ネイルの形で印象が変わる!形別おすすめデザイン

ネイルを日々楽しむ女性の中には、理想のデザインが合っていない、何だか思っていたデザインと違うと、ネイルに対して悩みを抱えている方も少なくありません。その根本的な原因としてあげられるのが、爪の形です。

人によって爪の形は大きく変る為、自分の爪の形に合わせたネイルデザインを選ばないと、何だか思っていたのと違う、というような、しっくりこないネイルアートをする事になってしまいます。

 

今回は、爪の形の種類をご紹介!形を自分で作るときのコツも一緒にご紹介するので、自分にあった形を見つけてみてくださいね。

5つのネイルの形・特徴

爪の形にはいくつか種類があり、基本的には5種類の形が主です。それぞれの特徴、整えるコツ、似合う人、おすすめデザインを見ていきましょう。

スクエア形:四角く角がある

日本人女性の爪に多いとして知られているのが、スクエア型の爪です。四角く角があるタイプの爪の形で、付け爪にも多く活用されているタイプです。

四角い形は、爪が折れにくいのも特徴。

ただ、爪の存在感が出やすい分、ある程度デザインを考えないと、オフィスにはふさわしく無い仕上りになる場合もあるので気を付けましょう。

ネイルをスクエア形に整えるコツ:横のラインを上手く取る

ネイルをスクエア形に整えたいときは、横のラインを上手くとることが重要。爪の中央あたりから、縦に一直線、線が書かれているのをイメージして、その線に合わせてまずは縦のラインを整えます。

そして縦が整ったら、爪先は尖らせず根元の横ラインと平行に削っていきましょう。

スクエア型が似合う・おすすめな人:クールを目指す人

四角い形は、クールな印象を演出することができます。フェミニンな雰囲気よりは、かっこいいクールな女性を目指している人、強い印象を出したい人におすすめのデザインです。

スクエア型のおすすめデザイン:大人っぽいデザイン

スクエア型は、大人っぽいデザインによく合います。このデザインは、大人っぽいベージュカラーと華やかなゴールドラメの組み合わせが素敵。

スクエアオフ:丸みを帯びたスクエア

女性らしい爪の形、キレイめな指に見せられる爪の形として知られているのが、スクエアオフです。角が取れて丸みを帯びたタイプの爪の形で、オフィスシーンを始め、キレイめなシーンにピッタリの爪の形といえるでしょう。

ネイルをスクエアオフに整えるコツ:先ずはスクエアを作る

まずは、スクエアの形を作ります。スクエアオフは角が丸くなっているのが特徴なので、スクエアの形を作った後、角を丸く削りましょう。

全体的に形を見ながら、一気にやりすぎないのがポイント。

スクエアオフが似合う・おすすめな人:ナチュラルなネイルにしたい

スクエアオフは丸みのある四角なので、クールさも女性らしさもオールマイティに演出してくれます。

ネイルの存在感をそこまで出したくない、あくまでナチュラルにネイルを楽しみたいという方に、こちらの爪の形はピッタリです。華やかなデザインにしても、余程ゴテゴテさせなければより自然な仕上りになり、普段ネイルアートをあまりしない方でも、抵抗なくできる爪の形といえます。ナチュラルすぎず、きちんとネイルをしている感も出すことも可能。パーティーシーンにも活用可能です。

スクエアオフのおすすめネイルデザイン:どんなデザインでもOK

可愛らしいものから大人っぽいデザインまで、どんなデザインにも合わせやすいスクエアオフ。先端にかけてグラデーションされているデザインは、爪をより綺麗に見せてくれます。

こちらのデザインは、ブラックを基調としていてクールな印象の中にも、お花やストーンで大人っぽさや女性らしさを演出しています。

ラウンド:適度に丸みと角がある

ネイル感があまりなく、男性からも受けが良いタイプの爪の形として知られているのが、ラウンドです。適度に丸みと角が有り、自然な形なので、あまりネイルをしている感を出したくないときにピッタリとして愛されています。

