自分が殺される夢の意味って何?

出来れば見たくない!殺される夢の意味って?

ほぼ毎日のように夢を見るという方もいれば、ほとんど夢を見ることがないという方もいると思います。これは個人差があると思いますが、たまに意味深な夢などを見てしまうと気になってしまいますよね。特に、自分が殺されそうになる夢などできることなら見たくないものですが、こうした夢を見たことがある方は意外に多いのではないでしょうか。このような自分が殺される夢を観る人は意外に多く、世界中で大勢の方が見ているようです。では、この殺される夢にはいったいどのような意味があるのでしょうか。

実は吉兆?夢占いでの基本的な意味

殺される夢は吉兆、良い意味があると耳にしたことがある方もおられると思いますが、確かに殺される夢にはそうした意味があるといわれています。殺される夢というのは今までの自分が生まれ変わるということを意味していますし、古い自分が死んでしまうことによって新しい自分に生まれ変わるということを暗示しています。また、現状を打破し事態が好転する、良い未来が待っているなどの意味があるとも言われていますし、基本的には吉兆の印として扱われることが多いのです。あまり心配することはないでしょう。

喜んでもいられない。殺される夢に隠された本当の意味

「吉兆ならまったく問題ないね!」と思った方もおられるでしょうが、事はそう簡単ではありません。怖い夢のほとんどは警告夢といわれていますし、殺される夢に関しても何らかの警告だと考えられています。現状が苦しいときにこうした夢をよく見ることがありますから、殺される夢というのは警告の意味合いを持っているのです。少しは気に掛けるようにしましょう。

殺される夢を見た今こそ踏ん張り時!

先ほどお話したように、殺される夢というのは警告の一種と受け取ることができます。そのため、殺される夢を見たためこれからどんどん状況が良くなる、と楽観視するのではなく、今こそ頑張って大変な時期を乗り越えるんだ、と思わなくてはなりません。殺されるような夢を見てしまったときこそ本当の頑張り時ということですね。

順風満帆な人は殺される夢なんて見ない

殺される夢を見る人はたくさんいますが、順風満帆な生活を送っている人はたいていこういう夢を見ることはありません。先ほどもお話したようにこうした夢を見るのは現実世界で何らかの問題を抱えているケースが多いですし、それに対する警告の意味でこうした夢を見てしまうことが多いのです。順風満帆な人だと夢の中に神様が出てきたり、自分の体が光に包まれているような夢を見ることが多いと言われています。

誰に殺されるかによる違い

殺される夢では誰に殺されるかによって持つ意味が変わってくると言われています。そのため、殺される夢を見たと言ってもそのときのシチュエーションによってこれからの行動も変わってきます。特に、自分が誰に殺されたかというのはとても大切なことですから覚えておきましょう。ここからは、シチュエーション別にどのような意味を持つかお話しましょう。

親に殺される

こうした夢を見たことがあるという方も意外に多いかもしれませんが、親に殺される夢にはいったいどんな意味があるのでしょうか。自分を生んでくれて育ててくれた両親に殺される夢というのはかなりショックな内容ですが、もちろんこの夢にも意味があります。親に殺される夢というのは現状における親との関係性が再構築されることを表しています。今現在、両親とケンカや諍いが絶えず関係があまり良くないという場合でも、これから先改善が図れるということを表しています。

友人に殺される

仲のいい友人に殺される夢というのも相当ショッキングですし、もしかすると親から殺される夢以上に衝撃を受けてしまうかもしれません。では、友人から殺される夢にはいったいどんな意味があるのかというと、先ほどの両親のケースと同様に友人との関係性が再生されることを示しています。夢に出てきた友人と疎遠になっていた場合、諍いを続けているような場合でも改善を図れる可能性があることを示唆しています。

恋人に殺される

これはもっとも見たくない夢かもしれませんが、実際にこうした夢を見てしまうこともあるでしょう。最愛のパートナー、恋人から殺される夢というのは嫌なものですしできることなら見たくないのですが、これにも意味があります。恋人に殺される夢は不安や恐怖心を意味しており、大切な人、最愛の人から別れを切り出されてしまったらどうしようといった不安な気持ちがこうした夢を見させています。相手を失うことへの恐怖心からくる夢と捉えても差し支えないでしょう。ただ、哀しい感情が特に湧かなかった場合には今の関係を終わらせたいという願望もあるようです。

ストーカーに殺される

アイドルなどへのストーカー行為が問題となっていますし、実際にストーカーによる事件なども起きていますが、ストーカーに殺される夢にも意味があります。ストーカーに殺される夢は自身の精神的な疲れがピークに達していることを示しているといわれています。不安な気持ちを抱えて生活している方、仕事やプライベートで何らかの悩みを抱えて疲れきっているといった場合にはこうした夢を見がちになります。心から信頼できる人や安心できる方に不安や悩みを相談することで現状を改善できるかもしれません。

殺人鬼に殺される

このような夢を見てしまうと非常に恐ろしいものですし、現実世界では絶対に起きてほしくないことですが、この夢には生まれ変わりたいと考えている自分の夢が叶うことを暗示しています。何かに追いかけられている、追い詰められているような状況に陥っている可能性もありますが、その苦難を乗り越えて新しい自分に生まれ変われるチャンスでもあるのです。夢に登場したあなたを殺そうとした人はあなたの再生に協力してくれる人、大きく関わってくる人ともいわれています。

