初キスのタイミングはいつなの?初キスを成功させよう

“初キスのタイミングはいつがベストなのかわからない方も多いでしょう。実際に正解というのはありません。しかし、せっかくの初キスなら、やはり最高のタイミングでやりたいものです。そこで、ここでは初キスを成功させるための情報を紹介します。

みんなの初キスのタイミングを調査しました

初キスの時期

そもそも初キスの時期に関しては、どれくらいでするのがベストなのでしょうか。付き合って数週間でする人もいれば、数か月でする方もいます。実際にベストなタイミングというのは、人によって違ってくるでしょう。ただ、調べてみると初キスの時期に関しては、付き合って2週間前後が多いと言えます。その他、人によっては1週間だったり3週間だったりします。

また、年代はそもそもどういう時期だったのかという情報に関しては、中学生や高校生の時期に初キスした人が多いです。ただ、意外にも多いのが大学生など少し大人になってきてから初キスを経験したという人でしょう。中には社会人になってからキスをしたという人もいるなど、一概に正解というのはありません。時期は人によっても全然違います。

初キスの場所

初キスの場所として多いのはどこなのかと言えば、やはり公園などの飾り過ぎない場所が多いと言えます。特に学生などはお金がなくて、あまり高級レストランや高級ホテルなどは行けません。大人でも行けない人は多いです。そういう人は、公園などに行って初キスするということが多いのかもしれませんね。もちろん、どこでキスをしたかで思い出が変わってくるので、シチュエーションは重要です。

また、場所に関して意外にも多かったのが自宅です。自分の家や相手の家に行った時、初めてキスをしたという人も多いでしょう。そういう体験は後々まで残る思い出になるはずです。自宅だとやはり人に見られるということがないため、心配することなくキスを楽しむことができます。そういう気持ちがあって、自宅に行った時に初キスを済ませるということが多いのかもしれません。

初キスは付き合ってから?それとも付き合う前に?

カップル

初キスが付き合ってからが良い理由

初キスは付き合ってからした方が良いです。その理由はいくつかあります。

まず、初キスというのは特別なものであり、そう易々とやらせて良いものではありません。人生で最初のキスというのは、しっかりと好きな人とするべきです。日本人は特に初キスに対して特別な思い入れを持っている人も多く、それ自体が大切な思い出になることも多いです。だからこそ、ちゃんと付き合ってからしてくれる人の方が良いと言えるでしょう。

その他、付き合ってからの方が気持ちを確かめ合うには良いという点もあります。そもそもキスをしたら逃げていくような人もいるので、相手にすぐに許してしまうというのも良くありません。付き合ってからちゃんとすることで、自分のガード力も証明することができて一石二鳥です。

初キスが付き合う前が良い理由

初キスが付き合う前の方が良いという意見もあります。もちろん、付き合う前にしてしまって、相手の気持ちを確かめるというのも良いでしょう。

初キスというのは、それこそ一生の思い出になることが多いです。人によっては付き合う前にキスすることで、「あんなこともあったよね」と当時を振り返る思い出にもなるかもしれません。そういう点では、付き合う前のキスも悪くはないのかもしれません。

また、キスをすることでお互いに燃えるような恋をすることもでき、そこで「この人が運命の相手」だと確信できるかもしれません。そういう点でも、やはり付き合う前にキスをするというのは良いとも言えるでしょう。人によって違ってくるので、まずは自分がどのような価値観なのかを把握しておくのが良いのではないでしょうか。そうすれば、キスの価値も見えてくるでしょう。

初キスを成功させよう

目を閉じよう

初キスを成功させるために重要なのは、目を閉じることです。男性も女性も初めてのキスの時には、ドキドキしてそもそも頭の中が真っ白になっているでしょう。しかし、特に男性に多いのですが、キスをしている時に目を開けてしまっている方がいます。それでは女性も引いてしまうでしょう。もちろん、逆もまた然りなので気を付けておくことが必要です。

キスをする時には、しっかりと目を閉じてお互いがお互いを唇で感じられるようにすることが重要です。初キスは雰囲気が重要なので、そういう点にもこだわっておくと良いのではないでしょうか。もちろん、目を開けたままキスをすると、やはりムードも良くなくなることがあります。大切なのはムードなので、それらを良くするためにも目は閉じましょう。

