VIOラインを自己処理する方法は?こんなことに注意!

水着なども露出する部分が多くなっているため、現代の女性はVIOラインの処理をしっかり行う方が多くなっています。また女性ばかりではなく、男性も毛深すぎるのを嫌い、VIOラインの処理を行っている方が多いのです。水着を着用する時、またスポーツシーンでもVIOラインが気になることもあります。そんなとき恥ずかしいことにならないように、しっかり処理しておくべき個所です。

VIOラインの自己処理のやり方

VIOラインの処理は、クリニックで行うレーザーによる脱毛処理や、エステで行う光脱毛、フラッシュ脱毛、それに電気ハリを利用する針脱毛、ニードル脱毛があります。何れも費用が掛かりますし、時間も期間もかかる方法です。そんな時間も費用もかけたくないという人、また緊急で処理したいという人などは自分で処理されることもあります。

シェーバーとクリームを用意

いきなりシェーバーを利用するのはお肌によくないので、なるべく刺激を少なくするために、クリームなどすべりがよくなるモノを準備する事が必要です。お風呂で行う場合医は、クリームなどなくても石けんやボディシャンプーがあれば自己処理できます。クリームのほかにジェルなども販売されていますので、好きなものを準備しておくと便利です。

丁寧にカット&剃る

むだ毛にかなり長さがあるという場合には、まず短くはさみでカットしておきます。こうすることで剃りやすくなるのです。カットするときにはお肉を挟まないように十分注意が必要です。またカミソリなどを利用する場合、T字の方が安心して利用できます。T字の場合、間違って横に動かしてしまっても、肌がきれないように安全策が施されているのです。

特に不器用さんは皮膚を傷つける可能性もあるので、なるべく簡単に利用できるもの、安全性の高いものを選択し利用するようにします。はさみでカットした部分にクリーム、ジェルなどをつけて丁寧にゆっくり剃ることがコツです。

形を整えて完成

VIOラインの場合、すべてを剃るという人よりも形を残す方が多くなります。どのような形にするのか、あらかじめ考えておくべきです。その上で形以外の周囲の毛を剃ってから、丁寧に形を整えていきますVIOラインの形は逆三角形にする方が多いようですが、細長く長方形に近い形に整える方もいるようです。

週に1度程度行う

VIOラインを自己処理する場合、1週間に1度くらいの頻度で行います。アンダーヘアはかなり固く形もうねっているので、切り口がどうしても鋭角です。そのため、アンダーヘアの濃さ、また太さによって伸びてくるとかなり目立つこともあります。状態によって剃っていくことも必要となりますが、剃り過ぎると肌の摩擦が多くなり負担を掛けることになるので、出来れば1週間程度開けて処理する事が望ましいのです。

濃くて太いという人の場合、剃ってもぶつぶつと切り口が目立つこともあるので、この場合、やはりプロの方に手入れしてもらう、またそのほかの方法で処理を考える方がいいと思います。脱毛も最近はかなりリーズナブルに利用できるようになっていますので、プロに処理してもらう方も多くなっているのです。

VIOラインを綺麗に自己処理するコツ

VIOラインの毛はほかの体毛とは違い特殊な形状をしています。下着の中でこすれることもあり真っ直ぐ生えてくることが少ないため縮れています。またほかの部分の体毛とは違い濃くて太いということも特徴です。そんな特徴のあるVIOラインのむだ毛を自分で処理する時、どのようなことに注意すればいいのか、それを理解することも重要なことになります。

ピンセットで抜いたりしない

ピンセットで1本ずつ抜く処理を施す方もいますが、これはお勧めできない方法です。ピンセット、毛抜きなどを使用して抜くと、成長途中の毛根がしっかりしている毛を無理やり引き抜くことになるので、毛穴の中で切れてしまうことが多くなります。毛穴の中に切れた毛が残されると埋没毛と呼ばれる状態になることが多いのです。

切れた毛はまだ成長途中の毛なので、毛穴の奥からまた成長し始めます。しかし無理やり毛を引き抜いた箇所は表面上毛がない状態となっているので、毛穴を皮膚が薄く覆ってしまうのです。すると切れてから成長し始めた毛穴の中の毛が皮膚に阻まれて出てこられなくなり、毛穴の中で成長してしまう埋没毛となります。こうなると一度皮膚を毛抜きなどで破ってから引き抜くことになるので、炎症を起こすこともありますし、負担が大きいのです。

