LINEで告白しても大丈夫?成功する告白のポイント

今や当たり前のように使われるようになったのが、フリーで使えるLINEでしょう。目的もいろいろとあり、使い勝手も広まってきていますが、告白に使ってみる人も増えてきました。以前では顔も見ずに告白することは、成功するはずもないというのが常識でしたが、地代とともに大きな変化を見せてきており、ポイントを抑えていくことで、強力なツールになってきているといえるでしょう。

LINEで告白はアリかナシか

LINEで告白はナシという意見が多数

告白の方法としてアリかナシかといえば、多くの人はナシと答えるでしょう。年代によっても違いがありますが、気持ちを伝える手段としては、やはり不向きであることは間違いありません。一般的な社会的常識からとらえても、正式な手段としてLINEを用いることがないのと同じところになってくるでしょう。それでもアリと思っている人が一定の数いるというのも注目していかなければいけません。

告白は対面で言ってほしい

告白という部分で考えれば、目の前で言ってほしいのが本音です。男女ともに同じ思いを抱くでしょう。LINEという無料の手段で伝えられても、本気かどうかがわかりません。気持ちの重さだけではなく、他の方法をとることができなかったのかといったレベルで考えても、対面で話すというのが本線となってくるでしょう。

LINEでは真剣さが伝わらない

絵文字なども使うことができるLINEでは、本気かどうかを図りにくい部分があります。文章がうまく、さまざまなことを伝えられるのであれば、まだ違いがあるでしょう。しかし、だれもがそうとは限りません。真剣さを伝えていくためには、かなりの工夫が必要になってきます。普通に使っていたのではまず伝わらないのですから、告白に使うものではないでしょう。

LINEで告白アリ派の意見、今では普通のこと

アリと考えている人は、年代的に若いことは確かです。今では普通と感じている段階で、かなり若いことがわかります。伝え方は自由ではありますが、社会的にみれば信用性に掛けるのは間違いないでしょう。今では普通という言葉自体に軽さを感じるべきでしょう。ですが、ツールとして考えれば、使い方次第であることも確かです。

堅苦しくないから歓迎、という人も

LINEの場合、軽いことは間違いありません。これが告白に向いていない理由のひとつになってきますが、逆にそれがメリットになってきていることもあるでしょう。堅苦しくなくなるという点では、他にはない告白方法になります。気持ちを伝えられるのであれば、手軽にできる方法になってきているのは確かです。ただし、あまりにも手軽なのであり、こう印象につなげるためには、かなりの工夫が必要といえます。

どんな風にLINEで告白すればいい?

LINEで告白するならリラックスしている夜

成功させるのであれば、相当考えていかなければいけません。軽い感じを受けてしまうことからも、重苦しくならないようにする配慮も必要になるでしょう。当然タイミングも重要であり、これから何かをしなければいけない時間帯は、LINEのような手段は向きません。リラックスできる時間である、仕事に影響しない夜の時間であれば、受け入れられる人は増えてきます。心にも余裕があるので、受け入れやすくなる時間帯でしょう。

いきなり告白じゃなく、ワンクッション置く

もともと軽い印象を受けてしまうことがLINEの良さにもつながってきます。正式な手段というより、手軽な手段となってしまうため、いきなり告白に使うのではなく、ワンクリックおいて利用すると、有効な手段となるでしょう。事前にある程度の流れがあれば、これが本気かどうかもわかるようになります。文章としての真実味を作るためにも、ワンクッションは必須といっていいでしょう。

「好き」と「付き合ってほしい」は必ずセットで!

文章として考えると、どうしてもあいまいなものになりかねません。これが最も危惧しなければいけない部分であり、はっきりと告白なのだと伝わることが必要になってきます。文章として好きです、付き合ってくださいというひとつ流れとフレーズのセットになっていれば、はっきりとした告白になるでしょう。どちらが掛けたとしても、やはり伝わりにくくなることは忘れてはいけません。好意を明確にしていくことは、文章としては重要なことになるのです。

LINEで告白、既読スルーされたらどうする?

決められずに迷っている可能性がある

既読スルーはLINE特有の現象ですが、開けたことは間違いありません。はっきりと内容が伝わらず、どうしていいかわからない状況になっている可能性があります。相手に本気であることを伝えることが重要になってきますが、気持ちが伝わらなかったと考えるしかありません。迷いが出てしまうことにも、色々理由があるはずです。

LINEを使った方法に嫌悪感を覚えたということもあるでしょう。会って本気で伝えることが必要な場面であり、返事が欲しいとLINEで繰り返すことは効果的ではありません。その時には、LINEでの告白を申し訳なかったと一言伝えれば、誠意を感じてもらえるはずです。

お断りして気まずくなるのが嫌

LINEという手段で断りを入れるというのも、どうしてもいやだという人もいるでしょう。気持ちを感じ取ってもらえた可能性はありますが、断ることで気まずい関係になってしまうのは嫌なものです。だから既読スルーをして、本当は冗談だったのでしょうと流したい気持ちになっていることがあります。相手のことも考えてあげることが必要でしょう。

