断食2日目は辛い…。週に2日のゆる断食のやり方とは

好きなものを好きなだけ食べてしまうとすぐに太ってしまうという方が大半だと思います。太った時にはダイエットをしなければなりませんが、せっかく実行するのですから効果が期待できるものでなければ意味がありません。数多くあるダイエットの方法ですが、実際に行ってみてスリムになったという声が結構聞かれるものとして2日断食ダイエットがあります。

2日断食ダイエットは2日間かけて絶食を行い、スリムに痩せていくという方法です。絶食をすることによって胃腸への負担を軽減させ、また代謝機能をアップさせていくなど、トータルで痩せやすい体にしていくことができるものです。しかし断食の辛さもあるため、断念しないように工夫をしていく必要があります。そこでこのダイエット法の詳細や、また乗り切るコツなどについて説明していきたいと思います。

断食2日目の効果は?

2日断食では、絶食を行ってダイエット効果を実感していきますが、絶食による効果はそれぞれ個人によって異なります。しかし絶食によって胃腸の負担を軽減させていきます。胃を休めることができますし、大腸の調子も改善していくことができます。また衰えてしまった代謝機能も取り戻していくことができるため、確実にダイエット効果を得ることができます。

2日間の断食によってどの程度の効果が見られるのか、これからチャレンジしてみようと思っている方にとっては気になるところでしょう。ここで辛い段階にある2日目に見られる効果としてどういったものがあるのか、説明してみたいと思います。それを知って是非実行してみたいと思っていただきたいと思います。

腸内がスッキリし始める

絶食をすることで、これまで負担を大きくかけていた大腸を休ませることができますし、また腸内環境を整えていくことができます。そのため、腸内がすっきりし始め、軽く感じられたりします。またデトックス効果が感じられ、便通がよくなっていく方もいます。何となくこれまで便通が悪く、お腹が張ったりしていた方にとっては有効な改善方法といえるでしょう。また大腸の調子を整えながらスリムになりたい方にもうれしい効果と感じられることでしょう。

体重3キロ前後ダウンの方も!

断食を行うことで、2日目には気になっていた脂肪が減少していく方がいます。これは絶食によって摂取カロリーがないため、カロリーを作り出すために脂肪を燃焼させていくためです。そのため、体重も同時に減少していくことが多くあります。中には2日目には体重が3キロ前後ダウンするケースも見られます。

2日の断食を行えば体重ダウンを期待することができます。もともとあまり太っていなかった方はスリムになりますが、減少する脂肪が少ないために体重のダウンがあまり見られないかもしれません。肥満の方になるほど減少する体重は多くなっていきます。

お腹が空きすぎて辛い人も…

断食2日目になると徐々に空腹感が出てきて、何か食事をしたくなることが多く起こるものです。これは胃腸を休ませることができたために、内臓機能が正常に整い、それによってお腹がすいてくるためです。良い状況にあるものですが、空腹感が出るため我慢をしなければなりません。しかしこの状況も1日だけですから、この段階を何とか乗り切ることが大切です。乗り越えることで翌日はもっとダイエット効果を実感することができますし、体の機能もよりいい状態になります。

脳内が意外とスッキリ!

断食を行うことで体の機能が正常に整っていきます。それと同時に体の各部位に指令を行っている脳も無駄な仕事をしなくても良くなるため、脳自体も本来の機能を取り戻していくことができます。そのため、断食を行う前に比べてすっきりした感覚が得られ、頭の働きがとてもよくなります。これまで頭がすっきりしない、働きが悪いという方にも2日断食を行って、脳を一時的に休ませてあげることをお勧めしたいと思います。

断食2日目を乗り切るコツ

断食を始めた日には前日に準備食を食べていることもあって、空腹感も大きくありませんし、比較的乗り越えていけるものです。しかし2日目になると空腹感も大きくなり、それだけ我慢を強いられてしまいます。断念したいという気持ちにも襲われてくるものですが、ここで諦めてはいけません。翌日にはより大きなダイエット効果を実感できるため、2日目を何とか乗り切る必要があります。そこでどのようにして辛い2日目を乗り切ったらいいのか、そのコツについて説明したいと思います。

水分を噛むようにして摂取

2日目には食事がしたいと思う気持ちがどんどん強くなっていきますが、その際に水分を適量補給することによって空腹感が少し抑えられることがあります。これは水分が不足したために、食事をして水部補給をさせようとする体の防御反応によりものなのです。水分を補給させるために食事をするように促していることもあります。

空腹感を抑えるためには、水分補給をしっかりとしていく必要があります。ただあまり多く水分を摂ることは避けてください。必要な水分は摂取しなければなりませんが、過剰に水分を摂取してしまうとむくみが起こってしまったり、水太りで体重が増えてしまうことがあります。また一度に多くの水分を補給すると、内臓に大きな負担を与えてしまうため、こまめに水分を補給するようにしてください。

どうしてもという時は野菜ジュースなどで補う

どうしてもお腹がすいてしまった…という時は野菜ジュースや酵素ドリンク、コールドプレスジュースなどのドリンクで補いましょう。特に野菜ジュースは、普段であれば不足しがちな野菜を手軽に摂取でき、簡単に購入できます。ただ1つ注意点として、砂糖や塩分、添加物が入っていないものを選ぶようにしましょう。

砂糖や塩分、添加物は一切不使用!1本に野菜が100g以上詰まった、サンスターの研究力が詰まった野菜ジュースはこちら!

