三大欲求の特徴をわかりやすく解説!【メンタルアドバイザーが伝授】

この記事の情報提供者

私たち人間には、三大欲求である食欲・睡眠欲・性欲の3つが備わっていることをご存知ですか?これらの欲求と心理には、どのようなつながりがあるのでしょうか。今回はその三大欲求について、メンタルアドバイザーであるBAさん提供の情報から……

  • 三大欲求の睡眠欲の特徴とは
  • 三大欲求の食欲の特徴とは
  • 三大欲求の性欲の特徴とは
  • 三大欲求のほかに出てくる人間の「欲」とは

を解説していきます。

三大欲求の睡眠欲の特徴とは

仕事や勉強など、やることが多く忙しい人はとくに、睡眠時間を削ってしまうことも多いでしょう。しかし睡眠は、脳を効率良く働かせるために必要であり、なくてはならないものなのです。詳しくは以下の通りです。

脳が正しく機能するためのサイクル

人間は睡眠を取って体と脳を休ませることで、正常な機能を保持することができています。睡眠不足の状態で、眠らないように意識していたにも関わらず、いつの間にか寝てしまったという経験を持つ人は多いでしょう。

このような場合、「なぜ寝てしまったんだ……」と自己嫌悪に陥りやすいですが、これは脳を正しく働かせるために必要だったことなのです。そのため睡眠欲は欲求というよりも、「脳の機能」といわれることもあります。

不足するとさまざまな弊害が起きる

睡眠時間を削って無理に活動を続けていることで、脳は正しく機能できなくなり、正常な判断がつかなくなってきます。

飲酒運転が危険と騒がれていますが、睡眠不足による交通事故も実際に起こっているのです。このようなことからも、十分な睡眠は私たちが安全に生活をする上で必要不可欠なものだとわかります。

三大欲求の食欲の特徴とは

生命を維持するための欲求だとしても、恵まれている環境では違う形で現れてくるようです。また、過剰な食欲によって、病におかされる場合もあります。具体的な内容を見ていきましょう。

生きていくための基本的な欲求

人間は食べ物の栄養から、体を動かすためのエネルギーや脳を働かせるための栄養などを摂取しています。そのため、生きていくために食べることは必要不可欠です。「餓死」という言葉がある通り、食べることを遮断すれば体は機能しなくなってしまいます

しかし、日本は恵まれており、生きていくための食欲はほとんどの場合満たされることから、日本人の食欲は、「美味しいものを食べたい」とか、「より良いものを食べたい」という欲求が大きくなっているかもしれません。

過剰な食欲には注意が必要

恵まれている環境や時代の背景から、食べ物を必要以上に食べてしまう人も多く見受けられます。過剰な食欲は肥満を引き起こしてしまうのです。

また、食欲は感情とも大きく関わっています。イライラしたり悲しくなったりしして、異常な食欲を感じたことはありませんか? 心理的な原因から大量に食べ物を摂取したあとに吐く……という行動を伴う状態に陥ることもあります。

三大欲求の性欲の特徴とは

性欲は睡眠欲や食欲とは違い、年齢や性別によって強さが異なります。また、そのときのメンタル・感情によっても左右されるものです。詳しくは以下の通りです。

子孫繁栄のための本能

人間には、子孫繁栄のための本能として性欲が備わっています。男女が惹かれあい恋愛をしたのちには、性欲を満たすためにセックスをします。

たとえ子どもが欲しいと思っていない場合であっても、異性と交わることで快楽を感じることは、本能的に子孫繁栄のためにあるものなのです。

また、人はメンタルが弱くなっていると性欲が強く出る傾向があるといわれています。これは心が弱くなることで寂しさを感じ、暖かいものや柔らかいものに触れたいという気持ちから、人肌に触れたい感情を持ち、それを満たすためにセックスを欲するためです。

脳やホルモンによる働き

男脳 女脳

性別によって性欲のピーク、年齢によって性欲の強さは変わりますが、これは脳とホルモンの働きが関係しています。男性は女性に比べて、性欲を司る脳の視床下部が大きく、さらにテストステロンという性欲に関わるホルモンも分泌量が多いといわれています。

このテストステロンの分泌時期も男女で違いがあり、男性は10代から20代、女性は20代から40代といわれ、この時期が性欲のピークであり、子孫繁栄しやすい時期ともいえるのです。

三大欲求のほかに出てくる人間の欲求とは

アメリカのマズローという心理学者によれば、人間の欲求は5段階になっており、低いものから欲求が満たされることで、次の欲求が現れるといいます。その5段階の人間の欲は以下の通りです。

  • 生理的欲求
  • 安全の欲求
  • 所属と愛の欲求
  • 承認の欲求
  • 自己実現の欲求

順番に解説していきます。

生理的欲求

これはすでに述べた三大欲求も含み、人間が生きるために最低限必要な欲求です。細かく分けると睡眠欲と食欲のほかに排泄欲が含まれ、尿意や便意のことを指します。

人間の体内には摂取した食事や飲みものを消化したり排泄したりする器官が備わっており、その役割をしている大腸や膀胱が、「排泄したい」と脳に伝達するのです。

安全の欲求

安全の欲求は5段階のうち2段階目となり、そのまま、「安全に暮らしたい」という欲求を指します。これは危険な環境や不健康な状態を避けるために、身の回りの環境を整えて生活をする欲求です。安全に暮らせる家や、健康を維持できる環境や食生活を確保することで満たされます。

所属と愛の欲求

これは社会に属したいという欲求で、「仲間が欲しい」とか、「恋人が欲しい」といった人とのつながりへの欲求です。社会的欲求ともいわれ、自分をより知るためにアイデンティティの形成を図ろうする行動でもあります。

そのため、集団に属せずに仲間外れになったり孤独を感じたりすれば、不安を覚えてストレスを感じてしまいます。

承認の欲求

社会生活を送る中で、「人に認められたい」とか、「尊敬されたい」などという気持ちを指します。これは、人に肯定されることで、他人よりも自分の優れている部分を感じたいという欲求で、会社などでの出世や名声、賞賛などで満たすことができます。

また、これは集団行動への帰属が前提になっており、所属と愛の欲求を経て得られる欲求ということがわかります。

自己実現の欲求

これは自分の能力を理解した上で理想を描き、「あるべき自分になりたい」と考える欲求です。この欲求は、これまでに説明したそのほかの欲求とは異なる本質を持っています。

創造的な活動や自身の可能性を追求し、自分の能力を引き上げて可能性を広げることで、世の中に貢献したいという気持ちにもつながっています。

まとめ

人間の欲求は、細かく分けると実に70種類ほどになるといいます。これは生命活動に必要な、「酸素が欲しい」という欲から、「好奇心を満たしたい」などといった欲までさまざまですが、なぜ人間が、「より良く生きたい」と考えるのかに関しては、心理学においても未だに明確にされていません。

しかし、この欲求があるからこそ私たちは日々を充実させ、さまざまな感情を持つことができるのです。自分の今までの人生や考え方には、どのような感情がありましたか? 人間の欲求を知ることで、今後のさらなるモチベーションとして活かしましょう。