カップル

告白を成功させたい方必見!憧れの告白場所と残念な告白場所

好きな人ができたら、恋人関係に昇格させるために、何らかのきっかけが必要です。相手から交際を申し込んでくれればいいものの、そう上手くもいかないこともあります。残された手段は、自分からの告白です。皆さん、どのような場所選びをしているのでしょうか?

恋人になるために告白をするメリットは?

カップル

恋人になるために告白をするメリットについて、あげてみましょう。

告白は恋人になるための大切な言葉

自分から告白をするとしても、相手から告白をされるとしても、肝心なのはどんな言葉での告白になるかです。結婚の申し込みのときには、プロポーズの言葉やタイミング、場所などが大きな問題とされます。それと同じくらい、恋人になるための告白も大切にするだけの価値があります。告白の言葉によっては、相手が自分にそれほど思い入れがないにもかかわらずOKしてくれるかもしれません。逆に、相手も自分に好感を持ってくれていると思っていても、告白の言葉によっては断られてしまうことも。

告白は思い出に残る

告白をしたり、告白をされた思い出は、後々まで残ります。交際に至らなかった場合でも、あのときあんな風に告白されたと思い出すことがあるほどです。もちろん上手くいって交際に至る告白がいいに決まっていますが、よほど相性が悪くない限り告白は良い思い出として残ります。告白したときに交際を断られたとしても、後々になってあのときの告白を忘れられなくてと交際が始まることもあります。記念に残る告白をしておけば、悪い思い出にはならないのです。

憧れの告白場所

告白には、場所も重要な要素となってきます。女性にも男性にも憧れとされる告白の場所があり、それらが思い出に残りそうな雰囲気の良い場所であることは確実です。シチュエーションにばかりこだわるのもどうなのかと思う方もいると思いますが、公衆トイレの前で告白されるよりは海の見えるテラス席で告白されたほうが思い出にも残ります。多くの人が憧れの告白場所としてあげる場所について、チェックしておきましょう。

夜景の綺麗な場所

夜景の綺麗な場所に行くと、それだけで良い雰囲気に包まれます。ロマンティックな気持ちになりやすく、告白を受け入れてもらえる可能性も高まりそうです。記念に残るという意味でも、夜景の綺麗な場所での告白は人気があります。凝ったセリフを用意していなくても、夜景の美しさが恋の手助けをしてくれることでしょう。

テーマパーク

テーマパークも、憧れの告白場所として多くの人があげるところです。テーマパークに行くと、どんな人でも童心にかえったような開放感に包まれます。楽しみに行く場所ですから、告白されて怒り出す人も滅多にいないでしょう。仮にお断りする場合でも、楽しいテーマパークでの思い出が台無しにならないように言葉に気を付ける人が多いはずです。もちろん、告白を受け入れてもらえれば、楽しい思い出がさらに倍増します。結果がどうなろうと、究極的につらい思い出にはなりにくいのがテーマパークでの告白です。

海の見える場所

海の見える場所は、夜景と同じようにロマンティックです。海が見える夜景という、ダブルで告白に適した場所もあります。都会派のおしゃれなレストランなどでは、緊張して告白どころか普通に振舞うのも難しいという場合、海が見える場所での告白は気が楽です。波の音に負けないように大声を出そうとしたり、告白がよく聞き取ってもらえなかったらもう一度、と繰り返すうちに度胸が湧いてくるということもあります。自然の豊かな場所での告白は、シチュエーションだけでも思い出に残ります。「好きです」とシンプルに告げるだけでも、様になるのがメリットです。

おしゃれなレストラン

告白は絶対、おしゃれなレストランでというこだわりを持っている人もいます。プロポーズなどでも、おしゃれなレストランで指輪のボックスを取り出してというシーンがありがちです。おしゃれなレストランを予約することで、告白を先延ばしにしないという勇気に結び付けることもできるでしょう。おいしいレストランであれば、良い思い出も増えます。告白をするのでお店の人に特別な演出をサポートしてもらうという、サプライズを企画することも可能です。様々な演出が可能なのが、おしゃれなレストランでの告白のメリットです。

イルミネーションが見れる場所

イルミネーションは、夜景にも共通する美しさがあります。夜景の一種がイルミネーションですが、どちらかといえば最近のイルミネーションは移動しながら楽しむスタイルが多めです。つまり、夜景でありながらテーマパークのような楽しみもプラスされた中で告白ができるわけです。人混みが予想されますから、はぐれないように手をつなぐ口実もできるかもしれません。自然に接近しながら告白ができる点でも、イルミネーションを見ながらの告白には人気があります。

花や景色の綺麗な公園

フラワーパークなど、花や景色が綺麗な公園での告白に憧れる人も増えています。フラワーパークは年々人気が増加しているテーマパークの一種で、アトラクションが苦手な人でも楽しめます。そのうえ、文句なくロマンティックなのが人気の理由です。花や景色を楽しめる公園には、落ち着いて休めるベンチも豊富に用意されています。一通り景色を楽しんだら、告白タイムはゆっくりベンチに座っておこなうとよいでしょう。もちろん、花に囲まれて告白するのもありです。上手くいけば、一生の思い出になる告白となることでしょう。

