胸のサイズの計り方と、理想的な胸のサイズは?

胸のサイズは女性によって全く異なりますが、どんな胸のサイズの方でも、何らかのコンプレックスを抱いているという方は少なくありません。特に、胸のサイズを大きくしたいと思っている女性は多く、日々、バストアップケアに勤しんでいる方も多いでしょう。

ですが、誤ったバストアップケアをしてしまうと、バストアップどころか、バストダウンに繋がってしまいます。せっかくのケアを台無しにしてしまわないためにも、バストアップケアは正しい方法で行ないましょう。

胸のサイズを大きくしたいのであれば、まずは自分の胸のサイズを正確に知るところから始めます。胸のサイズの正しい計り方や、サイズに合わせた下着の選び方も、合わせてご説明します。

胸のサイズの基本的な計り方

胸のサイズをセルフで測る方もいますが、胸のサイズは正しい方法で測らないと、自分の正確なサイズが把握出来ません。胸のサイズをセルフで測るときには、このようなポイントを抑えて測るようにしましょう。

トップとアンダーを測る

胸のサイズを決めるのは、トップとアンダーのサイズです。トップは胸の乳房の部分、アンダーは、アンダーバストの事で、一番胸の大きな所と、胸の小さな所の差を測って、バストサイズは決定します。目安ではありますが、差によってカップ数も決まってきますので、バストサイズを知る為には、まずはトップとアンダーから測っていきましょう。

トップとアンダーを測る際には、下着を着けた状態、バストが正常に固定された状態で図る事が大切です。測定の段階で下着が合っていないと正確な数値が測れないため、ある程度しっかり締め付けのある下着を選んで図る事が大切です。

トップとアンダーの差でカップ数が決まる

トップとアンダーの差を図る事で、バストのカップ数が決まります。基本的に数㎝ずつアップしていきますので、サイズ表を確認すると、自分のバストカップを把握しやすいでしょう。

ただし、下着によっても微妙にカップサイズが異なりますので、Bカップサイズの人がCカップの下着がピッタリな事もあれば、Dカップサイズの人がCカップの下着がピッタリという事もあります。下着は商品によってもまったく異なりますので、出来れば購入前には、試着をしてから購入をしましょう。

真っ直ぐ姿勢良く測る


サイズを測る際には、真っ直ぐ姿勢を良くして測ります。猫背になっていたり、胸を張りすぎたりしていると、正確な数値が測れません。姿勢を正して真っ直ぐ立ったら、メジャーを使って数値を測りましょう。数値を測る際には、誰かに手伝ってもらえば確実ですが、自分で測る場合は、壁にもたれかかって真っ直ぐ立ってから測るのもおすすめです。

メジャーがたるまないように注意

メジャーがたるんでしまうと、それこそ正確な数値が測れません。メジャーを真っ直ぐ伸ばして計り、たるまないように、ピンと伸ばして測るようにしましょう。メジャーを使う時には、バストを締め付けすぎたり、緩ませるような事をせず、しっかり正確な数値を測る事が大切です。

胸のサイズに合わせた下着選びのコツ

胸のサイズが正しく計れたら、胸のサイズに合わせた下着を選んでいきましょう。胸のサイズに合わせた下着選びをしないと、バストダウンに繋がってしまいますので、自分に合っている下着を選ぶ事が大切です。下着を選ぶ際には、デザインだけでは無く、このようなポイントを抑えて選んでみると良いでしょう。

バストサイズに合わせて選ぶ

バストアップする下着を購入するためには、バストサイズに合わせた下着を選ぶ事が大切です。見栄を張って大きめサイズに下着を買ったり、アンダーバストが細めの下着を買ったりすると、バストが固定されない、バストの締め付けが酷くなって血流が悪くなるなど、反対にバストダウンに繋がります。

また、小さめカップの方の中には、パットを詰める分、少し大きめの下着を買うという方もいますが、それは間違いです。あまり大きめの下着を買っても、バストが固定されず、パッドでバストが押しつぶされてしまい、どんどん胸が小さくなります。悪循環に陥らない為にも、バストサイズに合わせた下着を買って、その上で、数枚だけパッドを入れる、と言うようにケアしていきましょう。

必ず試着をすること

バストサイズは正しいはずなのに、何故か下着が緩い、下着の締め付けが強い、と言うような事も起ります。メーカーさんによっても、カップは微妙にサイズ感が異なりますので、実際に身につけてみると、不都合が生じてしまうこともあるのです。その為下着を購入する際には出来るだけ、試着をした上で購入をしましょう。

