彼氏に会いたいけれど会えないときは?彼女にできることと注意点

 

彼氏に会いたくなるのはどんなとき?

辛いことや悲しいことがあったとき

彼氏に会いたいけれど合うことができないのには、いろいろな理由があるでしょう。その答えは単純なものではないことがほとんどです。辛いことがあったり、悲しいことがあったときには、会いたくなってしまうのも当たり前でしょう。心に強いストレスがかかってしまうからであり、何とか解決したいと思っているからです。自分自身では消化できないようなときにもあたるため、助けてほしいと思い会いたくなるでしょう。

楽しいことや嬉しいことがあったとき

悲しい時には、自分で消化するのが基本です。だれにも消化できないことも多いからですが、彼氏と共有したいと思うのは、楽しいことやうれしいことのほうが多いでしょう。そんなことが身近に起こったときには、やはり一緒にいたいと思うのが必然です。同じことや状況を共有したいと思うのは、精神的なつながりがあり、分かち合いたいと思う対象でなければいけません。せっかくの機会なのに、共有できないことが寂しさにもなってしまうでしょう。

ふと寂しくなったとき

寂しくなったときには、彼氏に会いたいと心から思うでしょう。なにも不思議なことではありませんが、遠距離恋愛をしているときなどでは、現実に難しいでしょう。悲しいことではありますが、話しをできる時間を設けておくようなことが必要になるでしょう。遠距離であれば、インターネットを活用し、テレビ電話のようなかたちをとることも対策になっていくでしょう。精神的にもつらい状況になってしまうのですから解決手段がカギです。

病気になったとき

病気になると、精神的にも疲弊していってしまいます。苦しく辛い思いが募っていくでしょう。できれば遭える時間を作るのが解決策になっていきますが、都合がつかないときには無理をしないようにすることで、ストレスがかかりにくくすることもできます。会いたいといえるような環境を作っておくのも大切でしょう。

電話やメールをしているとき

相手の声や存在を感じると、余計に会いたくなってしまうことがあるでしょう。お互いに会いたいといえるようにしておけば、ストレスを下げることができます。ですが、少なくても電話やメールでのつながりがあることを考えてみるといいでしょう。これだけでも救いが出てくるようになります。メールは顔を見ることができませんし、声も感じられないので、複数の方法を混ぜておくのが一番です。

おいしいものを食べたり素敵なものを見たとき

楽しさを共有したいと思うのは当然のことです。会いたいと思ってしまいますが、このことをしっかりと伝えてあげることが必要でしょう。情報を伝えてあげることによって、美味しいものや素敵なものを見た時に感じたことの本の一部でも共有できるからです。会いたいけど会えない状況であれば、ほんの少しの共有でも、楽しさを伝えることもできるでしょう。思い出に残っていれば、機会があったときに二人で行ってみることもできるはずです。

喧嘩をしてしまったとき

彼氏と喧嘩してしまったときだけではなく、中の良い友達や両親などと喧嘩した時には、あってそのことを話したいと思うでしょう。精神的にストレスがかかり、うまく解決できない状況だからです。何か話ができる状況を作っておくことで、少しでも軽くすることはできるでしょう。

彼氏に会いたくなったらどうする?

電話をかける

会いたくなってしまったときに、現実的に会えないのであれば、電話は有効な手段となっていきます。今ではテレビ電話も簡単にできるようになり、存在をもっと身近に感じられるようになってきました。声を聴くだけではなく、その表情も見ることができるようになったのですから、こうした状況に合わせて環境を作っておくといいでしょう。インターネットを使っていけば、お金もそこまでかかることはありません。

メールを送る

メールはとても手軽です。携帯電話やスマートフォンの普及によって、利用頻度はさらに高まったことでしょう。だれでも手軽にできる代わりに、存在を身近に感じられない欠点も持っています。写真を送ってみたり、動画や音も添付できるのですから機能をうまく使っていく必要があるでしょう。楽しさの共有もできたりできることを考えると、メールも大事なツールです。

彼氏の写真を見る

会いたくなったときには、身近に感じられるようにするのが解決方法になるでしょう。彼氏の写真を見てみるのは、大切なことです。身近に感じられますし、気持ちを紛らわすこともできるようになるからですが、ここで我慢をするとストレスをためてしまうので、メールなど負担が少ない方法も組み合わせていくといいでしょう。

彼氏へに会いたい気持ちを伝えるときの注意点

会えないと言われても怒らない

だれもが都合があります。普段なかなか会えないのには、理由があることでしょう。その理由を断ることもなくしてしまうこともできないからなかなか会うことができないはずです。そこで無理なことを言ってしまっても、何ら解決はできません。会えないといわれたとしても、決して怒らないことでしょう。新たなストレスを作り出し、さらに辛い思いをするからです。

