わだかまりが発生する原因と解消する際に心がけるべきポイント

他人とわだかまりが発生してしまうことがあります。そうなると解消するために苦労してしまうでしょう。そもそもどうしてわだかまりが発生するのか、こちらではその原因について解説しましょう。また、それを解消するために重要なポイントもまとめました。わだかまり解消に役立ててみてください。

そもそもわだかまりとは?

わだかまりという言葉を聞く機会は多いのですが、多くの方はなんとなくでしか理解していません。わだかまりは正確にはどのような意味のある言葉なのでしょうか。こちらではわだかまりの意味について見てみましょう。どのような場合に使う言葉なのかもご紹介します。

どんな意味があるのか

わだかまりというのは心の中に重苦しく嫌な気分があることであり、それにこだわってしまっているという状況のことです。たとえば、相手に対して不満や不信、疑惑を抱いている場合にこのような感情が生じてしまうことがあるでしょう。また、心の中に悪い考えがある場合にもわだかまりという言葉が使われます。

どんな場合に使う言葉なのか

それではわだかまりはどのような状況で使うかというと、たとえば自分の嫌いな人と付き合わなければいけない場合に、わだかまりを捨てるという使われ方をすることがあります。あるいは、お互いに何のわだかまりもなく話し合うという使い方もあるでしょう。わだかまりのない心という使われ方もあります。

わだかまりと同じ意味の言葉

日本語には類語というものがあります。わだかまりと似たような意味で使われる言葉はたくさんあるのです。たとえば懸念やしこりといった言葉はわだかまりと似たような意味といえるでしょう。他には、欲求不満や不平不満、鬱積、鬱屈などもわだかまりに近い言葉といえます。わだかまりをこれらの言葉と入れ替えてもそのまま通じることが多いです。

わだかまりを解消するために必要なこと

わだかまりを持ったままでは良好な人間関係を築くことができないでしょう。特に相手が大切な方の場合は、これからも付き合っていきたいと思っているはずです。それではどのようにすればわだかまりを解消することができるのでしょうか。そのための方法を教えましょう。

自分の悪い点を受け止める

わだかまりというのは、自分には一切悪い点はなく、相手が全面的に悪いのだと決めつけているからこそ起きてしまうことが多いです。そのため、まずは自分の方にも非があることをしっかりと認めるところから始めましょう。そのためには自分を見つめ直すことが大切です。自分にも悪い点はあったと冷静に受け止めることができれば、わだかまりを解消するための第一歩となります。

自分の本音を伝える

自分が本当にどのような気持ちになっていて、どんなことを考えているのか、相手に正直に伝えることは大切です。そうすれば自分が不満を抱いている点について相手に理解してもらえます。これによって相手が反省してくれたり、勘違いしている部分が見つかるかもしれません。

素直に謝罪

もし自分に悪い部分があることが分かったなら、その点については素直に謝罪してしまうことをおすすめします。相手も謝罪してもらうことを待っているかもしれないのです。そんな相手の期待にしっかりと応えましょう。

自然体の自分で接すること

わだかまりのある相手とは普通に接することが難しくなっているかもしれません。だからこそできるだけ自然体で接することを心がけてください。そうすれば、相手も自然体になってくれるでしょう。ギクシャクとした感じをなくすことができます。

これからの自分のあり方を伝える

これから自分がどのようにありたいのか、どのように接していきたいのか正直な気持ちを伝えることも大切です。自分は反省しており、もうわだかまりを解消したいのだと伝えることによって、相手も理解してくれるでしょう。

笑顔は欠かさずに

上気のような気持ちを伝える際には笑顔になることが大切です。そうすることによって、自分は相手に敵意を抱いていないことをアピールすることができます。相手もあなたを許そうという気持ちになってくれるでしょう。

わだかまりを解消するためにやってはいけないこと

 

わだかまりを解消するために積極的になろうとしている方がいるかもしれません。そのような姿勢は立派なのですが、気をつけなければいけないこともあります。行動によっては逆効果となってしまうことがあるからです。わだかまり解消のための注意点を教えましょう。

無視や素っ気ない態度

まずわだかまりのある相手に対して無視をしてしまったり、素っ気ない態度をとってしまうのは逆効果となってしまうでしょう。これでは自分が相手と仲良くなろうとする意思がないことを示しているようなものです。相手もあなたのことをより嫌悪してしまうようになるでしょう。

話し合いの最中のスマホチェック

わだかまり解消のために話し合いをすることになる場合は多いです。その際には相手の話をしっかりと聞く姿勢が大切です。その際にスマホチェックをしてしまうのは最悪でしょう。相手の話を聞く気がないとアピールしているようなものです。そのまま、喧嘩に発展してしまう可能性もあるでしょう。

