二股する男性・女性の心理とは?二股されたときの対処法

二股は浮気とは違うの?

大好きな人に浮気や二股をされているとなると腹立たしいことですし、何よりもショックですよね。愛情が深ければ深いほどショックは大きくなりますし、今後異性を信じられなくなる可能性もあります。

世の中にはパートナーの浮気や二股に悩んでいる方も大勢おられると思いますが、そもそも二股と浮気とは異なるものなのでしょうか?そんな些細な疑問を持たれた方もいると思いますから、ここでは浮気と二股の違い、それをしてしまう方の心理などについてお話したいと思います。

浮気

一般的に浮気とは、特定のパートナーがいるにも関わらずほかの異性に気持ちを奪われてしまうことを指します。どこからが浮気かというのは永遠のテーマのように語られていますし、人によってその基準は異なると思いますが、パートナー以外の人と性的な関わりを持ったらそれは間違いなく浮気と言えるのではないでしょうか。また、肉体関係などがなくても気持ちを奪われたらそれは浮気であると考える方が多いのも事実です。

二股

男女関係における二股とは同時に二人の異性と交際すること、という認識で問題ないでしょう。この場合、どちらも本命ではないことが多いですし、どちらも遊びで交際している可能性が高いです。もちろん、二股をかけている人からするとどちらも本命なのかもしれませんが、そのようなことを許す人はいませんよね。

二股する男性の心理とは


彼氏の二股に辟易している、ずっと好きだった人に二股されていた、という女性もおられるでしょうが、女性からすると二股をかける男性の心理などまったく理解できないと思います。また、そのようなこと理解したいとも思わないでしょうが、二股をかける男性の心理を理解することで今後何かの役に立つ可能性もあります。ここでは二股をかける男性の心理についてお話しましょう。

いろんな女性と関係をもちたい

二股をかける男性の心理もまちまちですから一概には言えませんが、いろいろな女性と関係を持ちたいという方が多いのは事実でしょう。一人の女性に縛られるのは嫌だ、できるだけたくさんの女性と性的な関係を結びたいと考える男性は実際にいます。特定のパートナーを作ってしまうといろいろ面倒だと考えている方もいますし、二股や三股をかけてたくさんの女性と広く浅く遊びたいという傾向ですね。

関係をもつ前に交際過程は不要

女性と関係を持つ前に交際の過程は必要ないという心理の男性も多いです。この手の男性は女性と性的な関係を持つことに喜びを感じていますし、そのために交際のプロセスは必要ないと考えています。そのため、二股などをしてもまったく心が痛むこともありませんし悪いことをしているという気持ちになることも少ない傾向にあります。

罪悪感をもっている

二股をする男性によっては罪悪感を持っているケースもあります。同時に二人の女性を愛してしまい、どっちも選ぶことができずに罪悪感を抱えたまま二人と関係を続けているというケースは実際少なくありません。もちろん女性からすれば、「そんな都合の良い話をされても納得いかない」というのが本音だとは思いますが、楽観的に考えている人ばかりではないと知っておくと、少しは気が楽かもしれません。

性的感情と恋愛感情は別

性的な感情と恋愛感情は別物と考えている男性も多いようです。二股はあくまで遊びであり、二人ともただの性的な対象として見ている男性がこのような考え方が多いですね。正式に付き合っているわけじゃないから何人の女性と関係を持とうが関係ない、と開き直るのもこのタイプではないでしょうか。

二股する女性の心理とは


先ほど二股をしてしまう男性の心理についてご紹介しましたが、二股は何も男性だけがするものではありません。女性でも二股をかける方はたくさんいますし、彼女に二股をかけられていたという男性もおられるでしょう。ここからは二股をかける女性の心理についてお話したいと思います。

身勝手でマイペース

二股をかける女性だと身勝手でマイペースという方が多い傾向にあります。身勝手なので相手の男性の気持ちなどほとんど考えていませんし、自分の好きなように行動してしまいます。また、マイペースゆえに相手男性の好意にまったく気づかないこともありますし、知らず知らずのうちに関係する相手が増えていたということもあるでしょう。

ちやほやされるのが好き

ちやほやされるのが好きな女性だと二股をかけていることがあります。この手のタイプはとにかく異性からちやほやされたいと考えていますし、一人の男性からちやほやされるだけでは物足りません。そのため、いろいろな男性と関係を結ぶことがありますし、二股という概念がそもそもない可能性もあります。

押しに弱い

押しに弱くて二股をかけてしまう女性もいます。グイグイ来られるとつい断れない、つい関係を持ってしまうという女性は意外に多いです。こういうタイプは彼氏ができたとしてもほかの男性から迫られるとつい体を許してしまうことが多いですから注意が必要です。

