どんな人がいるの?キツネ顔の特徴と性格を徹底チェック

キツネ顔の特徴

目が細い

自分とそっくりな人は、世の中に何人かいるとは言われます。ですが、遺伝子情報の違いからも、外見は同じになる確率はほぼありません。顔は個性であるからこそ、特徴を見ていくと、性格などもいろいろとわかるようになっていきます。キツネ顔もそのひとつですが、動物に似ているといわれるパターンのひとつでしょう。目が細く長いのが特徴のひとつですが、ただ細ければ似ているわけではありません。これも特徴のひとつになっているだけです。

つり目

ちょっとつり目に見えてしまうことで、キツネのような印象を与えるでしょう。キツネが眼光鋭く見えるのは、細く長い目とともにつり目だからといえます。この二つがセットになってきて初めてキツネ顔に見えてくるようになるでしょう。ギラギラしたような印象を与えるのも、眼光の鋭さからといえます。目元がきつく見えてしまうこともありますが、キツネ顔の人はそのうように思われてしまっても仕方ないことなのかもしれません。

すっきりとしたフェイスライン

キツネは動物の中でもすっきりしたラインを持っている動物です。鼻先が長く、犬と比べてもかなり細長い印象を持っているのは間違いではありません。太りやすい動物ではなく、野生ですっきりしているという印象もあるでしょう。人間の顔に当てはめると、フェイスラインがすっきりしているだけではなく、逆三角形の輪郭を持っていると、キツネ顔と呼ばれることが増えてきます。

鼻が高い

キツネ自体は、鼻が長い特徴を持っていますが、人間とは明らかに違う構造となるでしょう。ですが、印象的には、すっきりとした鼻筋といったところになり、鼻が高く細いといったところがキツネ顔の特徴になってきます。顔の中心となってくることから、それだけ強い印象を与えることにつながるため、すっきりした鼻は特徴的です。憧れられる鼻でしょう。

目力がある

キツネ自体が目力があるわけではありませんが、細いつり目は、どうしても力を持つでしょう。知的な印象というところもキツネ顔の目力にはあります。かなり鋭い目線にもなってきますが、クールに見えるポイントです。かわいいといった印象を覚えるよりも、少々きついといった感じが残るでしょう。

ミステリアスな雰囲気

非常に知的でクールな印象を与えますが、眼光の鋭さからも、考えていることが見えないミステリアスな感覚があります。ミステリアスといっても、不思議ちゃん的なところではなく、底知れない雰囲気を感じることになるでしょう。きついといわれてしまう部分でもあります。

細身

パーツからの印象がつながっていきますが、細身の人はキツネ顔がぴったりと当てはまります。タヌキとの比較が日本人にはありますが、体型的に丸くなってしまうとキツネの印象から離れてしまうことになるでしょう。印象的な部分として、顔とともに細身の体型はキツネ顔を引きたてます。

色白

お菓子なのに虫歯予防効果?キシリトールの正しい食べ方

キツネが白いわけではありませんが、色白のイメージを持っているでしょう。明るいコントラストを持っているため、白っぽいと勘違いしている部分があります。それでも、色白の人のほうが、細くつりあがった目のクールな力とマッチしやすく、イメージとしてキツネにつながっている部分です。

キツネ顔の性格

繊細

非常に繊細な性格を持っており、辛口のコメントも言ったりしますが、その内部を見せたがらないため気が付かないことが多いでしょう。あまりに繊細なタイプであることからも、自分が辛口で評価されると、落ち込んでしまうこともよくあります。お高く留まっているようなイメージを持たれますが、そんなことはない人のほうが多い位でしょう。

プライドが高い

プライドの高さは、失敗が嫌いというところからくるでしょう。完璧主義の一面を持っており、それを知られたりすることも自分のプライドが許しません。常に高いレベルを目指す傾向があるのも、プライドの高さにつながっていくポイントです。イライラしてしまうことも出てきますが、長所の半面といったところになるでしょう。

周りに流されない

自分をしっかりと持っていることから、あいまいなことは嫌います。はっきりと自分の理想を出してくるため、周囲には流されることがありません。理想といっても、ただ持っているだけではなく、努力も必死にしていくことになるのですから、こだわりの強さもポイントになってくるでしょう。

理想主義

理想主義者であることは確かですが、ただ追いかけていくだけではありません。どんどんと努力を重ね、理想へと近づけるようにしていきます。机上論で終わらせるのは嫌う傾向が強く、周りにも求めてしまうところもあるでしょう。理想を追い求めていくことについていけない人も出てきます。それでも努力を重ねていくのですから、見習うべきところが多いでしょう。

完璧主義

器用な面を持っていることから、そつなくこなして済ませてしまうイメージがあり、完璧主義になっていきます。自分の意見もはっきりと伝えていきますし、前面に出すことから、優等生に見えるでしょう。本来関係はありませんが、意地悪い印象を与えてしまうのも、完璧主義を周囲に求めやすく、妥協を許さないからです。意地悪とは異なりますが、どうしても印象的になってしまうでしょう。

