公私混同しないように心がける!仕事とプライベートで大切なこと

公私混同という言葉を聞いたことがあるという方も多いでしょう。近年は特に公私混同をする人が増えていて、仕事とプライベートがなかなか区切れていない人も多いといわれています。そこで、ここでは公私混同についての情報を紹介します。

そもそも公私混同とは?

公私混同の意味

そもそも公私混同の意味とはどういうものなのでしょうか。これに関してはとてもシンプルです。社会的な行動と個人的な行動を合わせてしまうという意味で使われることが多いと言えます。よく対比させられるのが仕事とプライベートです。

それらを混ぜてしまって、一緒くたに考えてしまうことを公私混同と言います。近年は会社と自宅での行動が一緒になっている方も増えていて、その区別が難しくなっています。より仕事とプライベートを分けて考えたい方が多くなっている一方で、実際には公私混同をしてしまっている方も多いです。

公私混同はどんなときに使う?

公私混同はどんな時に使うのかと言えば、多くの場合は悪い意味で使うことが多いです。良い意味ではなかなか使われない言葉なので、使う場合や使われた場合は気を付けておくことが必要となります。

よく使われるシーンとしては、例えば前日に友人たちとの飲み会などがあって仕事に遅刻してしまった場合などです。「仕事とプライベートを公私混同するな」という感じで使われることが多いでしょう。その他にも趣味などを仕事に持ち込んだりする時などにも使われることが多いです。

公私混同の類語は?

公私混同の類語はあまりありませんが、他の言葉で公私混交や公私混淆と表現されることも多いです。この手の言葉はもともと同じ意味を持っていて、どれも「一緒にする」という意味があります。つまり、公私を一緒にして考えてしまっている状態のことを表しています。

どちらにしても良い意味で使われることは少ないので、使う方も使われた方も気を遣うことかもしれません。この手の言葉はあまり良いイメージがないという方も多いです。だからこそ、使ってしまいそうな場面が出てきたら、言葉を慎重に選んでいくことが必要となるでしょう。

公私混同の対儀語は?

公私混同の対義語に関しては、あまりありません。そもそも公私混同という言葉を逆にして考えるということは難しいです。例えば、仕事とプライベートをまったく別で考えることを表現できる言葉があるならば、それが公私混同の対義語になるのではないでしょうか。

職場で公私混同しないために

立ち仕事

職場に対してのメリットを優先する

職場で公私混同しないためには、職場に対してのメリットを優先することが重要です。仮にもその会社や企業の社員として働いているのですから、その場ではその職場を優先しましょう。従業員として働いている以上、職場にはプライベートを持ち込まないことが大切です。

職場というのは、しっかりと利益を出し、それを社員や従業員に還元するために給料を支払っています。そのため、誰かがプライベートなことを持ち込むと、他の社員や従業員に不公平感や生まれます。その不公平感はやがて大きくなり、より公私混同を進めてしまう原因にもなるのです。くれぐれも注意が必要となるでしょう。

職場の人との距離感を大切にする

職場の人との距離感を大切にすることも重要です。近年は友達や友人のように接する社風も多くなってきましたが、やはり職場というのは社会という場と言えます。そのため、あまりにも距離感が近くなってしまうと、プライベートを持ち込むことが多くなってしまうのです。

もちろん、社員や従業員の仲が良いのは素晴らしいことです。しかし、仲が良過ぎるあまり、職場でもタメ口を使ったりしてしまうと、その場から空気が壊れていきます。それも公私混同になるため、距離感は適度に保つことが必要です。あくまでも職場ということを理解しておくことが必要となるでしょう。

職場の人のことを考えた行動を心がける

職場の人のことを考えた行動をするのも重要です。学校などと一緒で、職場も人間が集団生活を送っている場です。自分だけが自分のやりたいようにやっていては、会社や企業として成り立ちません。まずは職場の人のことを考えて、自分のことは後回しにしていくことも時には必要です。

もちろん、仕事をするための場なのですから、そこはお互いに尊重していくことが重要です。仕事だけに集中してやるというのは難しいでしょうから、たまに会話をする程度は必要です。しかし、必要以上に職場の人を考えずに行動するということは避けておきたいと言えるでしょう。

プライベートでのストレスを軽減させる

ストレスを職場で解消しようとする方がいますが、それは間違いです。ストレスというのはプライベートで軽減させるのが良いでしょう。ストレスはプライベートでしっかりと軽減し、その上で気持ちを切り替えて仕事をするのが理想的。実際に仕事の合間にも休憩は必要ですが、過度なプライベートを持ち込むと仕事との両立ができなくなる恐れがあるので、その点は注意するようにしましょうね。

