好きかわからない気持ち。チェック10項目と原因・対処法

好きかどうかをチェックするための11項目


自分の気持ちは自分が一番わかっている、と思いたいものですが、実際には自分の気持ちが分からないことも多々あります。特に恋心はそうではないでしょうか。相手に恋愛感情を抱いているのかどうかよく分からない、好きなのかどうか分からないという気持ちになったことがある方は少なくないと思います。ここでは、相手のことが好きかどうかをチェックするための11項目をご紹介しますから、該当するかどうかぜひチェックしてください。

他の異性と親しくしていると不快な思いがする

一番わかりやすいのは、その人に対して嫉妬するかどうかでしょう。気になる相手がほかの異性と親しくしていると不快な思いがする、という場合には好きという感情が芽生えている可能性があります。好きでもなんでもないようなら、ほかの異性と親しくしていても特に何の感情も起きないでしょう。

ふとしたときに相手のことを考えている

ぼーっとしているとき、考え事などをしているときに相手のことを考えてしまうという場合には恋に落ちている可能性があります。ふとしたときに相手のことを思い出してしまう、楽しく話していた時のことを思い返してしまう、といった場合は、自分の中でそれなりに相手の存在が大きくなっているということです。

相手が自分と違う意見をもっていたら嫌な気持ちになる

好きという感情を持っている相手とは同じ意見を共有したいもの。そのため、相手が自分と違う意見を持っていると嫌な気持ちになってしまいます。このようなときは相手を好きになっている可能性が高いでしょう。

目で追ってしまうことがある

相手の行動をつい目で追ってしまうことがある場合には恋愛感情を持っている可能性が高いのではないでしょうか。特に理由なく相手を目で追っている場合などはその存在自体が気になっているということです。

LINEなどの返信がないと不安になる

LINEやメールの返信がないと不安になってしまうのも恋心の表れです。もしかしてほかの異性と遊んでいるのでは、と嫉妬に似た気持ちを覚えてしまうこともあるでしょう。このような場合だと高い確率で恋に落ちています。

LINEなどの返信をすぐにしてしまう

LINEの返信をすぐにしたくなってしまう場合には、相手にかなりの好感を持っていると考えられます。どうでもいい相手ならすぐに返信しなくてもいいわけですし、すぐに返信するというのは自分が相手のことを気になっている証です。ただ反対に、すぐに返すとうるさがられるかも…と不安になってしまうケースもあるかもしれません。そんな思いを抱くのも相手に好意がある証拠でしょう。

会うときにおしゃれしたくなる

好きな人に会うときにはせめてかわいい恰好をしたいもの。会うときにオシャレをしたくなるというのも恋心の表れではないでしょうか。相手から少しでも良く見られたい、素敵な格好で会いたいと考えるのは恋しているときの心境です。

会った翌日などに思い出して余韻に浸ることがある

昨日会ったばかりなのについ思いだして余韻に浸ってしまうということがありませんか?このようなケースだとすでに相手に心を奪われています。何の感情も持っていない相手なら余韻に浸るようなことはまずないでしょう。

不快感なくスキンシップできる

スキンシップはお互いの距離を縮めるために有効な方法ですが、好感も何もない相手からされると嫌な気持ちになってしまいます。また、自分が好きでもない相手にスキンシップしようと思いませんから、不快感なくスキンシップができるのは相手のことが好きと考えて差し支えないでしょう。

彼が事故で障害をもっても側にいたい

彼が事故などで障害を持ったとしても傍にいて支えてあげたい、と思えるようなら完全に恋に落ちています。どんな障害があってもそれを乗り越えて一緒にいたいという気持ちの表れですし、これは恋心と言えるでしょう。

もう会えないと思ったら辛くなる


もし会えなくなったら、と考えると胸が締め付けられるように苦しくなる、つらくなるという場合だと恋しています。何とも思っていない相手なら会えなくなっても問題ありませんが、このように思ってしまうのはそれだけ自分にとって大切な存在になっているということです。

好きかわからない気持ちの原因は?

