自分のデリケートゾーンが汚いと思ってしまったら

自分のデリケートゾーンがどのような状態になっているのか知らない方がいるかもしれません。実際に鏡で見たときに、意外に汚くてショックを受けたことがある方も多いでしょう。デリケートゾーンはしっかりとケアをしていなければ、さまざまな原因によってトラブルが生じてしまうことが多いのです。こちらではその原因や予防方法、対処方法について解説しましょう。

デリケートゾーンが汚く見えてしまう原因は?

自分のデリケートゾーンが汚く見えたならば、それにはさまざまな原因があります。一体どのような原因があるのか説明しましょう。

黒ずみ

デリケートゾーンが黒ずんで見えることがあります。黒くなっていると不潔な印象を与えてしまうでしょう。汚れているように思えてしまいます。たとえば子供の頃には黒ずんでいる方はいないはずです。もしデリケートゾーンに黒ずみが生じているならば、それによって汚いと感じてしまうでしょう。

ブツブツなどの肌荒れ

あそこにブツブツができてしまったり、その他にもさまざまな肌トラブルが起きていることがあります。これらは肌が荒れているために引き起こされるのです。顔の肌と同様にデリケートゾーンの肌についても荒れてしまうことがあります。そうなれば、見るのも嫌になるぐらい汚いと感じてしまうこともあります。

黒ずみの原因は?

デリケートゾーンが汚いと感じてしまう原因として黒ずみは絶対に取り除きたいものでしょう。それではどうして黒ずみが生じてしまうのでしょうか。これには複数の原因が関係しているとされています。こちらではそれらの原因について説明しましょう。

乾燥

まず、デリケートゾーンが乾燥してしまうと、黒ずみやすくなってしまいます。乾燥するということは肌が刺激を受けやすくなるためです。黒ずみというのはメラニン色素が原因です。メラニンは肌を守るために産生されるものであり、肌への刺激が強いとどんどん生まれてしまうのです。そのため、肌の乾燥は黒ずみを引き起こしてしまいます。

摩擦

直接、肌に刺激を与えてしまう原因として摩擦があります。デリケートゾーンに摩擦が生じてしまうと、これによってメラニンがどんどん生み出されてしまうでしょう。強い摩擦を受けると肌はその刺激に耐えるためにメラニンを生み出そうとしてしまうのです。そのため、摩擦も肌を汚くしてしまう要因となってしまいます。

かぶれや炎症

肌がかぶれてしまうことがあります。あるいは炎症が起きてしまうこともあるでしょう。このように肌の状態が悪くなってしまうと、刺激を受けやすくなり、それに反応してしまうためにデリケートゾーンにどんどんメラニン色素がたまってしまう結果となるのです。これらの症状もデリケートゾーンの黒ずみの原因となってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ


女性の方はいろいろなタイミングでホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。生理のときや妊娠や出産、さらには加齢によってもどんどんホルモンバランスは乱れてしまうでしょう。そのような状態が続いてしまうと肌の状態も悪くなってしまい、メラニンが過剰に分泌されて黒ずむこともあるのです。

黒ずみや肌荒れの予防方法

デリケートゾーンの黒ずみや肌荒れについては、適切な対処をすることによって予防することができます。一度黒ずんでしまったり、肌トラブルが起きてしまうとそこから回復するためには時間がかかってしまいます。それならば初めから予防をしておく方が良いでしょう。どのような予防方法があるのか教えます。

お風呂はぬるめがおすすめ

肌に刺激を与える要因として熱は強く関係しています。熱いお風呂に入ることは避けるべきでしょう。熱さを感じるのはそれだけ肌に強い刺激を受けている証拠となります。それもメラニンを生み出す原因となりうるのです。お風呂はぬるめにしておきましょう。ぬるめであっても、じっくりとお風呂に浸かることによって、十分体を温めることは可能なのです。

強い力で洗うのはNG!

デリケートゾーンのケアのためにはしっかりと洗うことが大切だと考えている方がいるかもしれません。しかし、これまでに説明してきたようにケアのためには強い刺激を避けることが絶対条件となります。したがって、強い力で洗うのは避けましょう。やさしく洗うことを心がけてください。

生活のリズムを整えよう!


