太いと悩むあなたに解消法をご紹介

 

太いと思う定義とは?

気にしてストレスになるなら対策をとろう

自分の体形が太いと感じることは、どんな体型の人でも一度ぐらいあるものです。何をして太いと感じるのか、評価するのかは人によって基準が異なります。こんな細い人が何を言っているんだと思うこともあるのは、その人の基準が異なるためです。ですが、太いということを気にしていたら、どんどんとストレスになっていってしまうでしょう。健康なからだも太いときにするだけで、不健康になってしまうかもしれません。そうなるぐらいであれば、対策を考えていくのが一番です。

太りやすい原因は?

体全体が太りやすい人の原因

太りやすいという人には原因があります。遺伝的なものもありますが、味覚の違いが原因になっていることがあるでしょう。味付けの濃いこってりしたものが好きだったりするのは典型的な部分です。意識的に変えてみるだけでも違いが出ます。生活と色のリズムが良くないというのも体全体が太りやすい人には見られるでしょう。ダイエットを考えるのであれば、質を高めることが必要です。

上半身だけが太い人の原因

上半身が太い人には、体の中でも内臓脂肪が原因になっていることがあるでしょう。さらに姿勢が悪いというのも原因のひとつです。上半身だけでっぷりと太ってしまうのは、特に内臓脂肪がついていることが多いといえます。おなかの周りが目立つといったところも特徴でしょう。食べ過ぎと運動不足を解消することが必要です。姿勢が悪い人は、インナーマッスルが緩みやすく、上半身が太くなりやすい原因を持っています。

下半身だけが太い人の原因

下半身の脂肪は、燃焼しにくいと考えられています。ダイエットしても効果が上がりにくい部分ですが、食事の問題というのがひとつです。ですが、内臓脂肪にもかかわってくる部分ではありますが、味の濃いものが好きで、飲酒の習慣がある人が多いでしょう。さらに下半身の冷えを感じているのにもかかわらず、対策が打てていないときです。血行の悪化からセルライトができやすくなり、下半身だけ太くなることが多いでしょう。

上半身が太くなる原因は?

運動不足

内臓脂肪の問題を考えるとき、運動をどうやって取り入れていくかが重要になってきます。基本的に運動をして脂肪の燃焼ができる状態を作っていないため、内臓に脂肪がついてしまい、上半身が太りやすくなってしまうのです。逆に言えば、運動を取り入れていけば、痩せられる可能性があるといえるでしょう。エネルギーの消費のためには、筋力をつけることも必要です。

食べすぎ

根本的な問題として、食べすぎもあるでしょう。脂肪分の多い食事や、塩分の過多は上半身が太ってしまう原因のひとつです。食べ過ぎていいことはないと心得て、適度な量の食事にしていくことが必要になります。糖質は控えめにしていきながら、筋肉が維持できるようにたんぱく質と良質な資質を摂取することが必要です。

姿勢の悪さ

姿勢が悪いことによって、インナーマッスルが緩みます。猫背になってしまうため、内臓の位置が下がって溜まってしまうのが、太ったように見せてしまう原因になるでしょう。ポッコリとした感じになってくるのが、姿勢が悪い状況です。姿勢を正すことは簡単ではありません。癖がついてしまっているため、意識的な改善をしていく必要があります。

内臓脂肪

内臓脂肪がつくことで、上半身が太ってしまうことが良くあります。なかなか落とすことができない部分ではありますが、食事を言考えなおすことによって、減らしていくことができるようになるでしょう。栄養素はたっぷりととりながらも、ヘルシーな食事をしていくことができれば、その分ついている脂肪から使っていきます。栄養素がないと、危険性をとらえ、脂肪の燃焼をやめようとしてしまうのが人間ですので、豊富なエネルギーがカギになるでしょう。

下半身が太りやすくなる原因は?

猫背

上半身の原因と同じですが、猫背になることは、なにもいいことがありません。血行の悪化も招くようになり、背中にかけての筋肉が緊張してしまいやすく、代謝を下げていくとともに、エネルギーを消費しにくくなります。骨盤はゆがむといったことはありえませんが、どうしてもむくみやすく、改善が難しい状態になるでしょう。姿勢を正しく変えることは、体全体の流れを変えていくことは間違いありません。

足を組む習慣による骨盤のずれ

人間の骨盤は、容易に変形したりすることはありません。それだけ大事な部分であり、堅牢な作りだからです。ですが、足を組むことによってどうしてもバランスがずれていきます。本来の方向とは違った状態に傾いたりすることになるでしょう。もしも、骨盤がゆがんだり変形していれば、太るどころではなく、激痛で耐えられないからです。ずれるといったこともありません。足を組む習慣などは、この位置のバランスをおかしくすることがあるため、下半身のむくみなどにつながっていきます。

体の冷えやむくみが原因

太ってしまうことの原因は、代謝が悪いことにもあります。むくみが抜けるようになれば、健全な状態になり、自然と細くなっていくでしょう。冷えやむくみは下半身に起こりやすく、どうしても太ったような状態になります。姿勢にもつながっていきますが、身体の正しい維持を考えていくことが必要になってくるでしょう。

上半身を細くするには?

