VIOゾーンのケア方法は?自己処理をする時の注意ポイント

お友達、彼と一緒に海に行く機会、プールに行く機会、夏になるとグッと多くなります。今はVIOゾーンをきれいに処理されている方も多くなっていますが、ケアしていないと膿などに行っても落ち着かない時間を過ごすことになるのです。でも毛がとても薄く、処理しなくてもいいかな?と思うこともあり、ケアを迷っている方も多いといいます。VIOゾーンのケアは行うべきなのか考えてみる必要があるのです。

VIOゾーンはケアをするべき?

世界をみると脇の処理はしなくてもVIOゾーンの処理は必須という国もあります。欧米諸国などは体毛の処理をしていないなんて信じられない・・・というところも多く、日本は特にVIOゾーンという部分に関して処理が遅れていると言えるのかもしれないです。VIOゾーンは、ケアすべきかどうか、衛生面や見た目などから考えてみます。

大人のたしなみなのでケアをするべき

女性の場合、脇のケアは必須となり、していないとだらしないとかマナー違反なんて言われるくらいにあたりまえのケアとされています。でもVIOゾーンに関してはそれ程強くいわれることもないので、ケアしていないという方も多いです。ただ最近は、女性の中で大人としてVIOゾーンのケアも当然のことと認識されている人が多くなっています。

ケアをした方が生理中なども楽

生理になるとお腹が痛くなったり頭痛がしたり、嫌な思いをすることが多いのですが、ニオイに関しても気になるという人が多いです。また清潔に保つことも必要となるので、VIOゾーンの毛は気になります。こうしたむだ毛は、体内に雑菌などが侵入しないように保護する役割を持っていますが、そのため、毛には非常に多くの雑菌が存在しているのです。

毛の量が多い人、特にIラインに毛が多いという人は、細菌類が付着することも多く、何度もナプキンを交換したりしないと蒸れて否やニオイがしてくることもあります。衛生面という事を考えると、VIOゾーンの毛はない方が清潔で、細菌類が少なくなりニオイ等も少なくなるといわれています。

水着などを着る際は特にはケアを

水着からVIOゾーンの毛がちょっと見えているなっていう失態、女性も男性も絶対にしたくない失態です。特に気になる彼と一緒だったのにむだ毛が・・・となると、もう顔を合わせることができないと思うくらいショックを受けることもあるのです。そうしたことがないように、特に水着を着る機会が多くなる夏などは丁寧にケアしておく方がいいと思います。

最近の若い女性、また男性も、VIOゾーンの毛を丸ごと脱毛するハイジニーナにする方も多くなっているようです。これも、水着を着たときなど、VIOゾーンのどこの毛も気にする必要が無くなって安心と行う方が多いといわれています。

脱毛サロンなどで簡単ケア

昔は脱毛サロンで脱毛するとなるとかなりの金額がかかりましたし、時間もかかったので施術される方は一部の人たちだけで、一般の方はとてもできない処理だったのです。しかし今はキャンペーンなどを利用するとかなり安い金額で処理できるようになり、普通に通っても、昔よりだいぶ安く処理できるようになったので、VIOゾーンの脱毛を考える人は多くなっています。

若い人を中心にVIOゾーンの脱毛を行っていますし、中には娘さんと一緒に親御さんも処理に来るなども珍しい事ではなくなっているのです。VIOゾーンの処理も楽にできるようになったこと、また普通に行う人が多くなったことで、ケアを考える人が多くなっています。

VIOゾーン脱毛や自己処理のポイント

VIOゾーンをサロンなどに行かず、自己処理される場合には、清潔に行う必要がありますし、怪我をしないように行うことも重要です。処理はカミソリ、毛抜き、脱毛クリームなどを利用する方が多いのですが、何れの処理も注意点を理解して行う必要があります。

毎日は自己処理をしない

毎日処理するとVIOゾーンに負担が大きく、摩擦が多くなり炎症などを起こす危険性もあるので、処理は少なくとも1週間程度開けることを考えるべきです。毛抜きの処理の場合 、また脱毛クリームでの処理は2週間程度開ける方が安心といわれています。毎日処理すると黒ずみなどの色素沈着をおこす危険性もあるので、なるべく処理は少なくする方がいいのです。

