それって脈あり?目が合うことの意味と心理状態をチェック

異性と目が合うことに考えられる意味

興味があるから

生活していれば、だれかと目があうことは当然出てきます。なにも不思議なことではありません。意識的におこなっていることであれば、意味が出てくるようになるでしょう。興味があるというのもひとつであって、気になるから見ていることもあります。脈ありのサインかどうかは別としても、どこか気になることには違いがありません。反応を見ているということもあるでしょう。

自分の存在をアピール

人を見ているときに、一体何をしているのだろうかと考える場合もあれば、自分のほうを見てほしいと考えて見つめていることもあるはずです。そんな時に目が合えば、自分はここにいるのだというアピールになるでしょう。気が付いてほしい、自分の存在をもっと認識してほしいアピールになってきます。不思議なもので、視線に重みも痛みもないのにもかかわらず、見つめられていることはなぜか気が付いていくのですから、目が合うというのは大きな意味が出てきます。

話がしたいと思っている

目が合うことをアイコンタクトと呼びますが、とにかく用事があるので気が付いてほしい、話しをしたいと思っているときには目が遭います。好意どころか、仕事を円滑に進めるためのことであって、早く気づけと思うほどです。他にもさぼってないで働けということで話がしたいと思うようなときにも見つめ続けているでしょう。殺気すら感じていくようになるのですから、察していかなければいけないことです。

意見や考え方への共感や受け入れ

これもアイコンタクトのひとつではありますが、意見や考え方を伝えたい、共感したいと思っているときには、相手を見つめることになるでしょう。意思の表れのひとつですが、脈があるなどと勘違いをすると、とても恥ずかしい思いをすることになるでしょう。意識をしていることには違いがありませんが、恋愛などではなく、もっと大事なことに対して意識をしていることがポイントになってきます。

観察によるもの

見つめられているのは、なにか気になるからです。なにも用事がなければ見つめたりすることはありません。もちろん、目が合うようなこともないでしょう。では、なぜ見ているのかに気が付く必要があります。一体何をしているのか、なにもしていないのか、どんな気持ちで行動しているのかを観察していることがあるはずです。その時に目があってしまったときに、脈ありと勘違いしてアピールでもしようものなら、すべての行動を観察されることになるでしょう。恥ずかしい思いをすることにしかなりません。

単なる偶然

人間は、視覚からさまざまな情報を取り入れていきます。その情報を取り入れる行為は、自然と行われることになるでしょう。見つめられていると思っていたら、ただの偶然であるといったこともあります。脈ありどころか、なにも意識していない状況で見つめられ返されても、いったい何のことかもわかりません。これも勘違いしたりすると恥ずかしいパターンです。

目が合うとそらされるのはなぜ?

気がないから

目が合ったときに、そらされるのは、目を合わせたくないからです。単純な理由ですが、そこに意味が出てくるでしょう。変に意識されるのは困るから目をそらすというのは、単純明快な理由です。偶然目線がいっただけのことであり、見つめたかったわけでもないのに、目が遭った瞬間に見つめられれば、それは目をそらすことになるでしょう。見たくて見ているわけではないときにも起きます。

気があることを隠すため

本当に気があるときに見つめていたというのは、当然起こることです。だからこそ、そのことに気が付いてほしくないと思うこともあるでしょう。気恥ずかしいという部分もありますが、とにかく隠したくなることもあるはずです。関係性的に悩みの種になってしまうようなときにも、気があることは隠していくことになるでしょう。目をそらしていくのも当然ですが、その行動に照れが見えたりするものです。

何か気まずいことがある

そもそも、目線があってほしくないことがあります。目が合いたくないのですから、そらすのは当然でしょう。気まずいことがあって、知られたくはないと思っているときには、当然のように目をそらしていきます。こんな時は、相手から目が合うのではなく、自分から目があってしまうことがほとんどです。相手は目を合わせたいわけではないのですから、流れ的には当然のところでしょう。

目が合うときにある勘違いパターンをチェック

ただの思い込み

目があってしまったときに、大きく間違ってしまうのが勘違いです。勘違いをしたくなることがあるのは理解できても、思い込みで暴走すると、大変恥ずかしいことも出てくるでしょう。目があったからといって、いつでも気があるわけではありません。ただの偶然として目があってしまったときに、微笑んで返されたから勘違いといったことも出てきます。よく考えればわかることなのですから、思い込みで行動しないようにしなければいけません。