クール

印象として、とてもクールな雰囲気を持っていることは確かで、近寄るのも考えてしまうことさえあります。冷たそうな印象が漂ってくるからですが、本人は気にしていないこともよくあります。気取っているようにも映りますが、実際にそういったわけではないことのほうが多いでしょう。

ロマンチスト

感受性が豊かな部分を持っていることから、ロマンチストの一面も持っています。クールで冷めたように見えますが、そんなこともなく、だれも真似できないような演出もできるところが違いです。さまざまな解釈もできるほど、感受性が豊かなところは、ギャップともいえる部分でしょう。

キツネ顔の芸能人・女性

黒木メイサ

hellcat 【初回生産限定盤】
アジアンビューティと呼ばれていた彼女は、切れ長でシャープな目元は典型的なキツネ顔でしょう。アジア人の美しさを詰め込んだ要望は、加齢ともいえるほどです。黒髪のストレートも相まって、非常に強い印象も受けます。セクシーな雰囲気も持っていますが、とかく大人っぽいクールで知的な雰囲気も持っているでしょう。

常盤貴子

miss you もういちど逢いたくて―常盤貴子写真集

きりっとしまった目元が印象的で、アジアンビューティーとして高い注目を集め続けてきました。女優としてメイクなどでも表情を変えていきますが、知的な印象は変わりません。優しげな雰囲気も醸し出しながら、鋭い眼光を作り出したりする姿は、キツネ顔の特徴ともいえるでしょう。

冨永愛

The Japan Times for WOMEN Vol.2

世界で活躍するトップモデルとしてみガキ掛けられてきた美しさを持っているのは間違いありません。涼しげな眼もとだけではなく、フェイスラインも含めてキツネ顔の特徴を色濃く出しています。モデルの中でも9頭身というとびぬけたスタイルは、世界でもなかなか見られないでしょう。

りょう

切れ長の目元が印象的ですが、キツネ顔のひとつの特徴である男っぽさも持っています。かっこいい女性として捉えられることも多く、さばさばしている印象を受けるでしょう。メイクで目元を強調しているときには、さらに強い雰囲気を作り出しています。クールビューティーという言葉がぴったりです。

北川景子

北川景子2nd写真集『30』 (Angel works)
もともとモデルでしたが、女優としても開花したのは、この目力があるからです。すらっとした鼻筋もキツネ顔の特徴ですし、フェイスラインもほっそりと美しく、知的な雰囲気もぴったりです。化粧品のCMもこなしてきているのは、メイク映えする顔立ちであることは間違いありません。

キツネ顔の芸能人・男性

長谷川博己

長谷川博己『鈴木先生』OFFICIAL BOOK (学研ムック)
色白で知的な雰囲気を持っていますが、高い鼻と鋭角なフェイスラインはキツネ顔の特徴です。イケメン俳優として評価されるよりも、高い演技力を持っているという方があっているでしょう。年齢からくる魅力もありますが、実年齢よりもよほど若く見えるところも、キツネ顔の特徴といえます。洗練されている印象を受けるからです。

及川光博

男性芸能人の中でもキツネ顔の典型といえるでしょう。非常に独特のルックスを持っており、鋭い眼光は芸能界の中でも特別光る存在です。唇の薄さもあり、きつそうな印象を受けますが、情熱的な一面も持っており、美形なだけではない魅力をいくつも兼ね備えています。ミュージシャンとしてだけではなく、俳優としても異彩を放つ存在でしょう。

坂口健太郎

すっきりした顔立ちを持ち、さまざまな作品で活躍を見せています。独特の雰囲気は笑い顔からもきていますが、ファッション界でも活躍している通り、さまざまな場面になじむことができているでしょう。キツネ顔の中では、強烈に目立つことはありませんが、少し影も感じる雰囲気は、他ではなかなか見られない独自性があります。

綾野剛

綾野剛 写真集 『 胎響 』
俳優として、独自の立場を築き上げてきたでしょう。つり目の印象が強くなりますが、どこかで無機質な印象を受けるところはキツネ顔の特徴です。ミステリアスな部分も持っており、怖い印象がありますが、明るい性格であり、ギャップがあるところも彼の魅力となっています。

岡本圭人

アイドルとして独自の地位を築きましたが、輪郭も細く切れ上がりつりあがった目もキツネ顔といっていいでしょう。色白なところも特徴的です。二世タレントでもありますが、独特の雰囲気を作り出しています。

まとめ

キツネ顔は、どうしてもきつい印象を与えることになりますが、実際に性格とは違ったこともよくあります。自分がクールな印象を与えていることはよくわかっていても、それをうまく活用できるのがキツネ顔の特徴のひとつです。ギャップを作り出すこともできるところは、非常に知的な行動ともいえるでしょう。男女ともに美しいといった形容詞がぴったりですが、もっと深みのある性格でミステリアスだからこそ、惹かれてしまうといえるのです。