存在感バツグンのFカップ!Fカップの特徴や下着選びのコツ

男性から圧倒的人気を誇るバストサイズとして知られるのが、Fカップです。Fカップの女性なんていない、と思っている女性もいるかもしれませんが、実はFカップの女性は意外にも多く、意外な芸能人もFカップとして知られています。

とはいえ、Fカップと言われても、ただ大きいとしか想像できず、具体的なサイズをわかって居ない方は少なくありません。Fカップは実際の所、どの位のサイズがあるのでしょうか?Fカップのサイズの特徴や魅力、Fカップの人気の理由や、Fカップになるためのバストアップケアについてご説明します。

Fカップ以上の芸能人


意外にも、Fカップの女性芸能人は多く、意外なあの人も、Fカップとして世間を賑わせているでしょう。Fカップの女性芸能人やアイドルはどんな人なのかご紹介します。

綾瀬はるか

女優として人気の高い、綾瀬はるかさんも、こっそりバストが大きい女性芸能人として知られています。そのバストの大きさを買われ、バストサイズを主張した演出をする作品も多く、豊満なバストとほんわかとした雰囲気、天然の性格にやられる男性は少なくありません。特に男性からの人気が非常に高く、バストサイズのみならず、性格も人気を集める要因として知られています。

佐野ひなこ

グラビアアイドル、モデルとして活動する、佐野ひなこさんも、実はFカップの持ち主として有名です。非常にスタイルバツグンで、細身で小柄なイメージが強いにも関わらず、バストは大きい事から、そのギャップスタイルのギャップにやられる男性が多いでしょう。近年は女優としても活動しており、そのナイスバディが見えるような衣装を着る機会も多く、世の男性を魅了し続けています。

熊田曜子

タレントとして人気の熊田曜子さんも、Fカップの持ち主として、男性から高い人気を集めて居ます。一時は時の人として、グラビアを中心に、各種バラエティ番組などでも活躍をしており、テレビでも毎日のように出演する程の人気を集めていましたが、露出が減った今でも、その人気とスタイルは健在。年を重ねた現在もナイスバディは健在で、老若男女を問わずに愛されるキャラクターとして知られています。

篠崎愛

グラビアアイドルとしてデビューをしてから現在に至るまで、男性から圧倒的支持を集めているのが、篠崎愛さんです。篠崎愛と言えばむっちりとしたFカップというのが代名詞になっている程、非常に柔らかそうなボディは、男性から強い人気を誇ります。そのむっちりとしたボディに似合わない童顔とのギャップにやられる男性も多く、ほんわかとした話し方も篠崎愛さんの魅力の1つといえるでしょう。

Fカップのサイズはどのくらい?

とにかく大きいバスト、というイメージが強いFカップですが、実際の所、バストサイズは具体的にどのくらいかご存じでしょうか?具体的な数値やサイズを知ると、Fカップがいかに大きいのか、Fカップがいかに奇跡のバストなのかという事を、よく分かる筈です。Fカップのバストサイズは、具体的にどの位なのかをご説明します。

トップとアンダーとの差が約22.5センチ

バストサイズはトップとアンダーとの差で測りますが、この差が何と、22.5㎝前後であるのが、Fカップの目安として知られています。こちらは余程バストが大きく、余程アンダーが細くないとならない数値で、F65という方が居たら、それこそアニメキャラクターのような奇跡の体型であるといえるでしょう。

片手の手のひらでは収まり切らない大きさ

Fカップはそのサイズ感からか、大抵片手だけでは収まりきれない大きさをしています。個人差もありますが、手が大きい人でギリギリ包み込めるかどうかの大きさをしている事が多いでしょう。片手では収まり切らず、基本的に手のひらからはみ出して居る状態、それがFカップのサイズです。

存在感のあるサイズ感

Fカップは非常に存在感のあるサイズ感で、水着などはもちろん、Tシャツ越しでもその存在感は確固たる物とされています。バストの主張が激しく、ボディラインが強調される服装では、問答無用でバストが主張しますので、一見するだけで、バストの大きさを実感出来るでしょう。

谷間が余裕で作れる大きさ

寄せて上げずとも、下着を身につけるだけで簡単に谷間が出来るサイズ感が、Fカップの魅力です。Fカップの場合は、無理をしてバストを作らずとも、そもそものバストの存在感が強いため、胸があいている服を着よう物なら、簡単に谷間が露呈します。意識せずとも自然と谷間が出来ている、正真正銘の谷間が出来るのも、Fカップの大きな魅力といえるでしょう。

