ツインテールの髪の巻き方と自分でできるヘアアレンジ

甘さを前面に出せて華やかで可愛い印象を与えることができるツインテールですが、自分には似合わないと決めつけて避けていませんか?一言にツインテールと言っても様々なアレンジがあり、それ次第で自分に似合ったヘアスタイルにすることが可能ですので、今回の記事を呼んでツインテールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

大人のツインテールを作るには?

ツインテールはかわいいイメージの反面、こどもっぽく幼い印象を持っていませんか?もちろんアレンジ次第でそのようにもできますが、逆に大人っぽいツインテールもアレンジ次第で可能です。うまくアレンジすることで華やかさと可愛らしさを併せ持った印象を与えることができるヘアスタイルですので、是非チャレンジしてみてください。

結ぶ位置を低めにする

大人のツインテールを作るためには結ぶ位置を低めに設定しましょう。結ぶ位置が高いとどうしても若く、幼い印象になってしまいます。大人のツインテールを作るための結市は耳よりも下です。さらに結び目は下に下ろすようにしましょう。これだけでぱっと思いつくツインテールにくらべてかなり大人っぽくなりますので、試してみてください。

ゆるふわな雰囲気のツインテールにする

ゆるふわな雰囲気のツインテールにすることで、大人っぽい印象になります。ストレートヘアのツインテールだと、学生のようなイメージになりやすいです。逆に強く巻きすぎても若い印象が強くなります。大人のツインテールを作るためには、くせ毛のようにゆるめに巻いてゆるふわな雰囲気のニュアンスを作って結ぶことがポイントとなります。

巻いたりアレンジしたりして、ニュアンスのあるスタイルを

ストレートヘアをツインテールに結んだだけだとどうしても学生の印象が強くなってしまいますので、おしゃれな大人ツインテールを作るためには軽めに巻いてふんわりとしたニュアンスを作ったり、きっちりときれいに結ぶよりも、結んだあとに無造作に崩してふんわりとさせることがポイントです。また、分け目をきっちりとするのではなくランダムなジグザグにアレンジするのもおすすめです。

ツインテールのための巻き髪講座

前述のように、大人のツインテールはふんわりとしたゆる巻きにするのがポイントです。ここでは誰でも簡単にできるゆる巻きの方法や、巻き髪のヘアスタイルとアレンジについてご紹介します。ヘアアレンジの前の巻き方によっても印象を変えたり、それにあったアレンジができたりといろいろありますので、是非挑戦してみましょう。

三つ編みして寝てほぐすだけの、なんちゃってパーマ

三つ編みをしたまま寝るとウェーブができる三つ編みパーマをご存知ですか?寝る前に三つ編みをしてそのまま寝るだけなので時間もお金もかからない簡単なテクニックとなっています。三つ編みパーマはソバージュのような外国人風のウェーブに仕上がります。三つ編みパーマを作るコツとしては、「寝る前に髪を軽く湿らせる」「作りたいウェーブに合わせて三つ編みの編み方を調整する」「しっかりと毛先まで編む」「三つ編みをほどいてウェーブのバランスを整えたあとにスプレーやヘアワックスで形をキープする」この4点を守ることです。ヘアアレンジしたいときに前日に準備して寝るだけでウェーブを作ることができますので、簡単でおすすめのテクニックです。

外巻きと内巻きを交互にして、ゆるふわミックス巻き

ヘアアイロンを使って外巻きと内巻きを交互に行うことでゆるふわミックス巻きを作ることができます。まず顔周りは外巻きに巻いていきましょう。巻いた部分をするっとヘアアイロンから抜いていくのがポイントです。次の毛束は内巻きに同じように巻いていきます。その後も同じように毛束ごとに外巻きと内巻きを交互に行っていき、全部の髪が巻けたら毛先を内巻きにしていきます。巻いている部分の少し上の髪を押さえるときれいな内巻きカールになります。この方法を行うことでゆるふわな雰囲気に巻くことができておすすめです。

ふわふわツイスト巻きで、華やかなツインテールに

ふわふわツイスト巻きで、華やかなツインテールを作りましょう。まず毛束をヘアアイロンに通して髪を湿らせたあと、そのまま毛束を巻きつけていきましょう。すると毛束がふわっとウェーブになります。この巻き方がツイスト巻きの基本になります。そのあとも毛束を巻いていきましょう。ウェーブがきれいにかからなかったところは一旦全体を巻いたあと、中間辺りから巻いていくことできれいに巻けます。トップのあたりはふわっと立ち上がらせるように巻いていき、巻き終わったら指で少しすいてバランスを整えましょう。このツイスト巻きを使うことで大人のツインテールに相性のいい巻き髪を作ることができます。

