大根の栄養素とは。ダイエットに効果がある?

スーパーで年中手に入り、冷蔵庫にも常に置いてある大根。和風のお料理に使うことが多く、煮たり、大根おろしにして付け合わせとして食べたりと色々な食べ方ができます。普段何気なく食べている大根ですが、その栄養素はどのようなものが含まれているのでしょう。

大根に含まれる栄養素は?

ジアスターゼが消化をサポート

大根には、さまざまな栄養素があり、優れた成分が健康維持にも役立ってくれます。そのひとつが、胃薬いらずとも言われるジアスターゼです。消化酵素のひとつであり、でんぷんの分解を補助してくれることから、胃の負担を減らすことができます。うどんやそばに大根おろしをつけて食べるのは、でんぷんを分解しやすくなるところが重要でしょう。美味しく食べることはもちろんですが、負担をかなり軽減してくれます。

胃腸を整える消化酵素

胃腸を助けてくれる消化酵素は、大根の栄養素のポイントになってきます。しかし、酵素は熱に弱い特性を持っていることを忘れてはいけません。50度を超えると分解されてしまうことになるため、消化酵素を生かすのであれば、加熱しないで食べることがポイントになってくるでしょう。ジアスターゼのほかに、オキシダーゼといった酵素も消化促進してくれますので、付け合わせにしたりしても役立ってくれるでしょう。

美肌には欠かせないビタミンC

スキンケア

ビタミンも豊富に含んでいますが、中でもビタミンCは、人間には欠かせない栄養素です。美肌として考えた時に、ビタミンCは活性酸素の発生を抑え、抗酸化力を与えてくれます。皮膚の老化予防にも役立つことは知られてきており、美肌効果を考えれば、大根は優秀な食材になってくれるでしょう。副腎の働きを助け、ホルモンの分泌を促してくれることを考えると、ストレスの解消にもなってくるのですから、ダイエットには欠かせない食材です。

便秘の人にもおすすめ食物繊維

大根には食物繊維も豊富で、便秘の人にもぴったりの食材になるでしょう。腸内環境を整えてくれる大切な栄養素であり、善玉菌を増やしていくためにも必要です。免疫力アップにも腸内環境の整備は必要になってきます。熱で破壊されることがないため、おなかを冷やしたりしないように、煮て食べるのも有効です。身体を温めることで、腸の働きも助けてくれるでしょう。

大根がおすすめの人

食欲不振の人

食欲がないというのは、いろいろな原因があります。消化がうまくいっていないというときには、大根はぴったりの食材になってくれるでしょう。腸内環境を正してくれて便秘解消にも役立っていくため、食欲不振の人にはいろいろな調理方法で食べてみるのは効果的です。栄養素を詰め込みながら食べるのであれば、大根おろしにすると、食欲がないときにも食べやすいでしょう。

大根おろしであったら食べられるといったこともあるはずです。さまざまな食材に沿えて行くだけで、さっぱりと食べられるようにもなるでしょう。みぞれ鍋のようにして食べるだけでも、食欲を増進してあげることもできます。食べやすさの改善といった意味でも、食欲不振の状態にはぴったりです。

風邪をひきやすい人

風邪を引きやすい人の特徴としては、ビタミンCの摂取が少ないという点があげられます。大根には豊富なビタミン類が含まれており、ビタミンCも取りやすい食材でしょう。加熱すると壊れてしまいやすいため、生で食べられるように工夫しておくと間違いがありません。

美肌を手に入れたい人

肌のことを考えると、抗酸化作用を持っているビタミンCが豊富なのは適している食材です。葉っぱにもビタミンAが含まれており、肌や粘膜を上部にしてくれるため、免疫力を高めながら、美肌を狙っていくことができるでしょう。コラーゲンの生成にビタミンCは欠かせないのですから、肌のシミ対策にも役立っていくでしょう。

ダイエットのサポートに取り入れたい人

ダイエットを考えると、腸内環境を整える食物繊維は欠かすことができません。老廃物を排出してくれて、腸内環境を整えてくれますが、ダイエットで考えれば、大きなメリットをもたらしてくれます。消化も促進できるようになりますし、肌の状態も改善できるようになり、ダイエットのサポートにぴったりですし、弊害として表れやすい肌荒れなども防ぐことができるでしょう。

大根はダイエットに効果があるの?

酵素が多く含まれている

消化酵素を大量に含んでいることは、大根の大きな特徴です。胃腸の調子を整えてくれるため、消化をしっかりと助けてくれます。ダイエットするときには、どうしても胃腸の調子が気になるところですが、大根であれば食物繊維を摂取しながら、健康な状態を保ち、消化を助けて効率のいいダイエットにつなげることができます。

イソチアシオネート

大根には独特の辛み成分がありますが、それがイソチオシアネートです。胃液の分泌を助けてくれるようになるため、調子も整えることができるでしょう。血液もサラサラにしてくれ、デトックス効果ももたらします。抗菌作用も持っていることから、ダイエットをしているときにニキビが出たりするのを抑えてくれることから、綺麗にダイエットを実践できるでしょう。

カロリーが低い

大根は、食物繊維を豊富に含んでいますが、実は水分が大量に含まれているため、かなりの低カロリー食材です。100g当たりわずか18Kcalしかありません。加熱しても、エネルギーとしてはほとんど変わらないうえ、食物繊維がとりやすくなります。腸内環境を整え、ダイエットにも活用するなら加熱してもいいでしょう。低カロリー食材として考えれば、ダイエットのかさましにはぴったりです。食感の楽しさもありますし、他の食材との相性も悪い食材ではありません。低カロリー食材であることを活用すると、ダイエットには欠かせなくなります。

おすすめの大根の摂取方法

加熱すると栄養素はどうなるの?

加熱するとビタミン類は熱に弱いため分解されてしまう部分が出てきます。消化酵素に関しても分解されてしまうことになりますが、実はそこまで大きく変わるわけではなかったりもするのです。その理由は、ほとんどが水分であるところにあるでしょう。消化酵素を狙っていくなら生で食べるのが一番ですが、食物繊維を考えれば、加熱したほうが食べやすくなるのは確かです。

生のまま食べるのがおすすめ

生のまま食べるというのは、大根の栄養素を摂取しやすい方法です。おすすめの食べ方になっていきますが、根こそぎ栄養素を摂取するのであれば、大根サラダのような食べ方がいいでしょう。量を食べることもできる方法になってきますし、手軽に作ることができるからです。食感も楽しいことを考えると、食べやすい方法になるでしょう。

すりおろして食べても

消化酵素を活用するというのであれば、生で食べるのが一番でしょう。大根おろしはよく知られていますが、おろした時に出てきた水分の扱いに困ってしまい、を捨ててしまうことも出てくるはずです。すり下ろした時には、全部摂取するというのが重要になってきますが、あまり量は食べられないところがネックになっていまいます。焼き魚などと一緒に食べたりする方法もありますが、ご飯に汁ごと掛けて食べたりすると、これまで以上に摂取しやすくなるでしょう。

まとめ

大根は優れた消化酵素を持っている食材です。水分を大量に含んでいることで、低カロリー食材でもありますが、できれば葉っぱも一緒に食べる方法を考えるといいでしょう。根には含まれていない栄養素も摂取できるため、とても優れた食材になってくれます。加熱しても食物繊維を豊富に摂取できますし、意外と栄養素も壊れたりすることがありません。寒い冬場にはぴったりの食材になってきますし、夏場にもサラダを含めて食べ方がいっぱいあるでしょう。日本人の食卓には欠かせない食材なのですから、うまく摂取していくことがポイントです。