刃物を扱う際には要注意

カミソリなどの刃物を利用して処理する場合、皮膚を傷つけることがないようにすることも重要になります。カミソリの場合、T字カミソリを利用する方が安心ですし、シェーバーを利用する場合も、カミソリの場合も、クリームなどで皮膚を保護しながら行う必要があるのです。クリームやソープを利用して剃ると、摩擦が少なくなりますし、皮膚に擦り傷を作ることも少なくなります。

クリームなどで入念にケアをする

自己処理の方法がカミソリでも毛抜きでも脱毛クリームであっても、処理後のケアは必須です。処理によって皮膚はダメージを受けていますし、摩擦によって乾燥した状態になります。そこで、処理後保湿ケアを行うことが必須となるのです。お顔に利用するローションやボディに利用する保湿クリームでもいいですし、最近はVIOゾーンの専用ケアクリームなどもありますので、黒ずみ防止のためにもしっかりケアする事が求められます。

鏡などでチェックをしながらケア

鏡などを利用して細かく確認しながらケアする事も必須です。VIOゾーンの中でも、Vラインは比較的見やすい部位ですが、それでも見えない部分があり剃り残しやすい部分です。また、Iライン、Oラインに関しては見えないところが多くなるので鏡を見ながら処理するのは重要なのです。鏡を見ながらの処理はなかなか難しく、時間がかかる処理となりますので、慣れるまでは時間がかかります。慣れても、切り傷などを作らないように丁寧に行うことが重要です。

VIOゾーンの洗い方やケア方法

大人になってからもVIOゾーンをきれいに洗えていない人、結構多いいといわれています。Iラインにはひだがありますので、細かく洗う必要がありますし、丁寧に洗っていないことでニオイの元になったり、炎症を起こすこともあるのです。そういったことがないように、丁寧に洗い常に清潔にしておくことも重要な個所となります。

専用ソープを使って洗う

通常のボディソープや石けんを丁寧に泡立てて洗ってもいいのですが、最近は黒ずみに対応できる美白効果のある専用ソープも販売されていますので、こうした商品を利用すると効果的です。黒ずみを改善しVIOゾーンのデリケートな部分を丁寧に洗うことができるので、専用商品を利用する人は多くなっています。

ゴシゴシ洗わず、優しく丁寧に

粘膜部分もあるので、VIOゾーンはごしごし洗うのではなく丁寧に優しく洗うことも必須です。摩擦に弱い部分でもあるので、ごしごし洗うことで赤く炎症してしまうこともあります。肌が弱い人はタオルなど利用するのではなく、手、指で丁寧に泡立ててからこま核洗う方がキレイに汚れを落とすことができ安心です。

保湿クリームなどで乾燥ケアを

顔もボディもお風呂から上がると必ず丁寧にケアするのに、VIOゾーンをケアしないのはどうしてなのか・・・やはりVIOゾーンもしっかりケアする事で、トラブルを少なくできます。毛を自己処理するときにも、VIOゾーンにトラブルがない状態の方がよりしっかりと処理できるはずです。

最近はVIOゾーンの専用ケアクリームなども各メーカーから販売されていますので、それを利用される方も多くなっています。こうしたVIOゾーン専用のケアクリームは保湿効果も高く、VIOゾーンの黒ずみを予防、改善する成分なども含まれているので、色々な効果を期待できるのです。

摩擦が起きないように下着や洋服に注意

VIOゾーンは常に下着に包まれているので、いつも摩擦されている箇所となります。下着によって摩擦をうけますが、ピッチとした圧迫の強い洋服を着ていることで余計に擦れます。また、下着の大きさが小さいと、より一層摩擦されることが多くなるので、自分に合った下着、また摩擦の少ない素材の下着を着用し、なるべく圧迫されないような洋服を着用すると、トラブルも少なくなるのです。

まとめ

デリケートゾーンと呼ばれるVIOゾーンについて積極的にケアする人が多くなっています。自己処理にしても、クリニックやサロン等の処理も、皆さん積極的に受けてケアされているのです。水着を着てもスポーツをするときでも自信を持って行うことができる方が、気持ちがよく、楽しい時間を過ごせます。VIOゾーンのケアを行うことで、 VIOゾーンを衛生的に保つという要因にもなりますので、前向きに考えてみてもいいと思うのです。