彼氏と別れたい。上手に別れる方法とポイントをチェック

彼氏と別れたいと思う主な理由

束縛

せっかくであった彼氏と別れたいと思うのは、必ず理由があるでしょう。その中でも束縛につかれたというのは、本当によくある話でしょう。束縛されることにとって、それだけ自分の時間を失うことにもつながっていきます。別れたいお思い始めるのも当然になってくるでしょう。その時間を使ってもいいと思っている間は束縛にも耐えられますが、時間とともに疲労がたまり我慢ができなくなってくるのが自然だからです。

他に好きな人ができた

倫理観にもつながってくるところですが、より好きな人ができた時に、しっかりと関係を作りなおすということで別れたいと思うようになるでしょう。同時に進行するという選択肢もあるかもしれませんが、自分で許せないと思ったときには、別れて新たな道を行きたいと考えるはずです。別れてほしいというしっかりとした理由であるともいえるのは、相手のことも考えているところにあるでしょう。

性格が合わない

性格の不一致は、どうしても影響してくる部分です。性格が合わないのにもかかわらず、一緒にいるというのは苦痛でしかありません。精神的にも負担がかかり、耐えられなくなっていくことになるからです。こんなはずじゃなかったと思うのも、性格は表面だけではわからないからでしょう。一緒に時間を過ごしてみることで、はっきりと認識できるようになることもたくさんあります。

価値観や考え方の違い

人間にはそれぞれ価値観や考え方がありますが、だれもが同じではありません。育った環境などによっても違いが出てくるのが当然です。価値観が一致しないのは当然であっても、あまりにかい離しているような状態は苦痛にしかならないでしょう。理解することができないのですから当然です。お互いにとって不幸な状態になってしまうのですから、別れて新たな道を探していくほうが、建設的な考え方といえます。

マザコン

女性から見た時に、致命的な部分になってくるのがマザコンです。ドラマになってしまうぐらいの内容にもなってきますが、どうしても理解することができないでしょう。母親が好きなのは、男性であればなにも不思議なことではありません。育ててくれたことにも感謝するはずですが、あまりに度が過ぎてマザコンと呼ばれるようなレベルになれば、別れ話にもつながっていくのは、当然の結論となるのです。

なんとなく

理由はよくわからないが、とにかく一緒にいたくないときもあるでしょう。気分ということではありません。生理的な部分に引っかかりがあり、なんとなく一緒にいられないことも出てきます。

生理的な部分は、どうしても説明がつかないようなこともあるでしょう。なんとなくといっても、あい入れることができない部分となってくるのですから、別れる理由としては出てくるところです。ただし、相手が納得するかどうかは別問題といえます。

彼氏の浮気癖

浮気をするというのは、倫理的に許したくない問題でしょう。浮気をされた事実にも腹が立ってくるはずです。倫理観の欠如といったこともありますが、容認できない問題となり、別れたいと思うのも当然といえます。社会通念として考えても、浮気をするというのは許されるものではなく文化でもありません。きちっとした線引きをするためにも、別れてしまうのは大事な選択となってきます。

マンネリ

なにも変かも刺激もなくなってしまうのは、人生ということを考えても得なことではありません。損得で考えることでもありませんが、マンネリしてしまうと、お互いで刺激が欲しいとも考えるでしょう。努力をしたとしても、もう打開できないような状況となったのであれば、お互い別れて新たな道を進むのもひとつの選択肢となってきます。明日に向かっておこなう建設的な別れにもつながってくるでしょう。納得にいきやすい別れ方にもなってきます。

彼氏と別れるために実践したい方法

少しずつ連絡の頻度を減らす

別れを切り出していく方法はいろいろとあります。とにかく別れたいという意思表示をしていくことが必要になりますが、何でも直線的にするだけが方法ではありません。連絡の頻度を低く減らしていくのも方法で、距離を少しずつ広げていくことは、別れの下準備になってくるでしょう。お互いで何となく理解もしていくことになるのですから、頻度は大変意味が出てきます。

接触を断つ

連絡の頻度とともに、接触がなくなることは、別れにつながっていくでしょう。いきなり切ってしまうのも方法ですが、徐々に連絡を薄くしつつ、接触を絶ってしまうことによって、自然と別れの体制ができあがっていきます。別れたいという意思表示にもつながりますし、心のつながりももうありませんということを伝える手段にもなるでしょう。もちろん、はっきりと伝えることも方法ですが、接触がなくなることで意味が伝わることも多くあり、自然消滅にもつなげていけます。

あえて嫌われる行動をとる

自分が敢えて損をするという行動にもなってきますが、嫌われる行動をとることによって、相手から離れていってもらう方法です。とにかく話を聞かないようなタイプには有効で、嫌われる行動によって自然に流れが傾いていくでしょう。話を聞く聞かない以前に、もう付き合いきれないと思うようになるからです。弊害も存在し、周りの友人関係にダメージを与えるようなことが出ないような配慮が必要になります。