形に主張がないので、逆に個性を出したいときに活用する方も多く、ショートネイルなど、ポップで遊び心のあるネイルを楽しみたいときなどに、バランス良く当てはまるデザインといえるでしょう。デザインの差し引きがしやすい、シーンに合わせて上手に使い分けられるタイプとして幅広く活用されています。

ネイルをラウンドに整えるコツ:まずは横のラインから取る

爪を丸く整える場合も、まずは横のラインからとります。爪中央あたりから、爪の方向に向かってまっすぐ横のラインと整えましょう。

それが完了したら、先端の丸みを作っていきます。ラウンドは先端の丸みが優しいのが特徴なので、四角い丸を作る気持ちで、爪に向かって斜めにファイルを当てて、様子を見ながら作っていきましょう。

ラウンドが似合う人:フェミニンな雰囲気のある女性

丸は女性らしさを演出してくれる形なので、フェミニンな雰囲気のある女性におすすめの形です。

また、爪を短めにしても整えやすい形なので、仕事などの関係で「爪は短めにしたい」という方にもおすすめです。

ラウンドのおすすめネイルデザイン:可愛らしいデザイン

寒い冬には、こんな温かみのあるデザインがおすすめ。マットなデザインでも、形が丸いと優しく可愛らしい雰囲気になります。

オーバル:先端が少し丸みを帯びている

華やかなネイルデザインにピッタリの爪の形として知られているのが、オーバルです。先端に少し丸みを帯びているタイプの爪の形です。

元々の形が非常に存在感があり、ネイルを楽しみたいという時にピッタリの形です。華やかに、とにかく豪華絢爛に決めたいという時には、断然おすすめの形です。

ネイルをオーバルに整えるコツ:先端はあまり削らない

オーバルは、ラウンドよりも爪先端の丸みが鋭いのが特徴。こちらも横のラインをとったら、斜めにファイルを当てて先端を尖らせていくことがポイントです。

スクエアやラウンドのようにならないよう、先端はあまり削らないのがコツ。

オーバルが似合う・おすすめな人:華やかな雰囲気を出したい人

オーバルは、華やかな雰囲気を出したい人におすすめです。「可愛らしい」よりは、「大人綺麗」な雰囲気にピッタリ。

オーバルのおすすめネイルデザイン

ラインストーンやラメなど、華やかなアイテムが非常にはまりやすい、豪華に決まりやすい爪のタイプとして愛されています。

こちらのデザインでは、爪3本はワンカラーにすることで、大人っぽい華やかさが演出されています。多力すぎると派手になってしまうので、大人ならこのくらいが丁度いい。

ポイント:先端が尖っている

ナチュラルに指を綺麗に見せてくれる爪の形として知られているのが、ポイントという爪の形です。先端にポイントがある、スラリとした指先に見える指の形。ハンドモデルの方は元の爪の形がポイントの方が多い傾向にあります。

ネイルをポイントに整えるコツ:極力削らない

ポイントは、とにかく先端が尖っているのが特徴。横のラインをとったら、斜めにファイルを当てて、どんどん削っていきましょう。

先端は、長さを整える以外極力削らないのがポイント。重心を先端に置くイメージで形を整えます。

ポイントが似合う人:派手で華やかな雰囲気を持っている人

ナチュラルよりも、派手で華やかな雰囲気を持っている人におすすめ。爪に長さがないとできない形なので、派手に、長い爪にしたい方にもおすすめです。服装や外見がある程度華やかでないと、雰囲気が合わない可能性もあります。

そんなに派手でないけどポイントにしたい場合は、デザインをナチュラルなカラーのワンカラーにするなど、デザインをとにかくナチュラルにしましょう。

ポイントのおすすめデザイン:華やか

ナチュラルにも華やかにも決まりやすいタイプなので、シーンに合わせて使いやすい点が魅力です。結婚式などのネイルとして活用される事も多く、様々なデザインがはまりやすいことから、ネイル初心者にもおすすめの爪の形といえるでしょう。

こちらのデザインは、パーツやラメを使っているのでかなり華やか。ブラックカラーで統一感を出しているので大人っぽさもあります。

自分の爪の形に合わせてネイルを選ぶメリット

自分の爪の形に合わせて爪を整えるメリットはどこにあるのでしょうか?

