結婚線の見方を占い師が解説!手相占い23パターン

この記事の情報提供者

女性が気になる運勢といえば恋愛運、そして結婚運についてではないでしょうか?なかなか良い出会いがなかったり結婚生活が上手くいっていないと、時には占いに頼りたくなるようなこともあるのが女心です。ここでは、手相占いにおける結婚線23パターンを解説していきます。

結婚線とは?

手相における結婚線とは、感情線と小指の付け根の間にある横線のことです。人によっては線が複数あったり、あるいは一本もない人もいます。手相占いではこの結婚線のある位置・形状・長さ・本数などから、結婚に関する運勢を細かく知ることが可能です。

結婚線の見方は?

それでは、結婚線を見ることで具体的にどのようなことを知ることができるのでしょうか?まずは結婚線の大まかな見方について紹介します。

結婚のチャンスがある時期を表す

結婚線のある位置は、結婚のチャンスがある年齢を表しています。小指の付け根に近いほど晩婚、感情線に近いほど早婚になるサインです。早ければ10代、晩婚なら50代でもチャンスが巡ってくるかもしれません。ちょうど中間くらいであれば、適齢期に結婚できるような機会に恵まれるでしょう。

基本は左手で判断する

手相を見る際は、左手を重視して判断するとわかりやすいです。左手の手相からは生まれつきの性格・才能・運勢など、先天性を診断することができます。逆に右手からは後天性を診断でき、意識的に身に付いていく部分を知ることが可能です。

そのため基本的には左手で判断し、右手も見ることでより詳しい診断結果を得ることができます。左手で結果が思わしくなくても、努力次第で右手から判断した運勢を得ることができるかもしれませんよ。

結婚線の状態で手相占い!11パターン

結婚線は真っ直ぐのものもあれば、曲がっていたり、先が分かれて二股になっていることもあります。まずは結婚線の状態によるサインを解説していくので、自分の手相と見比べてチェックしてみましょう。

はっきりとした結婚線が真っすぐ伸びている:強い結婚願望の表れ

結婚線がはっきりとしていて真っすぐ横に伸びている場合、強い結婚願望を持っているサインです。付き合う前から結婚を意識し、ある程度の交際期間を経てから結婚したいと考える人が多いでしょう。

念願の結婚後は、よほどのことがない限り離婚することはありません。パートナーとも円満な結婚生活を送ることができる可能性が高いです。

結婚線が長く太陽丘に達している:強い結婚運がある

太陽丘は薬指の付け根部分のことです。ここに線がある場合、金運や成功運、芸術センスに関する運勢が強くなります。結婚線が太陽丘まで伸びるほど長ければ、強い結婚運があるサインです。充実した結婚生活を送ることができ、結婚することで金銭面でも恵まれるでしょう。

結婚線がカーブして上昇している

結婚線が上に向かってカーブしている場合は、基本的に幸せな結婚ができるサインです。結婚することでさらに運勢が向上していく、結婚向きの手相でしょう。

結婚線が小指の付け根についている:結婚で裕福になれる

小指の付け根は水星丘といい、財運やコミュニケーション力を司どります。結婚線が上にカーブして小指の付け根についている場合、結婚することで金運が上がって豊かになることができるサインです。玉の輿のように一気に裕福になることはありませんが、安定した結婚生活を送ることができるでしょう。

結婚線が急激に上昇している:結婚しても自分らしくいる

結婚線が急上昇するほどカーブしているなら、結婚しても自分らしくいられることを示します。この手相がある方は、夫を陰ながら支えるというよりも、結婚後も自分の仕事や趣味を楽しみたいという性質があるでしょう。

結婚にこだわらず、独身のままでもいいという考えの方も多く見られます。結婚生活と仕事を両立させたいなら、理解のある相手を選ぶことで幸せになれそうです。

結婚線がカーブして下降している:結婚に前向きでない表れ・結婚できないと諦めている人に多い


結婚線が下に向かってカーブしているなら、結婚に対して後ろ向きになってしまっているサインです。また、結婚後もネガティブな考えのせいか、何かとトラブルに見舞われます。

結婚線が少し下がっている:ごく普通の結婚生活を送る

結婚線が少しだけ下降している程度であれば、大きな問題も起きずにごく普通の結婚生活を送ることができるでしょう。

ただし、これはパートナーの存在が当たり前になってしまっているとも受け取れます。多少の不満はあっても普通に生活はできますが、互いを大切に想う気持ちを忘れないようにしたいですね。

