性欲のメカニズムと抑えることによって考えられる効果

性欲を抑えることのプラス効果

感情のコントロールが上手になる

性欲には、脳の働きが関連してきます。性欲にはドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が影響していきますが、過度な衝動を起こしやすいホルモンです。性欲を抑えることによって、このドーパミンの分泌を下げることになるため、感情をコントロールしやすくなっていきます。幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促すことで、ドーパミンのコントロールが効くようになり、感情もうまく左右できるようになるでしょう。

耐える力が身につく

突発的な感情の動きが少なくなっていくため、忍耐力を身につけられるようになります。衝動的な感情を抑えられるようになることで、突発的に何かをしたり、依存性の高い行為をしないでも済むようになるでしょう。健全な精神のバランスを取れるようになり、強い衝動を抑えられることで、耐える力が身についていきます。ホルモンのバランスも適度に保てるようになり、攻撃的な衝動も出ないようになることで、我慢ができるようになるでしょう。

性的なこと以外の部分に目を向けられる

性欲がコントロールできないと、衝動的な行動が増えるだけではなく、他のことを考えられなくなっていきます。もちろん、本能的な部分もあり、必要な欲求であることは間違いありませんが、コントロールしていくことによって、他のことにも目を向け集中できるようになっていくでしょう。この関係も単純なものではなく、さまざまなところで影響を与えていきますが、多くのことに目を向けられるようになるのはメリットです。

感度の良さにつながる

強い性欲は、精神的にも圧迫する部分が出てきます。性欲のコントロールがうまくいかないことは、子孫を残すという部分につながってくるため、若い時に多く見られるでしょう。ですが、性欲がコントロールできるようになると、精神的に解放されるようになってくることから感度の良さにもつながっていきます。若いころにはできなかったような考え方の違いが大きな変化をもたらすことになるでしょう。

性欲を抑えることのマイナス効果

妄想が強くなることも

性欲を抑えることが正しいといった風潮もありますが、もちろん弊害も存在していきます。妄想に走りやすくなるというのもひとつの状態でしょう。完全に抑えられるようになれば、妄想もなくなっていきますが、中途半端に抑えれば妄想に走ります。現実とは異なることを考えるのが妄想のため、逃げ場を求めてしまっていることにもなるでしょう。

集中力の低下も

リラックスしやすくなることが出てきますが、集中力も失ってしまいやすくなります。記憶の形成にも影響するようになり、あまり物事を考えないような状態になるでしょう。不要な記憶の取捨選択もしにくくなります。強い衝動を受けなくなることは、メリットもありますが、こうしたデメリットを生み出してしまうのも確かです。

冷静な判断ができなくなることも

判断力という部分では、テストステロンがかかわってきます。男性ホルモンのひとつですが、性欲が減少していくことによって、テストステロンの分泌も下がってしまうのです。やる気や判断力を高めるホルモンでもあり、自律神経にも影響していくホルモンのため、判断力の低下を招き、冷静に物事を考えにくくなってしまいます。自律神経にもかかわってくる大事な部分の低下を招くことにもなるでしょう。

性欲を抑えるためにできること

体を動かす

運動をすることによって、体力を使うようになってくるでしょう。睡眠にもつながっていきますが、適度な運動を繰り返していくことによって、セロトニンの分泌が増えることがわかっています。意識的に生活に取り入れていくことによって、自然と性欲が抑えられるようになっていくでしょう。体力的に疲労も適度に溜まっていくことになり、性欲に向かうような気分になれないというのもポイントです。

十分な睡眠

睡眠をとることは、男性ホルモンの分泌を適切な量に抑えられることがわかっています。性欲を適度にコントロールできるようになるだけではなく、生活にリズムをつけられるようになるでしょう。朝日を浴びられるような時間に寝れるようにしていくことによって、セロトニンの分泌を促すことが可能となり、性欲のコントロールも聞くようになっていきます。充足感で満たされていくようになるのですから、十分な睡眠は考えなければいけない生活リズムです。

趣味に集中

性欲に傾ける集中力を、趣味に向けてしまえば単純に抑えられるでしょう。さまざまな趣味がありますが、没頭できるようなものがあれば、性欲自体を感じることが少なくなっていきます。時間がもったいないと思うようになれば、思考の方向が変わるようになり、性欲に頭を使うこと自体が抑えられるようになるでしょう。社会人で考えると、時間は無限にあるわけではないのですから、有効に使うためにも趣味への系統は大きな意味が出てきます。