Fカップの谷間の場合、バストそのものに重量がありますので、谷間に物を挟んでも落ちないのも魅力です。小さめのバストサイズを無理して大きく見せようと、寄せて上げている場合は、どうしても谷間に安定感がありませんので、物を挟んでも落ちてしまいます。どっしりと重量のある安定した重さがあるというのも、Fカップの特徴といえるでしょう。

Fカップ以上のブラの選び方

バストを守る為に身につけるブラですが、Fカップともなると、小さめバストと比べて、ブラ選びのポイントが少し異なります。Fカップ以上の場合は、どの様にしてブラを選べば良いのか、Fカップ以上のブラの選び方や、ブラを選ぶポイントをチェックしておきましょう。

デザインよりもサイズの正しさを優先

大きめサイズのブラは可愛いデザインの下着が少なく、出来るだけデザイン性の高さで選ぶようにしているという方が少なくありません。ブラはついついデザインの可愛さで選んでしまう方も居ますが、Fカップ以上ともなると、デザインだけで選ぶのではなく、サイズで選ぶようにしましょう。

Fカップ以上ともなると、サイズが合っていないブラを付けてしまうと、しっかりとバストが固定されずに、バストの形崩れや、バストのたるみに繋がります。また、しっかりと固定されないことで、胸が痛い、肩こりを悪化させる原因に繋がる事が多いと共に、下着がずれる事で、靴擦れのような状態に陥ってしまうでしょう。トップアンダー共に、きちんとサイズを測ってもらった上で、自分のサイズに合っているブラをつける事が、大きめサイズになると特に重要になります。

固定力、キープ力があるブラを

バストサイズが大きければ大きいほど、バストをしっかりと支えるホールド力と共に、キープ力を選ぶ事が重要になります。固定力、キープ力がないと、例えサイズが合っていたとしても、バストが自由自在に動いてしまい、下着が意味をなさなくなってしまうためです。

バストサイズが大きい=バストそのものの重さもあるということですので、しっかりとバスを支えられるタイプのブラを選び、正しく身につけるようにしましょう。バストがしっかり固定されていないと、バストの形崩れやバストのたるみに繋がります。

長時間付けていても痛くならないタイプを選ぶ

バストサイズが大きいと特に、ブラを長時間付けていると、下着の締め付けで痛くなる、苦しくなると言う方が少なくありません。バストサイズが大きければ大きいほど、長時間付けていても痛くならないタイプを選ぶように心がける事が大切です。

特に、アンダーがそこまで細くは無い、普通にあるという場合は、あまりにも締め付けが強すぎると、血行不良でうっけつする可能性があります。バストそのものが重量がある分、血流が悪くなりやすいため、下着で更に悪化させてしまわないように、下着は長時間付けていても痛くなりにくい、フィットするタイプを選ぶ事が大切です。

夜はナイトブラを着用

夜にブラを付ける場合は必ず、ナイトブラを着用しましょう。ここまでバストサイズがあると、ナイトブラでしっかり支えておかないと、寝ている間に簡単にバストが型崩れを起こします。ナイトブラをするだけで、バストのたるみを防ぐと共に、バストが固定されないことによって起きる、バスト回りのダメージを減少することが出来るでしょう。

ナイトブラを選ぶ際にも、自分のバストサイズに合っているタイプを選ぶ事が大切です。ただし、Fカップ以上ともなると、ナイトブラが売っていないようなお店もありますので、お店選びに苦労する場合もあります。根気よく探せば必ずありますので、妥協してサイズが小さいブラをつける事が無いように、ナイトブラを探し求めましょう。

feelyイチオシ!TVで紹介&ドクターお墨付き!バストアップ効果が期待できちゃうナイトブラはこちら!

モテフィット

feely編集部イチオシ、オススメのナイトブラ「モテフィット」。大人気Youtuberのてんちむさんが開発した製品です。彼女も実は元はAカップ。ナイトブラを変えるだけでなんと今ではDカップなのだとか!