結婚線が感情線まで下がっている:結婚後気持ちが満たされず喧嘩が多くなる

もし感情線に繋がるほどに結婚線が下降しているなら、注意が必要です。この場合、結婚後に二人の関係が上手くいかず、喧嘩が増える可能性があります。

魅力を感じて結婚したものの、嫌な面が見えたりすれ違ってしまって、気持ちが満たされないと感じていませんか?結婚線が感情線を越えていなければ、努力次第で関係修復が可能です。新婚当初の気持ちを思い出し、思いやりの心をもって歩み寄りましょう。

結婚線の先が二股に枝分かれしている:別離や離婚の可能性・すれ違いが生じている


もし結婚線の先が二股に枝分かれしてしまっているなら、離婚の危機が訪れるサインです。離婚とまではいかずとも、別居しなければならなくなったり、心がすれ違ってしまっていることを暗示する手相でもあります。二股になっている線が離れているほど、気持ちや物理的距離が離れる可能性が高くなるでしょう。

結婚線が二股に分かれ、そこから1本の線が出る(元サヤ線):元彼と戻り結婚する可能性が高い

二股に分かれた結婚線の間の空間から、さらに1本線が出ているという珍しい手相をもつ方もいるかと思います。この線は元サヤ線といい、一度は別れた元彼と結婚することを示唆する線です。この線があることに気付いたら、元彼と連絡を取ってみるとトントン拍子で結婚ことも考えられます。

結婚線から上向きに細かな線が出ている(子だくさん線):子宝に恵まれやすい

結婚線の上に細かな縦線が出ていれば、子どもに恵まれやすくなるサインです。線の数は関係なく、多ければ子どもがたくさん産まれるといったことはありません。あくまでも妊娠するチャンスが多いと捉えましょう。

結婚線が途切れ途切れになっている:恋愛結婚がうまくいかない

結婚線が切れ切れになってしまっている場合は、恋愛が長く続かない傾向があります。恋愛経験は多いものの気が多く、熱しやすくて冷めやすいタイプに多い手相です。そのため浮気や不倫に走ってしまい、恋愛結婚がうまくいかない可能性があります。パートナーを振り回してしまわないよう注意しましょう。

2本以上ある結婚線で手相占い!6パターン

結婚線は1本だけでなく、2本以上ある方も少なくありません。ここでは結婚線が2本以上ある場合の運勢6パターンを紹介していきます。

はっきりした結婚線が2本ある(二重結婚線):運命の相手と出会う・結ばれるチャンスが複数回ある


くっきり刻まれた濃い結婚線が2本ある場合は二重結婚線といいます。この手相があれば、結ばれるチャンスが複数回あるサインです。運命の相手に出会えるチャンスが多いほか、復縁や再婚する可能性も示唆しています。

もしこの線が曲がって上昇しているなら、幸せな結婚ができるチャンスが訪れるでしょう。ただし下降しているなら、結婚により不幸になってしまう可能性があります。

二本の結婚線が一つになりY字になっている:時間はかかるが結婚できる

2本の結婚線が途中で一つになって合流しているなら、紆余曲折を経て結ばれるサインです。この手相があるとお互いに愛し合ってはいても周囲に反対されてなかなか結婚できなかったりなど、何かと障害が多くなってしまいがちです。相手によっては略奪愛や不倫にまで発展してしまう可能性もあります。それでもいつかは結婚できる暗示なので、諦めずに乗り越えていきましょう。

結婚線が3本以上ある

結婚線が3本以上ある場合は、線の濃さによってその人の性格を診断することができます。それぞれで性格は違えど、いずれにせよ恋愛の機会は多くなる人柄でしょう。

線がはっきりとしている:八方美人

はっきりとした濃い結婚線が3本以上ある人は、愛情豊かで八方美人です。出会いのチャンスが多く、誰に対しても温かく優しく接するのでモテる方が多いでしょう。しかし優柔不断で一人に絞れず、結婚には向きません。もし結婚しても再婚を繰り返す可能性があります。

線が薄い:いつも自由でいたいという表れ

結婚線が3本以上あるものの線が薄いなら、恋多き自由人となります。多くの恋愛を楽しみたいので結婚にあまり興味がなく、真剣に考えられないという方が多いです。もし結婚したいような相手が現れないなら、濃い結婚線が出てくるまで恋愛を楽しむ時期と割り切って過ごすのがよいでしょう。