相手に合わせて首を傾けよう

相手に合わせて首を傾けることも重要です。初キスの失敗談で多いのが「上手くできなかった」というものとなっています。鼻と鼻がぶつかってしまったり、歯と歯がぶつかってしまったりすることもあります。そのため、首は相手とクロスするように傾けて、そのまま唇が自然と触れ合うようにしていくことが必要となるでしょう。そういう自然な所作が重要です。

また、相手が首を傾ける方向は、大半が右となります。しかし、たまに左に傾ける人もいるのでそこは状況に合わせてキスをしていくことが必要となるでしょう。もちろん、身長の差などがあるかもしれないので、その場合は自分と相手の距離感も間違えないようにしていくことが重要です。そこさえしっかりと守っていけば、素敵な初キスを楽しむことができるでしょう。

口臭に注意

初キスの時に気を付けておきたいのが、口臭です。口臭がキツい人とは、やはりキスしたくないものです。初キスがそんな思い出になってしまったら、それこそ嫌な思い出として残っていくでしょう。キスの前に歯磨きやうがいをしろとは言いませんが、ガムや飴などで紛らわせるというのも重要です。特に飴やガムであれば良い香りを演出することもできます。

実際に初キスの時などは、緊張して口の中が渇くことがあります。口の中が渇いてしまうと、口臭の原因となる匂いが出やすくなるのです。そのため、ガムや飴で唾液を分泌させることはとても重要となります。コンビニなどでその手のものも簡単に購入できるので、デートの前には用意しておくと良いかもしれません。それもまた初キスのエチケットとなります。

口を閉じすぎない

口に関しては、閉じ過ぎないようにすることが重要です。あまり閉じていると唇の柔らかさが伝わらず、微妙な初キスになってしまいます。適度に口を開けると言えば語弊があるかもしれませんが、閉じない程度にキスをするようにしてください。そうすることで、口と口が触れ合った時にしっかりとフィットし、初キスも上手に済ませることができるでしょう。

慣れていない方は口を閉じてしてしまうことが多いですが、口を若干開いてすることでより上手に絡ませることができます。もちろん、大人のキスの場合も口と口を絡めることになるので、閉じるという癖がある人は気を付けておいた方が良いです。まずはその点を気を付けておくと良いのではないでしょうか。そうするだけでも上手なキスができるようになります。

息づかいを落ち着かせる

息遣いを落ち着かせることも重要です。実際に息遣いが荒いと、相手に「興奮しているの?」と思われてしまうかもしれません。初キスの時はドキドキすることも多いので、つい息が切れてしまうこともあります。そこは冷静に深呼吸して、自分の呼吸を整えるようにしてください。そうしないと、初キスの時に相手に嫌な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれません。

また、キスをしている時は、どこで息継ぎをすれば良いのかわからなくなることもあります。冷静に鼻で呼吸できるようにし、口で呼吸するのはやめましょう。鼻呼吸の場合はキスしている時も冷静になりやすいです。逆に口呼吸だとタイミングが難しいですし、何より口が渇いて口臭の原因になることもあります。総合的に見て鼻呼吸でキスするのがベストだと言えるでしょう。

歯が当たらないように

キスで意外と多いトラブルが、カツンと歯が当たってしまうことです。これは初キスで経験したことがある人も多いのではないでしょうか。相手との距離がわからなくて、歯がカツンと当たってしまうという苦い経験は誰にでもあります。しかし、やはりせっかくの初キスなら、そういう思い出よりももっとロマンチックな思い出の方が良いでしょう。

歯に関しては、唇を先に出せば当たるということはありません。口を開き過ぎると当たってしまうことが多いので、そこは気を付けておくことが必要だと言えるでしょう。もちろん、歯が当たったからと言って相手に嫌われることはないでしょうが、あまり良い思い出にはならないかもしれません。下手だと思われてもアレなので、歯には十分気を付けておきましょう。

まとめ

初キスというのは、人生において一度切りのチャンスです。そんなキスを失敗しないためにも、ベストな時期にベストなタイミングでベストな場所を選ぶようにしましょう。それが一生の思い出になると思えば、おのずと気合も入るかもしれません。ただ、気合もほどほどに楽しむ気持ちで挑戦するのが良いです。