恋愛で公私混同しないために

カップル

安定的な恋愛を求める

恋愛でも公私混同していることが多いかもしれません。恋愛において重要なのは、安定的な関係を求めることです。相手がいて、自分がいて、そこでその関係を保てるということが重要となるでしょう。そこにプライベートを持ち込むと、その途端に関係が崩れてしまうこともあります。

ただ、もちろん恋愛においては気を遣わないということも重要となるため、プライベートも織り交ぜながら接することが重要です。安定的な恋愛を求めると同時に、自分たちが一番居心地の良い関係を作っていくことも重要と言えるでしょう。そうしないと後々につらい関係になっていくかもしれません。

ライトな出逢いを求める

ライトな出会いを求めることも重要です。実際に恋愛においては、あまりにもプライベートが重くなると、関係自体も重くなることが多いでしょう。いきなり「交際してくれませんか」とか「結婚してくれませんか」という話になれば、お互いにとってもヘビーな関係となってしまいます。

まずは普通に友達や友人のようなフランクな関係を築いていくことが重要と言えるのではないでしょうか。

自分の遊びや趣味を大切にする

自分の遊びや趣味を大切にすることは重要です。よく恋愛をする時、相手のことばかり優先してしまって、自分のことは何もしなくなる人がいます。それこそベッタリな関係になってしまうということも多いかもしれません。しかし、そうなるとお互いに依存しやすくなり、あまり良いとは言えません。

まずは自分の遊びや趣味を大切にして、恋愛している相手との距離感を間違わないようにしたいところです。公私混同の意味自体、仕事とプライベートと関係してくることも多いですが、恋愛に関してもよく考えておきたいことが多いです。そこはしっかりと考えておくと良いでしょう。

公私混同してしまう人の特徴

性格が楽観的である人

公私混同してしまう人は、性格が楽観的である傾向が強いです。悲観的な人は「仕事に自分の事情を持ち込んではいけない」と律するものですが、楽観的な人は「それくらい良いでしょ」と思ってしまうことも多いです。それはやはり社会においては、良くないものと思われるでしょう。

実際にそういう人達が悪いのは、楽観的がゆえに悲観的にならず、自分の悪い点を改善できない点にあります。「そういうものだから仕方ない」と思ってしまう人が多い一方で、職場には「会社や企業に合わせてくれないと」と思う人も多く、そこで摩擦が生じてしまうことも多いです。

職場恋愛をする人

職場恋愛をする人も公私混同してしまいやすいと言えるでしょう。本来、仕事の仲間だと思えば恋愛感情になることは少ないです。しかし、仕事にプライベートを持ち込む人は、社内恋愛を楽しんでいる人もいます。もちろん、職場恋愛が悪いとは言いません。

しかし、それによって仕事に異変が出てきたり、障害が出てきたりする場合は良くないと言えるでしょう。公私混同すると、仕事にも影響が出てきます。そこは自分で処理できる範囲なら良いですが、迷惑をかけてしまうものとなれば許されないこともあるかもしれません。

考え方が自己中心的な人

考え方が自己中心的な人も、公私混同をしやすいので注意が必要となります。「今日は残業したくないから帰る」と仕事が終わっていないのに帰宅してしまう人もいるかもしれません。また「好きなゲームが発売されたので、今日は休みます」というのも良くありません。それは当然です。

しかし、そもそも自己中心的な考え方の人はそういう点に気付いていないことが多く、知らず知らずのうちに公私混同してしまっていることが多いのです。もちろん、自分を大切にすることは重要ですが、仕事をしているからにはそこもしっかりと考えて行動していくことが必要となります。

言い訳が多い人

言い訳が多い人は、やはり公私混同してしまうことも多いです。「彼氏と別れたから仕事を休みます」「彼女に振られたので出勤できません」というような意見さえも、近年は増加していると言われています。言い訳をしやすい人は、より公私混同しやすいので注意が必要となるでしょう。

もちろん、言い訳は社会人にとってあまり良いものとは言えません。そこは自分が責任を持って行動していくことが必要です。社会で働くということは、そういう点に合わせていくということでもあるので、自分に非がある時は言い訳しないことが重要です。

まとめ

公私混同してしまう人が多くなり、近年は仕事とプライベートの両立もなかなか難しくなってきていると言えるでしょう。そこは本人たちの気持ちの持ちようでもあるので、1人1人が社会人としての行動を今一度見返してみることが必要となるのではないでしょうか。