感情的にならない

話し合いの際にはつい感情的になってしまうことがあります。相手の発言に怒りを覚えてしまうこともあるでしょう。そのような気持ちはしっかりと抑え込むようにしてください。そこで感情的になってしまうと、話し合いがこじれてしまうからです。あくまでも冷静に話し合いをするべきでしょう。

自分を正当化しない

わだかまりの解消のためには相手のことを尊重することが大切です。つい自己正当化を図り、自分は悪くないと主張したくなってしまうことがあります。しかし、それではいつまで経っても話し合いは平行線をたどってしまうでしょう。自分の悪い点は素直に認めましょう。

自分の意見だけを押しつけない

わだかまりの解消のためにはお互いが自分の考えていることを素直に打ち明けることが大切です。そのため、自分の意見ばかりを主張してそれを相手に押し付けるようなことはやめましょう。きちんと相手側の意見も聞き入れましょう。

何をやってもわだかまりが解消されないときは?

どんなに努力をしても相手とのわだかまりを解消することができないときがあります。このようなときにはどんな対処をすれば良いのか悩んでしまう方がいるでしょう。そのような方のヒントとなる情報を提供しましょう。

これからの自分のあり方につなげる

まず、相手とわだかまりが生じたという経験をこれからの自分のあり方に活かしましょう。人間関係に失敗してしまったならば、今度からは同じ過ちを繰り返さないように気をつけることを心がけるべきです。その教訓をしっかりと生かしていきましょう。

変わらない態度で接していく

これからもその相手と付き合いを続けていかなければいけないならば、変わらない態度で接していくようにしましょう。そうすれば、それ以上関係性が悪化せずにわだかまりは残るのですがトラブルを回避することができるでしょう。

また仲良くなりたいという気持ちを伝え続ける

もしどうしても相手とのわだかまりをまだ解消したいという気持ちがあるならば、その気持ちをずっと伝え続けるという方法もあります。それをずっと続けることによって、自分の気持ちや誠実さを伝えることができるでしょう。そうなれば相手も考え方を改めてくれるかもしれません。あなたとの関係を継続したいと考えてくれたならば、わだかまりが解消される可能性もあります。

根にもつことはしない

たとえわだかまりを解消することができなかったとしても、そのことで根に持つようなことをするべきではありません。相手に対して憎しみの気持ちを抱いてしまうと、余計なトラブルが発生してしまうことがあります。関係性を修復することが二度とできなくなるでしょう。

時間の流れにまかせる

このような問題は時間が解決してくれるということがあります。時間が経つことによってお互いに冷静になり、あなたとの関係性を修復したいと相手も思ってくれるかもしれません。そのため、無理に解消しようとするのではなくて、時間の流れに任せることも1つの方法でしょう。

わだかまりが解消した先にあること

もし相手とのわだかまりを解消することができたならば、そのあとにはどのような展開が待っているのでしょうか。相手との関係性に変化が生じるのでしょうか。わだかまりの解決の後のことについて教えましょう。

絆が深まって関係が良くなる

たとえば喧嘩をした相手と仲直りをすることができれば、より深い絆が生まれるということはよくあります。友達同士でも夫婦であっても、過去に喧嘩をしたことのある間柄の人達の方が仲良いケースは多いでしょう。わだかまりを解消する過程で相手のことを真剣に考えるようになるため、それによるメリットが生まれるのです。

言いたいことを何でも話しあえるようになる

わだかまりを解消する際にはお互いに話し合いをします。その際には本音をぶつけ合うこともあるでしょう。そのような経験ができたならば、関係性が修復したあともお互いになんでも言い合えるようになるでしょう。素直な気持ちを伝え合うという経験をした相手とは、その先も何があってもどのようなことでも話し合えるようになるのです。

相手の怒りのポイントが見えてくる

わだかまりが生じた際には相手が本気で怒っていることがよくあります。それを解決できたならば、相手がどのような点に腹を立てていたのかがよく分かるはずです。このような経験を通して、相手の怒りのポイントがはっきりとするでしょう。これはその先の関係性を維持するためにも重要なことです。相手が何に対して怒りを感じやすいのかが分かれば、それを避けることができるからです。

相手の性格をより理解できる

わだかまりの解消の際には相手の性格や考え方について思いを馳せることになるでしょう。これによって、相手がどのような性格をしているのかよく理解できるようになります。相手に対する理解を深めることができるため、これはこれから先の人間関係にとって良いことでしょう。相手が何に喜びを感じるのか、何に悲しみを感じるのか、相手がどのような行動を取りやすいのかを予想しやすくなります。

まとめ

いろいろな人と付き合っていく中で時にはわだかまりが生じてしまうことがあります。せっかくの大切な人間関係が壊れてしまうのは悲しいものです。わだかまりが生じたとしても、上記で紹介したようなポイントを意識することによって、ひょっとしたらわだかまりを解消できるかもしれません。諦めないで相手との関係性の修復に努めましょう。