短い結婚線が多数並んでいる(片思い線):恋多き人・実らない恋が多く片思いに終わる

短い結婚線がたくさんある場合は片思い線といい、一方通行の恋が多くなる暗示です。恋愛する機会は多いものの、理想が高くて片思いに終わることが多くなってしまいます。もし真剣に結婚したいのであれば、信頼できる友人に異性を紹介してもらうのがおすすめです。理想にとらわれず、落ち着けるパートナーを探しましょう。

複数の結婚線が絡み合う:モテることの表れ・恋人を一人に絞れない・浮気を重ねる

結婚線が複数本絡み合っているなら、気が多い人であることの表れです。モテるので多くの恋愛を重ねますが、なかなか満足できず一人に絞れません。パートナーがいても浮気してしまう可能性があるので、結婚には不向きといえるでしょう。

結婚線と他の線との関わりで手相占い!5パターン

結婚線と他の線が近かったり、結婚線の上にさまざまな紋がある場合もあります。ここでは、結婚線に関する特殊な手相について見てみましょう。

結婚線と感情線の間が近い:早婚の可能性が高い

結婚線の位置は、結婚するチャンスが訪れる時期を表しています。感情線に近いほど早婚になる可能性が高いサインです。線の濃さも影響しており、もし濃い結婚線が感情線の近くにあるなら、学生結婚する可能性も考えられるでしょう。若くして結婚しても幸せになれる手相です。

太陽線(金運線)を横切る結婚線:玉の輿にのれる・間もなく運命の人と出会える

太陽丘(薬指の付け根)にある縦線の「太陽線」に繋がっているなら、玉の輿にのることが期待できます。また、間もなく運命の人と出会えるという暗示です。ドラマのような結婚も夢ではありません。運命の相手に相応しくなれるよう、自分を磨く努力を怠らないようにしましょう。

結婚線上にスターがある:結婚に関する幸運・素晴らしい結婚ができることの表れ

スターとは、アスタリスクのように3本の線が星形に重なった状態のことをいいます。このスターは幸運に恵まれるとてもラッキーなサインで、結婚線上にある場合は誰もが羨むような相手と素晴らしい結婚ができるサインです。結婚相手と劇的な出会いがあったり、玉の輿にのれる可能性も大いにあります。

結婚線にスターがある、つまり4本の線が重なるのはかなり稀なこと。結婚すればこの手相のある人だけでなく、パートナーも出世できたりなど共に幸せになることができるでしょう。そのため、女性にある場合はあげまんの相とも言われています。「この人と結婚できてよかった」とお互いが思えるような最高の手相です。

結婚線の途中に島がある:不倫線・結婚生活にトラブルが起こる

島は、手相の線上にできる輪のようなものです。線の途中に穴が空くように位置したり、側面にくっつくようにできたりもします。この島があると対応する線の運勢が停滞して、障害が現れる凶兆です。

もし結婚線の途中に島があるなら、結婚生活において何かしらのトラブルが起きると考えられます。不倫線ともいわれていて、喧嘩やすれ違いから不倫に繋がってしまうことを暗示する相です。もし途中の島を抜けてまた線になっていれば、トラブルを無事に乗り越えることができるでしょう。

結婚線上にクロスがある:平穏な結婚生活とはあまり縁がない

クロスとは、バツ印や十字のような紋のことをいいます。スターとも似ていますが、こちらは手相の線を除いた2本の線がクロスした状態のものです。このクロスが結婚線上にある場合は、平穏な結婚生活を送ることは難しくなります

関係がうまくいかなかったり、異性関係でトラブルになって離婚を強いられるといったことになりかねません。特に線の先端にクロスがある場合は、パートナーが事故や病気などのトラブルに見舞われる可能性も考えられるでしょう。

結婚線がない場合は?

結婚線がなかったり極端に薄い場合は、結婚に関心がないということを表しています。そのため縁が少なく、結婚するチャンスがなかなか訪れません。また結婚している方なら、結婚生活に慣れてパートナーに関心がなくなってしまっている可能性があります。

興味がないだけであって、結婚線がなければ結婚できないというわけではありません。今はまだ結婚する時ではない、とも受け取ることができます。仕事や趣味などで生活が充実しているのであれば、ご縁があるまで自分らしく過ごすのがよいでしょう。

まとめ

結婚線の状態を見ることで、結婚に関するさまざまな運勢を知ることが可能です。位置によって結婚できるチャンスが来る時期、曲がり方によって結婚の質など、自己診断でも細かく知ることができます。結婚や結婚生活に不安があるなら、ぜひ自分の結婚線をチェックしてみましょう。今後の結婚運を知ることができれば安心でき、今後の過ごし方に活かせるはずです。

手相鑑定