重い女と思われる性格12のチェック項目!嫌われないための方法を解説

重い女と思われるのはこんな方!性格チェック


男性から重い女だと思われてしまうとそこから先恋愛に発展する可能性は低いですし、なかなか彼氏ができないということも考えられます。また、お付き合いしている男性から重いと思われると別れにも繋がってしまうでしょうし、何より重いと言われるとショックですよね。では、そもそも重い女とはいったいどのような人のことを言うのでしょうか。ここでは重い女の性格的な特徴についてまずお伝えしたいと思います。

すぐに落ち込む

ちょっとしたことですぐに落ち込む女性は重いと思われがちです。「人間なんだから落ち込むことくらいあるでしょ!?」というお怒りの声も聞こえてきそうですが、些細なことですぐに落ち込むようだと男性からすると重い女だと思われてしまうことがあるのです。嫌なことがあって落ち込んだとしても、気持ちを切り替えて「頑張ろう!」と思えるかどうかは大きな差です。

過去のことを持ち出す

過去のことを持ち出すのも重い女だと思われてしまうことがあります。「前にも○○したことあったよね?」という言葉が口癖になっている方はいませんか?過去にケンカになったときの原因や彼氏の素行、言動などについて持ち出してしまう方は要注意です。男性はこういうことを嫌がる傾向にありますから、過去のことを持ち出すのはできるだけやめたほうが良いでしょう。

彼のスマホをチェックしたくなる

彼氏のスマホはパンドラの箱です。それを覗くのはやめたほうがいいのですが、やはり気になって覗きたくなることもありますよね。彼のスマホをチェックしたくなるのは重い女だと思われてしまいますからおススメしません。実際にチェックしていないのならまだましですが、彼氏に見せてほしいと伝えるのもやめたほうがイイでしょう。

彼が飲み会に行くのが不快

男性にもいろいろなお付き合いがあるわけですしこれまでの人間関係もあります。そのため、飲み会に行くのを毎回不快に思って文句を言っていると重い女だと認定されてしまいます。

彼が他の女性をみるのも嫌

彼氏がほかの女性を見るのも嫌、と思ってしまうようだとすでに重い女かもしれません。このようなことは頻繁にあることですし、彼氏以外の男性でもごく普通にしていることです。見たからといってどうにかなるわけではありませんし、これくらいは許してあげましょう。

彼に尽くしたい

尽くしていればいつか私のことをもっと好きになってくれる、と考える女性も少なくないでしょうが、これは正直男性からすると重いです。もちろん、尽くされるのが好きという男性もいますから一概には言えませんが、尽くしたいと言われるのを嫌がる男性が多いのも事実です。

デートの場所などは彼の言いなり

毎回デートなどのプランも彼の言いなりになっているようだと重い女だと思われてしまうことがあります。自分の意見をまったく言わずにすべて彼の言う通りに従っているようだと重い女、つまらない女だと思われてしまいます。

彼のことがなによりも優先

彼のことを何よりも優先してしまうのも注意です。女性からするとこれの何が不満なの?と思ってしまうかもしれませんが、そこまでされると男性はちょっと怖くなってしまいます。ちょっと病的、とも思われてしまうかもしれませんから注意してください。

LINEの返信がこないと不安

LINEの返信がないことに不安を感じる方もいるでしょうが、これも重いと思われてしまいます。しかも、LINEの返信が遅いことを口に出して文句を言うようだとほぼ高い確率で重い女認定されているのではないでしょうか。

彼好みのファッションにしたい

これは意外に多いと思いますが、これも男性からすると重いと思ってしまうことが多いです。自分の色に染まってくれるのを嬉しいと思う反面、自分に依存しすぎなのではないかと思ってしまうんですね。

常に不安

常に不安定な状態だと重いというか男性も疲れてしまいます。また、不安を常に口に出して伝えてくるようなケースも男性としては嫌なものですし、こんな女性とは離れたいと考えるようにもなるでしょう。

やきもち焼きだと自覚している

ちょっとしたやきもちなら可愛いものなのですが、あまりにも度が過ぎてしまうと問題です。些細なことでやきもちを妬かれてしまうと面倒くさいですし、重い女だなと思われてしまうでしょう。ほんの少しくらいにしておいたほうがイイですね。

重い女になる原因

誰もなりたくて重い女になどなっていないと思いますが、いったいどうして重い女になってしまうのでしょうか。多少は生まれついてのものもあるでしょうが、多くの場合はこれまで育ってきた環境などに原因があるケースがほとんどです。ここでは、重い女になってしまう原因をいくつか挙げてみましょう。

