離れ乳の原因は生活習慣にあり!?対策方法まとめ

女性の身体の悩みで上位を占めているのが、バストについての悩みです。その中でも特に多いのが”離れ乳”で悩んでいる女性です。離れ乳は、年齢を重ねると共に垂れ下がっていくことが原因と思っている方も多いでしょうが、実はそれだけではありません。今回は、そんな離れ乳の原因と、その対策方法を一挙にご紹介してまいりましょう!

離れ乳の原因は日頃の習慣にある

先程もお話ししたように、加齢も離れ乳となる原因の1つではありますが、それだけではありません。下記に、離れ乳を作り出す原因を挙げてみました。自分に当てはまるものはありませんか?検証しながら、1つ1つ見ていきましょう。

過度な運動、激しい運動で離れ乳発生!


バストの大部分は、脂肪のかたまりでできています。バストは約90パーセントが脂肪です。日本人女性の平均バストサイズであるCカップであれば、その重さは150ミリリットルペットボトル1本~1.5本分ほどの重さと同じです。そんな重さのあるバストを支えているのが、クーパー靭帯というコラーゲン繊維です。

クーパー靭帯は、身体の皮膚や筋肉と乳腺を繋げていますが、単なる繊維なので、過度な運動や激しい運動によってバストが揺れると、弱くなったり切れたりしてしまいます。なので、バストが激しく揺れるスポーツなどをする機会が多いほど、離れ乳になってしまうのです。

筋力不足による離れ乳

バストを唯一支えている筋肉が、大胸筋と呼ばれる筋肉です。大胸筋は、普段の生活の中であまり使うことのない筋肉なため、意識をして使わない限り筋力は落ち、離れ乳の原因となってしまいます。

下着を正しく付いていない事で起きる離れ乳

ほとんどの女性が毎日のようにブラジャーを着用しています。そのブラジャーの付け方が正しくないと、離れ乳を作り出す原因となってしまいます。離れ乳は、上下左右にバストの脂肪が流れてしまうことで起こります。ブラジャーを着用する際は、その脂肪をしっかりブラジャーに収めることが重要なのです。流れたまま着用すると、脂肪はその位置でかたまり固定されてしまうのです。

うつぶせなど、形が変わるようなことにも注意

日中は、ブラジャーや衣服で身体を締め付けられている分、寝るときくらいは解放されたいと、何もつけずにそのまま寝てしまう女性もたくさんいらっしゃるでしょう。ですが、何もつけずに寝てしまうと、バストの脂肪は自由自在に動いてしまい、脂肪があらゆる方向に流れてしまいます。

仰向けやうつぶせで寝れば上下左右に、横向きならば片方のバストに流れます。このように、バストの形が変わるようなことには、注意が必要です。

離れ乳の原因を作る下着の付け方に注意

様々な離れ乳の原因についてお話ししてきましたが、毎日のように身につける下着の付け方について、さらに掘り下げてお話をさせていただきます。自分は正しく下着を付けていると思っている方も、ぜひ今一度、一緒に確認していきましょう!

サイズの合っている下着を着けないと離れ乳悪化

まずは、普段お使いのブラジャーが、きちんと自分のサイズに合っているのか確認しましょう。家でも簡単に確認することができます。ブラジャーを着用したまま、身体を左右にひねったり、両腕を上下に上げ下げしてみてください。その時、ブラジャーがズレてしまう事があれば、それはサイズが合っていない証拠です。

バストは日々変化するものです。定期的にサイズを確認しなければ、知らぬ間にサイズが変わっていたなんてこともあります。あなたのブラジャーのサイズはいつ計ったものですか?相当前のものであるならば、ぜひもう一度計り直してみてはいかがでしょうか。

正しいブラの付け方をマスターする

正しいサイズのブラジャーを手に入れたら、次は正しい付け方をマスターしましょう。まず初めに、ストラップを肩にかけ、前かがみになってホックを止めます。次に、前かがみのまま右側のストラップを持ち、左手で右胸全体を包み込むように中心に引き寄せカップに入れます。反対側も同じように入れ込みましょう。上体を起こし、背中やワキのお肉をカップに入れ、最後にストラップを調整します。

正しく身につければ、離れ乳防止だけでなく、バストサイズのアップにも繋がります。バストは繊細な部分なので、カップに入れ込む際は、優しく触れるようにしましょう。

離れ乳にぴったりの補整下着を活用

最近では、バストの悩みに合わせた補正下着も発売されています。離れ乳の補正ブラでは、やはり中心に向かって脂肪を集めていく力を加えたブラジャーが人気です。普通のブラジャーよりも、離れ乳改善に大いに役に立ってくれるでしょう。補正下着で、美乳の条件である”ゴールデントライアングル”を目指しましょう!