しっかり寄せてギュッとあげてそのままキープ。それによって土台のしっかりした丸みのある美胸を作ります。伸縮性もあるので圧迫感もなく、ノンワイヤーなので痛くなることもありません。脂肪が付きがちな背中や脇からしっかりとお肉を持ってくることで離れ胸対策もバッチリ!美しい胸のラインを保ったまま、バストアップを目指せます。

「ホンマでっか!?TV」に出演のドクターからもお墨付きをもらったこの「モテフィット」。ぜひこの機会にお試しください!

 

Fカップの男性受け、女性受けはどう?

Fカップはとにかく大きいバストとして男女ともに認知されていますが、そんなFカップのバストは実際の所、男性受け、女性受けはどのような物なのでしょうか?Fカップの男性受けと女性受けの度合い、それぞれバストサイズに対してどう思っているかなど、赤裸々な本音を紹介します。

男性からは圧倒的人気

Fカップのバストは、やはり男性から圧倒的人気を誇ります。中には、大きければ大きいほど良いと考えている男性もいますので、Fカップ女性を見たら、好みドンピシャと思うような男性も少なくありません。

また男性によっては、極端な例ですが、Fカップの不細工と、Aカップの美女がいたらどちらを取るかという質問に対し、半分以上の割合で、Fカップの女性を取るという結果となっています。それだけバストサイズを基準に女性の魅力を判断するという男性は一定数おり、Fカップは正に、男性の理想のバストサイズとして考えられていると言っても、過言ではありません。

自分がなるのはイヤという女性も

その反面、自分がFカップであるという女性や、もしFカップになったらどう思うかという質問に対して、女性は多くの方が、あまりよくない、自分はなりたくないという方が多い傾向にあります。その理由は、バストの管理や、日常生活の負担です。バストが大きいとどうしても、肩こりや頭痛などの体調不良に悩まされやすいと共に、下着の締め付けや、あせもなどに悩まされるという方が少なくありません。胸が大きくても何の良いこともないと感じている女性も多く、女性からは不人気とされています。

ですがその反面、Aカップになるか、Fカップになるか、どちらかしか選べないならどちらを取るのかという質問に対しては、ほとんどの女性がFカップになりたいと選択しているのも事実です。バストサイズがある程度合った方が良いと思っている女性も多く、全く何もなくなる位なら、日頃の大変さを取る、と考えている女性が多いでしょう。極端な例ではありますが、あるかないかで言ったら、ある方を選択する方が少なくありません。

グラマラスなサイズ感は人気

男性女性共に、Fカップのグラマラスなサイズ感は定評があるポイントとして知られています。Fカップならではのナチュラルな胸の谷間や、Fカップならではの存在感、重量感が魅力と感じる男女が多く、女性らしさを感じるという方が少なくありません。バストサイズに母性や包容力を感じる男女も多く、Fカップの女性を見ると、ついついジッと見てしまうと言う方が、男女ともに多いでしょう。

セクシーな服を着ると賛否両論

Fカップはナチュラルに出来る胸の谷間が魅力の1つではありますが、胸元が開いたセクシーな服を着ることに対しては、男女ともに賛否両論あります。賛成派の場合は、そのセクシーさを魅力に感じており、反対派の場合は、何だかイヤらしく感じるのが嫌だ、と言う意見を持っている方が多いでしょう。

胸元が開いた服の他にも、ぴたっとボディに張り付くような、ボディラインがしっかり見えるタイプの服装や、水着などの明らかに露出をする服装も、男女ともに賛否両論の意見があります。男性は基本賛成派が多いですが、自分の彼女がFカップの場合、出来ればそうした服装を控えるようにして欲しいと感じている方が多いようです。Fカップはどうしても、ついつい見てしまうような存在感をしていますので、よその男に見せたく無い、見て欲しくないと感じる方が多い事が理由といえるでしょう。

女性の場合は、Fカップであれば堂々とセクシーな服装を楽しむという意見もあれば、実際にFカップの女性の多くは、じろじろと見られるのでそうした服装をしたくないと観じている方が少なくありません。こちらは人によって考え方に個人差がありますので一概には言えませんが、男性女性共に、Fカップの服装に関しては、様々な意見が飛び交っているのが特徴です。

めざせFカップ!バストアップのコツ

大きなバストになりたい、Fカップと言わずとも、少しでもバストサイズを大きくしたいと考えている女性は少なくありません。Fカップになれずとも、理想のバストサイズに近づくためにも、まずはバストアップのコツを掴んで、バストアップのケアをすることが大切です。バストアップのコツやポイント、バストアップの方法など、バストアップのケアについてご説明します。