下着専門店であれば、大抵の場合試着室が用意されています。試着用のブラも幅広く用意されており、サイズが分からなければ、プロに測ってもらう事も出来るでしょう。バストサイズは日々変動する物ですので、自分のサイズに合っている下着を購入するためにも、きちんとバストサイズを測ってから、試着をしてから購入する事が大切です。

通気性や機能性で選ぶ

下着を選ぶ際にはついデザイン先行で選んでしまう方もいるかもしれませんが、デザインだけでは無く、通気性やバスト固定力など、下着の機能性で選ぶ事も大切です。可愛いブラなのにバストをきちんと固定してくれない、というのでは意味がありません。しっかりバストを固定して、通気性も良いブラを選ぶなど、機能性重視でブラを選べば、バストを綺麗に整えられるでしょう。

ナイトブラや育乳ブラもおすすめ

日常生活で利用する普通のブラの他にも、無いとプラや、育乳ブラなども、バストアップには最適です。ナイトブラは夜眠るときに付けるブラ、育乳ブラは、バストアップ効果の高いブラを指しますが、いずれもしっかりとバストを固定し、付けているだけでバストを正しい位置にキープして、バストアップさせていきます。

理想の胸に一歩近づける!feely編集部イチオシ「ふんわりルームブラ」

ナイトブラはバストの横上がれを防ぎ、下垂れの原因となるクーパー靭帯を守る役割があり、バストアップのためはもちろんのこと、いつまでも美乳を保つために欠かせません。そのナイトブラの中でも、feely編集部イチオシの「ふんわりルームブラ」をご紹介しちゃいます!

 

「ふんわりルームブラ」は、タレントさんやインスタグラマーさんなども使っており、SNSを中心に話題沸騰中のナイトブラなんです!

話題の「ふんわりルームブラ」には、以下5つの特徴があります。

  • 1.ノンワイヤーなのに美しいバストラインにキープ
  • 2.パワーネットでしっかりバストをホールド
  • 3,3段ホックでバストをぎゅっと寄せ上げる
  • 4,パット付きでバストの潰れを防ぐ
  • 5.幅広のパワーネットでワキ肉もキャッチ

さらに、バストのことを考えた結果、ふんわりルームブラにはチタン・ゲルマニウム・銀を配合しています。

「ふんわりルームブラ」はナイトブラではありますが、普段使いはもちろん、お部屋でのリラックスタイムや産後のバストケアなど、ナイトブラだけにとどまらずオールラウンドでお使いいただけることも魅力です。

写真のように、ナイトブラとは思えないほどのかわいらしさなのもまた嬉しいところ!

なんと、「ふんわりルームブラ」の満足度は98%!これだけオールラウンドに利用できて効果を実感できやすいからでしょう。

「ふんわりルームブラ」公式サイトから実際の利用者の口コミを見てみる:https://www.co-medical.jp/item/roombra/


胸のサイズはどのくらいが理想的?

理想的な胸のサイズ、というのは、男性目線、女性目線でも、少しサイズが異なります。男性はどの位のバストサイズが良いのか、女性はどの位のバストサイズになりたいのか、男女別、理想のバストサイズや、バストのありかたご説明します。

男性から人気なのは、D~Fカップ

男性から人気が高いバストサイズは、D~Fカップ辺りとされています。大きめバストサイズが好きな方も多く、大きければ大きいほど良いと思っている男性も少なくありません。ですが、平均してD~Fカップ程度のバストが、圧倒的に人気があると言えるでしょう。

D~Fの人気の理由は、やはりそのサイズ感。このくらいのバストサイズがあれば、バストの主張が非常に激しく、女性らしさをバストに感じられますので、男性から人気が高まるのも頷けると言えるでしょう。自然と谷間も作れるバストサイズですので、セクシーな服を着たときに、どきっとしてしまう男性も多いのです。

女性から人気なのはC~Dカップ

女性が自分がなりたい理想のバストカップとして上げるのは、C~Dカップの方が多いでしょう。特にCカップは非常に人気のカップで、自分のバストサイズを選べるのであれば、C、またはDになりたいと考えている女性が少なくありません。

その理由は、ボディラインが綺麗にみえることにあります。あまり小さすぎると貧相にみえ、大きすぎても太ってみえやすい事もあり、ナイスバディになりたいという方には、このくらいのカップ数が理想とされています。

あまり大きすぎるバストカップですと、肩こりや頭痛、胸が垂れやすいなど、バストが大きすぎる事による弊害が生まれる事もありますので、自分がなるのは嫌だという女性がほとんどです。日頃の苦労を考えると、大きければ大きいほど良いと言う事ではないと考えている女性が多いでしょう。