既読スルーされたら、諦めて話題を変える

既読スルーされたことで、しつこく追いかけるのではなく、話題を変えてしまうことによって、冗談めかすことができるのもLINEの特徴といえます。軽いノリで進められるからですが、話題を変えてしまえば、これまでに近い関係でいられる可能性も出てくるからです。もちろん、どこかで意識する場面も出てきますが、少なくても関係が切れてしまうのは防げるかもしれません。

少し距離をおいて冷静になろう

手軽に使えるからこそ、簡単に告白に使ってしまっている状況もあるでしょう。既読スルーされたことを考えれば、返事をしたくない状況であることは確かです。この状況を考えれば、まずは冷静になり、対応を考えていくのが一番といえます。まずは距離を取りながら、冷静にこれまでのことを考え直してみるといいでしょう。自分がLINEでも構わないと思っていても、相手は嫌だったかもしれません。冷静に考えれば見えてくることなのですから、落ち着いて考える必要があります。

LINEで告白して振られちゃったら?

返事をくれたことにはお礼を伝えよう

返事をすることには、大変な勇気がいります。告白をする側は、どんなに長い時間文章を考えても、自分の勢いとタイミングで贈ったことには変わりがありません。ところが、相手はいきなりLINEで告白されたのです。これで振られたとしても、返事を返してくれたことには、感謝をするべきでしょう。元のような関係になれるかどうかはわかりませんが、感謝をしてお礼を伝えたことは、のちにプラスに変わっていくでしょう。

無理して連絡を取り続ける必要なし、距離を置く

振られてしまった事実を考え直してみなければいけません。無理をして連絡をしても、相手は連絡すら取りたくないことも出てきます。振られたのですから、一旦距離を置いて考え直してみることが必要でしょう。無理をしていく必要性がないと考えるのも手軽な手段で告白したのですから、併せて考えていかなければいけないことです。

これは困る、LINEの告白を未読スルー

今までも未読スルーされたことはある?

未読になる理由はいろいろとあります。文章の冒頭は届いたときに見えることからも、それだけで返事もしたくないと考えたかもしれません。もっと単純に気が付いていないことも出てくるでしょう。未読の期間の長さなどにもよりますし、悩んで手が付けられないといったことも出てきます。

残念ながら脈無しの可能性大

未読ということでは、あなたが差出人であるからこそ読みたくないということが考えられるでしょう。つまり、告白以前に、まったく脈がない可能性が大です。そうなると、いくら待っても返事は返ってきません。今までの付き合い方や、LINEの返事の回数や頻度などから考えてみて脈なしなのかどうかを判断するべきでしょう。脈なしの場合には、返事の催促をしてもまったく意味がありませんし、関係がどんどんと壊れていくだけです。

深追いせず、次を探そう!

未読という時点で、まったく興味を持ってもらえていないと考える必要もあるでしょう。あきらめることも大切です。深追いをしたところで、自分の傷を広げてしまうだけですので、あきらめて次を探すことも必要でしょう。あまり真剣に考えてもらえなかったのかもしれないのですから、次は別の方法を考えるなど、いい経験だったと割り切ることも大切です。

どうしても諦められないなら、対面から勝負!

カップル

直接顔を見て話すことで、本気が伝わる

本気であるという気持ちを伝えるのは、、目の前で話すことにかないません。LINEがどんなに便利だったとしても、直接顔を見て話すことは、なによりも気持ちが伝わってきます。実際の距離が違いことによって、緊張しているのか、どんな気持ちなのかといったさまざまな情報がわかるからです。あきらめきれないのであれば、対面で話をすることが一番の柵になってくるでしょう。

LINEではなく、対面で告白して欲しいのかも

LINEで告白されるのは嫌だと思っている人もたくさんいます。逆に数が多いと思うべきです。その中で、LINEで告白されたことによって、もう一度対面で話をしてほしいと思っていることがあります。断られたことの理由も考えてみると、対面で話すことがチャンスになるかどうかもわかるはずです。本当に気持ちを伝えるのであれば、目の前で話をすることは大切な時間になってくるでしょう。

できれば、LINEではなく直接会って告白しよう

できることならば、初めからLINEを使うことなく、直接告白するのが一番です。手軽な方法に頼っている時点で、成功の見込みはかなり下げることになっていることに気が付かなければいけません。本気であるのであれば、本気であることを感じてもらわなければいけないでしょう。そのために手軽な手段を使うのと勇気を持って対面で告白するのとでは、どちらが有効は自明の理です。

まとめ

LINEは当たり前のツールになってきました。しかし、真剣に伝えることを考えれば、LINEには大きなデメリットがあることを考えなければいけません。告白という本気度を考えた時には、どういった手段がいいのかも考え、文章にも工夫を凝らし使っていく必要があるでしょう。普段と同じように使っていたのでは告白どころではなくなってしまうのですから、うまく工夫ができないのであれば、対面で伝えることが一番です。