日々のマッサージケア

マッサージ オイル

バストアップには、血流改善が重要なポイントです。血流が悪いと体の巡りが悪くなり、バストアップに必要な栄養素も、バストに到達しなくなってしまいますので、しっかりと体の巡りをよくするためにも、日々のマッサージケアを行いましょう。バストマッサージケアを行う際にはまず、二の腕のマッサージから始まります。しっかりと両腕をもみほぐして、そのまま脇の下のコリをほぐしたら、そのままバストの方に流しましょう。

バストのマッサージとなると、ついついバストそのものばかりを揉む方が多いですが、本当にバスト大きくしたいのであれば、胸回りを広い範囲でマッサージをする事が効果的です。二の腕や脇の下を終えたら、デコルテライン、アンダーバストのライン、バストの谷間部分など、しっかりとマッサージをしていきましょう。

また、マッサージをする際には、背中やお腹周りから、お肉をバストに持ってくるようにしてマッサージする事も忘れてはいけません。背中やお腹部分に、元々はバストにあるべきだったお肉が流れてしまっている事も多く、マッサージを続ける事で、正常な場所、バストの部分に戻る可能性があります。マッサージを行なう際には、出来れば体を温めてから、丁寧に時間を掛けて行う事が大切です。

筋トレエクササイズでバストアップ

バストアップ効果を得るためにも、垂れないバストを作る為にも、重要なバストアップケアとして知られているのが、筋トレエクササイズです。筋トレエクササイズでは、胸筋回りを鍛えてバストアップをするほか、バストを支えるクーパー靱帯をケアし、靱帯が切れにくい、強固なバストを作っていきます。靱帯は一度切れるとそのまま治ることがありませんので、靱帯が切れてしまう前に、しっかりと筋トレをして、バストアップケアを行ないましょう。

手軽に出来るバストアップ筋トレエクササイズが、両手のひらを合わせて行なうエクササイズです。両方の手のひらを同士を合わせて、力一杯ぐぐっと押し合うこと10秒。そのままゆっくりと離して、また力を入れて押し合う、と言う流れを繰り返すことで、簡単筋トレエクササイズが可能です。筋トレは毎日こまめに行う事が重要ですので、出来るだけ力一杯やると共に、いざと言う時には無理をせず、体と対話をしながら進めるようにしましょう。

サイズの合った下着を着用すること

サイズの合っている下着を着用するだけでも、実はバストは大きくなります。サイズの合っている下着を正しい方法でつける事で、本当はバストとして残るべきだった贅肉が、体の別の所に垂れてしまっていたりするケースもあるため、まずはサイズの合った下着を身につけましょう。

サイズの違う下着を身につけ続けていると、バストはどんどん崩れていき、どんどんバストサイズが減少して、ついには何もなくなってしまいます。バストアップをするためにも、今あるバストの形を美しくするためにも、サイズの合ったブラや、シーンに合っているブラを付けて、ケアする事が重要です。

日々の生活習慣を見直して

バストアップをする為には他にも、食生活の見直しや、運動習慣の見直し、睡眠不足改善や喫煙習慣を無くす等、様々な生活習慣の見直しが大切になります。ちょっとしたポイントを見直すだけでも、バストアップに劇的な効果を発揮する場合も多いため、出来るだけ早い段階で、根本的な生活習慣の見直しを行ないましょう。

また、普段の姿勢なども、バストアップに大きく関係します。眠るときにうつぶせになっている方や、日頃から猫背という方は特に、その生活習慣が、バストサイズをダウンさせる原因になっている可能性があるでしょう。バストサイズがダウンする可能性があるような体勢を避けることも、バストアップには重要なポイントです。

まとめ

Fカップは男性の夢のバストサイズとして重宝される傾向がありますが、女性の場合、実際に自分がなると、敬遠してしまう傾向があるようです。もちろん、無いよりはある方が良いと考えている方も多いですが、日頃のバストケアを考えると、Fほど有ると大変かも、と現実的に考えている女性が多いでしょう。

Fカップを目指す、とまでは言わずとも、バストを理想のサイズにアップさせたいという場合。日頃のケアや、生活習慣の見直しなど、根本的な対策が必要です。まずは毎日行なえるバストアップケアを行なって、理想のバストサイズを目指して見ると良いでしょう。