好きなのかどうなのか分からないという気持ちの原因はいったい何なのでしょうか。本来恋に落ちてしまったらすぐに分かりそうなものですが、実際分からないという方も少なくありません。ここではその原因についていくつか挙げてみます。

寂しさがなく満足している

特に寂しいと思うようなことがなく満足しているようなケースだと恋愛感情なのかどうか分からなくなることがあります。当たり前のように相手がそばにいてくれるようなケースだと特にこうした傾向が強いです。

慣れてしまった

相手と一緒にいることに慣れてしまっていると恋心なのかどうなのか分からなくなることが多いです。幼なじみなどがこの傾向にありますね。一緒にいた時間が長いからこそ恋なのかどうなのか分からないのです。

物足りない

一緒にいて何となく物足りない、というのも原因かと考えられます。実際に離れてみると彼の存在の大きさに気づくと思うのですが、当たり前のように一緒にいると物足りないと感じてしまうのです。

他の人に魅力を感じる

相手のことも気になるけどほかの人にも魅力を感じる、という場合だと彼に抱いている気持ちが恋なのかどうか分からなくなってしまうことが多いですね。

一緒にいると面倒

一緒にいると面倒、と思ってしまうケースもあると思いますが、この場合も恋なのかどうか分かりませんよね。もしかすると一緒にいる時間が長い、もしくは当たり前のように一緒にいるため面倒と思っているのかもしれません。

好きかわからない気持ちを払拭する対処法は?

相手のことが好きなのかどうか分からないという状況は意外にツライものですし、後にもひけず先にも進むことができません。何とかこのような状況は早めに打破したいものですが、いったいどうすれば良いのでしょうか。いろいろな方法が考えられますが、ここではいくつかの対処法についてご紹介しましょう。

距離をとる

自分が今現在抱いている気持ちが恋心なのかどうか分からない、という場合には距離を置いてみるのもアリです。特に、幼なじみのように昔から一緒にいた、気が付いたら常に近くにいたという関係性の場合だとこの方法は効果的と言えるでしょう。距離を置いて少し離れてみることで相手が自分の中でどれほどの存在なのかということを再確認することができます。もし距離を置いて寂しい、ツライという気持ちになったのなら相手に対して恋心を抱いていると考えられますし、特に何も変化がないという場合だと恋ではなかったということです。

友達に相談する

友だちに相談してみるというのもおススメです。自分では客観的に考えることができなくても周りの友達は意外と冷静な目で見てくれているものです。できれば恋愛経験豊富な友だちに相談したいものですが、二人の関係性を知っている友だちならとりあえず相談相手としては及第点でしょう。相談するだけで気持ちが楽になることもありますし、もっと客観的に考えることができるようになるケースもあります。信頼できる友だちがいるのなら相談してみるのはおススメです。

相手の長所を書き出す

面倒くさいかもしれませんが、相手の長所を紙に書き出してみましょう。相手のことが好きなのかどうか分からない、いったいどこが好きなのか不明というケースだとこの方法は比較的有効です。

いろいろな長所が出てくると思いますが、その中で自分がどの部分を気になっているかも自己分析してみるといいかもしれません。相手の長所を書き出すことによって自分が相手のどこを気になっているかが分かりますし、それが恋なのかどうかもある程度判断できるでしょう。また、長所だけでなく短所も同時に書き出してみるのはおススメです。短所のほうが多い場合もあります。

将来を考えてみる

気になっている相手との将来を考えてみましょう。お付き合いをして結婚し、子供ができて家庭を築くといったことを想像してみると自分が相手をどう思っているか分かるかもしれません。想像した未来が自分にとって幸せと感じられるものならその相手に恋心を抱いていると考えて差し支えないでしょう。

逆に、どう考えてもあり得ないと思える、もしくは嫌悪感さえ抱いてしまうという場合だと恋ではないかもしれません。より鮮明かつリアルに考えてみると分かりやすいと思いますよ。

別れを想像してみる

これがもっとも手っ取り早いかもしれませんが、相手との別れを想像してみましょう。急に相手が海外に行くことになって会えなくなる、事故などで亡くなってしまうなどいろいろなシチュエーションで考えてみることです。相手と別れて二度と会えなくなるようなシーンをイメージし、どうしようもなく悲しくツライ気持ちになったのならそれはもう恋ではないでしょうか。

特に何も思わない、何とか乗り切ることができるといった心境だとそこまで心を許していないのかもしれません。身を引き裂かれるほどツライのならそれだけ相手の方が自分の中で大きな存在になっていると考えられます。これは間違いなく恋でしょう。

まとめ

好きかどうか分からないという状況に陥ったことがない方だと少々理解できないかもしれませんが、実際自分の気持ちが分からなくて悩んでいる方というのは少なくありません。どうして自分の気持ちなのに分からないの?と思ってしまう方もおられるでしょうが、最初にお話したように自分の気持ちだからこそ分からなくなってしまうのです。

ここでご紹介したように、まずは11項目のチェックを確認して自分の気持ちを客観的に理解してみましょう。また、相手に恋心を抱いているのならいつまでもダラダラとした関係性を続けるのではなく、できるだけ早めに交際に移すことをおススメします。これから先のことを考えるのなら特に早く行動に移したほうが良いでしょう。自分の気持ちをはっきりと理解し幸せをつかんでくださいね。