ナイトブラやスポーツブラなども利用して

形が崩れやすい就寝時間や、激しい運動でクーパー靭帯を痛めやすいスポーツ時間に活躍するのが、「ナイトブラ」や「スポーツブラ」です。どちらもその時間の姿勢などに合わせて作られているので、キレイなバストを保ってくれます。普段使いのブラジャーと、その場その場に合わせて使い分けることが重要です。

ふっくらバストなるために!feely編集部イチオシ、ドクターお墨付きのナイトブラはこちら!

モテフィット

feely編集部イチオシ、オススメのナイトブラ「モテフィット」。大人気Youtuberのてんちむさんが開発した製品です。彼女も実は元はAカップ。ナイトブラを変えるだけでなんと今ではDカップなのだとか!

しっかり寄せてギュッとあげてそのままキープ。それによって土台のしっかりした丸みのある美胸を作ります。伸縮性もあるので圧迫感もなく、ノンワイヤーなので痛くなることもありません。脂肪が付きがちな背中や脇からしっかりとお肉を持ってくることで離れ胸対策もバッチリ!美しい胸のラインを保ったまま、バストアップを目指せます。

「ホンマでっか!?TV」に出演のドクターからもお墨付きをもらったこの「モテフィット」。ぜひこの機会にお試しください!

離れ乳の原因に合わせたバストアップ術

最後に、離れ乳の原因に合わせたバストアップ術について、ご紹介していきましょう。離れ乳を予防することは、案外難しいことではないかもしれません。自分の生活を見直し、どんなバストアップ術が適しているのか、見極め実践してみてください!

筋トレを行って離れ乳改善

普段運動をしない、身体を動かすことが極端に少ないと感じる方は、バストを支えている唯一の筋肉、大胸筋を鍛えるエクササイズを行って、離れ乳を改善すると良いでしょう。両手をバストの前で合わせ、中心に向かって力をかけるだけでも、立派なエクササイズとなります。

バストアップ効果のある成分を積極的に摂取

バストアップ用のサプリメントも販売されています。脂肪を増やし、バストのハリを戻す手助けしてくれます。バストは女性ホルモンの活性化によって、大きく膨らみます。有名な女性ホルモンの1つである「エストロゲン」などをしっかり摂取すれば、女性ホルモンで乳腺が刺激され、バストアップが期待できます。日常の生活の中で簡単にできるバストアップ対応になります。

マッサージやストレッチで巡りをよくする

各所に流れた脂肪は、冷えて固まり、その場に定着します。背中やワキ・二の腕などをしっかりマッサージ、またはストレッチして、血行を良くし流れやすくしましょう。また、マッサージをする際は、身体が温まっている入浴中などに行うと、より効果を発揮します。

下着を正しく着けて離れ乳改善

ブラジャーはほぼ毎日付けるものなので、正しい下着の付け方をマスターするだけで、離れ乳の改善に大きく繋がります。小さなことからコツコツと行うことで、最終的にはチリも積もれば山となります。ぜひ、正しい付け方を身につけましょう!

まとめ

女性の悩みに多い”離れ乳”について、その原因と対策方法をご紹介してきました。自分に当てはまる原因はありましたでしょうか?離れ乳は、その生活習慣で引き起こされ、普段何気なく行っていることが、離れ乳に繋がっているということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

ですが、その対策方法も難しいものではなく、日常生活のちょっとした改善で、離れ乳知らずのバストを手に入れることができます。大胸筋を鍛えれば筋力アップにも繋がりますし、ストレッチやマッサージで身体の血の巡りを促します。離れ乳防止だけでなく、さらなる付加価値を求めて、今日から生活にプラスしてみませんか?生活習慣を変えて、理想のバストを手に入れましょう!