キスマークが速攻で消える方法と隠し方のコツを徹底解説!

キスマークはなぜできる?

吸引性皮下出血と呼ばれる内出血

キスマークとは何かといえば、吸引性皮下出血と呼ばれる状態です。単純に言えば、怪我であるところが重要になってきます。皮膚を強く吸引されたことによって、内部にある血管が切れてしまい内出血を起こしてしまうのがキスマークの正体です。血管が切れてしまったことで、その部分を塞ごうと血小板などが集まります。

非常に怖い状態でもあり、血小板が血栓を作ることもあります。これが溶けていかなければ血管内でつまることもあります。脳で起きれば脳梗塞になってしまうのですから、非常に怖い序遺体といってもいいでしょう。実際にごくまれなことではありますが、キスマークで脳梗塞につながった例があり、死亡まで至らなくても障害が出てしまうこともあります。その点では、打撲で内出血を起こした時にも危険性があると考えておかなければいけません。

キスマークは消えるのにどれくらいかかる?

キスマークはあざと同じものです。血管が切れてしまっている状態であり、怪我をしてしまっていると考えなければいけません。何日で消えるかは、状態によって違いがあります。1日で消えることもありますが、場所や状態によっては2週間かかることもあるため、はっきりと何日で消えるのかということは言えません。新陳代謝がいいほうが、早く消えることは確かです。

状況によってはあざのように長期間残ることも

非常に大きなキスマークになってしまえば、回復までに時間を必要とします。血管の損傷も大きく、傷も深くなっていってしまうことになるため、内出血した量も多くなり、どうしても消えにくくなるでしょう。あざのように残ることは珍しいことではないため、しばらく消えないと考えておくことも必要です。年齢とともに消えにくくなるのは、新陳代謝に関わってくる部分といえます。

キスマークをつける・つけたいその心理は?

キスマークを使られるのが好きな人は意外と多い

キスマークをつけるというのは、自分がつけたという気持ちがポイントになってくるでしょう。男女ともに共通といわれるのは、自分のものだという印です。だれにもとられたくないという気持ちもありますし、浮気防止といったこともありますが、自分だけのものにしたいといった強い気持ちだけでつけることが多いでしょう。偶然ついてしまったということもないわけではありません。

愛されている「愛の証」と感じる

人によっては、キスマークを愛の証として捉えます。女性にも多くみられますが、キスマークをつけられることが好きという人も多いでしょう。愛された証でもあり、記憶として考える人も多いといえます。その反面で、社会的にみると、評価されないものとして考えられるでしょう。若い証拠として考えることもできます。

「自分のもの」という独占欲

独占欲の強い人は、だれかに触られたくもないと考えているため、印をつけてしまうというところになるでしょう。だれが見てもわかるようなところにつけることも多く、浮気をされないようにとして考えることも出てきます。男性などは社会人として考えると、キスマークを目立つところにつけられているというだけで非難されるようなこともあるのですから、評価につながるところになるでしょう。

他のお相手と浮気しないように予防線を張っている

浮気をされないようにするために、だれか相手がいるという証をキスマークに求めることがあります。自分のものという証をつけることによって、浮気をする寸前でも防止ができると考えているからです。ですが、端から相手がいることがわかって浮気をしているのであれば、何ら効果をあげることができないでしょう。それでもやきもちぐらいは焼くようになるかもしれません。

速攻でキスマークを消す方法はある?

内出血には「温める」「血行を良くする」がポイント

内出血が広がっている状態がキスマークになってくるため、血液の循環を良くしていくというのがひとつの対策になっていきます。血行が良くなるためには、暖める方法があるでしょう。蒸しタオルなどで温めてあげることで、あざを消すことができるようになっていきます。ただし、つけられてすぐは血管が損傷している状態です。暖めると逆に広がってしまうため、冷やしてあげることが早く消す方法になるでしょう。落ち着いてから温めるのがコツです。

温かいシャワーをあててマッサージする

血行を高めるということでは、シャワーを当てるのも有効です。温めながら血行が良くなるように、軽くマッサージをしていくことによって、あとは薄くなっていくでしょう。ただし、強くマッサージをしてしまうと、傷を広げる結果にもなってくるため、あくまでも優しくマッサージをしていくことがポイントになってきます。あまりにしつこくマッサージをしても、逆効果になる点には注意が必要です。この方法も、時間が経ってからが有効といえるでしょう。

蒸しタオルをあてて血行を良くする

手軽にできるのが蒸しタオルで温める方法です。少し厚めの蒸しタオルを当ててあげれば、血行が良くなり薄くなっていくのが早まります。ですが、つけられてすぐの段階では逆効果になりやすくなるため、1日程度たってからおこなうのがポイントになってくるでしょう。温めながらマッサージをしていく方法も効果をあげられます。