自分に自信がない

自分に自信がないと重い女になってしまいがちです。自信が持てないゆえに彼氏のことを束縛してしまったり、彼から嫌われないように必死になってしまうのです。

過去のトラウマを引きずっている

人間誰しも一つや二つくらいトラウマはありそうなものですが、そうした過去のトラウマをずっと引きずっているようだと重い女の原因になっていることがあります。いじめや家庭での虐待などが原因になっていることも考えられるでしょう。

内向的

内向的な性格の女性も自然と重い女になってしまいがちです。もちろん、すべての内向的な性格の女性が重い女になってしまうわけではないと思いますが、可能性としては高いのではないでしょうか。

愛情不足で育った

肉親からの愛情不足で育った方だと重い女になることがあります。愛情を注がれずに育ってしまうと自分には価値がないと思い込んでしまうこともありますし、自信もなくしてしまいます。常に人の顔色をうかがうようにもなりますし、結果として重い女になってしまうのです。

重い女を直す対処法

カップル

基本的に重い女が好きという男性は少ないです。もしかするとそのような女性が好みという方もいるかもしれませんが、相当レアな男性ではないでしょうか。では、重い女を直すにはどうしたらいいのかということですが、方法はいくつか考えられます。ここでは、重い女を直すための対処法をいくつかピックアップしましたからご紹介しましょう。

他人の意見を聞いて重さを客観視する

重い女の人は自分が重いとは思っていないことがほとんどです。それが当たり前だと思っていますし、重いと直接言われても何のことだかさっぱり分かりません。さまざまな原因で重い女になってしまいますが、ずっとそのような性格のまま過ごしてきた方だと何がいけないのかまったく理解できませんし、それの何が悪いかすらも理解できないケースがほとんどです。まずは他人の意見を聞いて重さを客観視することが大切ではないでしょうか。

周りに仲の良い親友などがいれば積極的に意見を聞くべきですし、彼氏とも腹を割って会話するべきでしょう。自分のいったいどういうところが重いと感じるのか、ほかの女性はそうではないのか、いろいろな意見を聞いてみることです。自分の重さを客観的に知ることができれば今度はそれへの対処も考えられるようになります。敵を知り己を知れば百戦して危うからずという故事がありますし、まずは自分の欠点となっている重さを客観的に知ることが大切です。

相手がどう思うかを想像する

重い女性は相手の気持ちを考えていないことが多いです。「私はこんなにアナタのことを思って尽くしているのに!」と思っている人が多いですし、まさかそれが相手の負担になっているとはまったく思っていません。また、自分のしていることが相手にどれくらいの心労をかけているかも理解していませんし、自分の感情が赴くままに行動していることがほとんどでしょう。

相手がどう思うかを想像して発言、行動することが大切です。重い女を直すためには相手の気持ちを理解してあげる必要がありますし、自分がこういう行動をとることによって相手がどのように思うのか、ということを常に考えながら行動しなくてはなりません。それができるようになればだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

自分磨きに精を出す

自分磨きに精を出すというのもおススメです。重い女の人の多くは自分に自信が持てない傾向にあります。むしろ自信満々の重い女というのは少ないのではないでしょうか。自分に自信をつけるためには自分を磨くことが一番でしょう。スポーツに打ち込んでみたり、美容に興味を持つのもイイと思います。何か一つのことを極めようとするのもイイですね。英会話スクールに通って勉強を始めてみるというのもおススメです。外見ばかりを磨くのではなく内面を磨くのも忘れないでください。

気持ちをリセットする方法を見つける

重い女の人は一直線にワーッと突き進んでしまいがちですから、自分の気持ちをリセットできる方法を見つけておくことも大切です。暴走しそうになったら一度自分の気持ちをリセットするのです。これは人によっていろいろな方法がありますから、自分にとってもっともベストだと思える方法を探してみてはいかがでしょうか。どの方法が正解ということはありませんし、自分のやりやすい方法でイイと思います。気持ちをリセットする方法を見つけて突っ走りそうになったときは気持ちをリセットしましょう。

まとめ

重い女は基本的に男性から嫌われてしまいますし、せっかく好きな人と付き合えるようになったとしてもそれが原因で別れてしまうこともあります。酷い場合だと彼氏にストーカーまがいのことをして関係が完全に終わってしまうということも考えられますから、自分が重いと認識している方は積極的にそれを直す努力をするべきでしょう。

また、過去に重い女だと言われたことがあるもののまったく自覚症状がない、という方は今一度自分が重い女なのかそうでないかを確認する必要があります。客観的に自分を分析し、周りの意見なども聞きつつ自分は重い女なのかどうかを判断してください。その上で、重い女だと分かればここでお伝えしたような内容で改善を進めてみましょう。