームのある流れ前髪が完成します。セットをした後は、ワックスなどでキープしておくと、ボリュームが1日持続しやすいでしょう。

まとめ

前髪は顔の印象を左右する大事な部分だからこそ、自分の理想通りのスタイルになれるように、しっかりケアをすることが大切です。くせ毛前髪が頻繁に起るという場合は、根本的な生活習慣の乱れが原因の可能性がありますので、まずは生活を見直して、前髪のうねりが出るような何かが無いかをチェックすると良いでしょう。

また、前髪の悩みに合わせて、適切な対処方法を行う事も、重要なポイントです。前髪のくせ毛は原因に合わせた対処方法を行う事で、必ずケアが出来ます。どうして前髪が浮いてきてしまうのかを知ると共に、悩みに合わせて、適切なケアを行なっていきましょう。