愛情表現をしない


愛情表現はいろいろとありますが、一切しなくなってくれば、はっきりと認識するでしょう。言葉にしなくても、あなたのことが嫌いですといっているのと同じだからです。何のために一緒にいるのか、信頼関係も存在しないことを伝えているのですから、別れ話と同様になる方法です。必ずなぜこうなったのかという問いかけがくることになりますが、その時が別れ話のいいタイミングになってきます。

記念日や誕生日などのイベントをスルー

イベント好きな人も数多くいますが、誕生日といったところがスルーされるのは大変ショックです。一体何があったのかを問いただしてくることになるでしょう。別れ話を自分からすることもなく、相手が必死に切り出してくることになるのですからわかりやすい方法になってきます。記念日は忘れたで済まされますが、誕生日はそうはいかないことを考えると、おめでとうの一言も言わない状況に気づかない男であれば、それはそれで別れる対象でしょう。

彼氏と別れるときに注意したいポイント

別れたい理由をしっかりと伝える

別れたいと考えているときには、しっかりと伝えることが必要です。なぜ嫌いなのか、別れたいのか、はっきりとしない状況にすれば、くすぶり続けてしまうことも出てきます。中には勘違いしてストーカー的になる場合もあるのですから、だれでもわかるようにはっきりさせることが必要です。何でもいいから別れたいといった答えは、遺恨を残しかねないため、しっかりと伝えることが必要になります。

ヨリを戻せる可能性がある言葉はNG

別れたいのであれば、きっちりと線を引くことが大切でしょう。ヨリを戻せるチャンスを作るというのは、決していいことにはなっていきません。はっきりと別れることを伝え、あいまいな状態にしないことが、自分を守ることにもつながっていきます。執拗に付きまとわれたりする原因のひとつに、はっきりとしない状況があげられるでしょう。別れるときには、他の可能性はないということをだれでもわかるように伝えることが大切です。

気持ちがないことを明確にする

別れるということは、あなたにはもう気持ちがありませんと明確にする必要があります。あいまいにしないという部分にもつながっていきますが、気持ちのつながりがないのに一緒にいるのは意味がありません。それどころか苦痛になりますし、新たな一歩も踏み出せないでしょう。リスクが多すぎるのですから、明確に伝えていくのが一番です。

別れると決めたら情は禁物

別れた男は、道端に転がる石ころ同然です。別れると決めたのであれば、道端の石ころに情を掛ける意味はないでしょう。余計な部分を残すことが、自分に対する救いや贖罪と考える人もいますが、これは大きな間違いです。別れるときにはっきりとさせるのが、相手にも大切なことになり、お互いに新しい将来に踏み出せるきっかけにもなるでしょう。中途半端が一番情けにもなりません。

直接会うときは場所と時間を選ぶ

直接会って話をすることになるはずですが、場所も時間も選ぶ必要があるでしょう。話が長くなりそうなのであれば、時間に余裕を持つことも必要です。納得できるようにするべきなのですから、話を切り出していなくなるようなことは意味がありません。場所に関しても、落ち着いて話ができる場所にするのか、ある程度人が良そうな場所にするのかも考えるべきでしょう。友人がいるような場所にして、はっきりと伝えておくことも承認を置くという意味では大切です。身の危険性を感じるようなことにならないようなシチュエーションを取ることも必要になるでしょう。

直接会わずに別れる方法

LINEやメールで伝える

決していい方法ではありませんが、直接会うのが嫌なのであればLINEを使うのはひとつの方法です。手軽に伝えることができる代わりに、本気かどうかがわかりにくい問題を背負います。あとから問題に発展しないように、はっきりと冗談ではないことも伝え、解決できる道筋を作ることが必要でしょう。

音信不通

この方法もいいかたちではありませんが、一切の連絡を絶つというのは、方法であることに違いはありません。連絡を絶つことになると共通の友人などを巻き込むことも出てきます。それでもいいのか、納得もしてもらえるのかどうかを考えておかなければいけません。音信不通にするのであれば、徹底しておこなっていかなければ、問題が大きくなってしまうことも覚悟しておくべきでしょう。

専門家や第三者を通す

身の危険を覚えるようなときでも考えておくべき方法ですが、専門家や第三者を通す方法があります。直接会わずに済むのは、代理人として伝えてもらったり、交渉してもらったりするためです。本当に危険があるような場合には、弁護士を立てるというのも、現代の方法といえるでしょう。法的な対処によってしか対処できないことも出てきます。

まとめ

別れを切り出すときには、あいまいにしないことです。はっきりとさせることは、お互いに新たな道に行くための大事な準備にもなるでしょう。中途半端にすることで勘違いをすることも出てくるのですから、別れることははっきりとさせ、納得させることが重要になってきます。