怪物に殺される

ここまでくるともはや映画の世界になってしまいますが、こうした夢を見たことがあるという方もおられるでしょう。先ほど同様このようなことも現実世界では絶対にあってほしくないものですが、怪物に殺されるような夢を見たときは自分自身が何かを我慢している、抑制しているときである可能性が高いです。しかも、無意識に抑制している衝動を反映しているといわれていますから、一度自分自身を振り返ってみると良いかもしれません。

ゾンビに殺される

ゾンビに殺される夢もできることなら見たくないですが、ゾンビに殺される夢は恋愛に関する飢餓状態を示しているといわれています。最高のパートナーと素晴らしい時間を過ごしたいと考えているのにそれがうまくいかない、といったときにこうした夢を見ることが多いようです。出てきたゾンビが多いほどストレス、悩みが多いといわれています。あまりストレスや悩みを抱え込まないようにしましょう。

殺される状況による違い

 

実は殺される状況によっても夢が持つ意味が違ってくるといわれています。ここでは、夢の中での殺されるシチュエーション別に意味をご紹介しますからぜひ目を通してください。

追いかけられて殺される

こんな夢を見ると大声で叫びながら目が覚めてしまいそうですが、追いかけられて殺されそうになる夢は変化への恐れを意味しています。生まれ変わりたいと思っているにも関わらず、心の中では変化に対する不安を抱えているということですね。まだ再生を受け入れることができないような状態です。

殺されそうになって出血する

夢の中で殺されそうになって出血する、流血するといったこともあります。夢の中での血はエネルギーと解釈されていますから、その血が出てしまうということは自分の中でのモチベーションが下がっているような意味を持ちます。ストレスや不安などによってやる気やモチベーションが下がっていないか確認してみましょう。

殺されそうなときに助けてもらう


殺されそうになったもののギリギリのところで助けてもらった、というドラマや映画のような夢を見たことがある方もおられるでしょう。これもシチュエーションに大きな意味がありますし、アナタを助けてくれた人物が誰かによって変わってきます。あなたを助けてくれた人物は現実世界においても助けてくれる人物です。

殺された後に生き返る

殺された後に生き返る夢は、アナタが今よりももっと強くなりたいという願いを反映しています。もっと今よりも成長したい、自分を磨きたいという願望が夢になって表れているわけですね。すでに変化を受け入れることができる体制となっていますから、あとは現実に変化に向けて動き始めるのみです。

殺されるときの凶器や方法による違い

殺されるときのシチュエーションはまちまちですが、殺される夢における凶器や方法による違いによっても意味が違ってきます。ここでは殺され方による夢が持つ意味の違いなどについてご紹介しましょう。

刺殺の場合

刃物で刺されて殺されそうになる夢ですが、これは急激な環境変化を示していると言われています。急に環境が変わってしまったことへの恐れや不安などを暗示しているとも言われていますし、変化に対して戸惑いを感じているときにこうした夢を見るといわれています。不安をため込んでしまうとどんどん良くない方向に転がってしまう可能性がありますから不安はなるべく早く解消したほうが良いでしょう。

銃殺の場合

銃で撃たれて死ぬというのは日本ではあまり考えにくいことですが、夢の中でこうした状況に陥ることはありますよね。銃殺される夢が持つ意味ですが、これは恋愛に関する不満な心境を示していると言われています。恋愛に関わるイライラを表していますから、恋人との関係改善を図るべきでしょう。撃たれた回数が多いほど欲求不満などのストレスが多いと言われています。

絞殺の場合

首を絞められて殺されそうになる夢ですが、これは過去のしがらみからの解放を意味しています。過去のしがらみでがんじがらめになっている方、それがストレスになっている方もおられるでしょうが、この夢はそうしたしがらみから解放されることを暗示しているわけですからある意味吉兆です。新しい未来が待っていますから前向きに進んでいきましょう。

崖などから突き落とされた場合

まるで二時間サスペンスのような夢ですが、このような夢を見てしまう方は少なくありません。この夢が意味しているのは訪れる幸運です。仕事もプライベートも充実している、順風満帆であるときに見ることが多いですし、之から先幸運が訪れることも示しています。近い将来新たな動きなどがあるかもしれません。

殺される夢を見たときに考えること

殺される夢を見たときにはその意味をしっかり考え、自分を取り巻く状況のことを整理してみることも大切です。夢が暗示していることから今後の行動を考えることもできます。

人間関係

夢の中で自分を殺そうとした人物は現実世界でも何らかの関りがあることが多いです。そのため、人間関係についても今一度見つめなおしてみましょう。夢が持つ意味を考え、自分を助けてくれる人物なら積極的に関わっていくのも良いかもしれません。

仕事の状況

仕事に対する不安やストレスなどが夢となって表れることもあります。そのため、現在の仕事における状況についても考えてみることが大切です。あまりにも忙しい場合だとストレスも溜まっているでしょうから、なるべく早めに解消するなどしたほうが良いでしょう。また、あまりにもストレスが大きいのなら転職なども含めて考えてみることをおススメします。

最近の近況

最近自分はどうかということを考えてみましょう。夢が持つ意味はまちまちですが、直近の自分の状況を反映してることが多いです。自分の近況を振り返ることによって今後の運気を好転させることも可能でしょうから、今の自分を取り巻く状況を今一度考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分が殺される夢をまったく見たことがないという方も多いでしょうが、もしかするとこれから見ることもあるかもしれません。その時の内容次第で今後の歩み方なども違ってくるかもしれませんから、ぜひここでご紹介したことも覚えておいてくださいね。夢占いにおける死が意味するのは基本的に再生ですが、最初にお伝えしたようにすべてが吉兆というわけではないため注意が必要です。夢を見たらその意味や関係性を自分の中で多少の把握をしておくと良いでしょう。