自分でできちゃうツインテールアレンジ

次はツインテールのアレンジについてご紹介します。基本的に大人のツインテールはふんわりゆる巻きがポイントですので、アレンジの前に全体的に巻いてから行うようにしましょう。アレンジ次第で様々な雰囲気を演出できますので、シチュエーションや自分のなりたいヘアスタイルに合わせてアレンジしていきましょう。

くるりんぱと三つ編みで作るツインテールアレンジ

くるりんぱと三つ編みをあわせてツインテールを作ることで、大人かわいいヘアスタイルを作ることができます。耳より下で普通のツインテールを作ったあと、結び目より下でくるりんぱをつくり、三つ編みでまとめるようにすることでアレンジが簡単にできます。くるりんぱでニュアンスを作ってゆるふわ系の柔らかい雰囲気を作れるヘアアレンジです。

ゆるふわ編み込みとリボンでガーリーに

ゆるふわの編みこみとリボンを組み合わせることでガーリーなツインテールを作ることができます。大人っぽい雰囲気を作るコツとしては、分け目をジグザグにすることと、編み込みを崩してゆるふわにすることです。結び目にリボンを付けることでアクセントにもなりますし、ヘアゴムを隠すこともできるのでおすすめのヘアアレンジです。

意外と簡単!フィッシュボーンツインテール

フィッシュボーンは編み込みが複雑に見えるため、難しいと思われている方もいるのではないでしょうか?しかしながら基本を押さえれば意外と簡単に作れてしまいます。フィッシュボーンの編み方の基本は毛束を半分に分けたら交差させた後、左側の髪を少し取り上から右に渡していき、できたら逆に行います。この動きを交互に繰り返していくだけです。見た目は複雑ですが工程は意外と単純ですので、覚えてしまえば難なくできるかと思いますので、是非挑戦してみてください。

ゆるふわツインテールを作るヘアアイロン3選

大人のツインテールはゆるふわに巻いた髪で行うのが鉄則ですので、ヘアアイロンは必須アイテムです。あまり強く巻きすぎてもよくありませんので、ちょうどよく巻けるように練習しましょう。もちろんアイテムも大切です。ここではゆるふわツインテールを作るのにぴったりのカール用ヘアアイロンをご紹介していきますので参考にしてみてください。

ヘアアイロン 2ways ストレート&カール両用

ヘアアイロン 2ways ストレート&カール両用 太さ32mm 温度調整100-200℃ デジタル液晶表示 海外対応 PSE認証済み (ブラック)
Baiyea社製のストレートとカール両用の2wayタイプでパイプ径32mmのヘアアイロンです。ストレートにセットしたいときでも使えるので便利な商品です。100-200度まで5度刻みで細かく温度調節が可能で、30秒で設定温度まで温まりますので、忙しい朝など時間がないときでもすぐにセットできます。プレート部分は熱伝導性が高い特徴を持つセラミックコーティングを使用しているため、すばやく均等に熱を伝え、スタイリング時のダメージを抑えてくれます。2wayで汎用性が高く使いやすい点が人気の商品です。

Trèsutopia ヘアアイロン ストレート カール 両用

Trèsutopia ヘアアイロン ストレート カール 両用 2wayヘアアイロン 25mm 35mm クイックヒート 3つの温度レベル 海外対応
Trèsutopia社製のストレートとカール両用の2wayヘアアイロンで、カールは25mmと35mmの2パターンが使用可能です。40秒で設定温度まで到達しますので、時間短縮にもなります。温度調節は160度、180度、200度の3段階で調節可能です。また、ユニバーサルデュアル電圧を使用しており、海外でも使用可能な商品です。

BESTOPE ヘアアイロン カール

BESTOPE ヘアアイロン カール 巻きコテ 25~38mm 140〜220℃ 温度調整 耐熱性 LCDディスプレイ 自動off 海外対応 取扱説明書付き 2018新開発 ピンク 1年保証付
BESTOPE社製のカール用ヘアアイロンです。髪に熱を優しく素早く伝えるシルキーピンクコーティング仕様になっており、25-38mmまでの直径で細かいカールからゆるふわなスタイルまでセットが可能です。140度から220度まで4段階で温度調節が可能となっています。リーズナブルで使い勝手の良い点が人気の商品です。

まとめ

こどもっぽい印象のあるツインテールですが、ゆるふわに巻いたり、結び目を低めにしたり、アレンジを加えることで大人なツインテールを作ることも可能なことがおわかりいただけたでしょうか?ツインテールは大きく印象を変えることができますので、思い切って挑戦してみてはいかがですか?是非参考にしてみてください。