残念と感じる告白場所

憧れの告白場所がある一方で、多くの人が残念と感じる告白場所もあげられています。ここはいくら何でもこれはなしでしょうと納得できる場所もあれば、意外な場所が残念な告白場所としてあげられていることもあります。残念と思う人が多い告白場所はどこなのか、これから告白しようとしている人は、必見です。

車の中

車の中での告白は、よくありがちなシチュエーションとも思われがちです。ところが、告白をされる側にとっては嬉しいとばかりはいえないようです。告白をしても断りたい場合、車の中という密室空間では断った後に気まずいムードが漂うのは確実でしょう。だからといって、告白を受け入れるというわけにもいきません。つまり、車の中では、告白された人を困らせてしまう可能性があるということです。告白する人は、もしも駄目だった場合の相手の反応まで思いやってあげたほうが親切です。

飲み会や合コン会場

飲み会や合コン会場も、告白の場所として持ってこいに思えるかもしれません。しかし、まわりに人がいるところで告白をされるのは気恥ずかしいものです。お互いに好意を持っていても、何と答えてよいのかためらってしまうことがあります。人によっては、思いを寄せている人からの告白でも冷たい態度をとってしまいかねません。飲み会の目的が男女の出会いにない場合はもちろん、合コンでも気乗りせずに来ている人もいるため、その場で告白されてとまどう人が少なくありません。もしも自分が告白されたらと考えてみれば、NGな告白場所だとわかってくるでしょう。

エレベーター

車の中と同じように、エレベーターも密室空間です。告白したい人にとっては2人きりになれる絶好の場所だと思えても、告白される側にしてみれば「こんな場所で?」と驚いてしまう場所といえます。特に、断りたい場合は、なおさら困ってしまうでしょう。沈黙が続いた末に、エレベーターの扉が開いた途端に逃げられてしまう可能性もあります。そんな思い出は、お互いにとって苦い記憶となるはずです。

廊下

廊下での告白は、社会人でも学生でも避けておくのが賢明です。他のNGな告白場所と同じように、廊下は知り合いと出会う確率が高い場所です。公共の場所といっても、知らない人に告白を聞かれるのと、知っている人に告白されていることがバレてしまうのとでは大きな差があります。後で冷やかされたり、断ったことで悪い噂を立てられてしまいかねませんから、告白される側にも大いにリスクがあるのです。相手のことを思えば、廊下での告白はしないのが思いやりです。

電車やバス

電車やバスでの告白は、確実に周囲の人からの注目を浴びます。知らぬふりをしていたとしても、大勢の人が耳をそばだてていることでしょう。それだけでなく、電車やバスには次の駅に着くまでの時間が限られています。タイミングを間違えると、相手が下りる駅やバス停が来てしまったり、相手が下りたいのに引き留めてしまうような事態になりかねません。相手が告白を断りたい場合、余計に迷惑となってしまうこともあるため注意しましょう。

メールやLINEで告白

メールはLINEでの告白は、直接会っての告白に比べると気楽です。しかし、避けたほうがよい告白の仕方としてあげられることが多いのは、トラブルとなりやすいためです。メールでの告白は、思い余っての長文になる可能性があります。重いと感じられることもあり、メールとして形に残るのも嫌という人もいます。LINEの場合は、他人に見られてしまう可能性があるのがネックです。敢えてそれを狙う人もいますが、周囲のサポートを狙うのであれば直接的な手段のほうが好印象に映ります。

告白に大切なポイント

カップル

告白には、重要なポイントがいくつかあります。ポイントを押さえておくだけで告白が成功することもありますし、逆にポイントを押さえなかったばかりに成功するかと思っていた告白が失敗してしまうこともあります。どのようなポイントを押さえておけば告白が成功しやすいのか、チェックしておきましょう。

タイミングをしっかりみはからう

告白のタイミングは、重要です。相手が告白を受け入れられそうにないタイミングは、まず避けておく必要があります。仕事で移動をしているときなど、余裕がありそうに見えて仕事のことで頭がいっぱいかもしれません。電車やバスで先を急いでいるときも、良いタイミングとはいえないでしょう。相手に余裕を持って告白できるタイミングというと、やはり2人だけの時間を作ってもらう約束を取り付けるのが一番です。

何かのついでにするのはNG

何かのついでに告白するのも、真剣な思いとして受け止めてもらえない可能性があります。また、自分としてもついでという気持ちがどこかに出てしまい、告白に集中しきれないかもしれません。告白をすると決めたら、告白に集中できる時間と場所を確保することが成功への近道です。

シチュエーションづくりも必要

普段通りの場所や状況で、告白をしたほうがいいと思う人もいるかもしれません。しかし、せっかくの告白は真剣に受け止めてほしいものです。これは本当に告白なのだろうかと疑われるような告白にせず、ある程度のシチュエーションにもこだわって告白をしたほうが、成功したときの思い出もひとしおでしょう。

まとめ

告白したい状況や告白したい場所、選べそうなタイミングなど、人それぞれに異なるのは当然です。大事なのは、告白する相手を思いやってお互いに良い結果となるような告白の場所やタイミングを選ぶことです。