サンスター 緑でサラナ

今までに2億本以上も売り上げている、サンスター社の研究力が詰まった野菜ジュース!野菜由来の天然アミノ酸「SMCS」を含んでいる特定保健用食品としては日本で唯一の製品なんです。この「SMCS」でしっかり血中コレステロール濃度を下げ、また1缶で野菜はなんと100g以上!不足しがちな野菜をしっかり補給できるのも嬉しいですね。また、気になる砂糖や食塩、保存料などの添加物は一切不使用!それでも青臭さは全くなく、スッキリながら野菜のうま味を感じることができます。

ぜひ”緑でサラナ”を飲んで、ダイエット中に不足しがちな野菜をしっかりと補給して、健康的なダイエットを目指していきましょう!

 

出来るだけ激しい運動を避ける

断食を行うとカロリー摂取が避けられる為、脂肪が燃焼されていきます。ダイエット効果が実感できますが、この時により高い効果を期待しようとして、激しい運動をさらに加えようとする方がいます。しかしカロリー摂取ができない断食中に運動をすると体に大きな負担をかけてしまうことがあるため、激しい運動は控えなければなりません。
運動をしたいという場合には少しだけウォーキングをする、ストレッチをする程度にしておいた方がいいでしょう。これらの軽い運動はリフレッシュ効果がありますし、体に大きな負担をかけることがありません。激しい運動は断食が終わってしばらく経ってから行うようにするといいでしょう。

筋力が落ちないように、お散歩など軽い運動をして

断食中には体に負担をかけない程度の運動に留めておいた方がいいものですが、運動をして気分転換をしたいという方もいることでしょう。また日常的に運動をしている方にとっては、運動は必須の活動かもしれません。筋力を落とすことなく断食を行っていきたいという方は、散歩やウォーキングをしてみるといいでしょう。

散歩ではあまり早く歩かず、また短時間にするなど、体への負担を極力軽減させながら実行するようにしてください。またストレッチは体への負担がかからない理想的な運動ですが、あまり長時間行って体を疲れさせないように気を付けてください。

食欲をくすぐられるような事をしない

断食2日目は特に空腹感が出てくる時ですが、こんな時には食欲を増進させるような行動は避けるようにしてください。美味しいグルメを堪能できるスポット周辺を歩く、インターネット上で食品などの画像が多く掲載されているサイトを見るなど、食欲をそそるものは断食2日目にはできるだけ避けるようにしてください。食欲が出てくるとつい食事をしてしまい、断食が失敗に終わってしまうことも予想されます。

週2日間のゆる断食のやり方

断食によるダイエットは余分な脂肪が燃焼されるなど、目に見える効果が期待できますが、中には2日連続で行うことが難しいという方もいます。また2日連続では食欲を抑えることができず、失敗してしまう方もいます。そういった方は緩いやり方をまず選択して実行し、その後に慣れてきたら2日連続して断食を行っていくといいでしょう。ここで週に2日のゆる断食のやり方について説明していきたいと思います。

1週間のうち、どこでも好きな曜日で行う

2日間連続して断食を行うのではなく、1週間の間の好きな曜日に断食を2日実行するやり方だと、初心者の方でも気軽に取り組むことができるものです。体調がよく断食できる曜日に実行すれば、食欲も上手にコントロールできることでしょう。断食を実行していけば、徐々に慣れていくため、その後に2日連続した実行も可能になっていきます。

2日間連続でなくともOK

2日間連続して断食が実行できない方の場合、無理をして2日間連続せずに、間に数日の時間を空けて実行してもいいでしょう。少なくとも断食は1日実行するだけでも十分な効果が期待できるダイエット法です。そのため2日連続が難しい方は、時々行うという気軽な方法を選択してみるのもお勧めです。

摂取カロリーを1日500キロカロリーに抑えればOK

断食自体が難しいという場合、とりあえず1日の摂取カロリーを500キロカロリー程度に抑えてみる方法でもいいでしょう。摂取カロリーを抑えることができるようになれば、次第に断食ができるようになっていきます。無理に断食を行うのではなく、摂取カロリーを抑えながら断食に移行してくという方法を採用することもお勧めです。

お水はタップリと飲みましょう

断食をより気軽に行う方法を選択すれば、これまで断食を失敗してきた方ももっと気軽に実行できることでしょう。しかし断食を行う際には、どんなやり方でも水分はしっかりと補給しなければなりません。そうしないと食欲が起こり、食事によって水分を間接的に補給させようとしてしまいます。上手に食欲をコントロールするためには、こまめな水分補給は欠かせません。

まとめ

2日断食はより断食を気軽に試すことができるいい方法ですが、注意したい点をあらかじめ理解しておき、その上で実行していく必要があります。そうしないと失敗するだけではなく、健康を害してしまう場合もあるからです。また2日連続して実行が難しい場合も諦めるのではなく、時々実行するなど、自分にとって無理のないやり方で取り組んでみるのもいいでしょう。