スマホやパソコンを使わない

スマホやテレビの存在が、さまざまな情報を与えてしまうことで性欲を刺激することは間違いありません。別に欲求がなくても、広告などで頭に入ってしまうことが出てくるでしょう。ほんの少し視界に入るだけでも衝動を受けるようなら、使わないようにするのが一番です。画面から発せられるブルーライトの影響も強く、睡眠が良好なものでなくなり、ホルモンバランスを崩してしまう可能性も指摘されるようになりました。性欲のコントロールという面でも、できるだけ抑えることがポイントになってきます。

テレビやDVDなどで気を紛らわす

別のことを考えて没入してしまえば、性欲に走る必要がありません。テレビやDVDといった世界に乗り込んでしまえば、没入感を覚えてしまい、他のことを考える暇もなくなっていきます。特にピュアな内容の作品を見ることによって、自分の性欲はかなり抑え込まれていくことになるでしょう。ですが、記憶の影響かでしかないため、一時的にしか効果をあげることができません。ここからどうやって次のことに派生させるかがカギになるでしょう。

性欲を抑えられる効果がある食べ物

大豆

人間にとって食べ物は重要です。ホルモンのバランスを整えるというところで考えると、大豆には女性ホルモンに近いイソフラボンが大量に含まれています。ホルモンのバランスを整えることが性欲のコントロールにもつながっていくことから、大豆を中心とした食事を考えてみるのは、選択としても正しい方向になるでしょう。健康で長寿の源ともいわれるのですから、大豆食品を中心に考えてみるのはメリットが大きい方法です。

乳製品

乳製品が性欲を抑えられるといわれているメカニズムは、倦怠感を強めていくことにあると考えられています。乳製品にもエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが含まれており、男性ホルモンとのバランスを変えていくことになるでしょう。性欲コントロールということでは、非常に重要な意味を持ってくることになります。単純に倦怠感が出てくるということだけではないのです。

ジャンクフード

弊害が指摘されるのは、ジャンクフードでしょう。性欲の減退につながることがわかってきたのは、化学物質の使い過ぎが影響していると考えられるようになったからです。ひき肉などにはあまり質の良いものが使われておらず、中に含まれている化学物質がホルモンバランスを崩してしまうことが、背意欲の減退につながるといわれるようになりました。食べ過ぎは、さまざまな弊害を生み出すことになるため、コントロールするという意味で食べていくのは、あまりにリスクがあるでしょう。

甘いもの

血糖値と性欲も関係があることがわかっています。甘いものを食べ続けるというのは、精製された糖を摂取することになるでしょう。これが血糖値に影響することになるのは明白で、急激に上昇することが背意欲減退につながると考えられるようになりました。1回食べたことが影響するほど急激なものではありませんが、毎日食べるといったことは、糖尿病などの危険も出てくるのですから、コントロールを考えて摂取していく食品ではないでしょう。逆に食べ過ぎは危険です。

たけのこ

タケノコには、シュウ酸と呼ばれる物質が含まれています。性欲の抑制に効果があると考えられており、積極的に食べていくことで、かなり抑えられるようになるでしょう。シュウ酸のメカニズムとしては、亜鉛と結びつきやすいところがあげられます。亜鉛は勢力を高めたりする物質であることからも、シュウ酸でコントロールできるのはメリットでしょう。ただし、亜鉛の減少はデメリットもあるため、バランスの良い食事の中に取り入れていくのが効果的です。

ほうれんそう

ほうれん草も効果をあげることができますが、ここに関わっているのがやはりシュウ酸です。たけのこと同様にシュウ酸を豊富に含んでいますが、性欲のコントロールのメリットだけではなく、結石になりやすいというデメリットがあげられます。尿道結石のもとになってしまうことでもわかっていますので、バランスを考えて食事の計画をすることが大切です。特に劇的に反応が出るわけではないため、適度に食べ続けていけば、可能性は高まるでしょう。

バナナ

性欲を抑えるどころか高めてしまう可能性もあるのがバナナです。たんぱく質分解酵素であるプロメラインが含まれていますが、ストレスに伴い減少するテストステロンの低下を防ぐ効果を持っていると考えられます。つまり、性欲を下げられない成分があるのです。ミネラルであるモリブデンも豊富で、血液生成を高めることも性欲を高めることになるでしょう。その反面で、ビタミンB6が豊富で、女性ホルモンのエストロゲンの代謝を高められ、ホルモンバランスを整えやすくなります。精神的な安定ももたらすことを考えると、食べていくことにはメリットがあるでしょう。

まとめ

性欲を抑えることは、デメリットもあります。いかにコントロールして過剰なものにしないのかというのが重要になってくるでしょう。ホルモンのバランスにもかかわってくるのですから、健康的な生活を考えても、適度なコントロールが重要です。”