小さすぎても大きすぎるとイヤという男女が多い

男性女性共に、理想のバストサイズの平均はDカップ程度とされています。小さすぎても大きすぎてもいやという男女が圧倒的に多く、自分の彼女にするなら、自分がそのバストサイズになるなら、Dカップ前後が良いと思っている男女が多いのです。

見た目の違いはもちろんですが、他にも、洋服が似合いやすい、相手に圧を与えない、女性らしい膨らみがちょうど良いなど、このくらいのバストサイズだからこその魅力があります。何事も、ほどほどが一番であると言えるでしょう。

結局は形の良さが重要

バストサイズよりも男女ともに一番重要視していることとして上げられるのが、バストの形です。お椀型バストが最も理想的なバストとして知られ、多少サイズが小さくとも形が綺麗であれば良いと思っている男女も多いでしょう。

極端な例ですが、Fカップで胸が垂れてしまっているバストよりも、Bカップでも形が綺麗なバストサイズの方が、男性からも圧倒的に人気があります。バストの形はそれだけ重要なポイントになりますので、バストサイズだけではなく、形を綺麗にするケアも、女性にとっては重要と言えるでしょう。

胸のサイズを大きくする方法

胸のサイズをもう少し大きくしたい、もっと大きくしたいと思っている女性は多いですが、理想のバストサイズになるためには、日頃のケアが必要不可欠です。豊胸手術などしない限り、即座にバストアップする事は出来ませんので、日々コツコツと、継続してケアを行なうように心がけましょう。

胸のサイズを大きくするバストアップケア方法にはいろいろとありますが、綺麗なバストを作りながらバストアップする為には、主にこのような方法があります。簡単に出来るバストアップケア方法や、バストアップケアをするときに注意するべきポイントはこちらです。

マッサージや筋トレでケア

バストアップマッサージや、バストアップ筋トレをすることで、バストアップケアを出来ると共に、綺麗な形のバストを作っていきます。マッサージや筋トレは毎日継続して行う事で、徐々に効果を発揮しますので、綺麗にバストアップしたいという方は、これらのケアを入念に行いましょう。

一度太ってから痩せる

バストアップをする時により効果の高い方法として知られているのが、一度太ってから、バストを残して痩せるという方法です。こちらは時間がかかる上に、下手をすると体重が戻らない、バストも結局減ってしまうなどの可能性がありますが、上手くやればバストサイズを大幅アップさせて、ナイスバディになる事が出来るでしょう。

この方法でバストサイズをアップさせたという芸能人も、実は少なくありません。ダイエット期間は、バストアップマッサージや筋トレを行ないながら、ランニングなどの激しい運動は避け、ヨガや筋トレエクササイズなどのダイエットを中心に取り入れる為、きついはきついですが、その分成功すれば見返りが大きい方法になります。

生活習慣の見直し

根本的な生活習慣の見直しも重要なポイントです。食生活の乱れや、運動不足、睡眠不足は、バストアップに必要なホルモンの分泌を阻害すると共に、ストレスで血行が悪くなり、バストアップケアの効果を半減させる可能性があります。規則正しい生活を心がけるなど、生活習慣の見直しを行うだけでも、バストアップしやすい環境を作れるでしょう。

ストレス改善でバストアップ

ストレスが蓄積すると、血行が悪くなるとともに、ホルモンバランスが乱れて、バストダウンをしてしまう可能性があります。ストレスは健康にも美容にも大幅な負担を与えますので、ストレス原因を見つめ直し、ストレス解消する方法を見つけることが大切です。

ストレスが蓄積したときに、リフレッシュする為の方法にはいろいろとありますが、イマイチ方法が思いつかない場合は、軽く体を動かしてみると良いでしょう。物理的に体を動かすことでホルモンバランスが安定しやすくなりますので、リフレッシュには最適です。

まとめ

バストアップをする為にはまず、正しいバストサイズを知ることはもちろん、日頃のバストを支える、サイズの合った下着を身につけることが重要です。下着のメーカーによっては、下着サイズが合わない事もあるため、購入前には必ず試着をすることをおすすめします。

また、バストアップケアも、自分に合っている方法を継続して行う事が大切です。いくつかの方法を併行して行う事で、よりバストアップをしやすい環境を作れるでしょう。理想のバストサイズになるためには、日頃の努力が欠かせません。根気よくバストアップケアを続ける事で、必ず理想のバストをゲットできます。