Oラインの黒ずみ原因は?黒ずみの対処方法紹介

余り人には言えないことですが、Oラインの黒ずみで悩んでいる女性は多いようです。今回はその原因、綺麗にする方法についてご紹介しますので、ご覧になると良い参考になります。悩んでいられる方は、この記事をご覧になってできることを考えてみましょう。

Oラインの黒ずみの原因は?

Oラインの黒ずみの原因はどんなことが考えられるでしょうか。こちらでは4つのポイントを挙げてみましたので、ご覧になってあてはまる事がないか考えてみましょう。ご自身の普段の生活を振り返ってみると良いかもしれません。

摩擦による黒ずみが多数

Oラインの黒ずみは摩擦による黒ずみが多数です。Oラインは,お尻の辺りなので、デスクワークで長時間座っていることが多い、通勤や買い物で自転車を使う、排便の際のトイレットペーパーでごしごし拭いている等で摩擦が起こりがちなので、その刺激によって黒ずみが発生するのでしょう。肌が刺激されて、色素沈着が起こっているのかもしれません。

Oラインはデリケートな部分なので、刺激を受けやすいのです。見えないので刺激を与えてしまっているかもしれませんし、どのようにしていいかわかりにくい部分であるということも原因にあるでしょう。摩擦は上記に挙げた以外にもありますから、気を付けたいものです。

自己処理によるダメージ蓄積

Oゾーンにもうっすらと毛が生えていますので、気になってカミソリで自己処理をする人がいます。その都度、小さい傷がつくので、それが積み重なって黒ずみになってしまう事も考えられるのです。自己処理はほどほどにしたほうが良いかもしれません。

自分でこの部分を処理すると見えにくいので難しいです。知らず知らずの内に傷つけてしまっているかもしれませんから、気を付けた方が良いでしょう。

もともと黒ずみやすい

この部分はもともと黒ずみやすいのです。とにかくデリケートなところなので、余り自分でいじらない方が良いでしょう。とはいいましても、毛が生えているかと思うと気になってカミソリや毛抜きで傷付けてしまう場合があるのは否めません。

サロンに行くのも恥ずかしいと思う人もいるでしょう。けれども、サロンでは技術者がきちんと手入れをしてくれるので安心ですから、どちらが良いかはよく考えましょう。

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーは表皮の新陳代謝のことですが、この速度が乱れると肌が荒れてしまいます。Oラインの黒ずみもそのことから、起こるのかもしれません。通常は肌の生まれ変わりは28日間ですが、このサイクルが乱れるとターンオーバーが早くなり、肌に充分な栄養が行き渡らなくなります。結果、肌が荒れて黒ずみが発生するのです。

原因はストレスやホルモンバランスの乱れ、加齢、外部の刺激、栄養不足などいろいろなことが考えられます。思い当たることがあったら、改善に努めてみましょう。

Oラインの黒ずみはこんなことでも起きる

他にもOラインの黒ずみの原因は考えられます。下記にあげますので、思い当たることがないか、よく考えてみてください。思い当たることがあったら、その部分の改善について考えましょう。

ゴシゴシと洗った結果

お風呂での洗い過ぎということもあるかもしれません。なんとなく場所が場所なので、臭い等があったらいやだと思って、石鹸をつけてごしごしこすってしまうということがなかったでしょうか。洗いすぎると肌が荒れますし、かえって雑菌がはいってしまうこともあります。

優しくこすらずに洗うようにしましょう。もし痛みがあれば、石鹸を使わない方が良い場合もあります。

ソープやクリームが肌に合っていない

お風呂で使っているソープやクリームが肌に合っていないということもあるでしょう。肌に合わないものを使っていると、ダメージにつながりますので、結果的に黒ずんでしまう場合があります。もう一度、使っている物を見直してみると良いかもしれません。

肌に合うとか合わないとかいうことは、人によって違います。宣伝文句が気に入ったとか、口コミの評判が良かったのみでは決めない方が良いでしょう。まずは少量使って様子を見る位でしたら、被害が少なくて済みます。

脱毛のしすぎで黒くなる

脱毛のしすぎで黒くなるということもあります。どうしても自己処理ですとうまくいかないでしょうから、それを繰り返せば傷になったり、肌が荒れたりしてその結果、黒ずんでしまうのです。気になるようでしたら、専門のサロン等に行って施術してもらった方が安心かもしれません。

とはいいましても、専門の所に行くとお金が掛かってしまうので金銭的につらいのであれば、自己処理を余り頻繁にしないようにしたほうが良いでしょう。時間を空ければ、それだけ黒ずみを防げるかもしれません。

