冷え性とはどんな状態?冷え性を改善する方法紹介

冬になると体の末端が冷えてつらいと感じている人も多いです。冷え性は多くの人が悩んでいるものですが、すぐに病気になるものではないから、冬は寒いのが当たり前だから、と放置してしまっている人もいます。しかし、冷え性はいろいろな病気を引き起こす原因にもなるものです。しっかいと対策をして解消していきましょう。

冷え性とは?

冷え性は具体的にどういったものをいうのでしょう。なんとなく体が冷えていることだということは知っていても意外と具体的なことは知らない人が多いです。自分が冷え性であるかを知るためにもどういったものなのか今一度確認をしてみましょう。

手先や足先の体温が下がる症状

冷え性というのは手先や足先の体温が下がる症状のことです。体のほかの部分は温まっているのに手先や足先だけは温まらず冷えた状態が続いてしまいます。常に手先が冷たい、足先が冷たいという症状が続くのが冷え性です。

冷え性というのは「冷え症」とは書きません。これは病気ではないことが理由です。しかし、冷えは体全体にたくさんのトラブルを引き起こします。そこで早いうちから対策をしてしっかりと体を冷やさないようにすること、体の中から温めることを心がけることが大切です。

夏でも冬でも関係無く起きる方も多い

冬は気温が下がるので冷え性になる人も多いイメージがあります。しかし、夏でも冬でも一年中寒さを感じるのが冷え性です。夏の暑い時期に汗をかいているのに手先や足先だけはとても冷たくなってしまっている人もいます。夏場にも手先や足先が冷えるようになってくるとかなり症状としては深刻ですから早いうちに対策を講じましょう。

冷えて感覚が全く無くなるほど寒い

冷え性は人によって程度が違いますが、重症の人は常に手先や足先を氷水に浸けているかと思うくらい冷えるものです。そのため、冷えすぎていて手先や足先の感覚がなくなってしまことうことがあります。

体温そのものが低い人も

冷え性の人の中には低体温になってしまっているという人も多いです。常に手先や足先が冷たいだけでなく全身が冷たくなってしまいます。体全体が冷えてくると夏でも長そでを着たり靴下をはいたりすることが必要です。

冷えが続くと血行が悪くなり体中が冷えてしまうようになります。そういった状態が続いてしまうと体がむくみやすくなりますし太りやすくもなりますし、さらにはちょっとしたことで疲れてしまうことも多いです。体のパフォーマンスが下がってしまいますから冷えを改善してできるだけ体温を上げることが必要になります。

冷え性で辛いときの対処法

冷え性の人は常に手先や足先が冷えています。特に手先は冷えがつらいと物事をうまくこなせなくなることも多いです。そこで、冷えを感じた時にはどうやって症状を改善するか対処法を知っておくと手先や足先を温めることができます。

温かい飲み物や食べ物を摂取

温かいものを摂取すると体の中が温まります。そうすると手先や足先にも温かい血液が流れるようになり、冷え性の緩和に効果的です。冬場は比較的暖かいものを摂取しようと意識できますが、夏場は気温が高いことで常に冷たい食べ物や飲み物ばかり摂取してしまいます。体内の温度が冷えると手先や足先は冷えやすいです。そこで夏場でも温かいものを飲食するようにした方がいいですし、特に飲み物は暖かいものが難しくても常温を心がけましょう。

暖かい洋服を着る

夏場でも冷えてしまうのはクーラーの涼しい部屋に露出の高い服装でいることが原因の一つです。そこで、常に暖かい服装を心がけると冷えを解消することができます。無理に暖かくなるようにと着こむ必要はありません。

夏場は寒い部屋に入ったときにはすぐに上に羽織れるものをよういしておいたり、首元や足首を温めるためにストールやレッグウォーマーを用意したりするので十分です。ただ、冷えやすい人はできれば夏場でも裸足で過ごすのではなく靴下をはくようにしたほうが冷えにくくて良いとされています。

カイロやこたつなど物理的に温める

冬場は特に冷えやすく、冷え性がつらい人は洋服を着こんでも全然温まらないと言こともあります。そういったときはカイロやこたつなどしっかりと温めると冷え性がかなり緩和されて効果的です。特に足先が冷えてしまう人は靴下だけでは温めきれないですからヒーターにあたったりこたつに足を入れたりして温めるとじんわり足先が温まったことを実感できます。

出先ではヒーターやコタツがないために足がどんどん冷えてしまいつらいという人も多いです。そこで最近では足先用のカイロが販売されています。靴下を重ね履きして足先用のカイロを使うようにするとかなり足先が温まり外でも冷えを軽減するのに効果的です。

生姜や辛い物も効果的

体の中から温めるのに、体を温める食材を食べるという方法もあります。そういったものを食べるとしばらく体が温かい状態をキープできるので冷え改善にはとても効果的です。生姜やキムチなどは体を温める食材なので食べている途中から体温が上がっていくことを感じることができます。冬であればキムチ鍋にしたり、生姜鍋にしたりするととても効果的です。