必ずソープやクリームを使う

カミソリで処理する場合も、何もつけずに行うと摩擦が大きくなり、皮膚を傷めることになります。何とも行っていると摩擦によってだんだんと色素沈着が起こることもあるので、カミソリで自己処理する場合も、必ずクリームやソープなどで肌を保護し、滑りをよくしてから行う必要があるのです。

ソープやクリームを利用する事でカミソリの滑りもよくなり、摩擦が少なくなります。カミソリによって不用意に傷をつけることも少なくなるので、必ずクリームなどを利用するようにすべきです。

必要以上に剃らない

カミソリで自己処理すると、やはり沿った部分の断面が鋭角になるので、生えてくるときに太くなったように感じ、すぐに剃り直しする方もいます。でも何度もそっていると皮膚への負担も大きく、場合によっては色素沈着を起こす可能性も否定できないのです。少々気になっても、必要以上にそらない事、これも自己処理のポイントになります。

自己処理後は保湿ケアを

皮膚の上を刃物で剃っていくので、毛だけを剃っているようでも実際には皮膚が摩擦を起こしている状態です。カミソリで剃った後を見てみると白く粉を吹いているように見えることがありますが、これは摩擦で皮膚が擦れた証拠となります。そのため、自己処理後は、化粧水、ボディローションなどを利用して保湿し、水分が逃げないようにボディクリームを塗って蓋をすることも重要です。

VIOラインは自己処理をするとこんな危険も

カミソリなどでVIOラインの処理を行う利点としては、自宅でいつでもできることや、費用が掛かりにくいなどがあげられます。急ぎ処理したい時にはとてもいい方法です。しかし、デメリットやリスクもあるので、理解が必要となります。

大けがを負うきっかけに

カミソリもT字なら安全に作られていますが、それでもあてる部分を間違えれば皮膚を切ってしまうことになり怪我となることもあるのです。マイナスのカミソリは横に動かせばさくっと切れてしまうので非常に危険になります。またVIOラインは自分で目にすることができない部分もありますし、皮膚の凹凸が多い部分なので、大きくカットしてしまうこともあるようです。

黒ずみやすくなる

何度も自己処理を行い摩擦される状態にあると、VIOラインの黒ずみがひどくなることもあります。もともと下着によって擦れる箇所なので黒ずみが起きやすい場所なのです。そこにカミソリなど利用して処理することを繰り返せば余計に黒ずみがひどくなる可能性があります。回数を少なくする、スパンを開けて丁寧に行う、摩擦が少なくなるように配慮するなどが必要です。

形が上手く決まらない

脇などの場合、全部剃ることになるので形を気にすることもなくさっと処理できます。でもVIOラインをすべて剃ってしまうハイジニーナにする人は、まだ少なく形を残す人の方が多いので、形をうまく作れないと悩む人も多いです。カミソリでうまく処理しようと思っても、カミソリがぐっと入ってしまい、形が崩れてしまうということもあります。

そり残しが出る事も

VIOラインは複雑な形状をしているので、キレイに処理したつもりでも自己処理では見えない部分も多く反りの腰がでることもあるようです。水着を着たときに横からむだ毛が見えた・・なんて言うこともあります。彼と一緒のデートでこんなことがあれば立ち直ることが難しくなります。剃り残しがないように鏡などで見ながら行う必要もあるのです。

自己処理でトラブルになる前に!脱毛サロンにおまかせ「KIREIMO」

VIOラインは自己処理がなかなか難しく、注意して行わないと黒ずみや痛み、出血、剃り残しなどのトラブルに繋がってしまいます。

脱毛サロンKIREIMOでは難しいVIOラインを含んだ全身30箇所の脱毛を受けることができます。通常のサロンですと全身脱毛で20万以上することもありますが、KIREIMOなら月々9,950円今なら初月無料で通える嬉しいキャンペーンをやっています!

詳しい記事はこちら!→https://feely.jp/4520187/

特にVIOラインには力を入れているので、なかなか難しいデリケートゾーンのお手入れもバッチリです!

まとめ

VIOラインを自己処理されている方も、多分目に見える部分を処理されると思いますので、剃り残しが出来たり、また見えない部分を剃ろうと思って怪我をしたという事もあるのです。何時でも気軽にできますし、費用も掛からない方法となり魅力的ですが、やはり怪我のリスクは否定できない事になります。十分注意して行っても、いつの間にか切れていて、びっくりしたという人もいます。時間をかけて無理せず行うことが重要です。