乾燥が悪化して黒ずみに

乾燥するということもありますので、要注意です。乾燥すると痒みがあるという人もいるかもしれません。痒みがあれば、乾燥の可能性がありますから、軟膏等を縫った方が良いです。

どのような状態になっているかも確認しないとわからないでしょうから、鏡で見ていると良いでしょう。乾燥していたら、皮がむけたりしているかもしれません。

Oラインの黒ずみを綺麗にする方法

Oラインの黒ずみを綺麗にする方法です。4点ありますので、よくご覧になって参考にして下さい。その際は、様々なことを良く考えてから行動するようにしましょう。

黒ずみが起きた原因を突き止める

黒ずみが起きた原因を突き止めるということが一番大事でしょう。上記に挙げたことに思い当たることがあるかどうか、よく考えてみてください。思い当たることはあれば、そのことを改めると良いです。

たとえば、お風呂でごしごし洗いすぎたと思ったら、洗い方に気を付けましょう。インターネットで「陰部の正しい洗い方」を調べてみるのも良い方法です。

自分に合っている方法で無駄毛処理をする

自分に合っている方法で無駄毛処理をするというのは、大事なことです。この処理が原因で肌荒れしてしまうことがあるからですが、その場合は専門家に相談するのが一番でしょう。サロンで相談する、美容クリニックで相談するということも考えられます。

専門機関に行くとお金は掛かりますが、ケアの事を考えるとしかたがないかもしれません。自分にとって、何が大事かよく考えると良いでしょう。

専用クリームでケアをする

専用クリームでケアするという事も良いことです。どのようなクリームが良いかはインターネットで「Oゾーンのケア専用のクリーム」で検索してみても良いでしょう。様々な商品がありますので、ご覧になって良くお考え下さい。

もしも、痒みや痛み等の異変があるようでしたら、婦人科で相談すると良いかもしれません。皮膚科でも良いかもしれませんが、場所が場所なので婦人科がお勧めです。医学的なことが原因かもしれないので、お医者さまの処置で良くなるのであれば安心できます。

feely編集部イチオシ!人気脱毛サロンが開発したVIOの専用の黒ずみ対策美容液「ibizaセラムPro」

常にきれいでありたいデリケートゾーン。とても敏感でその他の部位よりも荒れやすい部分だからこそ、きちんとした専用の製品を使って丁寧にケアしたいところですよね。

そんな時には人気脱毛サロンが開発した、VIOライン専用の黒ずみ対策美容液「ibizaセラムPro」がおすすめ

「ibizaセラムPro」の特徴としては

  • 厚生労働省が有効性を認めた3つの美白成分を配合!メラニンにそれぞれの成分がしっかりアプローチ!
  • 6つの植物エキスを配合、ハリと潤いのあるなめらかな肌へ
  • さらっとしたテクスチャーで、角質層までしっかりと浸透
  • 鉱物油やアルコールなど、肌の刺激になる5種類の添加物は一切不使用
  • 安心の日本製!徹底した品質管理のもと生産しています。

日本全国のべ1万人以上に施術をして培ってきた、お店のノウハウが詰まった1本。今までに15万本以上も売り上げているほどの人気があるのも納得ですね。

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは「毎月1本集中美白コース」!通常は1本14,800円ですが、なんと今ですと34%OFFの9,800円でお試しいただけます!

また「毎月1本集中美白コース」をクレジットカードで支払うと37%OFFの9,300円で購入できるので、購入にはクレジットカードの利用がオススメ。また、全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から40%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaセラムPro」を使って、デリケートゾーンの黒ずみ対策をしっかり行っていきましょう!

摩擦が起きないように十分注意

摩擦が起きないように十分注意するという事も、大事です。ただ、摩擦は先に挙げましたが、色々なことが考えられます。たとえば、デスクワークでしたら、長時間座り過ぎないように適度に歩いてみる、自転車の場合はお天気の良い日は歩きにしてみる、トイレットペーパーでしたら、ウォッシュレット等も活用してごしごし拭かないようにする、トイレットペーパーを刺激の少ないものに変える等、自分なりに工夫してみましょう。

日常生活で様々な摩擦はありますが、改善に努めて黒ずみを解消できるようにしてみてください。お尻を密着させ過ぎない様にすることが良いでしょうから、適度な運動も取り入れてみるのも良い方法です。

まとめ

Oゾーンの黒ずみで人知れず悩んでいる方は少なくないでしょう。特にオシャレ度の高い人はこのような細部に亘って気に掛けるものです。上記に書いたことを参考にして、改善に努めてみましょう。この記事が皆さまのお役に立てれば、幸いです。