サウナで消費カロリー増やしたい!その効果的な入り方と注意点

消費カロリーを増やす方法は色々とありますが、それらの理論は基本的に何らかの運動をすることにあります。体を動かすことが嫌いな人や、そもそもスポーツは見るものであり自分でやるものではないと考えている方々にとってはこの考え方そのものが嫌でしょう。そんな人たちにとっての強い味方がサウナを使って消費カロリーを増やすことです。しかし、サウナにも効率を上げるための方法や注意点が多数あります。今回はサウナの使い方や効率アップの方法をまとめます。

サウナの消費カロリー

お風呂は消費カロリーを稼ぐためには、日常生活の中にあるものの中でもかなりの高効率だったのですが、それをさらに上回るものとなった場合にはサウナが取り上げられます。サウナを家に完備しているという人は少ないでしょうが、ダイエット目的でサウナ施設に通う人も少ないでしょう。しかし、実質的にサウナによる消費カロリーを把握していないと、本当にダイエット効率がいいのかどうかもわかりません。まずは数値化してどうなっているのかを理解してください。

消費カロリーは1時間で150kcalほど

これは計算方法やその人の体重や代謝や年齢によっても大きく左右されるので、具体的な数値を出すことは難しいですが、ザックリとした値を出すとだいたい1時間で150calと言われております。1時間ウォーキングをしたカロリーが150~200kcal程度なので、運動をしていた場合と同じではあると言えるでしょう。お茶碗一杯のご飯が220kcalなので1時間半ほど粘るとだいたいご飯1杯分になります。

サウナで痩せたは勘違い?

これが最もやっかいな部分です。サウナは高温で暑く、かなりの汗が出来ます。これは大量に水分を体の中から出すことを意味していますので、長時間は行っている人は簡単に体重が減るでしょう。しかし、これはボクサーの減量と一緒であくまでも必要な水分が体の中から一時的に出て行っている状態であり。寝る前にでも水を飲めば次の日には元に戻ります。これがもはや当たり前のものとなっているので、「サウナで痩せたという考え方そのものが間違っている」という指摘もあるのです。

入浴後の水分補給重要

入浴後はかなりの量の水分が体外に出ていますので、しっかりと水分補給をしないと体が乾いてしまいます。いわゆる脱水状態と考えてください。ただし、牛乳のような栄養素がたっぷりの飲み物はアウトです。日本の古い文化で、銭湯に入った後に牛乳を飲むというものがありますが、アレも筋肉の疲れをとりつつビタミンAを補給して乾燥を防ぐという良い効果があるので、実は正しい行動だったのです。ですが、サウナの場合はあくまでも重要なのは水分を補給することで、消化吸収が色々と必要なものの摂取が必要なのではありません。

牛乳は確かに飲み物ではありますが、栄養価的に色々と含まれているので胃腸の働きもただの飲み物と比べると色々と必要なのでサウナの後には不適切と考えましょう。そのため、推奨されるのは水分補給しやすいように作られている、スポーツドリンクです。スポーツドリンクはスポーツによって出てしまった水分を補給するために作られているので、ある意味スポーツのサウナにも適しています。

サウナで効果を出すための注意点

このようにサウナには色々と注意点がありますが、よりダイエットに使いやすいようするためにはもっと様々な注意点を守る必要があります。水分補給といったものは常識であり、まだまだ守ってもらいたい情報はあるのです。

入る前に水分補給

先ほどの水分補給のお話をしましたが、喉が渇いたタイミングだけで行われる水分補給は実は体に対してよろしくない反応になってしまいますので、一気に水分補給をするのではなく前もってしておくことが理想となります。つまり、サウナに入る前に多少のスポーツドリンクを飲むのが正解と言うことになります。コップ一杯程度の水を推奨されることもありますので、だいたい目安はコップ一杯と考えましょう。

体調に合わせる

また、サウナに長時間いるというのは結構体に負担がかかります。この負担は全身に及ぶので、負担がかかることそのものがマイナスに働く状況ならば実行してはいけません。その筆頭が、体調不良時でしょう。体調不良の時や疲れている時、生理がひどいとき等は体への負荷がマイナスにしか働きませんので、非常に危険です。多少の疲れならば回復させる効果もありますが、クタクタで動くのも億劫レベルに追い込まれているならば避けましょう。