歯ブラシで軽くこする

あくまでも軽くこすることによって、血行を改善させるのが目的です。15分程度おこなうことによって、血行が良くなり消えやすくなりますが、あまりにこすれば赤くなってしまい、逆効果となるでしょう。できるだけ柔らかい歯ブラシを使うのもポイントです。こすった後は、できるだけ冷やしてあげることによって、腫れてしまうようなことを防げます。温める方法よりは、リスクがあるといえるでしょう。

血行を良くした患部にレモン果汁を塗る

レモンの果汁をつけると、キスマークが薄くなるといわれています。スライスしたものを張る方法もありますが、血行促進と血管拡張が促されるといったことを狙った方法といえるでしょう。ですが、レモンはクエン酸を含む酸性です。アルカリ性の性質は、食品として摂取した時に表れます。肌に酸性の溶液をつけるのですから、傷みも伴うでしょう。かなり負担を掛けることになるため、あまり効果的な方法とは言えません。

馬油の成分が入ったクリームを塗る

民間療法として、やけどなどにも使われてきたのが馬油です。皮脂に近い成分を持っているため、相性は優れています。抗酸化作用を持っており、血行促進作用もあるとされているため、血流が良くなってあとが消えやすくなるといえるでしょう。ただし、個人差がありますので、だれでも効くとは限りません。

ヘパリン系のクリームを塗って血行を良くする

内出血の改善に使われるのがヘパリン系のクリームです。打ち身や捻挫というと、キスマークと関係がなさそうですが、内出血するということでは近い関係にあります。保湿効果もありますが、血行促進効果もあるため、早く薄くなっていくでしょう。人によっては刺激を感じることもあるため、異変を覚えた時には使用を中止することが大切です。

キスマークをうまく隠すコツはある?

虫刺されを理由にうまくごまかす

速攻で消えるような方法はないことから、いかにごまかすかも重要になってきます。虫刺されに見せるのは、有効な方法となるでしょう。傷をつけてしまうという方法もありますが、ひっかいた後にしても自分の肌を傷つけるのはいいことではありません。最近では虫パッチなど、刺されたところに張りつけるものがありますので、うまく使えば虫刺されに見えてきます。あまりに大きな跡には向きません。

リキッドファンデーションやコンシーラーをうまく塗って隠す

ファンデーションは有効な方法となるでしょう。オーソドックスな方法ですが、わかりやすい効果をあげることができます。ただし、リキッドファンデーションを使いなじませたとしても、不自然な状態になりかねないため、境目をぼやかすようにコンシーラーを使ってしまえば、かなりわからなくなります。パウダーを仕上げに使っていけば、完璧に仕上げられるでしょう。それでも動きの大きな部分はよれが出てしまうことがあるため要注意です。

冬の時期ならタートルネックやスカーフなど服装でごまかす

洋服でカバーできるようにもなります。首元などでは、タートルネックやスカーフでカバーできるでしょう。タートルネックなどは、どうしても冬の装いとなってくるため、夏におこなうとかなり不自然なことになるでしょう。スカーフも普段していない人には、かなり不自然に映ることになるため、季節が限定されてくる方法になってしまいます。

湿布などの貼り薬で隠す

完全に傷に見せてしまう方法は、最も効果的になるでしょう。首を寝違えたといったことで、シップを貼って包帯を巻けばなにも不自然なことがありません。大きなシップを張るだけではなく、小さな張り薬をつけてカバーするという方法もあります。ただし、キスマークがはみ出してしまうと不自然さが際立ってくるため、あくまでも隠すというところがポイントになってくるでしょう。

ガーゼを貼って「ヘアアイロンでやけど」と言い訳

火傷に見せてしまうのも方法です。ガーゼを貼ることによって、それなりに見せることができるでしょう。ヘアアイロンで火傷したという理由は、首元であればもっともらしいところになってきます。ただし、これも普段やらない人が、ヘアアイロンで火傷したというのは、かなり不自然なことになるため、自分の行動に合わせていくことが重要です。

絆創膏はばれやすいので要注意

絆創膏を貼るというのは、最もポピュラーな方法といえるでしょう。あまりにポピュラーな方法になってくるため、すぐに気が付く人も出てきます。特に1枚ではなく複数貼ってあれば、これはキスマークだなと逆にアピールするようなものです。1か所限定でおこなう方法であり、はみ出したりしないように細心の注意を払っていかなければいけません。

まとめ

キスマークは傷でしかありません。治すとしても速攻で消えるような方法はないというのを理解しておかなければいけないでしょう。内出血している状態ですので、状況に合わせて温めるか冷やすのかを考えてみるのが一番です。それでも、最も効果的な方法は、キスマークはつけないということでしょう。つけてほしいと思っても、目立たない場所にするというのが、一番の対策になってきます