しつこいのは嫌がられる

だれもが事情を抱えているのですから、理解してあげることが大切です。しつこくしてしまうのは、どうしても嫌われることにつながってしまいます。嫌がられることでもあるため、あえない状況を理解してあげることが大切です。彼氏としても、会うことができないジレンマを抱えているかもしれません。簡単に解決できない状況ならば、なおのことしつこくしないことが大切です。

すぐに返信を求めるのはNG

何でも返信を求めてしまう姿勢はよくありません。メールにしても、いつでも返すことができるわけではないでしょう。仕事をしているとすれば、すべての時間が自由ではありません。車を運転しているのにメールの返信を求めれば、これが違反になることもありますし、事故につながってしまうかもしれないでしょう。時間があるときに返せるように使うのがメールであると割り切っておくことが大切です。

連絡なしに家に行くなどしない

会いたい気持ちを伝えても、なかなか会えないときにはとにかく行動したいと思うこともあるでしょう。ですが、なぜ会えないのかも考えてみなければいけません。彼氏の都合も考えず、連絡もしないで家に行ったらどうなるのか、その状況を考慮してあげる必要があります。自分の意思だけで行動することは、彼氏に負担を掛けるのですから、よく考えて行動することが大切です。

会いたい!と思わせるために実践したいこと

聞き上手になる

会いたいと自分で言うのは簡単なことです。ですが、言ってもらうのはとにかく大変でしょう。そこで、聞き上手になるというのがポイントです。会いたいと思えるようにするための方法でもありますが、話しを聞いてくれる存在であれば、会って話しをしたいと思うでしょう。話しを聞くだけでは疲れてしまうからです。聞き上手になるためには、相手の話に耳を傾け理解してみるところから始めていきます。彼氏のためと思えば、なにも苦しいことはないでしょう。

会いたいを口にしない

会いたいということを常に口に出していると、だんだんと飽きてきてしまいます。言葉に飽きてきてしまえば、新鮮味もありませんし、なにが本心かも見えなくなるでしょう。自分で会いたいという言葉を口にしなければ、彼氏は自分で口に出していかなければいけないことも出てきます。あまりに軽い言葉にしないところが重要なポイントになるでしょう。

常に彼氏を理解する姿勢を見せる

耳を傾ける傾聴の姿勢と同じですが、彼氏のことを理解してあげることは、とても大切なことです。自分のことだけを話していくのは何も難しくありません。ですが、彼氏の話しを聞いてあげながら、理解を進めていくことによって、もっと会いたいと思わせることができるようになるでしょう。自分のことばかり前面に出せば、会うのも疲れてしまうからです。

かわいらしさをアピールするのもアリ

会いたいと思わせる部分では、自分のかわいらしさをアピールしていくのも方法です。可愛らしいと思えば、いとおしくなりますし、会いたくなるのは当然です。あまりにかわいらしいアピールするとうるさく感じてしまいますが、さりげなくアピールできれば、効果をあげることができるでしょう。

彼氏に会いたい気持ちを我慢する方法

別のことをして気を紛らわす

別のことといってもいろいろとあるでしょう。普段できなかったことをしてみるのもひとつです。美味しいものを食べて、辛い思いを軽減するというのも有効でしょう。仕事に打ち込んでみるというのもありますが、あまりに打ち込めば精神的にもきつくなってしまいます。寝てしまうというのも実は有効で、朝日をしっかりと浴びることで、ホルモン分泌のバランスを保ち辛さも軽減できでしょう。

女友達と遊ぶ

友人との時間は楽しいものになるでしょう。女友達とたわいもない話をする時間があれば紛らわしていくこともできるはずです。さまざまな話をする中で、ストレスとなっている部分を減らすこともできます。遊んでいる時間は大切なものになるのですから、友人との関係は大切にしておくことが重要です。

習い事や趣味に集中

気持ちを我慢するのは、簡単なことではありません。他の気持ちに入れ替えてしまい、紛らわしてしまうのは方法となるでしょう。趣味に没頭するというのはひとつです。没入感の強いものを使っていけば、会いたいという気持ちを抑えることもできます。本を読んだりすることでも紛らわせられますが、あまりに短時間なものは、想いが強まったりするため、のめりこめることがポイントです。

次に会うときの準備をする

さまざまな準備をして楽しい時間を待つのも方法です。辛いことばかり考えても解決はしませんが、楽しいことを考えていれば、時間はあっという間に過ぎるでしょう。効果的に時間を過ごすためにも、楽しく準備をしていれば、いろいろなことも見えてくるはずです。辛いことを考えないようにポジティブな思考にもなれるでしょう。

まとめ

会いたいけど会えない状況を悲観するのではなく、どうやって過ごすのかを考えることが大切です。ポジティブにとらえられるようにすることで、楽しさも高まっていくでしょう。できないことはできないのですから、将来に向けてもっと有効に時間が使えるようにするのが重要です。”