低温サウナであれば20分を4~5セット繰り返す

低温サウナの場合は負荷が小さいのですが、効率を上げるためには汗がひいたら再び入るというやり方を繰り返すことで、効率を上げることができます。その目安はだいたい20分ですので、4~5セットほど繰り返してください。また、入る時間を徐々に短くしたほうがいいという意見もありますので、最初だけ20分にして少しずつ入る時間を短くするのも有効です。

高温サウナなら10分を目安に数回繰り返す

高温ならば体への負荷もなかなか大きいので、入る時間を短くして繰り返し入るようにしてください。10分程度でいいでしょう。長くても15分程度に抑えてください。熱くなった体を冷やすために冷たいシャワーや水風呂を使うのも有効です。

サウナ後は水風呂で

サウナに入った後に水風呂に入ると血管が鍛えられますし自律神経も刺激されるので、体にとってプラスの作用が働きやすくなります。いわゆる血行促進や免疫力向上作用があると言うことです。痩せやすい体質を作るための第一歩にもなりますので取り入れるといいでしょう。ただし、体への負荷も大きくなりますので、慣れていない方は外で涼む程度に抑えた方がいいです。

サウナの効果・効能

このように色々と決まり事があるサウナですが、このような決まり事をしっかりと守ることでプラス効果がいくつも発生します。それらのプラス効果をまとめていきましょう。

痩せやすくなる

サウナは基本的に体が温まるので代謝が良くなります。代謝が良くなるとそれだけ消費カロリーが増えますし、脂肪をエネルギーに変える働きを持っている乳酸も体外に排除してくれますので、この二つの効果によって痩せやすい体になってくれます。特に、乳酸は運動をしていると逆に体の中に溜まってしまう性質があり脂肪が筋肉になりにくくなるのですが、サウナの場合は汗とともに押しだしてくれるのでこれは大きな違いと言えます。血管も強くなって血行促進作用も働くので、そちらからの代謝効率アップも狙えるでしょう。

老廃物を排出してくれる

体に溜まった老廃物も汗とともに洗い流してくれるようになりますので、スッキリとした気持ちになります。老廃物を出す効果はそれだけでも体に対してプラスに働き、安眠効果なども発揮してくれるようになるのです。毛穴に詰まった汚れも排出してくれますので、肌質も良くなりますし、いいことずくめとなっております。

リフレッシュできる

とにかくサウナに入るとリフレッシュできます。食事制限はストレスが溜まりますし、運動も体はスッキリしますが運動そのものが嫌いな人にとってはストレスになりますが、サウナならばそこまでイライラしないのでストレスも溜まりません。老廃物が除外されて気持ちの良い汗が出てくれますので、サウナが終わった後にはスッキリすることが出来ます。自律神経にも良い影響を与えますのでメンタル的にも肉体的にもプラス作用が働くでしょう。

血管が鍛えられて強くなり血行促進や乳酸の排除が行われることで疲労回復効果も発揮されるので、リフレッシュ効果が本当に強いのです。サウナ発祥の地と言われているフィンランドでも、労働者の疲労回復のためにサウナが用いられていますので、伝統的な疲労回復の方法にもなっています。スッキリした体ならばゆったりと眠れますので、朝起きて気分も一新しやすいでしょう。

代謝が良くなる

血行促進作用や老廃物除去作用、そして体が温まる作用などがまとめて発揮されますので、相対的に代謝は上がります。この代謝アップ効果を継続して得続けられれば、それだけでも消費カロリーが増えますので、痩せやすい状況を作りやすくなるのです。

まとめ

サウナを家に完備しているという人は少ないでしょうが、それでも利用することでこれだけの効果を発揮してくれるので、愛用している人も多いでしょう。ただし、ダイエットとして用いる場合は、基礎代謝アップによる作用を狙う必要がありますので、即効性はないと考えた方がいいです。しばらくの間定期的に通うことで本当のダイエット効果が発揮されると考えましょう。