生活習慣の乱れが肌に与える影響は大きいです。栄養のバランスのとれた食事をとったり、毎日きちんと同じ時間に十分な睡眠をとることは大切です。そうすることによって、肌の調子を整えることができて、肌トラブルを避けられます。デリケートゾーンをきれいに維持できるようになるでしょう。

自分で出来る対処法

デリケートゾーンについては自分で対処をすることによって、トラブルを解消することができます。さまざまな方法を実践してみましょう。どういった方法があるのか紹介します。

保湿

デリケートゾーンに限らず肌のトラブルに対処するためには保湿をすることが大切です。しっかりと水分を保持させることによって、肌を守ることができるのです。乾燥を防いで肌が刺激に対してしっかりと対応できるようにするのです。たとえば、保湿成分が豊富に含まれている石鹸やソープを使うことによって保湿ができるでしょう。さらに保湿クリームもしっかりと塗っておきましょう。

黒ずみ用クリーム


デリケートゾーンの黒ずみに対処するための商品が出ています。それが黒ずみ用クリームです。こちらを用いることによって、肌を刺激する要因を取り除いて、黒ずみが解消されやすい環境を整えることができるのです。もし黒ずみに悩まされているならば、こちらの商品を用いてみましょう。肌に優しい成分が配合されており、安心して使うことができるのです。ただし、使い方はしっかりと守りましょう。

デリケートな部位だからこそ専用美容液で丁寧にケア!人気サロンが開発した「ibizaセラムPro」

常にきれいでありたいデリケートゾーン。とても敏感でその他の部位よりも荒れやすい部分だからこそ、きちんとした専用の製品を使って丁寧にケアしたいところですよね。

そんな時には人気脱毛サロンが開発した、feely編集部イチオシのVIOライン専用黒ずみ対策美容液「ibizaセラムPro」がおすすめ

「ibizaセラムPro」の特徴としては

  • 厚生労働省が有効性を認めた3つの美白成分を配合!メラニンにそれぞれの成分がしっかりアプローチ!
  • 6つの植物エキスを配合、ハリと潤いのあるなめらかな肌へ
  • さらっとしたテクスチャーで、角質層までしっかりと浸透
  • 鉱物油やアルコールなど、肌の刺激になる5種類の添加物は一切不使用
  • 安心の日本製!徹底した品質管理のもと生産しています。

日本全国のべ1万人以上に施術をして培ってきた、お店のノウハウが詰まった1本。今までに15万本以上も売り上げているほどの人気があるのも納得ですね。

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは「毎月1本集中美白コース」!通常は1本14,800円ですが、なんと今ですと34%OFFの9,800円でお試しいただけます!

また「毎月1本集中美白コース」をクレジットカードで支払うと37%OFFの9,300円で購入できるので、購入にはクレジットカードの利用がオススメ。また、全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から40%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaセラムPro」を使って、デリケートゾーンの黒ずみ対策をしっかり行っていきましょう!

黒ずみ用石鹸

デリケートゾーンに使う石鹸を黒ずみ用のものにすることをおすすめします。このような石鹸が実際に多くのメーカーから売られているのです。独自の成分が豊富に含まれており、有効成分の効果によって黒ずみを取り除いてくれるのです。もしデリケートゾーンが黒ずんでしまったならば、黒ずみ用石鹸を使ってみましょう。

医療機関でしてもらえる対処法

デリケートゾーンが汚いならば、医療機関で治療を受けるという方法があります。石鹸やクリームを使ったり、生活習慣を改善するだけではなかなか黒ずみが取れないことが多いのです。一度黒ずみが生じてしまうとそれを取り除くことは大変なのです。医療機関ではどのような対処法を提案してくれるのか教えましょう。

外用薬

デリケートゾーンの黒ずみを取り除くための外用薬があります。こちらの薬を塗布することによって、色素を薄くしていくことができるのです。最終的には黒ずみが目立たなくなるでしょう。それだけではなくて、肌を健康に美しくするためのさまざまな効果を期待できるでしょう。

内服薬


内服薬によって黒ずみや肌荒れなどを改善することもできます。内服薬によって肌の調子を整えることができるのです。ターンオーバーを活性化させたり、肌の健康状態を良くしてくれます。

レーザー治療

レーザー治療によって肌の黒ずみを取り除いてしまうという治療方法もあります。メラニン色素をレーザーによって除去するのです。そのため、こちらはすぐに効果を実感することができるでしょう。病院では安全性に気をつけて治療をしてくれるため、安心してレーザー治療を受けられます。

まとめ

自分のデリケートゾーンが汚れているのはショックなことです。どうにかしてきれいにしたいと願っている方はたくさんいるでしょう。そのような方のための情報をまとめてきました。デリケートゾーンの汚れは黒ずみや肌荒れによるものであり、それらは肌への刺激や生活習慣の悪化などによって引き起こされるものです。生活縦貫を改善させたり、病院で専門的な治療を受けることで解決できるでしょう。