嫌悪感や敵視によるもの

目が合うときは、なにも好意的な状態だけではありません。もっと嫌悪感や敵視といったことでも目があってしまうことが出てきます。目はものを言うとも言われますが、嫌悪感や敵視でも伝えることができるでしょう。こんな時に勘違いをしてしまうのは、恥ずかしいを通り越してあまりに幼い反応になってしまいます。みっともないことになってしまいますし、空気の読めなさが、相手の思いをさらに拡大してしまうことになるでしょう。

外見に違った点が見られる

自分が見つめられるという事態は、なにかあるからです。何があるのかといったら、外見に問題があるようなこともあるでしょう。洋服に問題があるような場合が良くあります。穴が開いている、ボタンを掛け違えているといったことは、見つめられてしまう要因になるでしょう。他にも、トイレに行った後に、ファスナーが締まっていない、背中から服が出ているといったことも、あまりにおかしいことですので見つめられることが出てきます。顔にご飯粒がついているといった子供じみたことまであるでしょう。

お願いしたいことがあっただけ

見つめることは、用事があるときです。とにかく何かをお願いしたいときには、アイコンタクトとしてみ詰めることが出てくるでしょう。その目線にいち早く気が付いてほしいと思うこともありますが、こんな時に限って目線に気が付かないものです。しっかりしてと言われることも出てきますが、どんなことをお願いしたいのかも考えてあげる必要があるでしょう。少しでも察知してあげれば、問題が大きくなる前に解決できます。

男女別に見られる心理状態の違い

男性の場合

男性の場合、パーソナルスペースが広いことがかかわってきます。自分の領域が広いのは、それだけ気が付かなければいけないことが多いからです。男性のほうが目線に気が付きやすいのは、このパーソナルスペースに関わってくるでしょう。思わせぶりな行動であっても、気が付くように心理状態を置いているため、勘違いしてしまうようなことも男性のほうが起きるでしょう。

女性の場合

女性が目線を贈ることは、なにかしら興味があったりすることが多くなります。女性のほうが男性よりも恥ずかしいと思うことが多く、目が合ってもいいと思うような場合には、何かしらの興味があるからです。興味がなければそこまで見つめることもないため、その表情から多くのことが読み取れるようになるでしょう。好意があるときには、それなりの印象を受けるはずです。

気になる人と目が合ったときの対処法

笑顔でこたえる

笑顔で返すことは、大人として当たり前のことになるでしょう。もしも、しかめっ面で返されれば、いい印象は請けません。愛想笑いであったとしても、相手に対する気遣いになってくるのですから、重要な意味が出てきます。男性よりも女性のほうが愛想笑いにつなげやすいのは確かですが、笑顔で返すことによって悪い気がしなくなります。タイ人経験の多い人ほど、相手を気づつけることなく笑顔で返せるようになるでしょう。

相手を見つめかえす

目が合ったときに見つめて返すときは、何らかの意図を送り返していることになるでしょう。気があるときもそのひとつです。心理的なところで考えれば、見つめてきた意図を了解しているといったこともあるでしょう。もしも、はっきりとなんだかわからないのであれば、困惑している表情とともに返すことで、意思表示をはっきりさせられるでしょう。あいまいな返事にしたくないときに有効です。

少し照れながら目をそらす

照れながら目をそらすということは、見つめられてうれしいからです。うれしい気持ちを表すことになってくるため、勘違いすると大きな問題になってしまうことも出てきます。照れて目をそらすという行為自体に意味が出てきますが、なにかをごまかしたいときにも有効でしょう。どこまで気が付いてくれるのか、大きな勘違いにならないようにする必要はありますが、意思表示のひとつになってくるはずです。

手をふる

はっきりとした意思表示として手を振ったりすれば、相手にもはっきりと伝わっていきます。脈ありということでサインを返すことにもつながっていくのは、目が合うだけではどうしても伝わりにくい部分もあるからです。手を振るだけでも大きく違いが出てきますが、勘違いしているときには、恥をかいてしまうようなことも出てくるため注意しなければいけません。

用があったかのようにふるまう

脈ありということではなく、何か用事があったのかといったことを医師として伝えることもひとつです。ふるまいをするだけでも、大きな違いがあり、意思表示となっていくでしょう。脈ありということをごまかしたいときにも有効ですが、あまりに頓珍漢なことはしないようにするのが大切でしょう。

まとめ

目が合うという時には、さまざまな理由があります。偶然というのもそのひとつですが、心理的に多くのことが絡んできていることに気が付く必要があるでしょう。視線には意思がかかわってくることに気が付くと、脈ありと勘違いされることもなくなりますし、もっと大事な意思を伝えたいという思いも伝えることができるようになるはずです。