爪の形に合っているので綺麗に仕上がる

人によって爪の形は全く異なるため、似合うネイルも全く異なります。爪の形に合わせてネイルデザインを選ぶ事で、特に難しいデザインではなくとも、より綺麗に、より魅力的な指先に仕上がりやすくなるのがポイントです。

自分の好みに合わせて選ぶ事も勿論ですが、より綺麗にネイルを見せたいのであれば、やはり自分の爪の形に合わせてネイルの形を選んだ方が良いでしょう。

デザインがより魅力的に見える

自分の爪の形に合わせてネイルを選ぶ事で、より一層デザインが魅力的に見えるのも、1つのポイントです。

爪の形によってどうしても、合いやすいデザイン、合いにくいデザインがあるので、自分の爪の形に合わせてデザインを選ぶようにしましょう。

爪への負荷がかかりにくい

付け爪をする場合は特に、自分の爪の形に合わせたタイプの付け爪をしないと、爪に負荷がかかると共に、見た目もなんだかいびつに仕上がってしまいます。

見た目を綺麗にするためにはもちろん、指や爪に余計な負担を掛けないようにするためにも、自分の爪の形に合わせた付け爪デザインを選ぶ事が大切です。

爪が割れやすい、爪が傷みやすいと言う方は特に、付け爪が指に合っていない可能性があります。せっかくネイルを楽しんでも、自分の爪がボロボロになってしまっては辛いですよね。

ファッションなど、トータルコーディネートもしやすくなる

爪の形は見た目の印象を大きく変えるので、ファッションなどを踏まえて、トータルコーディネートをしやすくなるのもメリットと言えるでしょう。

可愛い雰囲気の爪にしたい時には、自分の爪の形に合っている可愛いデザインを施して、その上でファッションや小物を決めていくと、トータルバランスが整いやすくなります。爪の形とデザインが合っていない、ネイルは良くとも何だかファッションにあっていない、と言うような事があると、せっかくのネイルが台無しなので、注意が必要です。

自分に合ったネイルの形を選ぶコツ

では、具体的にどういったことを考慮してネイルの形を選べばいいのかお伝えします!

仕事や、ライフスタイルに合わせて選ぶ

職場やライフスタイルによっては、爪の形に制限が出てくる場面も少なくありません。ネイルの形を限定している職場や、家事や育児をやる上で制限をされるという方も多いため、仕事やライフスタイルに合わせて、ネイルの形を選ぶ事が大切です。

爪の強さで形を決める

付け爪を付ける場合、爪の形によっては、自爪に大きな負荷がかかる場合があります。爪が元々弱いのか、そうでは無いのかによって、爪の形を選ぶ事もおすすめです。

作りたいデザインに合わせて形を選んで

理想のネイルデザインがある場合は、そのデザインに合っている爪の形を選んで、付け爪などを利用するのも1つの方法です。

自爪利用だけではどうしても限界があります。理想のネイルがあるのであれば、ネイルデザインに合わせた爪の形を選ぶようにしましょう。作りたいデザインが先に決まっているのであれば、付け爪を選ぶのは意外と簡単です。

まとめ

同じネイルデザインでも、爪の形によって、ネイルアートの仕上りは全く変わってきます。自分がどんな雰囲気でネイルを作りたいのかによって、爪の形を変える、付け爪を使う事も視野に入れると良いでしょう。ただし、付け爪を付ける際には、自分の爪への負荷も考えて選ぶ事が大切です。