優柔不断でだらしない

優柔不断でだらしない女性も二股をかけやすい傾向にあります。はっきりと決めることができませんから、二人の男性のうちどちらかを選ぶということができませんし、ズルズルと二股の関係を続けてしまうのです。

二股する男性への対処法


彼氏が二股をしているとなると女性としては何としてでもやめさせたいですよね。いつまでも二股をかけられていると自分はいったい何なのかという気持ちになってしまいますし、惨めで情けない気持ちにもなってしまいます。ここでは、二股をする男性への対処法についていくつかアドバイスしたいと思います。

自分の悲しい気持ちをきちんと伝える

まずはきちんと自分の哀しい気持ちを伝えることが大切です。二股をかける男性は口で言ってもなかなか聞いてくれないことが多いですし、悲しい気持ちを理解してくれないことも多いですが、真剣に悩んでいる、悲しいということをしっかり伝えないと始まりません。それでもやめない場合には距離を置くなど強硬な手段も必要になってくるでしょう。

男性を責めない

二股をかけているからといって男性を責めるのは逆効果です。しかも、まだ正式に付き合い始める前の段階だと関係性が悪化してしまう恐れもあります。責めてしまうと「面倒くさい女だな」と思われてそこで関係がすべて終わってしまう可能性もあります。

男性を満足させるための自分磨き

自分磨きをしてみるのもおススメです。男性を満足させるために自分自身を磨くという考えですね。もっとキレイになれば二股をやめてくれるかもしれませんし、内面も磨けば戻ってきてくれるかもしれません。

距離を置くなど別れを意識させる

正式にお付き合いを始めている場合だと別れを意識させるのも効果的です。特に、何度言っても二股や浮気をやめない男性の場合だとこの方法が有効ではないでしょうか。二股をかけるような男性はなかなか治りませんし、こうした強硬な手段もたまには必要です。自分も悲しいかもしれませんが、そこはぐっと堪えて荒療治してみましょう。

別れる

何を言ってもダメ、その時ばかりはもうしないと言っても結局また二股をかける、といった場合にはすっぱり別れたほうが良いでしょう。そのような男性はもう治ることはありませんし、生涯二股を続けると思います。浮気は病気と言われるように、この手の男性は女性が周りにたくさんいないと満足できないタイプです。一人に絞るのは嫌だと考えていますから、そのような男性に女性が労力を使ったとしてもほぼ無駄になります。すっぱり別れたほうが自分のためです。

二股する女性への対処法

次に二股をする女性への対処法についてお伝えしたいと思います。基本的な考え方としては浮気をする男性への対処と同じなのですが、女性の場合は性的な目的ではなくほかの理由で二股をすることが多いですからそれを踏まえた上での対処をしなくてはなりません。

飽きさせない努力

飽きさせない努力をすることも大切です。多くの女性はマンネリを嫌いますし、面白くない、飽きたとなるとほかに刺激を求めに行くことがあります。そのため、彼女を飽きさせないような努力をすることは大切でしょう。特に今現在浮気、二股をされているという場合だと日ごろの彼女への接し方などを見直してみることです。

感情を言葉にして伝える

男性の中には女性に素直な感情を伝えられない人もいます。不器用な男性は多いですし、言わなくてもわかっているだろうと言わんばかりの態度をとることも珍しくありません。女性としては分かっていてもそれを口で伝えてほしいですし、それで安心できることもあります。自分が抱いている感情をしっかりと相手に伝えるよう心掛けてください。

束縛しない

適度な束縛だと女性も嬉しく思うものですが、あまりにも束縛が酷くなると女性も息苦しくなってしまいます。これは男性でも同様でしょう。特に束縛を嫌う女性だと自由や刺激を求めて浮気や二股に走ってしまうことがありますから注意が必要です。彼女を束縛しすぎていないかどうか、確認してみましょう。

自分磨き

これは先ほどの女性版と同じですね。やはり二股をされないような魅力的な男性になることが一番だと思います。そのためには自分磨きも必要でしょうし、いつまでも相手の方から素敵な彼氏と思われるような努力が必要です。スポーツを始めてみる、資格を取得してみるなどいろいろな自分磨きにチャレンジしてください。

まとめ

二股する男性、女性の心理やその対処法についてご紹介しました。二股をしているほうはともかくされたほうは堪ったものではありません。精神的に不安定にもなってしまいますし、恋愛観も変わってしまう可能性がありますよね。ここでご紹介した二股を改善する方法がすべてではありませんが、実践することで相手の方の考えを改めさせることも不可能ではないでしょう。また、相手に変わってもらうのはもちろんですが自分も何か足りないものはなかったかをしっかり考える必要があります。