夏場はどうしても冷たい食べ物を食べることが増えます。うどんやそば、冷製パスタなどの麺類以外にも冷たい状態で食べても良いお惣菜を食べることも多いです。そこで、お味噌汁やスープなどの汁物だけでも温かいものを用意して飲むようにすると冷えを緩和することができます。その際、お味噌汁やスープに生姜をいれると体が温まりやすいです。

冷え性を根本から治すポイント

冷え性を直すにあたって、一時的に体を温めるのではなく、やはり根本的な部分から直すことが望ましいです。体が冷えているとどうしても血流が悪くなりいろいろなトラブルを引き起こす原因となります。そこで、生活から改善して冷えを根本から解消していくことが望ましいです。

食生活を見直す

食生活は冷えと大きくかかわっています。そのため食べているものを見直すと冷え性改善にも効果的です。まず、体を冷やす食べ物をできるだけ避けるようにするだけでも違ってきます。一年を通して冷たい食べ物を食べないようにしたり、氷の入っている飲み物を飲まないようにしたりするだけでもかなり効果的です。

それ以外にも普段の生活の中でできるだけ体の中を温める食べ物を食べるようにすると芯から体を温めることができます。人参、ゴボウ、わかめ、梅干しは毎日食べるようにすると体が温まる食材です。人参はビタミンAが健康な血液を作り、ビタミンEが血行を良くしてくれます。ゴボウは食物繊維が豊富で血行をよくしてくれますし、利尿作用がありますから体を冷やす原因となる不要な水分の排出に効果的です。わかめも食物繊維が豊富で水分を排出する効果がありますし、梅干しは血行を良くして体を温める効果があります。

これらの食材は毎日食べるようにすること、梅干し以外は調理をして温かい状態で食べるようにすることで体が温まりやすいです。逆に体を冷やすといわれている南国のフルーツは冷えやすい時期には食べる量を減らすようにしましょう。

筋トレで筋力アップ

筋トレをすると血液量が増して体の隅々まで血液が行き届くようになります。これは冷えにとても効果的です。冷えの原因となる脂肪の燃焼に効果もあるので、冷え性を改善させながらダイエットをすることもできます。ただ、運動が苦手な人は筋トレと聞くとジムでの本格的なメニューを想像して無理だと諦めがちです。しかし、そこまで難しいことをしなくても十分効果は得られます。

特に冷え性改善のための筋トレとして行いやすいのがウォーキングと階段昇降です。毎日歩く量を増やすだけではなく筋トレを意識して歩くようにすると効果が出ます。歩く際には姿勢に気を付けて、なおかつ太ももを上げるようにしましょう。そうすうと筋肉量が増えてかなり筋力がつくのです。そして足を動かすことによってむくみを解消したり足の動きが血流を促すポンプ運動にもなってくれたりすることも足の冷えに効果的です。歩くペースとしては時速4キロメートルが理想とされています。

マッサージやストレッチで体の巡りをよくする

マッサージやストレッチは体の血流をよくすることに効果的です。しょっちゅうマッサージや指圧、エステに通って体をもみほぐしてもらうことは無理があります。そういったものは特別な日に行うようにして、それ以外の時にはマッサージやストレッチを自分で行って足や手先の冷えを取り除いていくようにしましょう。

マッサージをする際には足先や手先など冷えを感じている部分をしっかりと揉んでいくと少しずつじんわりと血液が流れていくことを感じられます。ほかにもリンパの流れに沿って全身をもんでいくとむくみも解消できるので冷えを取るのに効果的です。マッサージをする際にはボディクリームやマッサージオイルを使うと軽い力でしっかりとほぐすことができます。

ストレッチはお風呂上りに行うと体の血流が良くなりポカポカとしてきます。体が温まると安眠にも効果的ですからお風呂からあがったらゆっくりとストレッチをするようにしましょう。特別な運動をしようとする必要はありません。簡単なものでいいですし音楽を聴きながらやアロマを焚きながら行うようにするとより効果的です。

湯船につかる習慣をつける

一人暮らしの人は特にお金がかからず短時間で済ませられるということでシャワーだけで済ませてしまう人も多くいます。しかし、冷え性の人はしっかりと湯船に浸かって体を温める方がしっかりと体を温められますし冷え予防に効果的です。お風呂に入る際にはお湯は38度から42度程度でしっかりと芯から温めるためにゆっくりと湯船に浸かります。

冷えがひどく手先や足先がかなり冷えてしまうという人はバスソルトや入浴剤を使って体をしっかりと温めると冷えを解消しやすいです。さらに湯船に浸かって足先をマッサージしてあげると血行が促進されて足先が温まります。お風呂に入るのが難しい場合には足湯をするだけでも十分効果的です。

まとめ

冷えは病気ではないものの状態が続くと体調を崩す原因にもなってしまいます。日頃からの心がけで冷えを解消することはできますし、根本からの解消も可能です。食事や日常生活で気を付けるようにして冷えを撃退して一年中温かい体を手にいれましょう。