スクワット

勘違いしてはいけないことは、筋肉がなければ痩せることがないというところにあるでしょう。痩せるためには、エネルギーとして脂肪を消費することにあります。その消費ができるのは、筋肉であるということです。日常に運動を取り入れてもボディビルダーになるような心配はいりません。相当な運動量とそのための栄養バランスなどを組み合わせなければできないからです。

上半身を細くするためにも、下半身に効きそうなスクワットが効果をあげます。筋肉にエネルギーを消費させるためですが、人間の筋肉は下半身に集まっているのです。太ももが最も大きな筋肉になるため、スクワットで使うと上半身でも脂肪を使うことになります。実際に狙った場所が痩せたりしないのは、全身の脂肪をエネルギーとして使うからであり、全身が痩せなければ、狙ったところも痩せないことを理解しておきましょう。

腕立て伏せ

腕立て伏せは、大きな筋肉がついている腕周りを使うだけではなく、ほぼ全身の筋肉でおこなっていくことになります。腕立て伏せは、正しい姿勢でおこなう必要があります。腕は90度に曲げることがポイントになりますが、背中は決して曲げてはいけません。正しい姿勢を維持しながら出なければ、怪我をする危険性が高まることを理解しておく必要があるでしょう。

腹筋運動

上半身に効果をあげられるのは、腹筋運動をすることも正しい方向です。腹筋運動をすることは、かなりのエネルギーを消費していきます。ゆっくりでも構いませんし、無理をして強い強度にする必要はありません。膝を立てておこなっても効果をあげることができます。筋肉をつけていくことによって、脂肪を燃焼できる状態を作ることになるため、腹筋運動で痩せるというより、痩せられる状態を作ると考えるといいでしょう。

ダンベル運動

ダンベルを使った運動は、負荷を増やすことにつながります。大きな力を掛けて運動協働をあげることは大切ですが、ダンベルを使えば小さな動きでも大きな力を掛けていくことが可能です。いろいろと使う方法があり、その分だけエネルギーを使えるようになっていきます。上半身には特に効果的な運動ができるようになりますので、ダンベル運動は重要になってくるでしょう。

首のたるみを無くす

首の回りがすっきりすると、上半身は自然と細く見えるようになってくるでしょう。筋力不足が表れやすい部分でもありますが、姿勢の問題もあります。スマホを使うようになり、ストレートネックが増えたことで、首の後ろに贅肉が付きやすくなったといえます。これも血行不良のひとつであり、なかなか落とすことができません。姿勢を正すことによって変化が出てきますし、ストレッチを取り入れていくのもいいでしょう。

下半身を細くするには?

股関節を動かす

むくむことが下半身を太く見せるようになりますが、大事なことは代謝を正しくおこなえるようにすることにあるでしょう。股関節を動かすというのもそのひとつです。動かすことによって、内転筋を使っていくようになりますが、意識的におこなうのは大変難しい部分です。スクワットをおこなうとしても、内転筋を使えるようにおこなうことが必要で、膝を内側に入らないように足を大きく広げて行うといいでしょう。

スクワット

スクワットは、全身を補足することに効果があります。もっとも大きな筋肉を動かすというだけではなく、スクワットによって結構の改善も狙っていけるようになるからです。ダンベルを持って行うようにすれば、負荷も大きくできるようになるでしょう。無理をしなくてもゆっくりと意識しながらおこなうだけで効果をあげることができます。ゆっくりでも構わないので、休まずに一定量を続けることが大切です。

骨盤を元の位置に戻してあげる

骨盤は決してゆがみませんしずれません。もしも、起きれば命に係わるからです。ただし、筋力のバランスが崩れ、高さがくるってくるようなことが出てきます。前後に傾くのも、骨盤が問題なのではなく、その周囲の筋肉に問題があるのです。正しい位置に戻すというよりも、筋力のバランス改善をゆっくりと行っていく必要があるでしょう。短時間でできることではないため、かなりの時間を掛けて見直していく必要があります。

間違ったやり方は足を太くする場合もあるので注意

いつも決まったストレッチしかしなかったり、スクワットも間違った方法になっていたりすると、足を太くしてしまうようなことが起きます。筋肉をつけることが目的でなくても筋トレが身体を痩せやすくしてくれますので、正しい方法を身につけておこなっていくことが一番でしょう。

まとめ

痩せるためには、痩せられる体を作らなければいけません。食事制限をしたとしても、エネルギーを消費できない状態になれば、痩せることはないでしょう。筋力を必要とするのは、人間の体の構造上当たり前のことですので、運動を取り入れながら、痩せられる状態を作ることが大切です。特に太いと悩んでいるのであれば、自然と細くなれるように運動を取り入れ、エネルギー消費ができるようにしていくと悩みの解決につながるでしょう。